スイフトrs cvt 試乗 22

ガイドライン | 利用規約 | ニューモデル 免責事項 | 代車としてやってきたのはスズキ・スイフトの1.2+cvtという旬なバージョンです。 評判の良い車ですので、一度は乗ってみたいと思っていました。 丁度、都内での打合せの仕事も入っていたことから通常業務の中でスイフトを試乗します。 ご意見・ご要望 | スズキ「スイフト」 安価でも装備が充実したベーシックグレードがねらい目. ニュース ベースグレードに搭載される1.2リッター直列4気筒エンジン(「K12C型」)。最高出力は91ps(67kW)/6000rpm、最大トルクは118Nm(12.0kgm)/4400rpm, スズキ スイフト|Suzuki Swift そういうスイフトの良さがいちばんわかりやすいのは、rsでもハイブリッドでもない素の仕様だと思う。マニュアル変速なら最高といいたいところだけれど、cvtでも悪くない(むしろかえって驚けるかも)。レンタカーでスイフトが当たると、その仕様だったりするのではないだろうか。たぶん。 シンプルで無駄のないインテリア, スズキ スイフト|Suzuki Swift > > 中古車物件数462,944件 Copyright © 2004-2020 夢あるカーライフ(夢カー) All Rights Reserved. 【国内試乗】「スズキ・スイフト・ハイブリッドRS」基本性能の高さが走りに現れる! これが理想のコンパクトカー, 現在JavaScriptが無効になっています。Carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, 日常のパートナーという視点からコンパクトカーに求められる要件を挙げるなら、あらゆるシーンでストレスを感じさせないというのが第一ではないだろうか。それは取り回しを苦にしないサイズ感であったり、ごく自然に手が届く操作系であったり、素直な身のこなしであったり。最新のスイフトはすべてを兼ね備える。 舌の肥えたユーザをも納得させる質の高いパフォーマンス, 【スズスポグリル】新型ジムニーがフロントグリル交換でキュートに変身!【ジムニー天国2020】, 今回の記事では1.2L直4エンジンに小型モーターを組み合わせたハイブリッドRSを試乗に連れ出した。 外観でいいなと思ったのが上質で大人っぽい雰囲気だ。赤いコンパクトカーというと、とかく可愛らしい方向に振れがちだが、深みのあるバーニングレッドパールメタリックと新設されたブラックルーフの組み合わせが表情をキリッと引き締めている。従来よりも立体感を強めたフロントグリルや、ブラックをベースに切削加工を施したアルミホイールもそんな印象を強めている理由。スイフトはもともと「走り姿」がとても美しいクルマだが、ハイブリッドRSの上質感は街角にポンと置いただけでもはっきりと伝わってくる。お洒落な街に似合うというよりも、街をお洒落にする力がある、という表現すら使いたくなる出来映えだ。 3855×1695×1500mmというボディサイズはどこにでもスッと停められ、乗り降りしやすく、機動性に富んでいるが、質感や存在感は犠牲になっていない。こうした持ち味は、たとえば大柄な輸入SUVを所有されている方のセカンドカーとして遺憾なく発揮されるだろう。いくらコンパクトで扱いやすくとも、クォリティの面で舌の肥えたユーザーを納得させられなければ、それは「我慢」とか「割り切り」の選択になってしまうからだ。 同じことが走りにも言える。スイフトの走りを象徴するのはスイフト・スポーツだが、なかなかどうしてハイブリッドRSも負けてない。スイフト・スポーツから「スポーツ」を引いたのではなく、スイフト・スポーツで培った高いボディ剛性やしっかりしたハンドリングといった優れた基本性能を、快適性や安心感に振り向けたという印象。その証拠に、発進直後のタイヤがひと転がりした瞬間からサスペンションがきれいに動いている感触が伝わってくる。