トヨタ スポーツカー 復活 14

60年代の国産スポーツモデルの名車っぷりが凄い. 新型MR2に水平対向エンジンを搭載するということは、水平対向のボクサーエンジンを得意とするスバルと共同開発する可能性が高いでしょう。86とBRZの関係のように、トヨタではMR2、スバルではライトウェイトスポーツの新型車が発売されるかもしれません。, 新型スポーツは2019年に行われるいずれかのモーターショーでコンセプトモデルを発表する可能性が高い, 次期MR2の可能性がある新型スポーツのコンセプトモデルは、2019年4月に行われる上海モーターショー2019やニューヨーク国際モーターショー2019で発表するという情報がありますが、2019年10月に行われる東京モーターショー2019で行われる可能性もあり、発売は2021年から2025年になると予想します。, 2018年12月13日、アメリカの自動車雑誌『Autoguide』のインタビューでトヨタ北米の副社長ジャック・ホリス氏が2019~2021年までに19車種の新型モデルを販売する意向を示しました。, 販売中のトヨタ86が3本の柱の「中」、2019年販売のスープラが「大」。となると、この19車種の中にトヨタの次期小型スポーツカーがいる、発売は2020年か2021年…と考えたくなるのは当然の流れでしょう。, MR2の復活が予想される背景には、豊田章男社長をはじめ、チーフエンジニアクラスの発言があります。「現代では採算がとれない」といわれることが多いスポーツカーですが、そんな中でもトヨタは86、スープラを復活させています。, MR2復活が度々取り上げられる理由の1つ目は、前述の多田氏や豊田社長の「スポーツカー3本柱構想」のうち、小型スポーツカー枠だけが空いているからです。, トヨタの小型スポーツカーといえば、ライトウェイトスポーツカー聡明期に人気を集めたスポーツ800(ヨタハチ)と1980年代に日本初のミッドシップエンジン採用で日本カーオブザイヤーを受賞したMR2が有名です。, 両氏の発言が単なる個人的な希望ではなく、社の方向性なのだとしたら、ライトウェイトスポーツカー復活の実現の可能性は十分にあり得ます。, 多田氏や豊田社長以外にも、MR2の復活を匂わせる発言をしたのが、トヨタのチーフエンジニアである甲斐将行氏です。スープラをBMWと共同開発する際には、手腕をふるった人物です。, 2018年9月甲斐氏はアメリカ自動車専門誌『Road & Track』で、「86、スープラとFR式は揃った。次はミッドシップの番」と発言しています。MR2は日本初のミッドシップエンジンを採用した車ですから、ミッドシップのスポーツカーといったらMR2をおいて他にありません!実際にインタビュー中には「セリカとMR2」の名前も挙げています。, セリカが復活する可能性 2021年以降に発売予定の新型モデルは燃費・走行性能などが進化, 実際にトヨタは2017年8月に「セリカ」の商標権を米国特許商標庁に申請していますので、甲斐氏の発言には非常に信憑性があります。既にアクション済みであるがゆえの発言だとしてもおかしくはありません。, トヨタは数年前から小型ライトウェイトスポーツの販売に興味を示しており、2015年東京モータショーではコンセプトカーとして「S-FR」を披露しています。, そのため、当時やスポーツカー3本構想の話が出ると、「新型スポーツカーとして「S-FR」がラインナップされるのではないか。スポーツ800(ヨタハチ)の後継を意識しているのでは?」といった声もありました。, しかし、2015年の東京モーターショー以来、S-FRのその後の話はほとんど表に出てこないため、既に開発が中止されている可能性が濃厚です。, 2018年の甲斐氏の発言を考えると、既にトヨタはS-FRではなく、MR2・MR-Sの後継にあたる新型スポーツカーの開発に舵を切っていると考えられます。, 日本の自動車メーカーが1社のみでスポーツカーを作るのは極めて困難です。