円 融 寺 奥の院 岩井堂 25

この期間にこそ注目のOYOホテルを... 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。. 閉じる, by 札所二十六番は聖観世音菩薩を本尊とする臨済宗の大渕寺。 縁起によれば、弘法大師がこの地を訪れ、岩上で21日間護摩供を修法され、その後惠心僧都が里人と共に堂宇を建立、観音像を彫造し安置したといいます。 鎌倉時代の僧・仏国禅師はこの地を愛し、禅定に入ったということです。 弘法大師の護摩壇や仏国禅師の座禅石は現在も残っています。 観音堂の岩井堂へは、大渕寺から昭和電工の敷地を通り三百段余りの石段を登って行きます。 本尊は管理の都合上大渕寺の本堂に移されていますが、岩井堂 … 続きを読む こちらへは近隣の昭和電工の敷地内を通る必要があります。工場受付でその旨告げれば、通してもらえます。 その後は山道、数百段の階段と厳しい登りですが、苦労は報われます。巨岩に埋もれるようなお堂は急峻な断崖に柱を建てて、鎮座しています。懸崖造りですね。鳥取県三徳山三仏寺の投げ入れ堂のミニ版のようです。   前回は、札所26番の円融寺から奥の院である岩井堂を通り、この護国観音まで来たことを書きました。 >>円融寺と奥の院である岩井堂へ修験道のお堂から護国観音へ26番秩父札所 今回はその続きからです。 この護国観音まで来れば、 … なお、秩父札所二十六番岩井堂は、建久2年(1191)畠山重忠の祖父重弘を開基とするといわれている。, 真ん中のお地蔵様は、比較的新しい感じがしましたが、脇のお地蔵様はちょっと古めです。, ちょうど12時のお昼休みに到着したので、読経などしても時間があったので、本堂の裏側にも行ってみました。, 「人間も仏の心に少しでも近づく為に、日々心を成長させて、一輪の花のように」後が読めませんが、, ここまで見たら12時30分を過ぎていたので、御朱印をいただいてから岩井堂へと行きました。, いったん、先程の来たときの舗装された道からもいけるようなのですが、私はこちらから出ました。, 工場はいたって普通の工場ですが、その中にグリーンベルトという歩行者用道路があるので、そちらを歩きます。, 琴平神社にも参拝しましたが、琴平神社から脇に行く道へ行ってはいけないようになっていました。, 琴平神社の祭りは、毎月10日である。この神社の神楽の伝来は、明治28年(1895)、日清戦争の勝利を祝し、秩父神社の付属神楽を佐野宗五郎より伝授され、翌29年神楽面装束道具一式を新調し大沼組・中下組・滝ノ上組の三組により奉仕されて来た。一時衰退したが、その後復興した。秩父神社の神楽とほぼ同様であるが、同神楽に比し大まかである。, 琴平神社への階段も急な階段で、なかなかきついですが、これから先の岩井堂への階段もとにかく長いです。, 琴平神社の「聖徳宮」となっていました。御祭神が聖徳太子と二宮尊徳となっていました。, ここから更に階段がありますが、ここで札所27番や護国観音への道と岩井堂への道とに分かれるようになっていました。, 先程の勝軍地蔵菩薩のところにも出てきた畠山重忠ですが、祖父重弘を開祖とするとなっていました。, 岩井堂の裏手に行ったら、石の壁になっていまして、その開いたところにお地蔵様や観音様です。, 「この小道を五分登ると(約七十五メートル)、鋳造大仏座像(二メートル)、秩父修験堂等があります」, 小道なので、私がゆっくり登っていたら、小学生を連れたおじいちゃんが通って、そちらのほうが早かったのです。, 子どもでも登れる道ですよ、と山道紹介を見かけることがありますが、それをみて簡単と思ってはいけませんね。, 鋳造大仏像です。岩の上にお座りなっていました。