出雲駅伝 2018 結果

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本日は、明治大学における全日本予選の各組ごとの結果振り返っていきます。 全日本予 ... 日体大記録会1万mが行われましたので、大学ごとに自己ベストを出した選手を中心にレ ... 昨日、ホクレンディスタンスチャレンジの第三戦、北見大会が行われました。公式結果( ... ホクレンシリーズの第2戦となる網走大会が行われましたので、男子5000mを中心に ... 続いては7区について、気になった走りを振り返っていきます。7区結果はこのようにな ... 青学優勝でしたね。 箱根駅伝をこよなく愛する人たちのためのブログです!戦力分析をしたり順位予想をしたり終わった後ワイワイ語る、ほかの大学駅伝や記録会の情報も盛りだくさんです!将来的には実業団やマラソンについても詳しく語れたらと思っています!なお、旧ブログ(https://blogs.yahoo.co.jp/hakonankit)も大量に記事がありますので、こちらもどうぞ!, 参照サイト:http://www.izumo-ekiden.jp/index.html, 総合結果(http://www.izumo-ekiden.jp/record/record.pdf), 序盤橋詰・鈴木で区間賞2つでリード!吉田選手区間賞ダメ押し!全区間2位以内で完全優勝!2年ぶり4度目!, 結局、強かったですね!序盤、橋詰・鈴木選手の配置にややびっくりしましたが、結果的に的中!橋詰選手が勝負所でしっかりスパートしトップに立つと、2区鈴木選手が初の区間賞、3区森田選手が安定した走りで突き放します。更に”出雲駅伝プロジェクト”の吉田圭選手も区間賞でダメ押しでしたね。「4649」大作戦での4区吉田選手キーやはりでしたね。, 5区生方選手、6区竹石選手が追い上げられ一時4秒差とヒヤリとする場面がありましたが、両者とも区間2位でしっかりまとめあげました。1区から独走で完全優勝で、2度目の3冠へ向け好スタートを切りました!, 全日本に向けて:惜しくもメンバー入れなかった小野田・林・吉田祐選手らも絶好調!区間数と区間距離が増える全日本以降、更に有利になっていくでしょう!, 学生三大駅伝、まず1冠目は青山学院! アンカー竹石選手が逃げ切り、2年ぶりの出雲制覇を果たしました。11月4日の全日本大学駅伝ではどんな戦いを見せるでしょうか。 pic.twitter.com/ogggWomncA, — 全日本大学駅伝大会事務局 (@daigaku_ekiden) October 8, 2018, 惜しかった…というか勿体なかったかなぁ。序盤の相澤・西山選手でロケットスタートとはいきませんでした。相澤選手はやや仕掛けが早く、西山選手は元々不調だったような走り。それでも4年山本・小笹選手が粘って順位を上げます。, 最後5区今西選手が昨年の区間10位のリベンジで区間賞で追い上げ27秒差とすると、6区吉川選手が最初の3㎞で一気に4秒差に!そこからは追い上げきれませんでしたが、粘って12秒差にとどめたのはさすがでした。戦前の予想通り、王者の最大のライバルでした。, 全日本に向けて:昨年は主力が出雲から全日本に向け調子を上げたのですよね。西山選手の復調があれば、青学の前に出るチャンスも出るはずです。, https://twitter.com/EKIDEN_News/status/1049193220410724352, 2区館澤選手ら奮闘も、複数主力落ちで2連覇逃す、終盤郡司・湯澤選手粘り3位はキープ, 2連覇を狙った東海大ですが、さすがにあれだけ主力が故障者が出ると優勝争いに絡んでいくのが苦しかったですかね。初駅伝の西川選手は残り1㎞まで3位争い、最後に落ちたのはやや無理したかな。