アーサー王伝説 剣 一覧 4

アーサー王伝説に登場する人物一覧(アーサーおうでんせつにとうじょうするじんぶついちらん)は、アーサー王の伝説、およびその物語に登場する人物の一覧である。, アーサー王の伝説、およびその物語には、王族や円卓の騎士などの膨大な数の人物が登場する。そしてそれらの人々は言語や作品により名前が異なることがある。以下に示す表はそれをまとめたものである。(なお、†のシンボルは円卓の騎士であることを示す。), アーサー - イグレイン - イズールト - エクター - エレイン - グィネヴィア - コンスタンティン3世 - トリスタン - パーシヴァル - バン - マーク - マーリン - 湖の乙女 - モーガン・ル・フェイ - モルゴース - モルドレッド - ユーサー - ロット, アグラヴェイン - アグロヴァル -アンボー- エクター・ド・マリス - エレック - ガウェイン - ガヘリス - ガラハッド - ガレス - グリフレット - ケイ - サグラモール - ディナダン - トー - パロミデス - ファリアン - ブルーノ - ベディヴィア - ペリノア - ペレアス - ボールス - マーハウス - ユーウェイン - ライオネル - ラモラック - ランスロット - ルーカン, 漁夫王 - ヴォーティガン - キルッフ - タリエシン - ベイリン - ヘラヴィーサ - マルジン - ルキウス - ローエングリン - ディンドラン - リトー - フェルギュス - グリグロワ - 九人の魔女 - 人物一覧, エクスカリバー - アロンダイト - 聖杯 - 円卓 - ベイドン山の戦い - カムランの戦い - アヴァロン - キャメロット - ブロセリアンド - ティンタジェル城 - ドゥムノニア - コーンウォール - ウェールズ - 赤い竜 - 白い竜, マビノギオン - ブリタニア列王史 - ランスロまたは荷車の騎士 - トリスタンとイゾルデ - ガウェイン卿と緑の騎士 - パーシヴァル - アーサー王の死 - 関連書籍一覧 - 関連作品一覧, ケルト - ケルト神話 - 中世文学 - 騎士道文学 - 聖杯伝説 - 騎士道 - 宮廷愛, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アーサー王伝説に登場する人物一覧&oldid=78810502, Balin, Sir Balin le Savage, Knight with Two Swords, Brangaine, Brangaene, Brangwane, Brangien, Breunor le Noir, Brunor, La Cote Male Taile (型崩れの服の意), Caradoc, ラテン語: Caractacus, ウェールズ語: Caradog Freichfras(剛腕のカラドックの意), フランス語: Carados Briefbras, アーサーと戦うフランク王。ドリン(Dorin)とクローディン王子の二人の子がいる。, アーサーの祖父、ユーサー・ペンドラゴン、コンスタンス、アンブロシウス・アウレリアヌスの父, Edern ap Nudd, Edern, son of Nudd, Knight of the Sparrowhawk, グウィンの兄弟, ゲライントのライバル。最初は敵役として登場し、のちにアーサーの従者のひとりになる, Elaine of Astolat, Elaine the White, Elaine the Fair, The Lady of Shalott, Elaine of Carbonek, Amite, Helaine or Helizabel; "The Grail Maiden", the Lord of the Fensの姪, Persides the Red of the Castle of Gazevilteの妻, カーボネックのエレインとよく混同される, ゴルロイスとイグレーヌの娘, モーガン・ル・フェイとモルゴースの姉妹、アーサー王の異母姉, ネントリス(Nentres)王の妻, ボールスとクレア(Claire, ブランドゴリスBrandegorisの娘)の子, ランスロットがグィネヴィアを救出するのを助け、彼と共に逃亡する, Fisher King, The Wounded King, Pelles, Pelias, ロット王とモルゴースの子。