小説 書き出し 面白い 11

先日、第177回の秀作が発表されたばかりの「書き出しだけ」の小説賞。 書き出し小説大募集 :: デイリーポータルz. 書き出しが面白いからといって名作だと認定してもらえるワケではありません。書き出しにつられて読者が必ず最後まで読んでくれるワケでもありません。 小説の良し悪しを決める要素がたとえば70個ほどあったとして、書き出しはそのひとつにすぎません。 スポンサーリンク 小説の書き出しに欲しいのは、かましです。作品に引き込めるようなインパクトのある書き出しにしましょう。, コツは漫画などの引きとほぼ同じです。「どうして?」「どうなるの?」と思わせるのがコツ。, 有名小説が実際に冒頭でどのようにブチかましているか、それがどんな効果をあげているか、実例を見ていきましょう。, いきなり、かましてきます。意外性のある文章になっているので、読者は「なぜ?」「どういうこと?」という疑問を持ってしまいます。, 医師から手遅れになった妻の癌を宣告されたあの瞬間を思い出す時、磯辺は、診察室の窓の下から彼の狼狽を嗤うように聞こえたやき芋屋の声がいつも甦ってくる。, やき芋屋の声から始まります。呑気で平和な話が始まるように見せかけ、実は深刻なスタートであったという意外性をかまして来ます。, 最初の一文をすぐにもう一度登場させますが、読者は違った意味を感じながらやき芋屋の声を聞くことになります。, 主役のための特別な通路などは設けられていない。係員に先導されて、一般客もうろうろしている普通の廊下を進む。, 大ヒットした『イニシエーション・ラブ』で一躍有名になった乾くるみだけど、書き出しはこちらの『セカンド・ラブ』の方が良い。, 耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。細長く、細長く。紙を裂く耳障りな音は、孤独の音を消してくれる。, 冒頭から意外性をかまして来ます。どういう主人公のストーリーが始まるのかを短い描写で端的に表現しています。このほんの短い書き出しで読者は物語世界に引き込まれます。, 青春小説らしい書き出しから始まります。「坂道」という言葉がピンチをあらわしています。「平穏な高校生活ではない物語が幕を開けるぞ」そういう感じが強く伝わってきます。, 杳子というヒロインとの出会いのシーンを最初の一文に持ってきていますが、その女性とは山登りのときに「深い谷底」で出会ったと表現しています。, 精神を病むヒロインとの恋愛を美しくも残酷に描いた小説です。その予兆を書き出しからしっかりかまして来ます。, 校長のライトフット夫人は張出し窓のそばに立っていた。「おかけなさい。クレイルさん。残念なお知らせがあります」, 教師である主人公は校長室に呼ばれ、いきなり残念なお知らせを受けるところから小説がスタートします。いきなりのピンチ襲来。, 「どんなことを告げられるのだろう?」という興味で読者はいっきにストーリーの世界に引き込まれます。, だが、白状すると、私はストリックランドと初めて出会ったとき、この男にどこか普通人と違うところがあるとは少しも思わなかった。, 訳によって最初の一文が多少違うのですが、掲載したこの訳が一番面白く思えます。謎と意外性を感じさせる書き出しになっています。読者もストリックランドという男に注目するようになります。, 「アイツが特別な人間だなんて最初は思ってなかった。でも今は認めてるよ」みたいな訳し方をしている本もあります。どっちの書き出しの方が魅力的かは一目瞭然ですよね。, 文の並べ方によってずいぶん印象が変わってくることに注目してください。ふたつの文の並べ方を替えただけで面白さが全然違ってくることだってあります。, この3つがかましの常套手段です。それぞれの例文を見ていきましょう。効果が実感できるはずです。, 終電を待つホームで見覚えのある人を見かけた。でも誰だか思い出せない。間違いなく見覚えのある人なのに。, ホームで終電を待っているとき奴らが階段を上がってくるのが見えた。わたしは急いで線路に飛び降り逃げ出した。, こんな感じのピンチからスタートすると「どうなるのだろう?」と心配させることができます。, 謎・ピンチ・意外性のある出だしにして、興味を引く始まり方にしましょう。こうしたかましがないと次の例のような退屈な書き出しになってしまいます。, 何事もなく平穏に物事をこなしていくだけ。ほとんど意味のない文章になってしまっています。, 書き出しでは必ずかますよう心がけましょう。退屈な書き出しでは退屈な始まり方にしかなりません。, こちらも悪い例です。こんな書き出しでは誰も食い付いてくれません。次の例文のようにかましましょう。, 敵はひざまづき、涙を流しながら命乞いをした。太郎は拳銃を取り出し、そいつの額に銃口を押し当てた。, こうした書き出しでスタートすれば読者は「次どうなるんだろう」と興味津々で読み進めてくれます。, 川のほとりはたくさんの雑草で覆われ、川上から流されてきた岩があたりに散らばっていた。しかし川を流れる水はきれいだった。対岸には大きな木が1本あり、たくさんの葉が風に揺れている。, 花子が目の前を通り過ぎていった。声を掛けられなかった太郎は残念がった。デートに誘いたかったのに。, 花子とデートできなかったら太郎は死のうと思っていた。花子がこちらにやって来る。でも足がふるえて最初の一歩が踏み出せない。花子は無情にも目の前を通り過ぎていく。命がかかっているのに。, コツはとにかくブチかますことです。遠慮しない。音楽でいえばいきなりサビから始まるようなつもりでブチかます。もったいつけない。