そのため、トヨタは86はスバルと共同開発、スープラはBMWとタッグを組んでいます。 mr2復活の根拠をトヨタスポーツカー3本柱構想やコンセプトカーとして登場したs-frの存在から解説:86、スープラを復活させたトヨタの次期スポーツカーはミッドシップの小型スポーツカーでmr2(mr-s)の後継で、スバル・ロータス・ポルシェとの共同開発の可能性が濃厚。 僕 は あす 昨日の君とデートする 予告, 福島原発 作業員 死亡, 仕事 暇 2ちゃん, 046-229-4115※13:00~18:00(月曜~金曜日、祝祭日を除く), 狂乱の「バブル時代」は車種が「デート」の勝敗を分けた! 女子に「モテた」外車と「不人気」の外車, 「1億円」で落札の個体も! 「ランチア」なのに「アバルト」のエンブレムが付く「037ラリー」という名車, 「2000GT」「カウンタック」「アメパト」が銀座を走る! 83台のクラシックカーが集まった【THE銀座RUN エシカルミーティング】の中身, 世界一のエンジンメーカーの真骨頂! 60年代にレッドゾーン9500rpmユニットを積んだS600の衝撃, 悪路無敵の「ランクル70」! 買うなら「丸目の旧70」か「角目の再販70」か徹底比較した, 最新SUVよりも斬新ってどういうこと? アウトドアで誰よりも「ドヤれる」オシャレすぎる中古SUV3選. 三橋 達也 ウィキ, トヨタとスバルは86(BRZ)を共同開発した経験がありますので、一見すると1番現実的で良さそうな組み合わせです。, スバルの水平対向エンジンをミッドに積んでほしいという要望は昔からあり、特に現在のスバルは北米で大人気です。高級スポーツカーとなっても「販売するなら買う!」という富裕層も一定数見込めるでしょう。, ただ、水平対向エンジンをミッド(リヤ)に積むというのは簡単なことではなく、整備性の問題もありますし、そうなると販売価格も高騰しやすいです。水平対向エンジンを積むとなると、エンジンルームの面積も必要ですから、今までのライトウェイトスポーツカーのMR2のイメージとは遠くなってしまう可能性もあります。 サバイバルウェディング 動画 2話, ゲーム会社 一覧 有名, ホンダ カーズ 栃木 営業 日 一覧 表, あと2カ月あまりで平成という時代が終わろうとしている。この平成の31年間、いったいどれほどのコンセプトカーが生まれたのだろうか?, そのなかで、新しい元号の時代へ引き継いでほしい秀逸なコンセプトカーのスポーツモデルを取り上げたいと思う。, さて、どんなコンセプトスポーツが本企画で再登場するのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。, モーターショーを飾るコンセプトカーは、さまざまな意図を持って世に送り出される。荒唐無稽と思わせる大胆なモデルもあれば、徹底的にスタイリング重視のデザインコンセプトや量産化を睨んで現実的なアプローチを施したもの、あるいは“前振り”効果を狙って様子見を兼ねて登場させるほぼ新型車という場合もある。, ここでは平成生まれの惜しくも量産化に届かかず、次の元号の世によみがえる、量産化に漕ぎ着けてほしいと願ってやまない「コンセプトスポーツ」を紹介していきたい。, ちなみに、ヤマハOX99-11やジオット・キャピスタといったスーパースポーツたちは、バブル期の儚い夢あるい時代の徒花の印象が強い特別なモデルなので、別の機会に譲ろう。, 1987の東京モーターショーで登場したHSR−Ⅰ(上)。スチールパネルのフロアにパイプフレームのキャビン、ケブラー製のボディパネルで構成されたCd値0.20という超空力ボディに295psの2Lターボエンジンとアクティブ4(フルタイム4WD、4WS、4ABS、4輪独立懸架)を搭載した高速4WD実験車。下は1989年発表のHSR−II。