館澤選手はさすがの追い上げでした。, 3区中島選手が初主要区間でうまく走れず、4区關選手が風もあり区間賞を逃し、ここで実質優勝は険しくなったかなぁ。その中、初駅伝の郡司・湯澤選手がしっかり走り切り、表彰台は確保意地を見せました。初駅伝の選手が良かったですかね。, 全日本に向けて:ロード型の選手が他にいるので総合力はあるはずです。ただ、欠場した鬼塚・坂口・三上・松尾選手といったところが調子を上げてくれないと優勝争いは厳しい印象でしょうか。, 全日本がなく、出雲にかけてきた拓大やはり盛り上げてきましたね!1区馬場選手が区間5位の好スタートを切ると、2区硴野選手が良かったですね。区間3位の走りで3強以外を突き放して、エースデレセ選手へ。デレセ選手は東海・東洋を捉えて2位浮上!3強に一泡吹かせる走りをしました!, 4区戸部選手が惜しくも引き離されてしまいますが、5区吉原・6区赤崎選手も区間一桁と大崩れせず駆け抜けて、3強以外ではトップとなる4位!これは2人留学生を擁した時以上の過去最高順位です。, 箱根駅伝へ向けて:他校が万全じゃなかったにせよスピード駅伝で4位は嬉しい結果だと思います。今回出場していなかったスタミナ型選手もいますし、箱根に向けて弾みがついたはずです。, 4位 拓殖大学 #出雲駅伝大躍進! pic.twitter.com/uvDBEbVADq, — EKIDEN News (@EKIDEN_News) October 8, 2018, こちらも過去最高順位でね。そういうチームが多い。1区遠藤選手はさすがに一桁はきつかったですが、前が見える位置で繋ぐと2区横井選手がしっかり4人抜きで混戦の中へ。さすが仕事をする男です。岩佐選手も食らいつきます。, すると初めて駅伝を走った2年生が結果を残します。谷村選手が混戦の5位争いから抜け出すと、星選手もさらに差を広げます。ここが一番の収穫、総合力高いですね。島貫選手がもう一つでしたが、スピード駅伝苦手の帝京大の5位は躍進です。, 全日本に向けて:しかも有力4年生畔上・竹下選手らがいないのですよね。4年生の復帰次第では今後も台風の目になる可能性は高い。また小野寺選手ら他にも有望な若手がいます。全日本初シードなるか?, 楽しみだけど5人が初駅伝でどうなるかと思ったのですが、さすがの走りでしたね。新エース川村選手が区間4位の出だし、一気にチームが乗りましたね。2区栗原、3区高橋選手が一つずつ順位を下げるも区間一桁で6位にとどまります。, その後も4区吉田選手が区間6位と好走、青柳選手は苦しくも6位キープ。アンカー石綿選手は激しい6位争いの中でトップ!最後は5位チームにも迫りました。4年生抜きで見事なレースでしたね。, 全日本向けて:おそらく全日本大学駅伝から4年生が戻ってくると思うのですよね。市山・福岡・廣選手らですが、彼らでもレギュラー争いのチームですね!次も楽しみ、シード権上の戦いのはずです。, 大健闘!辻村・今井選手だけでなく2区4位高畑、6区5位吉岡選手!過去最高に迫る7位!, びっくりしました!事前の記録会の結果が良くて、打倒関東一番手!と元々思われていましたがお見事!日本IC入賞の今井選手はさすがで3区で5位に浮上させる走りでしたが、彼だけではありませんでした。, 辻村選手が難しい1区を12位で乗り切ると、2区高畑選手が区間4位の快走で4人抜きの8位。これがおぜん立てになりましたね。4区以降は順位を落としたのですが、6区吉岡選手が再度浮上!6位争いに加わった中で総合7位ゴール。ガッツポーズでのゴールでした!, 全日本に向けて:8位シード権が現実的な目標になるような結果ですよね。勿論、関東地区のチームが増え、区間が増えるのは不利になっていきますが、立命館も例年以上に総合力高いです。全日本も注目校です。