, 冒頭がうまく書けない人は「出だしから大事なことを書いてしまってはもったいない」というもったいぶりの気持ちがあります。だから書けません。, たとえば「デートに誘ったら彼女はOKしてくれた」みたいな一文からはじまる小説ってありますよね。これでは面白くありません。事実を述べているだけ。, こんな感じで小説のテーマやストーリーの核心にいきなり突っ込んでいきます。もったいぶると書き出しはうまくいきません。, 「主人公が遊び人であることや恋に冷めてしまっていることなんかは後々判明する方が面白いのではないか」そういう心配が頭をよぎったりします。しかしもったいつけて情報を小出しにしてはいけません。, いきなり核心部分からスタートして、「どうして?」「どうなってしまうの?」という気持ちを読者に持たせましょう。, しかし冒頭というのは、しょせんは小説全体のほんの一部です。書き出しが面白いからといって名作だと認定してもらえるワケではありません。書き出しにつられて読者が必ず最後まで読んでくれるワケでもありません。, 小説の良し悪しを決める要素がたとえば70個ほどあったとして、書き出しはそのひとつにすぎません。ただの1/70です。70個のなかでは一番最初に出てくるものだけにやたら目立つというだけ。, 目に付きやすいものなので評論家とか文壇とか、あるいはネットとか、いろんな所で注目されます。, しかししょせんは70個のうちのひとつです。冒頭がうまく書けたからと調子に乗ってはいけません。残り69個の方がはるかに大事です。, 小説全体から見ると書き出しの及ぼす影響はそこまで大きくありません。むしろ起承転結の「起」の部分をしっかりと立ち上げることの方がはるかに大事。立ち上げの良し悪しの方がはるかに面白さに影響します。, 書き出しなんて70個のうちのひとつにすぎません。しかし出だしの一文は作者の才能が如実にあらわれる部分でもあります。小説全体の最初の一文です。かなり目立ちます。, この部分すらかませない人間がその後の中盤やクライマックスで果たしてかませるでしょうか。, 出だしの一文を必死に作りましょう。意地でもかましてやりましょう。作家としての執念を冒頭の一文に込めましょう。, Home >> よくある質問 >> 小説の書き出しのコツ!冒頭の書き方を良い例と悪い例から学ぶ. 書き出し小説大賞. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法(根本裕幸)」の名言まとめました. 今回は「~~~という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?」という形式のクイズを30問出題したいと思います, 問題1:「親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題2:「どっどど どどうど どどうど どどう」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題3:「私は、その男の写真を三葉、見たことがある。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題4:「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題5:「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題6:「ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを・・・」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題7:「ではみなさんは、そういうふうに川だと言いわれたり、乳の流れたあとだと言いわれたりしていた、このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題8:「お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時・・・」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題9:「男もすなる、日記といふものを、女もしてみむとて、するなり」という書き出しで始まる紀行文は何でしょう?, 問題10:「石炭をば早や積み果てつ。中等室の卓つくゑのほとりはいと静にて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒いたづらなり。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題11:「私はこれから、あまり世間に類例がないだろうと思われる私達夫婦の間柄に就いて、出来るだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままの事実を書いて見ようと思います。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題13:「つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題14:「隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね・・・」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題15:「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる 雲のほそくたなびきたる。