アストロズ 成績 ホーム 43

コーチ 22 ジョシュ・レディック ビジオの後釜にはFAで松井稼頭央を、トレードでミゲル・テハダを獲得し、新たな二遊間を形成した。しかし、それ以降は低迷期に突入し、2011年はペンス、マイケル・ボーンを放出して若手に切り替えるも、球団創設初の3桁敗戦となる106敗という屈辱を味わった。, 2012年にはフロントを大刷新。チームもクローザーであるマーク・マランソンを放出し、抑え不在の中、本格的に若手を切り替えるシーズンになる。クローザーのブレット・マイヤーズをホワイトソックス、主軸のリーをマイアミ・マーリンズへとそれぞれ放出。7、8月は大型連敗の繰り返しでブラッド・ミルズ監督を途中解任。新鋭ホセ・アルトゥーベ二塁手の孤軍奮闘も実らず、昨年を上回る107敗を喫して2年連続最下位に沈み、後味の悪い最後のナ・リーグを終えた。, 2010年11月19日、ドレイトン・マクレーンオーナーが、球団売却の方針を明らかにした、と、大リーグ公式サイトなどが報じた[4]。, 2011年5月16日に、マクレーンがヒューストンの実業家を中心とする投資家グループに約6億8000万ドル(約551億円)で売却することで合意に達したと、複数の米国メディア複数が報じた[5]。, 2013年からアストロズはナショナルリーグ中地区からアメリカンリーグ西地区へ移動することになった[6]。リーグ再編は1998年にミルウォーキー・ブルワーズが移動して以来のことで、ナショナルリーグからの離脱は1899年オフにクリーブランド・スパイダーズ、ルイビル・カーネルズ、ワシントン・セネタース(現在のミネソタ・ツインズ及びテキサス・レンジャーズとは無関係)、ボルチモア・オリオールズ(現存球団とは無関係)の4チームが球団削減策により解散して以来のことである。ア・リーグ初年度は終盤に15連敗を喫するなど大不振、全球団で最多の三振を喫し、3年連続100敗以上の111敗で最下位に沈んだ。, 2014年シーズンは、開幕前にFAのスコット・フェルドマン、チャド・クオルズを獲得したり、トレードでデクスター・ファウラーを獲得した。このシーズンは70勝92敗で地区4位になり、4年ぶりに地区最下位を免れた。若手の台頭が顕著で、ホセ・アルトゥーベは打率.341 盗塁56個 安打数225で首位打者、盗塁王、最多安打の3つのタイトルを獲得した。3年前のドラフト1巡目指名のジョージ・スプリンガーがデビューした。ダラス・カイケルが初めて200イニングに到達し、メジャー3年目のコリン・マクヒューもブレイクした。MLBの専門家の中には、「2017年にアストロズはプレーオフに行くことができる」と評している者もいた。事実、チームは2017年にリーグ優勝し、球団史上初のワールドシリーズ制覇を果たした。, 2015年、シーズン前に積極的な補強を行い、抑えのルーク・グレガーソン、セットアッパーのパット・ネシェック、長打力のあるハンク・コンガー、コルビー・ラスムス、エバン・ガティス、ルイス・バルブエナ、ジェド・ラウリーなど新たに10人を獲得して、4月から5月にかけて10連勝を記録し、予想を覆し首位を走っていた。しかし、大型連敗をする時期もあり、安定しているとは言えないが、6月に2012年ドラフト全体一位のカルロス・コレアがメジャーに昇格し、目覚ましい活躍をしており、先発投手のランス・マッカラーズもデビューしてまずまずの成績を残している。7月にはアスレチックスからスコット・カズミアー、ブルワーズからマイク・ファイヤーズをトレードで獲得し、コマ不足と言われていた先発投手の補強に成功した。カルロス・ゴメスもトレードで獲得した。9月には、レンジャーズと激しい首位争いを繰り広げるも、終盤に入ってからレンジャーズが追い上げる一方でチームは徐々に失速し、レンジャーズに首位を明け渡してしまう。そして最終戦に持ち込みながらもレンジャーズに西部地区優勝を攫われ、ワイルドカード2位で滑り込みリーグ優勝を果たし、当時はナショナルリーグだった2005年以来10年ぶりのポストシーズン進出を果たした。ニューヨークで行われた東部地区に所属するヤンキースとの地区シリーズ進出決定戦で田中将大をラスムスとゴメスの2発で沈ませ、10年ぶりの地区シリーズ進出を果たした。続く地区シリーズではカンザスシティ・ロイヤルズに対し、優勝決定シリーズまであとアウト6個の場面から、痛恨のエラーもあり逆転され2勝3敗で敗退した。だが、ワールドチャンピオンを果たしたチームに対して最終戦まで持ち込んだともいえる。二年前まで3年連続100敗していたとは思えないチームの躍進であり、来季以降にもつながるシーズンとなった。