3L、V6 DOHC+ツインターボエンジンをフロントに横置きした4WDで現在につながる電子制御を追求した最先端の実験車だった, 初代HSRは昭和62年の発表なので厳密には「平成生まれ」ではないのだが、「シリーズ」として扱うことにした。「ハイ・ソフィスティケーティッドトランスポート・リサーチ」の頭文字からHSRと名づけられた三菱の一連のコンセプトカーは、1987年のHSRから1997年のHSR-VIまで6車種におよぶ、当時の三菱の研究開発中の最新技術を注ぎ込まれたモデルだ。, 初代HSRの登場のインパクトはかなりのもので、30年以上を経た今でもスタイリングは充分に未来的だ。アクティブサスペンションを初めとして、4WDや4WSなどといった電子制御機能をはじめ、リアデッキ上部に備わるエアブレーキによる空力制御機構など「これでもか!」とふんだんに与えた技術はコンセプトカーにふさわしい。, かつては“画に描いた餅”といって揶揄されることもあったが、新技術を紹介するショーモデルと割り切れば意味はあったに違いない。実際、自動車メディアの端くれとしても「今度のHSRはどうくる?」と思わせる大胆な提案さに期待していたことも認めざるをえない。, 設定されたエンジンを見ると、初代の2L直4ターボから、IIでは3L、V6ツインターボ、III/IVでは当時流行の小排気量・多気筒化技術を利用した1.6L、 V6(マツダは1.8L 、V6を開発した)を搭載。, 1991年登場のHSR−III(上)は空力境界層制御技術の導入でCd値0.20を達成。ルーフは電動開閉式で、エンジンは1.6L、V6DOHCをフロント横置きに搭載。1993年に登場したHSR−IV(下)は電動でクーペ/タルガトップ/オープンに変えられる機能と、三角錐の突起で作り出すエラスティック・エアロテールIIを備える。エンジンは1.6LのV6DOHC-MIVECを搭載, 1991年の東京モーターショーで公開されたHSR-IIIは前2作と違い、現実味のあるライトウエイトスポーツカーという仕立てで、ルーフは電動開閉式でガルウイングドアを備え、フロントには1.6L、V6DOHCエンジンを横置きに搭載していた。, 1993年に公開されたHSR-IIIではHSR-Ⅱをさらに進化させたライトウエイトスポーツで、電動でクーペ/タルガトップ/オープンに変えられる機能を備えていた。いずれの2作のライトウエイトスポーツは日の目を見ることはなかった。, 1995年に登場したHSR−V(上)はHSRシリーズ初のミドシップで、エンジンは1.8LのDOHC GDIを搭載。旋回力をアクティブ制御するヨーコントロールを備え、車高は最大150mmまで調節可能。HSR最後となったVI型は1997年登場(下)。21世紀の交通システムに対応させた「自動走行モード」と運転する楽しさを追求した「ドライバー操縦モード」を使い分けることができるのがポイント, HSR-Vから1.8L直噴ガソリン直4(後のGDIエンジン)、VIでは2.4L、直4の量産エンジンを与えた。VIまではいずれも横置きFWDを基本とした4WDとして、パワートレーンは量産モデルとつながっていることがわかる。, Vでようやくミッドシップレイアウトを採用、ヨーコントロールシステム(後のAYC)を装備したのち、VIでは自動走行モードを想定するに至るなど、システム全体の変化も面白い。, 最終型のVIではまさに三菱の技術の展覧会車両だった。アルミフレーム構造にポリカーボネート製ボディパネルを備え、今まさにドイツメーカーが研究開発で鎬を削っている、自律自動運転技術を紹介していることは改めて驚かされる。, 三菱がダイムラーとの合併劇などで疲弊する以前に、技術力を誇るために生み出されたHSRシリーズは、10年間という長きにわたってコンセプトカーを“シリーズ化”する手法も唯一無二であり、今後もあり得ないだろうが、三菱のスーパースポーツのコンセプトモデルをもう一度見たいと思えるのはHSRがさほど身近に“未来”を感じさせるモデルだったからに違いない。