春の 小川 歌詞 ひらがな 5

google_ad_slot = "3429976248"; 「春の小川」は3年生用の『初等科音楽 一』に再録されたが当時の国民学校令施行規則では国語で文語文を教えるのは5年生以上と定められていた。 そのため、 林柳波 が歌詞を 口語体 に変えた。 google_ad_height = 90; //--> google_ad_height = 15; google_ad_height = 90; 春の小川は、さらさら行くよ。 えびやめだかや、こぶなのむれに、 今日も一日、ひなたでおよぎ、 遊べ遊べと、ささやきながら。 【元の歌詞】 春の小川は さらさら流る。 岸のすみれや れんげの花に、 匂(にお)いめでたく 色うつくしく @ 春の小川 作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一 春の小川は さらさらいくよ 岸のすみれや れんげの花に すがたやさしく 色うつくしく 咲けよ咲けよと ささやきながら 春の小川は さらさらいくよ 蝦やめだかや 小鮒の群に 今日も一日 ひなたに泳ぎ 遊べ遊べと ささやきながら

Leave a Reply