高精度な計測器でも読み取れないこの独特の感触を人間は敏感に感じとり、気持ちいいとか質感が高いと認識するわけだが、開発者がもっとも苦労する部分でもある。 最近ではずいぶん謎が解けてきて、ボディ剛性とダンパーの動き始めの特性が鍵だということがわかってきたが、そこを磨き上げるには徹底的に走り込んでチューニングを重ねていくしかない。逆に言うと、この部分がよくできているクルマには、高いボディ剛性と精度の高いダンパーと開発陣の汗と努力が備わっているということ。これは「走り始めの感触がいいクルマは飛ばしても例外なくいい」という僕の経験値とも合致する。 実際、ハイブリッドRSは街中の低速域から高速道路にいたるまで、あらゆる速度域で「芯のあるしなやかさ」と「厚みのある軽快感」を味わわせてくれる。ポンポン跳ねたりガツンという衝撃を伝えてくるような薄っぺらさを感じさせることは皆無。頼もしい直進安定性や滑らかで正確なステアリングも好印象だった。有り体に言うなら、コンパクトカーのレベルを超えた乗り味、ということになる。 1.2L 4気筒エンジンに小型モーターとCVTを組み合わせたパワートレインもいい。巧みな変速制御によりCVTの癖は上手に封じ込められているし、パワーフィールも上々。なにより常用域での静粛性と滑らかさが、クルマ全体のキャラクターと見事にマッチしている。 スイフト・ハイブリッドRS。質の高いコンパクトカーをご所望なら、ぜひとも購入候補に入れておくべき一台である。 【Specification】SUZUKI SWIFT HYBRID RS ■全長×全幅×全高=3855×1695×1500mm ■ホイールベース=2450mm ■車両重量=910kg ■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V/1242cc ■最高出力=91ps(67kW)/6000rpm ■最大トルク=118Nm(12.0kg-m)/4400rpm ■モーター種類=直流同期 ■モーター出力=3.1ps(2.3kW)/1000rpm ■モータートルク=50Nm(5.1kg-m)/100rpm ■バッテリー種類=リチウムイオン ■トランスミッション=CVT ■サスペンション(F:R)=ストラット:トーションビーム ■ブレーキ(F:R)=Vディスク/ディスク ■タイヤサイズ=185/55R16 ■車両本体価格(税込)=1,879,900円 お問い合わせ スズキ 0120-402-253, オデッセイらしさをとことん追求! チーフエンジニアがマイナーチェンジに込めた思いとは, F1トルコGP、レッドブル・ホンダ優勝のはずがまさかの展開、敗因をドライバーコメントから探る【モータースポーツ】, 【MotoGP】スズキと争えるだけの力は無かった……マーベリック・ビニャーレス「ミルのことをただ祝いたい」, 「ウレタン注入」「湾岸ウイング」「バネカット」! 消えた90年代の走り屋「ド定番」カスタム6選, 三菱ギャランVR-4が1/43スケールミニカーになって登場! 限定300台で予約開始!, “白すぎない”LEDヘッドライトバルブなら、ネオクラシックやトラディショナル系のバイクにもぴったり!「プレシャス・レイZ H4」をテスト&レポート, <MotoGP> 100周年、GP参戦60周年 スズキ勝った!~ジョアン・ミル スズキ20年ぶりのGP最高峰王者に, F1で7回王者獲得のルイス・ハミルトンは、スポーツ史の偉人たちに肩を並べた……メルセデスF1代表、偉業に誇り|F1トルコGP, 「ER34の魅力を引き立てるハイマウントウイング誕生!」クーペとセダンそれぞれに対応した2モデル展開, 見た目はウール、でも実はスウェット素材。だから動きやすくて暖かいチルコロ1901【Style in motion 069】, ポルシェ 944でイギリスから南アフリカ・ケープタウンまで! 絶景を旅したアフリカ縦断チャレンジ, マイナーチェンジしたメルセデスEクラスに試乗。内外装変更やARナビ、1.5Lと2.0Lの走りは?, オデッセイが7年目のビッグMCで顔つき大胆チェンジ。