, 2017年シーズンは青木宣親をマリナーズから、ブライアン・マッキャンを世代交代を図るヤンキースから獲得。5月30日の敵地ツインズ戦では8回までに2-8とリードされながら一挙11点を奪って16対8と当時シーズン19回目の逆転勝ち。8回までに6点差以上つけられた試合は659回あり、全敗していたが660回目にして初勝利を挙げた。青木はシーズン途中でトロント・ブルージェイズへ移籍したが(その後さらにニューヨーク・メッツへ移籍)、アルトゥーベやコレアなどによって強力な打線が構築された結果、チームはレギュラーシーズンで101勝を挙げ、ア・リーグ移籍後初となる地区優勝を果たす。その後出場したディビジョンシリーズではボストン・レッドソックスを、リーグチャンピオンシップシリーズではニューヨーク・ヤンキースをそれぞれ下し、チームとしては12年ぶりとなるリーグ優勝を果たした。ワールドシリーズではロサンゼルス・ドジャースと対戦。アストロズはMLB史上初めて、ナショナルリーグ、アメリカンリーグ双方からワールドシリーズ進出を果たしたチームになった。第1戦は敗北するも、続く第2戦は延長戦の末に勝利。前回出場した2005年のワールドシリーズでは1勝もできないまま敗退した為、これがチームにとってワールドシリーズ初勝利となった。第5戦で延長10回の乱打戦をアレックス・ブレグマンのサヨナラ打の末に13対12で勝利し、初のワールドシリーズ制覇に王手をかけると、3勝3敗のタイに持ち込まれた後の最終第7戦でダルビッシュ有から初回僅か3球でワールドシリーズ第4戦からの3試合連続ホームランを放ったスプリンガーが出塁し、続くブレグマンの打席で一二塁間のゴロだったのがファーストのコディ・ベリンジャーの送球とダルビッシュのカバーが合わずに悪送球となりエンタイトルツーベースで先制。ブレグマンも2塁に進塁するとアルトゥーベの打席ですかさず盗塁。そのアルトゥーベがファーストゴロを放ち初回2点を奪う。2回に先頭のマッキャンがフォアボールで出塁し続くマーウィン・ゴンザレスがツーベースヒットで無死2塁3塁。レディックは打ち取ったもののランス・マッカラーズ・ジュニアがセカンドゴロで3点目。そして1死3塁でスプリンガーがワールドシリーズ史上初の4試合連続ホームランで勝負あり。5対1で勝利し、球団史上初のワールドチャンピオンに輝き、9月の「ハーヴィー」で甚大な被害を受けた地元ヒューストンのファンに最高の形で恩返しした。, 2018年は、103勝59敗で2年連続の地区優勝を達成。地区シリーズではクリーブランド・インディアンスを3勝で退けたが、リーグ優勝決定シリーズではボストン・レッドソックスに初戦1勝後4連敗を喫し、2年連続のワールドシリーズ進出はならなかった。, 2019年は、昨季の103勝を上回る今季最多の107勝55敗と圧倒し、3年連続の地区優勝を達成[7]。ジャスティン・バーランダーが21勝で最多勝利、ゲリット・コールが防御率と奪三振で2冠、ロベルト・オスーナが最多セーブと投手タイトルをアストロズ投手陣が総なめにした。地区シリーズはタンパベイ・レイズを3勝2敗で下し、リーグ優勝決定シリーズではニューヨーク・ヤンキースと対戦。初戦は7-0と惜敗したものの、第2戦から3連勝。第5戦は1-4で惜敗し、移動日を設けず決戦の地をヒューストンに移した第6戦。3勝2敗と突破へ王手をかけたアストロズが、ホームの大声援を背に躍動。アストロズ打線は6回に内野ゴロの間に1点を加え、8回裏まで4-2とリードを2点に保って終盤を迎え、9回にここまで無安打だったヤンキース1番のD.J.ルメイユが右翼スタンドへ起死回生の同点2ラン本塁打を打たれ、4-4と試合を振り出しに戻されたが、直後の攻撃でヤンキースのクローザー、アロルディス・チャップマンに対して2死走者なしから1番のジョージ・スプリンガーが四球で出塁。そして続くアルトゥーベは、カウント2-1からの4球目、83.6マイル(約135キロ)のスライダーを完璧に捉えると、打球は打った瞬間それと分かる左中間への逆転サヨナラ2ラン本塁打となりサヨナラ勝利。劇的な幕切れでアストロズが6-4で勝利し、2年ぶり3度目のリーグ優勝。2013年にナショナル・リーグ(中地区)からア・リーグ(西地区)に変わってからは2度目のリーグ制覇となった[8]。2年ぶりのワールドシリーズでは、ワシントン・ナショナルズと対戦。初戦と2戦目はホームながら連敗、2戦目に至っては13-2と大敗を喫したが、3戦目からビジターで3連勝し、王手をかけた。しかし、第6戦は7-2でまたもホームで敗戦。逆王手をかけられた最終第7戦の天王山は6回まで0-2とリードしていたが、7回にハウィー・ケンドリックの逆転2ランを含む2本塁打で逆転され6-2で負け、2年ぶりの優勝を逃した。