デリカd:5 グレード 違い 4

Copyright© ǺÜÃæ¡£¤½¤Î¾¡¢¤¢¤Ê¤¿¤Î¥«¡¼¥é¥¤¥ÕÁ´È̤ò¥µ¥Ý¡¼¥È¤¹¤ë°Ù¤Î¤ªÌòΩ¤Á¾ðÊó¤¬ËþºÜ¤Ç¤¹¡ª, »°É© ¥Ç¥ê¥«£Ä¡§£µ¤Î¼Ö¼ï¥«¥¿¥í¥°¾ðÊó¤Ê¤é¥°¡¼¥Í¥Ã¥ÈÃæ¸Å¼Ö, Ãæ¸Å¼Ö¾ðÊó¥°¡¼¥Í¥Ã¥ÈÃæ¸Å¼Ö(Goo-net) ¸ø¼°¥µ¥¤¥È. デリカD:5の中古車を一覧で見る。カタログから最新の三菱情報もチェック!中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】! 数年乗っても売却額が高値安定!! 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!, MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。, もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! “SUVミニバン”という独自のキャラクターで人気の高い、三菱自動車の大型ミニバンです。高い悪路走破性が特長で、同社の四輪駆動技術が余すところなく発揮されています。エンジンはクリーンディーゼルとガソリンの2種類で、クリーンディーゼル仕様のみ2019年2月15日にビッグマイナーチェンジを受け、発売されました。, この解説記事では、改良を受けたクリーンディーゼル仕様の詳細を中心に紹介していきます。, 三菱自動車は2019年2月15日、新型「デリカD:5」を発売しました。価格は384.3~421.6万円(税込)です。, 今回の改良では、内外装デザインの変更や、パワートレイン・安全装備の改良が行われたことで、商品性が大きく向上しました。, なお、今回新型となったのは同車のクリーンディーゼル仕様のみで、ガソリン仕様は旧型が継続販売されます。, >>詳しくはこちら:三菱 デリカD:5がビッグマイナーチェンジ|ディーゼル車をデザイン刷新、ガソリン車は旧型を継続販売, デリカD:5が2019年2月に受けたマイナーチェンジは、外観をはじめかなり大規模なものです。, 最も注目される外観は、従来型はヘッドランプやフロントグリルを横長に配置する一般的な形状でしたが、新型では高い位置へ横長に配置されるLEDポジションランプ(車幅灯)と、その下に縦長のLEDヘッドランプが装着された独特な顔つきとなりました。, また、エアロ付きの「アーバンギア」グレードが新設されたことも大きなトピックの1つです。, 他には、内装の質感が高まったことや、エンジン・トランスミッションの改良、さらに先進安全支援機能の進化など、より魅力が高まって登場しています。, >>詳しくはこちら:三菱 新型デリカD:5 詳細解説|2019年春にいよいよ発売、しかしフルモデルチェンジではなくビッグマイナーチェンジだった!, 外観は写真で見ると奇抜な印象を受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に眺めるとそれほど違和感は感じられません。, 標準ボディはフロントグリルがハニカム(蜂の巣)状で、ボディの前後には悪路でボディを守るスキッドプレート風のパーツが装着されており、SUVのイメージが強い仕上がりです。一方、アーバンギアはメッキグリルがシンプルな形状になり、ボディの前後にエアロバンパーが備えられています。, >>詳しくはこちら:【動画あり】三菱 新型デリカD:5 試乗│唯一無二のミニバンオフローダーは、選ぶ価値の高い1台, インパネの周辺が上質になったことが、新型デリカD:5の特長です。ソフトパッドが多く使われ、ステッチ(縫い目)も施されました。インパネの中央部分やATレバーの質感も高く、高級感が演出されています、, ただし、従来型に装備されていた助手席前側のアッパーボックスは、残念ながら廃止されました。, 新型デリカD:5では、エンジンの改良とATの多段化により、動力性能が向上。1000回転を少し超える領域で走っている時にアクセルペダルを軽く踏み増しすると着実に速度が高まり、2000~3500回転で特に高い動力性能を発揮するセッティングです。アクセル操作に対するエンジンの反応も機敏で、普段から動力性能で不満を抱くことはないでしょう。, 新型デリカD:5では、電動スライドドアおよびエレクトリックテールゲートに「クローズ&ロック機能」が用意されています。スイッチを2度押しすることで、電動でドアが閉まると同時に施錠が完了。閉まるのを待たずに車を離れることができる便利装備です。, 新型デリカD:5に搭載されているパワートレインは、2.2リッターのクリーンディーゼルエンジンと8速ATの組み合わせです。, 従来型デリカD:5のDパワーパッケージは353万4840円だったことから、新型のGパワーパッケージは約55万円の値上げとも受け取れます。, しかし、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備と運転支援機能が装着されていることや、カーテンエアバッグ、マルチLEDヘッドライト、リアゲートの電動開閉機能、パーキングブレーキの電動機能、電動パワーシートなども加えられていることから、一概に値上げとはいえません。, エンジンやATも刷新された上でこの価格ということを考えると、妥当といえるのではないでしょうか。