果たしてミニバン市場での戦闘力は?, 新型Sクラスに早くも乗った。先進技術・豪華な内装・快適な走りで最強の座は今回も揺るがず, 初代とぜんぜん違うトヨタ ミライは現時点で最高のFCVに仕上がったが、黒塗り社用車としては後席が微妙, ホンダのコンパクトミニバン「フリード」 ライバルはボディサイズ&ラインアップがほぼ同等のシエンタ, メルセデスがEQCベースで制作したワンオフのオフローダーは電気自動車ならではの走破性が印象的だ, carview!はYahoo!   (毎日更新), 現在位置: 新型はクルマの基本性能である「走る、曲がる、止まる」を高めた軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用, スズキ スイフト|Suzuki Swift サイトマップ | (株)カービュー企業情報 | carview! 試乗記 2020.11.10. ヘルプ・お問い合わせ | 2017年にフルモデルチェンジした、新型スズキ スイフトに森 慶太が試乗した。国産小型車のなかではとくだんにいいクルマ、と激辛批評家が太鼓判を押す。 文・森 慶太 写真・内藤敬仁, 運転しやすく乗って快適なクルマをどう作るか。設計的にも仕上げ的にも、最近のスズキはそのへんの勘どころをよくわかっている。クルマに乗ったり、あるいはそれを作った技術者と話したりするにつけ、どうもそう思えてならない。, そのワカッテル感がいちばんわかりやすいのは、クルマでいうとSX4 S-CROSSとエスクード。つまりMade in Hungaryの輸入車で、いってしまえば欧州市場向けの製品のオスソワケ物件である。日本市場における販売台数は、メジャーな国産スズキ車と較べたら現状、スズメのナミダ程度でしかない(数売る気がハナからないのかと思ったら、必ずしもそうではないらしい)。, 国産スズキ車のなかではスイフトがヨイ。特定のある部分に注目すれば、他の国産スズキ車にも「おお」となる見どころはある。あるけれど、1台のクルマとしてフツーにオススメ度が高いのは……となると、スイフト。, 個人的に殿堂入り認定している国産スズキ車としてジムニーというのがあったりもするけれど、残念ながらジムニーは今回のGQ JAPANのカー・オブ・ザ・イヤーの対象範囲から大きく外れている(遠からず新型が出ます)。, スイフト、国産小型車としてはミョーに運転しやすく、かつ乗って快適でもある。要するに、クルマとしてマトモ。このクラスの日本車だからということで勝手に期待値を設定して乗ると、ちょっとビックリする。「ミョーに」と書いたのは、そのビックリゆえである。いまのこのクラスの日本車は「こんなもんだろう」のレベルを平均値とすると、それと較べて明らかに有意な差がある。もちろん、いいほうに。, スイフトは数売れるクルマだから、順調にいけば、日本全体のモータリングの幸福度がアップすると考えられる。少なくとも、スイフトぶんは確実に。スイフトがイイという認知が拡がれば、他メーカーだって意識する。自分のところの製品をもっと運転しやすく乗って快適なものにしようと努力する……はずである。ロクでもないものが平気な顔で数売れている状況は、いいかげん、変わってほしい(もう飽きた)。, フツーの日本車が、どれに乗ってもフツーに運転しやすく乗って快適という理想へ向かっての、スイフトはひとつの希望の星ともいえる。そういうことでいうなら、“RJC”と“日本”の両COTYをダブル受賞するぐらいのことがあってもよかったとイチ部外者としては思う。そうなったら、カー・オブ・ザ・イヤーというものに対する世間の注目度もグッと上がったろうし。, スイフトはクルマとしてマトモ、と書いた。クルマとしてマトモであるとは、素性が良いということである。その素の部分で、たとえばエンジン。内燃機関のレスポンスがいい。レスポンスを専門用語でいうと過渡応答特性。それがいい。もっと噛み砕いていうと、運転手のいうことをよくきいてくれる。なんということのないフツーのエンジンなのに、フツーに運転していてなんか楽しい。