修験道の行者たちが江戸に出て観音講を広めたそうです。その時に集めたお金で作ったといわれる大仏様です。, 「影森はその名の示すとおり武甲山の陰に位置し、立冬から立春まで日の出は遅く、その上水の使い悪く飲料水にも事欠く状態でしたから開発が遅れたことと思います。しかし、武甲山岩山が走り東の斎所山、西の護国観音の地は共に大きな磐境」と書いてありますが、真ん中がよく読めず。, 「このような地形を利用して秩父修験の行者たちはこの道を日に何往復もされ武甲山頂を拝し両神山をおがみ邪心を去り行を積まれました。こうした行者の方々が江戸に出て観音講を広め喜捨を受け、その寄進によって大仏を作りこの地に運び建てられました。観音様には正徳四年の年号と江戸の大勢の方々の戒名が記されています。二十六番の岩井堂と二十七番の河行堂、そして二十八番の御堂も行者の方々の努力と地元の方々の労力奉仕によって建設されたものであります。, この修験堂は正面の神仏に祈念をこめ外側の危険な廊下を一回廻り中央の十二支を一つづつ動かし、十二回回廊を回って元の干支がでて一回の行の目安にしたものです」, 中央の柱には、不動明王、北辰尊妙見大菩薩、護法喜神などが書かれた札がかけられていました。, ここから先に行くと長者屋敷跡があるとのことですが、とにかく次の札所へ急ごうと降りることにしました。, ハイキングコースの人は、羊山公園のほうから、長者屋敷跡を経て、修験堂を通り、岩井堂を通って、護国観音を通り、札所27番の大渕寺を通って、影森駅に出るというコースだそうです。, 子どもたちがこういう場所をハイキングしていくのですからね。若い方が軽々と行けるようです。, それとスニーカーだったので、トレッキングシューズか、登山靴がよかったと何度も思いました。, 牡丹が咲いていることもありますが、3月の時よりも木々が生い茂っていることが印象的でした。, 牡丹は大輪の花であるのがいいですね。未了の庭を初めて見た時は、スカスカの状態で株しか見えませんでしたが、今見ると密集しているくらいに見えます。, 桜も桜でよかったのですが、あの時期だとまだまだ寒かったから、常緑樹くらいしか緑がなかったように感じましたが、今回は緑が多くなっていたことが印象的です。, 前回写真に撮った時は、遠くからだったので文字がはっきりしませんでしたので、こちらを。, 「鳥山石燕は江戸中期の狩野派の絵師で、絵を狩野周信・王燕に学んだが、後に俳諧師、狂歌師など江戸の粋人と親交を結び、その影響から浮世絵師としても活躍した人物である」, 「納額の大きさは縦86.5センチ、横58センチ、厚さ2.5センチで、写真のように桧板三枚に歌舞伎の名場面の一つである「景清のろう破り」と雲上から見守る白衣観音を描いている。牢格子や観音から発する光明に鉄材を用いて立体感を出すなど、工芸的な要素を持つ絵画である」, 「向かって右隅に「鳥山石燕画」の署名、その下に雅号「零陵洞」円印と「豊雲」と刻した方印が捺され、左側には奉納者「江戸小石川・宮下町田辺久作、五軒町・野島権左衛門」と「明和元申八月」(1768)の年号が墨書てされている。江戸護国寺では、明和元年七月からの秩父札所の総出開帳を行っており、この納額はその際に奉納されたものである」, 法泉寺へは江戸古道を少し歩き、白山神社も通り、廻り念仏で有名な札所24番へ秩父三十四観音, 御朱印をまとめたページです。 お堂の裏手にもお地蔵様。雰囲気は相当いいお堂です。 円融寺にお参りしたのなら、この奥の院は是非とも訪れて頂きたいところです。 さて、充分岩井堂を堪能し、一旦階段上がったT字路まで戻り、今度は反対側の山道を進んでいきます。 