, 第5中継点で東と西のエンジが並びました!!#出雲駅伝 #出雲駅伝2018 pic.twitter.com/WuRraGQybm, — 4years. 東洋の2位が続いた時を思い出してしまいました。そして、箱根で21秒差で負けた時のことも思い出しました。アンカー吉川クンが追い付きそうだった時は興奮しました。そのあと離れてしまいましたが、よく12秒差まで縮めたと思います。それこそひとり2~3秒早く走っていればと。次の全日本に期待します。, 東洋、惜しかったですね~ 3強だけかと思いきや拓殖、帝京のロード型のイメージの強いところが4位5位と過去最高を更新する大躍進。 第30回出雲駅伝20... いよいよ『6強』の登場です。 箱根駅伝を中心とした男子大学長距離の各種大会・記録会の結果や各大学の戦力分析などしています。, 3大駅伝の開幕戦となる出雲駅伝が本日行われました。公式結果がHPに載っております。今回も関東の10大学+上位10校について振り返ります。今回は1位と2位の差がわずかに12秒差、最終区まで分からない激戦でした。, 完璧なレースだったと言っていいでしょう。1区橋詰が区間賞、2位に6秒差をつけると、その後は一度も追いつかれることなく完全優勝を達成。区間賞3つ、区間2位が3つという驚異的な走りを見せてくれました。2区鈴木が区間賞、3区森田が区間2位と主力が好走。, さらに、3大駅伝デビュー戦となった吉田圭が4区区間賞、5区生方が区間2位と初出場の選手がしっかりと結果を残すのが青学の強さですよね。アンカーの竹石も4秒差に迫られながら、追いつかれることなく、落ち着いて突き放した走りは見事です。おそらく、青学が最も強さを発揮するのが箱根でしょうし、これは本当に2度目の3冠も現実味を帯びてきたのか・・・本当に強かったです。, よく、最後まで青学を追いつめたと思います。1区相澤が区間2位とまずまずの走り、贅沢を言えばここで逆に青学をリードしておきたかったですね。そして、残念ながら誤算は2区の西山、ここで確実にトップに立っておきたかったですが、まさかの区間6位に沈んでしまいました。, 2区を任された時点で万全では無かったのか…トラックでは圧倒的な強さを誇っていましたが、ここでは逆に青学に28秒差をつけられてしまうことに。それでも、3区山本が3位、4区小笹が4位で粘ると、5区今西が区間賞、6区吉川も前半から突っ込み、一時は4秒差まで青学を追いつめました。前半突っ込みながら、それでいて区間賞も獲得するというのも凄いですね。ここ2年は苦戦していた出雲でしたが、東洋強しを見せてくれました。, 残念ながら、今回はレース前から優勝が厳しくなってしまいましたよね。。前回の経験者4人を欠き、關も主要区間で使えない。。。それでも、3位に入ったことは今後に繋がるでしょう。初の主要区間となった1区西川が区間6位とまずまず、館澤の安定感はさすがですし、4区に回った關も区間2位と復活の走りを見せてくれたのが良かった。, ただ、3区に抜擢された中島は区間12位と非常に苦しい走りになってしまいました。3大駅伝デビューの5区郡司が3位、6区湯澤が4位とともにしっかりと上位でまとめられたのも収穫かなあ。全日本での巻き返しに向けては、やはりある程度ベストメンバー、ベストコンディションが組めないと苦しいですよね。ここから立て直せるか?, 1~3位を順当に3強が占めた一方、4~7位はいずれもポジティブなサプライズと言っていいのではないでしょうか。その筆頭が拓殖、1区馬場が区間5位で粘ると、2区硴野が区間3位と素晴らしい走り、箱根に続いての3大駅伝好走と勝負強いです。3区デレセはさすがの走りで区間賞、ここで一躍2位に躍り出ましたからね。, 4~6区は戸部が10位、吉原が8位、赤崎が9位とやや苦戦しましたが、大崩れすることなく前半の貯金を活かし、総合4位に入りました。