, 特殊3層構造により吸音・遮音性能が大幅に向上しています。走行性能だけでなく、質感も大きく向上した新型デリカD:5にピッタリの装備です。フロントシート、セカンドシート、サードシート、そしてラゲッジルームと室内の全フロアをカバーできます。, ビッグマイナーチェンジを受けた新型デリカD:5の値段は、384.3~421.6万円(税込)です。, 新型デリカD:5はエコカー減税の対象車のため、購入時の自動車取得税と自動車重量税が免税となります。また、グリーン税制の対象でもあることから、新車登録翌年度の自動車税も軽減されます。, 新型デリカD:5の5年間の維持費は、70万円~80万円と予想されます。想定内訳は以下の通りです。, ・軽油代: 234,375円(年間走行距離:1万キロ、軽油代:115円/Lと仮定し、燃費12.6km/Lで計算), ■トヨタ アルファード 新車購入ガイド|車両価格から燃費、オプション装備まで一挙に紹介, ■トヨタ ヴェルファイア新車購入ガイド|燃費や車両価格、グレードごとの違いまで徹底解説, ■ホンダ ステップワゴン 新車購入ガイド|車両価格から燃費、オプション装備まで一挙に紹介, 車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 また、雪道やぬかるみなどのすべりやすい路面で発進する際に駆動輪がスリップすると、スリップしたタイヤにブレーキをかけて駆動力の流出を防止するとともにエンジンやトランスミッションを制御し、スムーズな発進を支援します。, スリップ時や高速走行中の急ブレーキ時のタイヤロックを防いで、ステアリング操作での危険回避能力を高めます。乗員や積載量に応じてブレーキバランスを自動的に調整するEBDと、急ブレーキの際に制動力を高めるブレーキアシスト機能も搭載しています。, ステアリングの動きに連動して、進行方向を明るく照らし出して歩行者の早期発見に貢献する機能です。 ガソリン車に関しては”おすすめ!”とは言えず、これは走り向けやマニア向けと言った感じで、コスパ重視な選択ではないので今回はおすすめグレードとして外しています。, そんな訳でエコカー減税対象であり、軽油で済むモデルチェンジを果たしたクリーンディーゼルの中から、「P」をおすすめする理由を見ていきましょう。, この装備は「G-Power Package」「G」にオプション設定されており、2つ装備すると税込108,000円掛かります。, なお、この2つの機能は、デリカD:5のおすすめオプションについてもご紹介しており、極力装備すべきオプションとお伝えしています。, そんな「G-Power Package」に2つ装備する場合、「P」との価格差約13万円のうち約11万円が埋まってしまうのです。, すなわち、「G-Power Package」で安全装備を充実させるのであれば、2万円高価な「P」を選択し、以下の装備が付いている方がコスパが高い!と言えるのではないでしょうか?, (※ なお、マルチアラウンドモニターが付いているので、サイドアンダーミラーは装備されません。), 以下の装備が実質2万円の差(「G-Power Package」に安全装備をフル充実させた場合)だけで標準装備される加飾です。, 基本的に加飾が多いのですが、ルーフビームガーニッシュは2万円以上の価値があります。, やはりライバル車や三菱のアクセサリーなんかでも、類似するライトが5万円近くしますし、社外品では成せない高級感・統一感があるのでお得なんですよねぇ。, その他にも他グレードだとシルバー塗装なのに対し、「P」にはメッキ塗装が成されています。, そういった理由もあり、安全装備が充実していることから、「G-Power Package」を選ぶなら「P」を選択する方が費用対効果が高いと言えるでしょう。, そんな2つのグレードには”標準装備・オプション設定されない機能”などをご覧いただくと、割かし納得いかれるかと思います。, パワーシートの方が不便なくシートの位置・角度・前後を調節できますし、シートヒーターなんて気温差の激しい日本だと重宝することでしょう。, この機能は言わばスライドドアをボタン一つで開け閉めできるもので、近代では普通…というのが世の流れ。, もちろん装備されていなくてもスライドドアを開けるのに苦労しないと思いますが、やはりスイッチ操作の方が楽ですし、2度押しすると、クローズ&ロック機構が発動。, また、先ほどもご紹介した後側方&後退時車両検知警報システムはオプション設定すらされていません。, そんな「G」と一つ上級のグレード「G-Power Package」と価格を比較すると…, この価格差を考慮したうえで装備されない機能の利便性を考えると、何度も使うスイッチやリクライニング機能、そしてシートヒーターが最初から装備されている「P」「G-Power Package」の方がコスパが高いと言えるのではないでしょうか?, それもそのはず、上記の「G」よりも約10万円安く、「G-Power Package」より約24万円安く、「P」より約37万円ほど安いのですから。, とは言え、パワーシート・シートヒーターやエレクトリックテールゲートはもちろん、アクセサリーコンセントや安全装備を1つも装備することができません。, こうなってくるとリセールバリューも効きがたくなるので、もし手放す際も期待より高額買取されない可能性もあります。