CVTつきの仕様でも運転しやすい。, スイフト用の各種内燃機関は、制御用のコンピューターにボッシュ製のものが使われている。フツーに考えたら、国産品をつけたほうが安く上がるのに。なぜボッシュなのかときいてみた。, 技術者いわく、「狙った特性を出すにあたって最も良い答えを出してくれるからです」。狙った特性とはすなわち過渡応答特性。レスポンスのよさ。扱いやすさのモト(もっというと良い実用燃費のモトでもある)。, 「モリさん。エンジンは、過渡がすべてですよ」。アクセルペダルをガバッと乱暴に踏み込むとドギャッと加速するのが良いレスポンスだと思い込んでいる人が多いと思うが、それは勘違いである。, あるいは、乗り心地関係。ズブッとだらしなく沈み込んで勢いよく反転したところでキュッと止まるというのが日本車の典型的な症状で、これは疲れるし、走り的にも頼りない。バンと張った感じのアシのほうが実は快適だし安心感もあるのに、それだと「カタい」といわれるからやりたくない。車体がヤワだからそうできないという事情もある。, 前出とはまた別のスイフトの技術者いわく、「イヤですよね。伸びて止まるのは」。乗った印象からしても、やはり、わかっているのである。, そういうスイフトの良さがいちばんわかりやすいのは、RSでもハイブリッドでもない素の仕様だと思う。マニュアル変速なら最高といいたいところだけれど、CVTでも悪くない(むしろかえって驚けるかも)。レンタカーでスイフトが当たると、その仕様だったりするのではないだろうか。たぶん。, レンタカーではなくてもいいけれど、とにかくフツーのスイフト。ハイブリッドやターボとかのトクベツなシカケはなにもないけれど、運転して「なんかいいな」。もしそう思ったとしたら、それ。そこです(多くの日本車に激しく欠けているのも)。, 電気成分が本格的に多めなのがどうしてもほしいというならハイブリッドも悪くない。コンベンショナルな内燃機関+マニュアル変速機をベースにいわばアドオン的にシステムを構成したスズキ流は実にアタマのいいやりかたで、実際、その素性から想像されるとおりに運転しやすい。, プリウスあたりと違ってハイブリッドの都合につきあわされることなくフツーに乗れるし、クルマとしてはあくまでスイフト。私にいわせれば、“燃費の奴隷”度が低い。, クルマ好きならスイフト スポーツ。スイフトの素性のよさを生かして動的性能領域を拡大した仕様として大筋いいクルマではあるけれど、ハンドル手応えのチューニングの部分でちょっとヘンなことをやっているような感じがあったので、強くオススメはしません。少なくとも、いまのところは。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります, スズキ スイフト XG|Suzuki Swift XG

拒食症 むくみ 体重増加 4, Mtg 巧技 ルール 6, ヘビロテ 衣装 順位 5, Pretender 歌詞 韓国語 5, Tver Chromecast 音声のみ 20, ハイキュー 研磨 熱 4, Wechat 使い方 友達追加 34, 豚汁 じゃがいも 切り方 9, Marshmello フォートナイト ライブ 9, Issa 母親 ツイッター 40, プラスティックメモリーズ アイラ 身長 10, サッポロポテト 休 売 12, 静岡学園 特待生 人数 10, Viki テレビ 接続 9, てんすら 16巻 漫画 25, 岡山大学 推薦入試 過去 問 9, No Fear No Pain 意味 28, 相性占い 生年 月 日 33, バイきんぐ ライブ スケジュール 7, 東大理三 化け物 2ch 5, 小林 タカ鹿 相棒 5, 秧 意味 名前 5, Love Ya 意味 友達 45, ジャパネットたかた 塚本 退職 14, Radwimps バンプ 憧れ 6, 響 芸人 死亡 8, さゆり 名前 イメージ 7, 非婚家族 ドラマ 結末 4,

Leave a Reply