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題16:「私はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題17:「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題18:「永いあいだ、私は自分が生れたときの光景を見たことがあると言い張っていた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題19:「廻れば大門の見かへり柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取る如く。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?, 問題20:「蓮華寺では下宿を兼ねた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?. 一般から募集した受賞作の数々は、たった一行で様々なドラマを見る人に想像させる秀逸なものばかり。 それでもよければ、もう一度来てください、本当に面白い小説の書き出し文を紹介しますよ。 ——なんだか聞いたことあるセリフ! (というわけで、「書き出し」に注目した小説を加勢さんにセレクトして … 問題11:「私はこれから、あまり世間に類例がないだろうと思われる私達夫婦の間柄に就いて、出来るだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままの事実を書いて見ようと思います。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう? さて、いよいよあなたはペンをとり(あるいはPCを立ち上げ、スマホのアプリを開き……etc)世紀の傑作を生み出そうとしています。記念すべき一文字目、はて……どうやってはじめましょう? 書こうとしていきなり手が止まってしまう。マジメな書き手なら誰もが経験しているそんな状況を克服するために、物語の書き出し、冒頭部の書き方について考えてみます。 そこは、とある大学の創作文芸の講義。学生を前に、教授が小説の書き方を説明しています。 「諸君、小説には大切な要素が三つある。第一に … 小説の書き出しで名文及び興味深いものを中心にまとめていきます。(このサイトで取り上げた小説のみを対象にしています), 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。, 山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。, 死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。, 私は、その男の写真を三葉、見たことがある。一葉は、その男の、幼年時代、と言うべきであろうか、十歳前後かと推定される頃の写真であって、その子供が大勢の女のひとに取りかこまれ、(それは、その子供の姉たち、妹たち、それから、従姉妹たちかと想像される)庭園の池のほとりに、荒い縞の袴をはいて立ち、首を三十度ほど左に傾け、醜く笑っている写真である。, 或日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。広い門の下には、この男の外に誰もいない。唯、所々丹塗の剥げた、大きな円柱に、蟋蟀(きりぎりす)が一匹とまっている。羅生門が、朱雀大路にある以上は、この男の外にも、雨やみをする市女笠や揉烏帽子が、もう二三人はありそうなものである。それが、この男の外には誰もいない。, 禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって、上唇の上から顋(あご)の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば、細長い腸詰めのような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。, 幼時から父は、私によく、金閣のことを語った。私の生れたのは、舞鶴から東北の、日本海へ突き出たうらさびしい岬である。, 私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。どこのでも、どんなのでも、それが台所であれば食事を作る場所であれば私はつらくない。, ものうさと甘さが胸から離れないこの見知らぬ感情に、悲しみという重々しくも美しい名前をつけるのを、わたしはためらう。その感情はあまりに完全、あまりにエゴイスティックで、恥じたくなるほどだが、悲しみというのは、わたしには敬うべきものに思われるからだ。, アレクセイ・フョードロウィチ・カラマーゾフは、今からちょうど一三年前、悲劇的な謎の死をとげて当時たいそう有名になった(いや、今でもまだ人々の口にのぼる)この郡の地主、フョードル・パーヴロウィチ・カラマーゾフの三男であった。この悲劇的な死に関しては、いずれしかるべき個所でお話しすることにする。, えたいの知れない不吉な塊が私の心を終始圧えつけていた。焦燥と云おうか、嫌悪と云おうか──酒を飲んだあとに宿酔があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。それが来たのだ。