, また、付けたくても本革シートは装備できませんし、運転席側ワンタッチ電動スライドドア機能も使えなかったり。, そんな自由度が乏しいグレードでありながら価格差が大きく開いているわけでも無いので、正直費用対効果が高いとは言い難いですね。, 仮に「M」の車両価格が340万円くらいで上記の自由度×標準装備設定ならコスパが高いのですが、まあ微妙なラインだと長い間おすすめグレードや価格・利便性比較をしてきた筆者の肌感覚として判断できます。, そんな訳でおすすめグレードは「P」になるのですが、7人乗り8人乗りにどっちにしよう?と思うかもしれません。, お気づきなら良いのですが、7人乗りと8人乗りで価格差がないので、どっちでも良いです。, 7人乗り車なら2列目中央にスペースが生まれ、キャプテンシートになるのでアームレフトが付きます。, 逆に8人乗り車だと6:4分割ベンチシートになり、乗員定員が1人増えます。(当たり前ですね^^;), 重量への影響は人次第であり、シート分の重さによる燃費影響もないので、ほんとに好きな方・使うであろう人数車を選ぶのが妥当ですねぇ。, 最後になりますが、燃費や維持費などを気にしなければ、ガソリン車もアリかと思います。. ディーラーでは30万円の下取りが , また、デリカD:5にはミニバンの利便性の良さのほかにも、走行性能を期待したいところ。ミニバンでありながら本格SUVにも負けない走行性能を持っているモデルなので、そのポテンシャルを活かせる大径タイヤやパドルシフトが標準装備される「G-Limited package」がおすすめです。, 車のグレードを選ぶ際にはグレードごとの装備内容を確認するとともに、自分に必要な装備をはっきりとさせて、目指すカーライフに適した車を選んでください。, A:デリカD:5は駆動方式によって異なったエンジンが採用されており、2WD車には2.0L直列4気筒SOHCエンジン、4WD車には2.4L直列4気筒DOHCエンジンを搭載しています。グレードは「M-Limited package」と「G-Limited package」の2種類で、2WD車と4WD車共通のグレード構成です。, A:デリカD:5では助手席側の電動スライドドアやスマートキー、フルオートエアコンなどは全車標準装備ですが、上級グレードになるとパドルシフトや大径タイヤなどの走行性能を高める機能が追加されるほか、両側の電動スライドドアも装備されるなど利便性も向上します。どの程度の機能が自分に必要なのかを見極めて、必要な装備が無駄なく搭載されているものを選ぶといいでしょう。, A:デリカD:5はミニバンの使い勝手の良さと、本格SUV顔負けの走行性能の高さを持ったモデルです。デリカD:5ならではの走りが楽しめる機能が搭載されている上、両側の電動スライドドアやアクセサリーソケットなどを備え、ミニバンとしての利便性も十分な「G-Limited package」がおすすめです。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4. 2019 All Rights Reserved. デリカd:5のグレード構成. 今後、時代に合わせた安全性能を持つことが期待されます。, A:いいえ、デリカD:5はどのグレードにも先進安全機能は搭載されておらず、オプションの設定もありません。, A:4輪のブレーキやエンジン、4WDシステムを統合制御してスリップを防ぎ、安定した走行をサポートする「アクティブスタビリティコントロール」や、ブレーキアシスト機能と状況に応じてブレーキバランスを自動的に調整するEBD機能付きのABS、ステアリング操作と連動して進行方向を照らす「アクティブコーナリングライト」などの安全機能があります。, A:経済産業省や国土交通省が普及を推進している先進安全機能を備えた「サポカー」は、搭載される機能によって「サポカー」「サポカーSベーシック」「サポカーSベーシック+」「サポカーSワイド」の4種類に分類されています。デリカD:5は被害軽減(自動)ブレーキなどの先進安全機能は搭載していないので、いずれのサポカーにも該当しません。, マイカーリースのおトクにマイカー 定額カルモくんが制作する車選びとカーライフを応援するWebマガジン「カルモマガジン」。国産新車に関するレビューやグレード比較情報、知ってるとおトクなマル秘情報を中心に、クルマ選びのプロが執筆する情報を更新していきます。, https://car-mo.jp/mag/wp-content/uploads/2020/10/15_-TVCM_1.mp4.

バイナリー エディター 使い方, 中学受験 低学年 ブログ, 海外サイト 翻訳 Google, クリスタ アカウント登録 無料, スマホ マーク 丸に横線, アイシャドウ 塗り方 キャンメイク, Gmail 既読にする スマホ, フォートナイト スイッチ バグ, エリクシール おしろいミルク ファンデーション, ニューバランス 偽物 楽天, Line フェイスid 使えなくなった, プライザー フィギュア 農業, 映画館 興行収入 ランキング, Ls -l 表示内容, 横浜 チーズ専門店 販売, のだめカンタービレ ドラマ 11話, 中1 国語 光村 問題, Ipad 左手デバイス Shift, 自転車通勤 服装 ユニクロ 女性 夏, メルカリ 売れるもの 2020, 銀魂 最終回 アプリ,

Leave a Reply