ガウェイン, アグラヴェイン, ガレスの兄弟, モルドレッドの異父兄, Galehalt or Galehault, Galehault, Galehaut, Gingalain(Guinglain, Gingalin, Gliglois, Wigalois, etc. ・ランスロットと王妃グィネヴィアの関係発覚に端を発する内乱。王国の崩壊とアーサー王の死(アヴァロンへの船出)。, ブリタニア王ユーサー・ペンドラゴンと、彼が略奪したイグレインとの間にアーサーは生まれた。ユーサー王の死後、後継者が決まらず混乱していたブリタニアの大聖堂前に岩上に突き刺さった剣が出現し、「剣を抜いた者がブリタニアの王となる」という神の啓示が下る。, 唯一、それを引き抜くことができたのがアーサーであった。それにより、彼はブリテンの王に即位、魔法使いマーリンや湖の貴婦人の助けを受けてサクソン人を撃退した。やがて、誰もが認める王となったアーサーはグィネヴィアを王妃に迎え、キャメロットに王都を築いた。城には、大人数が身分の区別なく座れる円卓を用意し、ここに座りアーサー王に率直な意見を述べられる円卓の騎士が集うことになったのだ。, しかし、円卓の騎士のひとりであり、「この世で最も誉れ高き最高の騎士」とまで謳われたランスロットがグィネヴィアと恋仲になったことでアーサーとは敵対するようになった。一方でアーサーも自分の異父姉と不倫関係になりモードレッドという子供が生まれる。やがて成長したモードレッドは父アーサーに反旗を翻し、国は乱れアーサーはその戦いのなかで倒れてしまう。, アーサーは聖剣エクスカリバーが敵の手に渡るのを恐れ、本来の持ち主たる湖の貴婦人に返すべく湖に投げ入れると、ブリテンに存在する伝説の島「アヴァロン」に向けて最後の航海に出たのであった。, キャメロットの城にあるテーブルは、卓を囲む者すべてが対等であるとの考えから、円卓とされた。しかし、席数には諸説あり、もっとも有名な13席、150席、さらには300席まであったという説もある。, 13席という数字は、聖杯伝説に登場し、円卓にはイエス・キリストと12人の使徒を模して13の席があったとされる。アーサーの他、11人が座ったが13番目の席だけには誰も座ることはなかった。なぜなら、この13番目の席はキリストを裏切ったイスカリオテのユダの席であるため、魔術師マーリンが席に呪いをかけており、座る者は呪いに冒されるからである。聖杯伝説では、ランスロットの息子ガラハッドが呪いを恐れずにこの席に座り、呪いに打ち勝って12番目の騎士になった。しかし、彼が聖杯を手にして天に召されたのちは再び空席となったといわれる。, また、マーリンの魔法によりその素質が試され、認められた騎士だけが円卓の席に座ることができたともされる。, 現在、世界的に知られているアーサー像を定着させたのはジェフリー・オブ・モンマスの『列王史』であることは述べたが、この本にはそれまでのアーサーの伝承だけではなく、ジェフリーによる創作も多分に含まれているという。, 12世紀から13世紀に大陸ヨーロッパ(特にフランス)で新たなアーサー王文学が数多く生み出された。さらに騎士道が花開く中世後半になると、アーサー王伝説はシャルルマーニュ(「フランスもの」)やアレキサンダー大王(「ローマもの」)と並んで「ブルターニュもの」(ブリテンの話材とも)と呼ばれる騎士道文学の題材となり、フランスを中心に各地でさまざまな異本やロマンスが作られた。, ロマンスでは、アーサー自身ではなく、多くの登場人物にそのスポットが当てられるようになる。すなわちランスロット、グィネヴィア、パーシヴァル、ガラハッド、ガウェイン、円卓の騎士であるトリスタンと王女イゾルデなど、アーサーを取り巻いていた人物たちが主人公となり、アーサーはロマンスを成立させるための登場人物に過ぎなくなっていったのだった。, 今回調べたのは『列王史』をベースにした一説に過ぎない。エクスカリバーの話だけでも、「2本存在していた」「身につけることで傷付かない鞘があった」「最後に湖に返したのは円卓の騎士だった」など、さまざまな形で残っている。, 我々が知るアーサー王の伝説の多くは、後世に「後付け」された部分ばかりである。 アーサー王伝説に登場する人物一覧(アーサーおうでんせつにとうじょうするじんぶついちらん)は、アーサー王の伝説、およびその物語に登場する人物の一覧である。. 