これはちょっといけなかった。, 「おい地獄さ行ぐんだで!」二人はデッキの手すりに寄りかかって、蝸牛が背のびをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ていた。──漁夫は指元まで吸いつくした煙草を唾と一緒に捨てた。, 正確に言えば書き出しでは無いが、本文の前に書かれている言葉。人の愚かしさが分かる。, 山椒魚は悲しんだ。彼は棲家である岩屋から外に出てみようとしたのであるが、頭が出口につかえて外に出ることができなかったのである。, さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。, クラスメイトであった山内桜良の葬儀は、生前の彼女にまるで似つかわしくない曇天の日にとり行われた。, 誰かの祈りで目が覚める。不穏なひびが斜めに入る天井を見上げる。わたしはどこにいるのだろう。部屋はまだ薄暗く、壁は濃い灰色だ。, 青い空がどこまでも続いていた。湧き起こる白い入道雲のはるか上には、真夏の太陽が燃えていた。見上げる国岡鐡造の額に汗が流れ、かけていた眼鏡がずれた。シャツもべっとりと汗が滲んでいたが、暑さは微塵も感じなかった。, どこにもいけないものがある。さびついたブランコ、もういない犬の首輪、引き出しの奥の表彰状、博物館に飾られた骨格標本、臆病者の恋心、懐かしい夜空。, 我が槍は 光る枝角 恐れを知らぬ 不羈の角背には 我が子 低く構えし この角は 弱き命の盾なるぞ……, 落ちぶれたコメディアンが、病に冒されたバレリーナを励ましている。「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」, 居酒屋を始めるなら冬がいい──米の研ぎ汁の中で白く透けていく大根の茹で具合を確かめながら、美音は父の言葉を思い出す。, 森の匂いがした。秋の、夜に近い時間の森。風が木々を揺らし、ざわざわと葉の鳴る音がする。夜になりかける時間の、森の匂い。, 彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。そして博士は息子を、ルートと呼んだ。息子の頭のてっぺんが、ルート記号のように平らだったからだ。, コンビニエンスストアは、音で満ちている。全てが混ざり合い、「コンビニの音」になって、私の鼓膜にずっと触れている。(中間の文章を省略しています), 晴天というのは不思議なものだ。こんなふうに、朝から雲一つない文句なしの晴天に恵まれていると、それが最初から当たり前のように思えて、すぐそのありがたみなど忘れてしまう。, 僕がまだ年若く、心に傷を負いやすかったころ、父親がひとつ忠告を与えてくれた。その言葉について僕は、ことあるごとに考えをめぐらせてきた。「誰かのことを批判したくなったときには、こう考えるようにするんだよ」と父は言った。「世間のすべての人が、お前のように恵まれた条件を与えられたわけではないのだと」, なんたる失態だ……私は慨嘆した。釈明の余地のない失態である。いや、私に問題があるのではない。環境の罪である。だいたい私のような勤勉・実直を絵に描いたような青年内科医が、冒頭から釈明の余地のない失態に追い込まれるくらいであるから、その環境の劣悪さも想像がつくであろう。, かれは年をとっていた。メキシコ湾流に小舟を浮べ、ひとりで魚をとって日をおくっていたが、一匹も釣れない日が八十四日もつづいた。, 僕が六歳だったときのことだ。「ほんとうにあった話」という原生林のことを書いた本で、すごい絵を見た。猛獣を飲み込もうとしている、大蛇ボアの絵だった。, 澪が死んだとき、ぼくはこんなふうに考えていた。ぼくらの星をつくった誰かは、そのとき宇宙のどこかにもうひとつの星をつくっていたんじゃないだろうか、って。そこは死んだ人間が行く星なんだ。, それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。, ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がベッドの上で一匹の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。, ドアノブをつかむ。氷を握ったように冷たい。その冷たさが、もう後戻りできないと告げているみたいに思えた。.

スカイライン 54a 54b 違い 16, Vue Router Push 遷移しない 6, ヘーベルハウス 中古 東京 5, 5555 エンジェルナンバー 金運 4, ヒルナンデス ハンドメイド 炎上 21, Photoshop Javascript Web用に保存 4, ママレードボーイリトル 銀太 ありみ 4, 五円玉 紐 色 12, 高いところにある ものを 取る 英語 18, ファフナー パチンコ 初代 7, ワンピース Pixiv ルナミ 4, Sa Shohei 脱退理由 14, 蟹座 性格 A型 6, 野球 タレント 男 5, 首都大学東京 大学院 過去問 5, 駅locky Apple Watch 表示されない 14, もみあげ すごい 力士 6, シチズン 時計 株式 会社 従業 員数 9, Fm802 南森町 出待ち 5, メッセンジャー 届かない ブロック 24, 傷ガルルガ イベクエ 金冠 7, Hide ギター 弾いて みた 9, 芸人 エピソード なんj 28, アイスボーン ガンランス 拡散 5, ダビマス ウィルロック 最強 9, 男の子 名前ランキング 伊織 56,

Leave a Reply