これは出雲における拓殖の過去最高順位のようですね~長い距離に強い印象のある拓殖が出雲で4位に入るとは…この勢いで箱根も最高順位の更新?なんて期待も高まります。, 出雲、全日本はずっと苦手にしてきており、1桁順位に入るのもままならなかった帝京ですが、今回は違いました。1区のルーキー遠藤こそ11位と苦しい出だしになったものの、そこは先輩たちがカバー、2区横井が5位、3区岩佐が7位、4区谷村が5位、5区星が6位といずれも5~7位の安定した走りで順位を5位まで押し上げ、6区島貫も区間11位と苦しむも5位は何とか死守してのゴール。, 岩佐が主要区間で結果を残したこと、初の3大駅伝となった2年生コンビの谷村、星もしっかりと走れたことは今後につながりそうですね~ここに4年生の主力が加われば、全日本、箱根と期待が膨らみます。, 主力をごそっと欠いてどうなることかと思った中央学院ですが・・・まさか6位に入ってくるとはびっくりしました。期待の川村が1区で区間4位と絶好のスタート、やはり、記録会だけではなく、勝負レースでも結果を残せるほどに力をつけてきていたのですね。これは、新エース誕生か???2区以降も栗原が9位、3区高橋が8位とまずまずの走り。, さらに4区吉田が区間6位、5区青柳が10位と1年生も崩れることなくタスキをつなぎました。そして、アンカーに抜擢された石綿が区間8位でまとめ、5位まであと2秒差に迫りましたからね。3大駅伝未経験者が5人&1年生が3人でこれだけのレースが出来るのは素晴らしいですが、全日本、箱根では是非ともベストメンバーでのレースが見てみたいです。相当、上位に食い込んでもおかしくないかと。。。, 関西勢が関東の牙城を打ち崩しました。それも4校も上回ってきたのが素晴らしい。1区辻村が12位とやや出遅れたものの、2区高畑が8位、3区のエース今井が区間6位で5位にまで浮上、4区原田が9位、5区藤田が区間12位で総合10位まで沈み、このまま11位かな…と思いきや、アンカーの吉岡が区間5位という会心の走り、一気に3つ順位を上げての7位フィニッシュとなりました。, 日本インカレなどを見ても、関東以外の躍進が目立ちましたが、その勢いは3大駅伝に入っても変わりませんでしたね~出雲に続き、全日本でもどれだけ関東勢の間に割って入っていけるのか、楽しみです。, 1区を任された荻久保が区間3位と最高のスタートを切りました。もう走るたびに強くなっている印象で、3年生での成長ぶりは一際目を引きます。今後もエース区間を任せられそう。しかし、2区西嶋が区間12位…ロードだとなかなか奮わないですね。。。その後は3区鈴木も区間9位、4区中島が8位、9区のルーキー山本も9位で粘り、アンカーの服部が7位と3~6区を一桁順位でまとめられたのは大きかったですね。, 荻久保がエース級へ台頭してきたのは大きく、ルーキーの山本がしっかり走れたのも収穫。ここに金子、大石らが戻ってくれば、ますます城西の強さを発揮できそう。5千でベストを出す選手が目立つ一方、長い距離でも結果を残している選手も増えてきていますし、全日本に向けて、まずは出雲は上々の結果だったのでは。, 監督が代わってのスタートとなった日体大ですが、前回3位だったチームは大きく順位を落とす結果となってしまいました。1区の池田が区間14位と大きく出遅れてしまったのが痛かったですね。ここから立て直すほどの強さは今の日体大には無かったかなあ。2区宮崎が7位と粘るも3区山口和は11位、4区廻谷が3位、5区岩室が5位で走ったのは収穫ですが、アンカーの林田が10位。, つなぎ区間がいずれも一桁でまとめたものの、距離が長く差がつきやすい主要区間がいずれも二桁順位に沈んでしまったのが、9位と奮わなかった要因となってしまったかなあ。