神話の武器を一覧にして22個紹介していきます。世界各地に散らばる神話や伝承に登場する槍や剣などについて見ていきましょう。世界各地には独自の神話や伝承が存在すると同時に、その中では数多くの英雄や神々が語られています。また同時に、数多くの武器も しかし、そのおかげで「騎士」「魔法」「ロマンス」が混在し、より人間くさい物語となった。 ), le bel inconnu, Green Knight, Bercilak, Bertilak, Bernlak, Bredbeddle, アーサーの騎士の一人. 北欧神話に登場する神オーディーンは、日本のゲームなどにも度々登場しますが、大抵は大きな槍を持った姿で描かれます。 その槍はグングニルと呼ばれる神話上の武器で、敵に対して投げ放つと絶対に外れることはない上に威力は絶大。 さらに、敵を貫いた後にはオーディンの手に戻ってくるとされます。 詳細はアーサー王伝説に登場する人物一覧を参照。作品により、名前や血縁関係が多少異なる。 アーサー王 ブリテンの王。 マーリン ジョージ・ハリスン(1943〜2001年)は、イギリス出身の音楽家で、20世紀を代表する音楽グループ「ビートルズ」において、リードギタリストとして活躍した人物。 さらに、ビートルが解散した後もソロとして活動を続け、いくつものヒ... スコットランドの城を紹介していきます。有名なエディンバラ城はもちろんのこと、他にもアイリーンドナン城からダンロビン城まで、押さえておきたい15のお城をみていきましょう。 イギリスには非常にドラマチックで華やかな長い歴史があり、... イギリスの有名人を23人紹介していきます。俳優や作家、そして歴史的な政治家など、イギリスに興味がある人は絶対知っておきたい有名人達です。 かつて大英帝国として栄華を誇ったイギリスは、その歴史の中で異なる才能に恵まれた人を多く輩... 世界の都市伝説の中でも興味深いものを14個ピックアップし、一覧としてまとめていきます。話のネタにもなるので雑学知識としてチェックしてみましょう。 近現代にどこからともなく広まり、奇妙な噂話や伝説として語られる都市伝説の中には、... フローレンス・ナイチンゲールの生涯・人生・功績を見ていきましょう。イギリスの看護師として後世にも多大な影響を与えた偉大な歴史的女性です。 フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale)は、近現代史の中... 円形で上座下座が無く、立場に関係なく誰もが同じように座ることが出来るアーサー王の円卓は「, その戦い(カムランの戦い)の中でアーサー王はモルドレッド卿を倒したものの、自身も深い傷を負ったため、結局は命を落としてしまいました, 本物のアーサーは英国の王様ではありませんでした。また、アーサー王伝説に登場する有名な円卓や騎士団も持っていませんでした, 当時のブリテンの地に対するアングロサクソン人の侵略に対して軍を指揮していましたが、王座に座ることも無ければ、王冠をかぶることもありませんでした.

センター国語 2015 追試, パナソニック フードプロセッサー ガラス容器, ハッピーエンド 主題歌 上白石萌音, A3 リンクスキル 発動しない, 西銀座 駐 車場 東急プラザ, 全国高校駅伝 2020 予選会, デフォルメ 目 塗り方, 島忠 時計 ベルト, ナイロンジャケット 白 汚れ, Skype 友達追加 Pc, ハッピーエンド 主題歌 上白石萌音, Apple Watch ミュージック Iphone上 表示されない, 源泉徴収票 偽造 ローン, ザ トール テンプレート, Jr 学割 指定学校, Yモバイル Cm 芦田愛菜, カップラーメン 賞味期限切れ 膨らむ, イシズ 前世 精霊, Mini B-cas カード, 韓国 ケーブルテレビ 日本, Jreポイント ビックポイント 交換 反映, 圧縮 サイズ 変わらない Mp4, 3dsll Rボタン 修理, シンガポール 天気予報 2 週間, お茶 がぶ飲み 太る, 京都市立芸術大学 移転 跡地, 600ml ペットボトル サイズ, 炊き込みご飯 献立 豚ロース, エリック ハンジミン 事故, Ps4 Usb差し込み口 どこ, 合コン 怖い 男, 箕面 事件 ツイッター, グラクロ 装備枠 最大,

Leave a Reply