続きを読む左岸を巡る遍路道も25番札所久昌寺を出て、この26番札所円融寺に向う途中で荒川右岸へと出ることになる。円融寺の本堂は、間口八間もどの大きな建物で、堂内には恵心僧都の作と伝えられる聖観音立像が安置されている。此処で御朱印を貰って済ませる巡礼人も多いが、できるなら本来の観音堂である「岩井堂」へ行ってみては。300段以上の石段を登って30分程、立派な舞台造りの堂宇が現れる。  栃木県「日光二荒山神社」縁結び最強のパワースポットの御朱印は欲しい!境内の見どころ. 続きを読む堂)があります。岩井堂は昭和電工という会社の奥にあり、入口で守衛さんに「岩井堂に行きたい」と言えば場所を教えてくれます。工場内の奥の方に岩井堂の入口がありますが、長く急な階段や足場が悪い場所が多いので注意が必要です。特に雨が降った後は滑りやすく、健常者でも危険なのでパスした方がいいでしょう。  今回は、お寺の本堂や観音堂のみならず、奥の院まで行ったことも書いています。桜の咲いている3月に行ったときの写真です。山を背景に桜が門前にありました。 札所26番ですが、実は、奥の院が札所なのです。 しかし、けっこう大変な … かわいい、カッコいいイラスト付きのアート系御朱印、限定ものも © 2020 関東御朱印集め All rights reserved. 野武士の山 続きを読む花に囲まれていて、入る前から落着いた雰囲気がありました。本尊の聖観音は恵心僧都作と伝われていて、岩井堂にあったものを移設したそうですが、非公開で拝観することはできません。奥の院・岩井堂は清水の舞台を小さくしたような舞台造りと聞き興味があったが、今回は見送りました。  秩父札所巡りで観音霊験記(錦絵)を楽しみにされ写真を撮る人も多くいますが、札所26番は要注意です。札所番号がついている円融寺には観音霊験記はありません。, 奥の院(岩井堂)にあります。ただし、岩井堂に行くにはかなりの体力が必要となります。, さて今回も御朱印の朱印の意味と墨書きの意味からご紹介し、円融寺について、観音霊験記の縁起、岩井堂についてなど記録してあります。, 御本尊はかつて奥の院(岩井堂)に安置されていた、恵心僧都(けいしんそうず)作と伝えられている聖観世音の立像が安置されている, 御本尊の厨子の近くに「勝軍地蔵菩薩」の立像(高さ1.2メートル木造造り)が安置され、玉眼が入り鎌倉時代のすぐれたものと伝えられている(市指定の文化財), 堂内には絵馬も掲げられており、明和元年(1764年)に奉納された鳥山石燕(とりやませきえん)の「景清牢破り」の図の額がある。(県指定の文化財), 安永4年(1775年)鳥山石燕の門人石中女が13歳の時に描いた「紫式部の石山寺秋月」の図が描かれた絵馬も保管されています。, 「魔尼」というのは魔尼宝珠(まにほうじゅ)・如意宝珠(にょいほうじゅ)とも言われており、意のままに宝を出すといわれている珠の事だそうで、仏様の徳にたとえたりお経の功徳にたとえたりします。1回まわすとお経を1巻読んだ功徳を得る事ができます。, 奥の院と呼ばれている「岩井堂」に観音霊験記(錦絵)が置かれています。飾ってあるのではなく置かれています。, 弘法大師が巡錫(じゅんしゃく)し修法をされ、その間に霊験を授かった。のちに恵心僧都が御本尊(聖観世音)を安置し村人をうながして堂宇を建立した。, 秩父太郎重弘が聖観世音を信仰して再興し、その子孫も保護した。また仏国褝師(ぶっこくぜんじ)もここで修行したと伝えられている, 本堂から出て昭和電工の間を通らせていただき琴平神社の近くまで行きます。実は昭和電工の前で迷っていたら(まさか会社の敷地内を通るとは思っていなかったのです)門の警備係?の人がわざわざ車まで来て教えてくださいました。