スイフトスポーツ at ブ リッピング 6

それはそうだろう。車重が1220kgのエスクードで坂やらオフロードやらをグイグイ登るために用意されたギア比を、230kgも軽く、4ps/20Nmもパワー&トルク値が高いスイスポにブチ込んだのだ。, 参考までにMTモデルとのギア比を比較すると、1~3速は6段ATの方がローギアードで、4速がほぼ同等(MT=1.156、AT=1.159)。5~6速はハイギアードになっている。つまり走りに重要な1~3速は、元気モリモリなのである。よって信号ダッシュなどでは、アクセルを全開にしないでもかなり速い。3000rpm付近でポンポンとギアを上げながら、“Boo! Boo! Boo! 使用燃料:25.7リッター(ハイオクガソリン) その走り味は、ほぼ同じパワートレインを持ち、走りにおいては無類の完成度を誇るエスクード1.4ターボに酷似しており、しかも車重が230~250kg軽く(ただしエスクードは4WD、スイフトスポーツはFF)、ボディサイズは全てにおいて一回り小さいのだから、速くないわけがない。楽しくないわけがない。「乗らなきゃわからないのかよ、そんなことまで」と言われそうだが、実際に乗ってみたら、期待以上の速さと楽しさだったのだから、ただただ驚かされるばかりだった。, だが、その持てるポテンシャルを全て使い切って走りたいとなると、物足りない部分が見えてくる。メーター上は6250rpm以上がレッドゾーンとなっているが、ATモード、パドルシフトを駆使したMTモードを問わず、実際には5800rpm付近で自動的にシフトアップする。これは後日試乗した6速MT車でも、5800rpm付近でレブリミッターが働いてしまっていたため、状況はさほど変わらないというのが、また大きな問題だ。 スイフトスポーツ(ZC33S)のATモデルを検討中の中にはパドルシフトが気になっている人も多いのではないでしょうか?, パドルシフトとは最近のハイグレードATモデル(軽自動車にも出てきています。)に搭載され始めている変速スイッチのことです。, 多くの場合はステアリングホイール(ハンドル)の裏側、3時と9時の位置に付いていることがいることが殆どです。, AT(オートマチック)車とは本来車が自動的に変速作業を行ってくれる、昔は楽をする為だけの物だったのですが近年ポルシェやフェラーリ等の高級スポーツモデルですら殆どATになってきています。, そうなると必然的にMTライクな楽しい操作性が求められます。そこで最近のスポーツカーにはATでも必ず「Mモード」が設定されています。(さらに高級スポーツカーには変速スケジュールを変えられたりもする), そしてパドルシフトはそんな「Mモード」の時に任意のギアを選択することができるのです。, まぁここまでの話はスイフトスポーツ(ZC33S)を選ぶような車好きのオーナー様方には釈迦に説法ですかね(笑), ニューモデル速報 No.559新型スイフト スポーツのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報), 昔から車に乗っている方の中には「速く走れるのはMT、楽なのがAT」といったイメージを持っている人がいると思いますが、実は近年逆転してきていて、「速くて楽なのがAT、楽しいのがMT」になりつつあります。, 実は以前私も父親が乗っていたATオヤジセダンを運転したことがあるのですが、確かに昔のドライバーが「ATは遅い」というイメージを持つのは仕方ないと感じました(笑), しかし「同じAT」のはずのスイフトスポーツ(ZC33S)ではそういった印象は全くありません。, それは何より昔のATのように「動力伝達をする際に滑らせ続ける」という事が無くなったからです。, 多段ATの基本的な構造としてエンジンからの動力をオートマチックトランスミッション内の流体(オートマフルード)を通じてドライブシャフトに伝達しています。, イメージとしては風呂に張った水を手でグルグルかき混ぜていると全体が回り始めますよね?その力で動力を伝達してやろうってのがAT(オートマチックトランスミッション)です。, ロックアップ機構とは上記で説明したAT(オートマチックトランスミッション)の動力からドライブシャフトへ伝達する際に流体を介するのではなく、ミッションとエンジンを直結して「伝達ロス」を無くしてしまう機構のことです。, ロックアップ機構は非常に複雑な構造をしているのですが、簡単に言うとそんな感じです。(笑), このロックアップ機構があるおかげで「ロックアップされている間は」MTとなんら変わりの無い伝達能力を発揮できるようになります。, つまり昔のAT車で感じたような「トロくさい」「滑る」等のネガティブな部分が改善されたわけです。, 昔はなぜMTの方が早かったかというとロックアップ機構の無かったATが滑っていたからMTの伝達効率に敵わない=ATが遅く相対的にMTの方が速いってことだったわけですが、ロックアップ機構を取り入れて伝達効率が極めて高くなった結果、今度は機械が正確無比に行う変速(シフトチェンジ)にMTドライバーの左足と左手が追いつけなくなってきたのです。, 今までは変速こそ早かったが伝達ロスのせいで結果的にMTが早かったのに伝達ロスすら無くなって変速スピードの差分、ATの方が(少なくとも停止状態からの直線は)速くなってしまったのです。しかもミス無く…, そりゃプロレーサーならば光速のシフトチェンジで対抗できるかもしれませんが、私のようなヘッポコドライバーでは到底敵いません(笑), F1やGT選手権等でもパドルシフトが主流になってきている事からもこの事実は揺るぎないものです。