, ダイハツと童夢の共同開発によって1991年に登場した本格的スポーツカー、ダイハツ X−021。エンジンは1.6L、直4を搭載。ボディはアルミニウム製のスペースフレームをボディ外板にはFRPを採用するという徹底ぶりで、実に700㎏という超軽量化に成功。現在はレストアされ童夢が保管しているという, レーシングカー・コンストラクターの童夢との共同開発によって生み出され、1991年の東京モーターショーに登場した「ダイハツX-021」は、骨太のスポーツカーコンセプトだった。, フロントエンジン・リアドライブの”FR“オープンスポーツは当時の流行であり(1989年には「ユーノスロードスター」が誕生した)、1.6Lの直4エンジンは当時ジムニーのライバルであったロッキー用エンジンからの流用とはいえ、オリジナル設計のアルミ製スペースフレームは、当時の写真を見ても気合いの入った作り込みを感じさせる。, 車重は700kgと軽量に仕立てられ、ライトウェイトスポーツの名にふさわしい仕上がりとなった。クラシックな雰囲気をもつスタイリングの洗練度の高さも印象的だった。, X-021を含めて、多くのコンセプトカーがバブル景気の勢いで開発され、その崩壊とともに消えていった事実は、コンセプトカーのはかなさを物語っている。, 1.6L、V8という小排気量マルチシリンダーエンジンを搭載する、軽自動車のオープン2シーターのカプチーノの精神を受け継ぐ、スズキ渾身のオープンスポーツコンセプトカー, スズキは軽自動車スポーツ「カプチーノ」を生み出したことは“バブルゆえ”の奇跡といえば語弊があるかもしれないが、2代目の候補が生み出されたことはあまり記憶されていないかもしれない。, 1997年の東京モーターショーに登場した「C2」は、資料には“カプチーノの基本思想を継承”とあるから、おそらくCは“Cappuccino”の頭文字のはず。, 「C2」の呼び名には明言されずとも次世代“カプチーノ”であることを意識したネーミングだったことは疑いようもない。, なにより注目だったのは、エンジンのスペックだ。当時の小排気量マルチシリンダーの開発ブームに乗った試作エンジンは、1.6Lの排気量にしてオールアルミ製のツインターボV8の採用を謳った。, 6速MTと5速ATの設定は、革新的エンジンに対して、既存品の流用となっているのが面白い。内外装のデザインはシンプルに仕上げられ、ハードトップをシート背後に巧みに収納するという、一品モノとの前提とはいえ、オープンスポーツとして魅力的なスペックを誇った。, だが、2代目カプチーノはC2の発表から20年を経てもいまだ復活を果たせずにいるのが、スズキの鈴木 修会長の“スポーツカー嫌い”ゆえかどうかは知るよしもないが……。, SSHEV(シーケシャル・シリーズ・ハイブリッド・エレクトリック・ヴィークル)と呼ばれる、新開発のハイブリッドシステムを搭載。デザインについては、当時はともにゼネラルモータースの傘下にあったアルファロメオから移籍したアンドレア・ザパティナスが生み出したウィングスグリルが懐かしい, 2003年の東京モーターショーで発表された、スバルの重量級のオープンスポーツ。当時としては、ハイブリッドオープンスポーツという革新的なスペックだけでも、当時は心躍ったことを思い出す。, 最大の特徴である「SSHEV」(Sequential Series Hybrid Electric Vehicle)と呼ばれるハイブリッド機構は、発電用(出力:50kW)と駆動用(同100kW)の2基のモーターの間にクラッチを挟み込み、走行時は約80km/hまで基本的にはモーター駆動、状況に応じてエンジン駆動でアシストして、シリーズ・パラレル・ハイブリッドを成立させるという荒業を用い、2L水平対向4気筒エンジンと組み合わせたパワートレーンはまさしくハイスペックといえる。