山之口貘 代表作 詩 16

山之口獏詩歌碑「座浦団」(ヤマノクチバクシカヒ ザブトン) 1975年(昭和50)7月、貘の十三回忌に合わせ、山之口貘詩碑建立期成会(代表宮里栄輝(みやざとえいき))により建てられた詩碑。 mso-font-pitch:variable; panose-1:0 2 2 6 0 4 2 5 8 3; mso-font-charset:0; 1927年頃から山之口貘を名乗るようになった。1931年雑誌「改造」に詩を発表。1933年詩人の金子光晴に出会い、発表の場を得られるようになる。1938年詩集『思辨の苑』刊行。1940年『山之口貘詩集』 … たった一篇ぐらいの詩をつくるのに {font-family:Century; All Right Reserved. {mso-style-parent:""; 1939年6月から東京府職業紹介所(職業安定所)に勤める。1940年(昭和15年)12月、第二詩集『山之口貘詩集』を発表。1944年(昭和19年)12月、妻静江の実家茨城へ疎開。1948年(昭和23年)3月に紹介所を辞職し以降は執筆活動に専念する。同年に火野葦平と知り合う。, 1958年(昭和33年)7月、第三詩集『定本山之口貘詩集』を発表(翌年、同著で第二回高村光太郎賞を受賞)。同年11月6日に34年振りに沖縄に帰る。首里高校で帰郷記念の座談会が行われ大城立裕等が出席した。1959年(昭和34年)1月6日に東京の自宅に帰る。, 胃癌を発病して1963年3月に入院、同年7月16日に手術を受けるが、7月19日に新宿区戸塚の病院で死去する[1]。59歳没。葬儀委員長は金子が務めた。墓地は東京都立八柱霊園(千葉県松戸市)。法名は、南溟院釋重思居士。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=山之口貘&oldid=78542419.  未発表作品を含む自筆原稿約7,500点余りは、遺族により沖縄県立図書館へ寄贈され、2010年(平成22)11月「山之口貘文庫」として開設された。, TEL : 098-869-5266  FAX : 098-869-5267〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1丁目1番1号パレットくもじ4階. panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; とうちゃんのかんこをかりてって mso-paper-source:0;} panose-1:0 2 4 6 4 5 5 5 2 3; mso-font-signature:50331648 0 0 0 1 0;} お邪魔しましたと腰をあげたのだ, 父が死んだ後には、私も、父を気の毒に思ったのである。四十年の詩人生活を通じて、出版された詩集は、たった三冊。それも、中身は、殆ど一冊の本と言って良いのである。, 父にとって、詩集を出すということは、何にも増して重要なことだったし、だからこそ、心から満足のゆく出し方ができるまで、どれくらい長くかかろうとも、粘り続けるつもりだったに違いないのである。その前に早い死が訪れようと、気に染まない本を出してしまことに比べたら、何程のことがあろうか。と、今では私も考えている。, しかし、実際に生活は苦しかったようで、「鼻のある結論」という詩で以下のように書いています。, 鼻のある結論(抜粋) お目にかかったついでにひとつ 懐かしい響きのする店名は、フォーク歌手高田渡の代表曲のタイトルとして、ある年代の方々にはよく知られています。 「生活の柄」は沖縄出身の詩人山之口貘(ばく)(1903-1963)の詩に、高田渡が曲 … div.Section貘は、ポケットに一文もない時も、沖縄民謡をいい調子で唄い、「今日はお金があるからごちそうしよう」というので誘われてみると、勘定が足りず、ごちそうされる人がごちそうするはめになりました。, でも、貘におごった人は、逆に貘にすっかりおごられたような、実に豊かな気持ちになったそうです。生涯、借金につぐ借金で、首がまわらず、普通ならいじけてしまう所ですが、誰よりも貧乏したのに、心は王侯のごとしという、不思議な気品がありました。, 町で、飲み屋で、喫茶店で、新しい友があまた広がっていったのです。そんな貘に与えられた尊称は、〈精神の貴族〉。写真を見ると、20年近く放浪生活を送った者とは信じられない、まるで大学教授か、哲学者のような瞑想的な風貌です。         (完), 【註】山之口貘のエピソードは、茨木のり子『うたの心に生きた人々』の記述を引用しました。,

Leave a Reply