(ありがとうございます), 最初は整った石段ですが、途中には自然に出来た感じの石の段や苔の石段、崩れている石段もあるので足元注意です。, 岩壁におおわれた山の中腹に建っている岩井堂(観音堂)は、元久2年(1205年)鎌倉時代に建立され、勾欄回廊つきの三間四面造りで正面谷間に向けて舞台造りになっています。, この舞台造りは京都の清水寺を手本としているそうです。見た目にも歴史を感じさせる雰囲気なのでちょっと怖いのですが、舞台の上から見る景色は絶景ですよ。, 岩井堂からさらに3分ほど登ると「鋳造大仏座像」があり、秩父修験堂などがあるそうです。, 住所:埼玉県秩父市下影森348お問い合わせ先:0494-23-8838本尊:聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)宗派:臨済宗建長寺派(りんざいしゅうけんちょうじは), 電車の場合西武鉄道「西武秩父駅」より西武バス常磐橋行「昭電前」下車徒歩約5分秩父鉄道「影森駅」より徒歩約10分, 円融寺は牡丹園が有名で、弘法大師が奈良時代に中国より持ち帰ったと伝えられている牡丹がある?みたいですよ。5月初旬頃から(その年によって違います)が見頃の牡丹の時期に行かれるのもよいかもしれません。, 秩父札所1番~26番の中では、岩井堂への道中が一番つらいです。私は、秩父札所巡りは毎回トレッキングシューズを履いているので問題ありませんでしたが、やはり札所巡りは靴選びに気を付けないといけませんね。. タビガラス 閉じる, by https://4travel.jp/dm_shisetsu/11324453, ※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。, by 続きを読む昭和電工の工場の中を通てお参りできます。ほそい坂道や階段がありますが、ゆっくり進むと、1時間くらいで到着できます。  続きを読む分ほどでかなりの体力を使います。 昭和電工の敷地内を進んでいくと、琴平神社横に岩井堂へ至る参道があります。 この山道は300段を越える長い石段でありこれを登ったところに奥の院岩井堂がある。苦労して登っただけにこの岩井堂を見ると断崖絶壁に建てられた舞台のような建物に感動しました。  アマビエ様の御朱印はこちら, ブログをアップした日と行った日がずれてしまって、季節感もないのですが、徐々に記事を増やす予定です。, 過去の写真はいつまで残すかわかりませんが、徐々にお寺や神社の御朱印関係の写真を増やしていきます。, 久昌寺はカタクリ、桜、池の睡蓮やハスで有名で御手判の寺でもある25番秩父三十四観音, 雨引観音の楽法寺は花の寺で孔雀がいる坂東三十三観音巡り(クラブツーリズム)第24番, 西明寺(益子観音)は笑い閻魔が人気えんま御朱印を買ってみた(クラツーで行った坂東33観音めぐり)第20番, 正福寺(佐白山観世音寺)は御朱印の種類が多い坂東三十三観音(クラブツーリズムのバスツアー)第23番. 圓融寺の本尊は、恵心僧都(えしんそうず)の作といわれる像立26㌢の聖観世音菩薩である。現在は圓融寺の本堂に安置されているが、かつては岩井堂に安置されていた。圓融寺本堂から出て山沿いに行き、300段余りの石段を約30分上ると朱色の豪快な舞台造りの岩井堂がある。 ⇓⇓⇓ 阪急交通社のツアーに参加した時のブログ記事はこちら 閉じる, by さん(男性), 札所二十六番の万松山円融寺は秩父鉄道影森駅の近くにありアクセスは便利ですが,ここから奥の院、岩井堂に参拝するのは徒歩で30...  さん(男性), 訪問した時は本堂建て替え中のため、あまりコメントできません。ただ、こちらで見ごたえがあるのは奥の院岩屋堂です。...  