, 車高調整式エアサスペンションを備え、最低地上高を150〜200mmの範囲で変更できることで、オンロード/オフロードに対応できるとするなど、スバルらしい演出も忘れていない。, 個人的には複雑なハイブリッドを備えずとも、今に至っては生産中止が噂される水平対向6気筒を搭載して量産化されないかと、思わず余計な願望さえ頭をもたげたものだ。, ボクシーなフォルムがもたらすイメージは510型ブルーバードやGC10型“箱スカ”スカイラインを想起させるもの。デジタル世代に向けたデザイン・オファーがコンセプト。標準仕様とモータースポーツのイメージを与えたニスモ仕様の2タイプを登場させた, 標準仕様とレーシング仕様のニスモで内外装の仕立てを変えた2種類の仕様を設定するなど、演出の巧みさが際立っていたのが、2013年の東京モーターショーに出品された「iDX」だ。, iDXのDXは“デラックス”ではなく、iDの(Identityから)。ジェネレーションZという世代設定がジェネレーションXに続く“デジタルネイティブ”な若者を指すというのは多少なりとも理解できるが、資料を見ても、レトロ、クラシック、ノスタルジックという言葉を徹底的に排除してコンセプトを解説しているのは、スタイリングがもたらすイメージからすると明らかに意図的だ。, どこか510型ブルーバードやGC10型“箱スカ”スカイラインを想起させる箱形のスタイリングは、どうみても回帰的と思えるのは筆者だけではあるまい。, 全長×全幅×全高は約4.1m×1.7m(ニスモ仕様:1.8m)×1.3mとコンパクトに仕上げられ、パワートレーンは標準型が1.2~1.5LガソリンエンジンとCVT、ニスモが1.6L直噴ガソリンとマニュアルモード付きCVTと説明するように、ここでもイメージ設定が先行していて、むしろコンセプトの骨太感が薄い感覚を与えてしまう。それでもどこか惹かれてしまうのは、オジサンの弱みを突かれているからだろうか。, コンパクトスポーツとして量産化が期待されていたが、残念ながら開発中止が決定したとされるコンセプトカー。デザイン的にもトヨタの新機軸として目を引く仕上がりを見せていただけあって残念, 2015年の東京モーターショーには、トヨタ自身が「ライトウェイトスポーツの系譜を継承」すると謳ったコンセプトカー「S-FR」が登場した。「Small-FR」と小型軽量FRを思わせるわかりやすいネーミングをもつコンパクトスポーツは、エントリーモデルとしてトヨタ社内の有志によって制作されたという。, 軽量化に仕立てたとされるコンパクトな5ナンバーサイズのボディは全長3990×全幅1695×全高1320mm、ホイールベースは2480mm(新型スープラより10mm長い!)。, リアシートを備える2+2レイアウトを採用しつつも、ロング&ワイドのスタンスを採る。車重は1000kgとされていた。トヨタが現在進めているエッジの効いたデザイン・コンセプトとは対極的な曲線基調のスタイリングがオジサンにトヨタスポーツ800の再来と言わしめた一因だろう。, エンジンをフロントミッドシップに搭載、6速MTを装備など好ましいスペックが設定されながら、紆余曲折の末に、どうやら量産化は見送りになったようだ。, ヴィッツベースとしてスープラ/86の末弟が登場するかどうかも含め、まずはトヨタのコンパクトスポーツ開発の行く末を見守りたい。, マツダのロータリースポーツ開発続行の意思表明といえるコンセプトカー。コンパクトなロータリーエンジンを搭載するゆえに低く抑えられたノーズ部からボディ全体のプロファイルが際立っている, 「マツダブランドの魂を宿す、いつかは実現したい夢」とマツダが表明するロータリーエンジン搭載を基本設定としたコンセプトスポーツが「RXヴィジョン」だ。2015年に東京モーターショーに出展されたこのモデルを、マツダが「デザインコンセプト」と呼んでいないことには彼らの意地が見え隠れする。