また、本拠地でアストロズが敗れたことにより、全7試合でビジターチームが勝つという、ワールドシリーズ史上初の珍事となった[9]。, 2019年11月12日、スポーツ専門サイトの『The Athletic』は同サイト上でケン・ローゼンタール氏とエバン・ドレリッチ氏の連名記事を公開し、4人のチーム関係者から話を聞き出し、2017年のアストロズがホーム試合でサイン盗みを行っていた事実を明らかにした。証言者の中には、当時球団に在籍していた現役選手のマイク・ファイアーズも含まれていた。彼らの証言によれば、アストロズはセンター後方にあるTVカメラの映像をベンチ脇の壁に設置されたモニターに映し出し、それを使ってリアルタイムで捕手のサインを確認。そしてチームスタッフと選手らでサインの内容が判明できると、すぐさまベンチからバットケースやごみ箱を叩くなどして打者に伝達するシステムが出来上がっていたと話している。関与した中心人物として、AJ・ヒンチ監督や、元コーチのアレックス・コーラ、OBのカルロス・ベルトランの名前がメディアで取り上げられた[10]。ポストシーズンでもサイン盗みを実行していたとする証言者もおり、チームは2017年にワールドシリーズを制覇していることからも大きな騒動となった[11][12]。, MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは徹底的に調査することを宣言[13]。12月中旬には既に60人ほどの証人と面談し、約7万6000件のメールを調査したと公表した[14]。2020年1月13日、MLBは球団に対して最高額の罰金500万ドル、ルノーGMとヒンチ監督の今季活動停止、20,21年のドラフト1巡目、2巡目の指名権剥奪の処分を下すと発表した[15]。球団は同日、処分を受けた2人を解任。選手の処罰については、「大量の選手が関与し、現在は別のチームでプレーしていることを考えると現実的ではない」としている[1]。2月13日にはオーナーをはじめとして、ダスティ・ベイカー新監督、主力のホセ・アルトゥーベとアレックス・ブレグマンが出席して謝罪会見が開かれた[16]。, 2020年は新型コロナウイルス感染症流行の影響で60試合の短縮シーズンに。不正騒動からオープン戦ではブーイングを受けたものの[17]、シーズンは無観客試合だった。前年投手の柱であったコールが流出し、バーランダーも怪我で離脱、野手陣も不調だったことなどが影響し、29勝31敗・勝率.483で6年ぶりの負け越し。それでも、この年拡大していたワイルドカード枠に滑り込んだ。負け越しでのポストシーズン進出は史上初のことだった[18]。ポストシーズンではALCSまで勝ち上がる快進撃を見せたが、タンパベイ・レイズに敗れた。, 2020年11月2日更新  表・話・編・歴 

ジャンボエンチョー モバイル 会員 6, Xm レバレッジ 計算 4, ミヤネ屋 ニュース 美人 15, Ipad Pro Lidar Sony 10, 町田くんの世界 動画 フル 4, なでしこ 婚 活 ブログ 5, レコア ジャブロー 小説 11, Jr東日本 数字 フォント 37, ネップリ ローソン シール 7, 長谷部 ドイツ語 勉強法 7, 鬼 滅 の刃 夢小説 浮気ドッキリ 46, アップルミュージック 設定 ダウンロード 5, しくじり先生 20150420 動画 21, カイニス セリフ 絆 5, 芸能活動 中学 関西 8, Pixel 3a 有線lan 43, Sa Naoki 弟 病気 15, 学習院女子中等科 偏差値 推移 34, ヒップホップダンス 曲 邦楽 35, イラスト 通信講座 安い 36, Redmine カスタムフィールド 書式 14, 丸亀 製麺 不潔 8, 冷凍 青パパイヤ レシピ 37, 中村 嘉葎雄 何 歳 4, Beck 漫画 蘭 8, マイク ノイズ チリチリ 57, 料理 比率 計算 17, Ncis La シーズン11 日本放送 14, 青森 りんごちゃん アイドル 11, イド:イン ヴェイ デッド 10話 感想 24, 重岡 大毅 演技 上手い 10, 兵庫県知事 リコール 方法 14, 鹿島 ユース 馬目 15, サザエさん 実写 動画 7, 日本 怪奇 事件まとめ 45, キッズステーション ポケモン 詰め放題 4, Night Routine 意味 4, 杉咲花 平野紫耀 対談 24, 早稲田大学応援部 5 代目団長 5, キュレル マーク 意味 19,

Leave a Reply