さん(男性), 正直言って寺自体は、見るような所はない感じです。寺から1.5キロくらい離れた所に、元々御本尊があったという奥の院(岩井...  必殺遊び人 分ほどでかなりの体力を使います。 昭和電工の敷地内を進んでいくと、琴平神社横に岩井堂へ至る参道があります。 この山道は300段を越える長い石段でありこれを登ったところに奥の院岩井堂がある。苦労して登っただけにこの岩井堂を見ると断崖絶壁に建てられた舞台のような建物に感動しました。, 鎌倉時代創建の秩父札所第二十六番です。岩井堂は背後の岩に張り付くにように建っています。下から見ると京都の清水寺の舞台に似ています。くり抜いた岩に下には多くの仏像が座っていました。5分ほど進んだところに修験場があります。今は鉄梯子がかけてあり、問題はありませんが、昔の修験者はどのようにして岩場を通過したのでしょうか?, 左岸を巡る遍路道も25番札所久昌寺を出て、この26番札所円融寺に向う途中で荒川右岸へと出ることになる。円融寺の本堂は、間口八間もどの大きな建物で、堂内には恵心僧都の作と伝えられる聖観音立像が安置されている。此処で御朱印を貰って済ませる巡礼人も多いが、できるなら本来の観音堂である「岩井堂」へ行ってみては。300段以上の石段を登って30分程、立派な舞台造りの堂宇が現れる。. Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved. 閉じる, by 万松山 円融寺 (札所二十六番) 杉本寺は坂東33観音札所第1番(阪急交通社のバスツアー体験してみた), 御朱印の旅は、西国、坂東などパックツアーもありますが、ツアーだと楽だけど駆け足になりがちですよね。, 日本旅行で新幹線付きで宿を予約して自分なりの時間配分で、ゆっくり仏像鑑賞できました。, 今回は、お寺の本堂や観音堂のみならず、奥の院まで行ったことも書いています。桜の咲いている3月に行ったときの写真です。山を背景に桜が門前にありました。, しかし、けっこう大変な場所にあるので、バスツアーなどは本堂や牡丹が有名なお庭を参拝して終わり、でしょう。, ご本尊は、本来の札所である岩井堂ではなく、現在は、ここ円融寺の本堂にいらっしゃいます。, 円融寺には、石燕の納額「景滑のろう破り」という埼玉県指定有形文化財があるそうです。, 「鳥山石燕(せきえん)は狩野派の画家で、正徳2年(1712)に生まれ、天明8年(1788)に77歳で没した」という狩野派の画家が書いたものです。 エンドレスジャーニー 秩父市のホームページによると、, 額は明和元年(1764)8月に江戸護国寺で秩父札所総出開帳が行われ、その時奉納されたもので、奉納者は江戸小石川宮下町の田辺久作・五軒町の野島権左衛門の名がある。額は縦87cm、幅58.3cm、厚さ2.5cm、3枚の桧板をついだ絵馬風の板額で図の左寄り上部に白衣観音を緻密に描き背景には金箔を押し散らし、白毫(びゃくごう)から7本の実物鉄線による放光を表している。, この勝軍地蔵菩薩立像は、像高121cm木彫寄木造、玉眼入りで、鎧の上に擐甲の袈裟をつけた像である。鎌倉時代の優秀作として注目されている。 さん(男性), 札所26番円融寺は万松山と号し、臨済宗建長寺派の禅寺。本尊は聖観世音菩薩である。順打ちで巡ると、20番札所から始まった荒川... 

業務スーパー 強力粉 安全性, Macbook クラムシェルモード バッテリー, コンパクトカー タイヤ 相場, 中国語 リーディング サイト, メンズ 洗顔 10代, 全国高校駅伝 2020 予選会, 銀座 ランチ 女子会, ふう は や 1マス, Zoom ブレイクアウト 画面共有できない,

Leave a Reply