, ここまでロングノーズ・ショートデッキを強調する必要もないかと思うが、「SKYACTIV-R」と呼ばれる予定の次世代のコンパクトなロータリーエンジンを想定した、ノーズ部から全体に続く低く長い伸びやかなプロポーションをもつ1925mmの全幅のワイドボディは、スポーツカーであることを明確に主張したかったからに違いない。, 夢は叶うと信じるロータリースポーツファンがいなくなることはよもやないかと思うが、待ちくたびれるにもほどがある。ここでは、マツダの不屈のロータリー開発の魂に期待するとしておこう。, 993ccから926ccにスケールダウンしてWRCグループB、1.3L以下クラスに編入することを目的に限定200台が販売された926ターボをベースに製作されたのが、このシャレードデトマソ926R。ボディサイズは全長3850×全幅1640×全高1360mm。最大トルク、車重は未公表, 最後に“非現実”と“超現実”なふたつの願いを込めて、1985年と昭和生まれながら、あえて番外編として、ダイハツのミドシップ・スポーツ・コンセプトカー「シャレード・デ・トマソ926R」を紹介したい。, 現在ではトヨタの再挑戦とメイクスチャンピオン獲得で注目を浴びている世界ラリー選手権(WRC)に過去のグループBの時代に生まれたシャレード962ターボをベースとして、デ・トマソの要素を加えて、さらにルノー5(サンク)ターボやプジョー205T16をイメージしてミドシップ・レイアウト+ターボエンジンのコンセプトを与えて、見た目でもミドシップされたエンジンの存在を感じさせる、リアサイドのエアインテークが誇らしい仕立てとなった。, ネーミングでもわかるとおり、926ccの排気量はWRCの規定に合わせて1300ccカテゴリーに収めるため、ターボ係数の1.4に併せて縮小され、限定200台で販売された926ターボのエンジンを76psから120psにパワーアップ。, 先日ダイハツP5がレストアされ、お披露目された際、昔を知るダイハツ本社の社員の方に926Rはどこにあるのか聞いてみたが、現在ダイハツには残っておらず、解体されたのではないか、とのことだった。実にもったいない話だ。, いっぽうで、実現が近い要素といえるのが、デ・トマソ仕様の特徴である赤黒の2トーンのカラーリングだ。ダイハツのショーモデルとして最近頻繁に参考出品されている。商標の問題があるのかもしれないが、ぜひともカラーリングのイメージを与えたモデルだけでもダイハツのデ・トマソを復活してほしい。, 機能よりモノっぽさで勝負!? 聖学院 高校 募集, 名目為替レート 実質為替レート 大きさ, 軽井沢 テレワーク ホテル, せクハラ 言葉 慰謝料, 柳俊太郎 スキンヘッド 役, Fate アルキメデス Pixiv, 買い物 カート 使いやすい, ハイアンドロー 映画 動画, 2019年1月、デトロイトショーでついにトヨタのスポーツカー、「スープラ」が正式発表された! 近年、スポーツカーは“冬の時代”と言われ、新しいスポーツカーはなかなか発売されないのが現状。スープラ自身もそうした時代の波にのまれ、2002年に生産中止して以来、実に17年ぶりの復活となった。, トヨタはなぜスープラを復活させたのか。そして、それがなぜ生産中止から17年経った今なのか。スープラを使ってレースの世界で数々の実績をあげ、自身もまた先代型スープラを所有するプロの視点から、スープラ復活の意味を紐解く。, レースでスープラとともに頂点を極めた脇阪氏は現在、A80型スープラを愛車として日々の足に使っている, 時計の針を巻き戻して今から遡ること9年前。2010年にトヨタの開発の仕事で、A80型スープラをドイツ・ニュルブルクリンクで走らせた経験もあるのが、レーシングドライバーの脇阪寿一氏だ。, 脇阪氏といえば、日本最高峰のレース「スーパーGT」で、計3度年間チャンピオンを獲得したトップドライバー。その最初のチャンピオンをともにしたのが、他でもなく「スープラ」だった。