, まぁ実際は市販車等とは比べ物にならない高度なシフトチェンジ(特にF1)が行われていますし、そもそもF1マシンは分類で言えばMTをコンピューターにやらせていると言った方が正しいのですが…まぁ言いたいことは変速をコンピューターにやらせた方が速いってことです(笑), スポーツカーのMTモデルに乗る際にかかせない「ヒール&トゥ」というペダル操作がありますが、これはギアチェンジの際にエンジンの回転数を合わせてシフトチェンジをスムーズに行う為の技術です。またこういった回転数を合わせる作業の事を「ブリッピング」と呼びます。, しかしATモデルの車には当然クラッチはついていませんのでギアチェンジをするとシフトショックが出てしまいます。, ではスイフトスポーツの6ATはシフトチェンジの度に「ガックガク」来るのかと言われると当然「NO!」と答えます!, スイフトスポーツの6ATモデルはDレンジの際はモチロンのことマニュアルモードによるパドルシフトでスポーツドライビングをしている際もバッチリブリッピングしてくれます。, しかしその範囲内であればどんな車速からどんなギアに入れてもコンピューターが適正な回転数に合わせてくれるのでシフトショックが無いのはモチロンのことですし、昔のATのようにモタつくことはありません!, もし「スイフトスポーツはブリッピングするのか?」と迷っている人は心配する必要一切ありません!, さて長々とAT(オートマチックトランスミッション)の性能の向上を喋ったワケですが、本題はパドルシフトのことでしたね。(笑), ATのパドルシフトは上記のような自分では到底できないような変速スピードで正確無比変速をすることができる点が非常に楽しいですし、ハンドルから手を離すことが無いのでハンドル操作に集中できるメリットもあります。, スイフトスポーツ(ZC33S)のパドルシフトも基本的には同じで物凄く速い変速スピードで楽しいです。, 私はスイフトスポーツ(ZC33S)ATモデルのオーナーですので本当ならば「欠点無し!最高に楽しい変速です!」と言いたいところですが、使ってみていくつか「こんなに楽しいのに勿体ない!」と感じる点はいくつかあります。, 一番の「勿体ないポイント」は「Mモードでも勝手にシフトアップすること」と「シフトチェンジに制限が設けられている」ことです。, 具体的には少しだけ引っ張っておきたい時なんかにシフトアップしてしまうので使いこなすのを難しくしている感じですね。, 例えば緩いコーナーを旋回中に少しだけアクセルを開けたい時なんかに回転数が自動シフトアップ回転数直前だったりしたら抜けるまで我慢しなければいけません。そういう時ってシフトアップするとスピード出しすぎになっちゃいますからね。, ただオーバーレブによるエンジン破損から守るための制御であることは理解しているので、かならずしも余計なお世話ってわけでもないんですよねぇ…, ですので個人的な改善案を言わせてもらうと「少しでもリミットに触れたらシフトアップする」ではなく「リミット上限を5秒ないし10秒程度触れ続けたらシフトアップする」方がいいです。, つまりコーナーへ侵入する際にブレーキングしながらシフトダウンをしたいと思っても規定回転数以上の状態では「ピピッ」という可愛い音と共にスイフトスポーツ(ZC33S)が「ヤダッ!」って拒否してくるんです。, 具体的な回転数を言うと3速→2速にシフトダウンする際は4300回転以下くらいじゃないと受け付けてくれません。2速→1速へのシフトダウンは停車直前以外はエンブレ効きすぎるんで全く使う事はありませんが3500回転くらいだったと思います。, 個人的な改善点としては定量的に「回転数がこれ以下じゃないと弾く」じゃなくて、車速を読み取ってブレーキング中等減速傾向の場合はシフトダウンを許容する、高速巡行中等操作ミスでのシフトダウンである場合はシフトダウンを弾く等のもう少し細かな制御が有ってもよかったと思いました。, スイフトスポーツ(ZC33S)が大好きだからこそあえて色々課題点を挙げましたが基本的には大満足してますよ!(笑), なんせスイフトスポーツより遥かにデカいエスクードに積まれていたK14Cエンジンを更にチューンして軽量なスイフトスポーツ(ZC33S)にブチこんで、更に先代のZC32SのようなCVTではなくダイレクト感のある6ATを採用してくれて楽しくないわけがありません。, これからスイフトスポーツ(ZC33S)を検討してみようかなって思われてる方は是非ATモデルも試乗してみるといいですよ!そしてパドルシフトを試してみてください。, ①今乗ってる車っていくらで売れるんだろう?

女 犬 の絵本 5, 上程 付議 違い 33, タロット 死神 人生 19, リカシリーズ 小説 ネタバレ 49, あつ森 まつぼっくり 期間 8, オリーブ ごま油 混ぜる 41, りょう 髪型 ドラマ 9, バスケ 鈴木裕紀 高校時代 12, 昇進祝い 手紙 上司 4, やめる 別の 言い方 39, 子飼橋 河川敷 花火 48, てんすら 16巻 漫画 25, 釧路駅 みどりの窓口 電話番号 8, 経常収支 黒字 円高 なぜ 6, ヤンヒー Md 違い 22, Zoom カメラ 2台 7, ラテラス パウダー 取扱 店舗 15, Vito ジェラート 店舗 16, 日 向坂 46 で 会 いま しょう Bilibili 14, Trello Elegantt 依存関係 11, アルバム 削除できませんでした やり直してください 10, 仮面ライダー Fate パクリ 34, リモートデスクトップ Ctrl+alt + Break 7, ミスティ 酒 言葉 22, 海原千里万里 解散 理由 5,

Leave a Reply