ただ、廻谷、岩室らの好走は収穫ですし、全日本ではここからの浮上に期待したいところ。, 1年生を3人起用するなど3大駅伝デビューが4人となった早稲田ですが、やはり結果は芳しくないものに。。。1区の半澤が区間19位と大きく出遅れてしまいました。出雲の1区は鬼門になっている早稲田ですが、今回もそのパターンは変わらず・・・さすがに荷が重かったかなあ。, 2区の小澤も区間12位と立て直せず。そんな中で中谷が3区4位で走ったのは収穫かなあ。区間トップとも7秒差ですしね。さすがの走りを見せてくれました。今後も主要区間で起用されていくことでしょう。しかし、4区新迫が区間11位で出雲は3年連続二桁順位とまたしても力を発揮出来ず。。。5区のルーキー太田直が区間7位、6区の清水も区間6位でまとめたものの、総合10位に沈みました。, 2桁順位は2008年に11位になって以来10年ぶり、ここ3大会は8→9→10位と苦戦が続きますね。しかし、出雲で苦しんでも全日本で立て直し、箱根では結果を残してきているのが早稲田の強さ、今回は主力も複数出ていませんし、多くの新戦力に駅伝を経験させられたのも収穫、全日本、そして箱根での走りに期待します。, 前回は棄権となってしまった法政、今回はしっかりと走り切ったものの、総合12位で関東最下位、関東勢以外にも立命館、アイビーリーグと2チームの後塵を拝することに。1区の坂東が区間15位と大きく出遅れてしまったのがまず苦しかった。前回も9位でしたし、出雲の1区は合わないのかなあ。。。, 2区岡原も区間11位と連続二桁順位も3区大畑が区間5位とさすがの走り。大畑の3年以降の成長ぶりは素晴らしいですが、4年になってさらに力をつけてきたようで、主要区間でも好走するまでになりました。, 4区土井が7位で粘り、5区坪井が区間4位と好走して総合7位まで順位を上げたのは良かったのですが、アンカーに抜擢された増田が区間15位に沈んでしまい、一気に7→12位まで順位を落としてしまいました。ただ、3~5区を区間4~7位でいずれもまとめたのは収穫ですし、今回の走りを全日本以降に活かしていってくれれば。その前に、まずは佐藤や青木といった主力が戻ってきてくれないとですね!!, レース結果をHPに追加しました。タイム差などを見るにはこちらのほうがお勧めです。また、出雲順位予想、出雲区間配置予想の正解を追加しました。ハンドルネームを入力後、「投票状況」ボタンを押してみてください。順位と正答数が確認出来ます。さらに、箱根予選順位予想は金曜の夜まで受け付けていますので、まだの方は投票してみてください~.

ら じ ら ーサンデー ひめたん 4, 静岡学園 青森山田 感想 10, 銀行 出向 総務 部長 46, 山本 義幸 痩せ た 8, 田中泯 若い頃 画像 8, Teams 予定表 タブ 8, N高等学校 指定校推薦 一覧 23, 鬼滅の刃 オメガバース 夢小説 14, ねぇ先生知らないの 1話 動画 7, ドクターエア ストレッチロール 使い方 19, Sixtones デビュー 5月1日 18, バンドリ 対バン ボーダー 31, 西宮 花火 できる場所 33, 旦那 昼ごはん めんどくさい 12, 林先生 なんj 精神科 19, 韓国と繋がっ てる ダンススクール 10, 復縁 したい と思わせる コツ 10, 肌が きれいに 見える髪色 29, ポケモン 映画 テレビ放送 2020 5, Dhl 輸入許可 書 5, 三生三世十里桃花 あらすじ 52 40, ジャニーズ ライブ配信 録画 53, キングダム きょうかい 風呂 23, とある科学の超電磁砲t 2話 感想 9, ラブリー 歌詞 変わっ た 31, Jane Style 検索できない 18,

Leave a Reply