, レース車両のスープラと縁が深かった脇阪氏が、量産車のスープラに強い印象を抱いたのは、先述の2010年、自動車開発の聖地としても知られる“ニュル”での出来事だったという。, 「僕らがやっていたのは運転訓練やからタイムは関係なくて、クルマの動きが正確に感じられ、それによってコースを深く理解できるかどうかが重要でした」, 「当時で生産中止から8年経っていたけれど、スープラはタイヤの表面で起こっていることやクルマの動きが“ほぼ時差なく”我々ドライバーに伝わってくる。タイム=速さなら最新車が上だろうけれど、誰もが乗って楽しめる、それが当時スープラを良い車だと思った理由ですね」, 当時、トヨタ車の開発に欠かせない“運転訓練”のため、脇阪氏と同じく数名のレーシングドライバーが同地を訪れていたという。実は、この時「別の最新モデル」も用意されていたのだが、それぞれの車でコースを一周走った後、そこにいたドライバーはこぞって、スープラに乗りたがったという。, 「ひと言でいうと“素直”。だから、他の量産車を運転していて感じた怖さがスープラにはなかった。スープラの魅力はそこなんやろうと思います」, 実は脇阪氏に限らず、レーシングドライバーには、このA80型スープラの“ファン”が多い。プロにも好かれる車、それがスープラの評価を端的に表しているのかもしれない。, 歴代のスープラ、そして故・成瀬氏の写真をバックにデトロイトで新型スープラを発表する豊田章男社長, 奇しくもこのエピソードと符合する話をデトロイトショーの檀上で語ったのが、他でもない豊田章男社長だった。, ニュルブルクリンクでドイツ車メーカーが発売前の車を使用し、どんどんテストドライブを重ねるなか、当時のトヨタにはニュルで運転訓練を行えるレベルにある車が、生産中止になった80スープラしかなかった。, 当時、まだ社長ではなかった豊田氏は、その時感じた悔しさを胸にトヨタのトップテストドライバー、成瀬弘氏とともに運転訓練を続ける。, 成瀬氏は、トヨタの新車開発を担うテストドライバーのトップを務め、数々のスポーツカー開発にも携わった人物。社長就任以前に豊田章男・現社長がドライビングの師として指導を仰いだ人物でもある。, その後、成瀬氏がテスト中の事故で逝去するという悲劇がありながらも、1年後の2011年に豊田社長はスープラ復活の決断を下したのだった。, こうしてスープラは復活に向けて動き出したわけだが、気になるのはなぜ、結果的に17年もの月日を要したのかという点だ。, そもそも、2002年に消滅したスポーツカーは、トヨタのスープラだけではなかった。日産の「シルビア」や「スカイラインGT-R」、マツダの「RX-7」など国産スポーツカーは、当時の「平成12年排出ガス規制」に対応できず、軒並み生産終了に追い込まれた。, この頃から環境性能に対する要求と市場のニーズは高まってゆき、さらにリーマンショックが追い打ちをかけ、国産スポーツカーは減少の一途をたどる。, 一方で、スポーツカーを求める自動車ファンの声も少なからず存在。その人気を裏付けるように、今では先にあげたスポーツカーたちの中古車は高値で取引されるようになった。, スープラも、時代とともに“再評価された車”という側面が強い。現役当時からトヨタを代表するスポーツカーではあったものの、トヨタ自身や他のメーカーからスポーツカーが消え、魅力的な車が減少するなかで、ユーザーにも「やっぱり良いクルマだったよね」と再評価されてきた。, そして、それに呼応する形でトヨタ自身もスープラの車としての魅力や価値に改めて気づいたことが、長い時間をかけて復活へとつながった理由ではないだろうか。, 新型A90型スープラと先代A80型。直列6気筒エンジンとFRというスープラの伝統を実現すべくBMWとの協業で復活。ただ、新型には2L直列4気筒ターボエンジン搭載車も導入される予定だ, さて、新型スープラは、BMWとの協業という形で復活を遂げた。2012年にスバルとの共同開発で発売に漕ぎつけた「86/BRZ」のように、トヨタは他メーカーとコラボレートしてスポーツカーを開発するという道を選んだわけだ。, これに関しては賛否両論あるだろう。スポーツカーは自動車メーカーの“顔”であり、ブランドイメージを代表する存在。それにも関わらず、他メーカーと基本部分が同じでいいのか。独自に開発すべきではないのか。そうした意見もあるだろう。, だが、今や1社単独開発・専用設計のスポーツカーで採算を合わすのはそう簡単ではない。, そんな問いに対する一つの答えが、新型スープラであり、86という存在なのだろう。依然としてスポーツカーに厳しい市場環境を見れば、メーカーを横断したスポーツカー作りは、今後の新しいカタチになるのではないだろうか。ユーザーにとっても1社単独で実現しないモデルが、協業によって世に出るならばメリットは大きい。, 大事なのは「どこと一緒に作ったか」ではなく、「良い車かどうか」だろう。スポーツカーは「出したら終わり」という車ではない。そこから如何に熟成を重ね、“作り続けられるか”によって、後の評価やメーカーにもたらす意義は大きく変わってくる。, 「スープラの復活はA80があり、そして豊田社長と成瀬さんのストーリーがあってこそ。僕自身スープラにお世話になったからこそ、この復活が本当に嬉しいし、感謝しています」, 「それと同時に、スープラ=直列6気筒エンジンのFRスポーツカーというのは今までの話で、将来的なことを考えると、僕はそうやなくても良いと思っているんです」, 新型はスープラとして通算5代目のモデルとなる。その歴史の中で、「セリカXX」という車名だった初代から2代目、2代目から3代目へとブランドを育ててきた。一旦は途切れた歴史が新型スープラとして蘇ったのも、先代A80の存在があったからこそだ。, しかし、これからの自動車を取り巻く環境を考えれば、「直6・FR」の車を作れない時代がやってくるかもしれない。だからこそ、今度のスープラは真価が問われる。, 新型スープラが新たな“トヨタを象徴するスポーツカー像”を提示できれば、それは必ずや次のスープラにも繋がってゆく。, 機能よりモノっぽさで勝負!?

ヘーベルハウス 中古 東京 5, 段ボール 筒 作り方 52, シャニマス ブログ グレフェス 24, プランクトン 種類 中学受験 14, ドンキ 家電 なぜ 安い 4, 顔 国籍 判定 13, リトグリ アサヒ パート 6, パーフェクト ワールド ‑完美世界‑ 13, ジャンボエンチョー モバイル 会員 6, 盛岡一高 合格点 2019 8, 乃木坂 モバメ 人気 21, ダメな私に 恋し てくださいr ネタバレ 7, シューベルト 冬の旅 感想 15, 大西流星 ファンレター 宛先 12, Pixel 3a 有線lan 43, ツバメ 雛 餌 9, ダンボールで 作れる ロボット 5, ダービー 人形 あそび あそば せ 8, ジムリーダー ランキング 強さ 7, Amazon Workspaces リモートデスクトップ 遅い 6, 芸能人 匂わせ なぜ 54, テセウスの船 ロケ地 小千谷 5, 天魔さんがゆく 動画 1話 7, 脳トレ 効果 仕事 7, 奥田順子 息子 幼稚園 42, パーテーション 自作 オフィス 7, Flying In The Sky 音域 7, 仮面ライダーゼロワン 最終回 いつ 4, 金枝玉葉 新たな王妃となりし者 ネタバレ 32, 安田登 平家物語 朗読 4, ディオ 歌手 Tv 映画 27, バレエ レッスン後 食事 47, Libra Records ニガリ 7, 山本 美 月 熱愛 写真 8, っ ポイ Bl 10, ヤクルト 中山 守備 17, Hey Say Jump 好きなタイプ 4, たわわ の 作者 7, ドイツ語 歌曲 何という 29, ウメッシュ Cm女優 歴代 4, Access Mos 練習問題 53, ガリバー 諸費用 値引き 13,

Leave a Reply