欲望 アントニオーニ 解説 6

All Rights Reserved. Image not used for profit. 脚本 ミケランジェロ・アントニオーニ、トニーノ・グエッラ、エドワード・ボンド. 続きをみる, 内容意味不明、だから何なの?ただ、レッドクレイヴ嬢の上半身ヌード(パイオツ隠し)とヤードバーズだけは良かった。そこだけ。. 普通. Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. ジェーン・バーキン Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 今の世の中は、理解できないものに対する許容度はとても低い。疑問や知りたいことがあるとネットで検索し、そこにある答えや説明で納得する。その情報が正しいか否かはさておき。だが、こんなふうにお手軽に答えを得られるようになり、世間が謎を謎として受けつけなくなったのは、つい最近のこと。およそ半世紀前、ミケランジェロ・アントニオーニが『欲望』(1966)を発表したとき、観客はその不条理な世界を大いに楽しみ、その謎について、ああでもないこうでもないと議論を戦わせた。(冨永由紀), 全編イギリスのロンドンで撮影した『欲望』は、『太陽はひとりぼっち』(1962)や『赤い砂漠』(1964)などのアントニオーニ監督初の英語作品。1967年のカンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞している。一面の芝生から映画は始まり、次々と謎をばらまいていく。車で走り去る白塗りの集団、どこかの建物から一斉に出てくる粗末な身なりの男たち。その中にブロンドの若い男が1人。主人公だ。だが、この男はロールスロイスのオープンカーを乗り回し、高級なカメラを持っている。, ファッションフォトグラファー、トーマスの1日を描く前半は、当時スウィンギング・ロンドンと呼ばれたポップカルチャーを象徴するような主人公の行動を追っていく。自信過剰で尊大で、若くてきれいなモデルたちを奴隷のように支配する仕事ぶり。言葉で煽りながらシャッターを切るアグレッシブな様子は非常に印象的で、だからこそ、あのアイコニックなポスターのビジュアルとして、冒頭のフォトセッションのシーンが使われたのだろう。当時のスーパーモデル、ヴェルーシュカが本人役を演じているこのシーンは、性描写に厳しいヘイズ・コードに挑むようでもあり、原題『Blow-Up(写真の引き伸ばし)』と全く関係ない邦題はこのイメージに触発されたもののように思える。, 本作でブレイクし、ジェーン・フォンダ主演の『バーバレラ』(1967)などで活躍したデヴィッド・ヘミングスは撮影当時25歳。実在の人気フォトグラファー、デヴィッド・ベイリーを思わせる主人公のクールさ、傲慢さ、全てを得ているようでどこか空疎な雰囲気をうまく演じている。, トーマスは何をしていても途中で放り出す。スタジオにモデルたちを置き去りにして骨董商の店に行き、時間を潰すために訪れた公園で見つけたカップルの写真を撮る。気づいたカップルの女性は激しく抗議するが、連れの男性が姿を消すと、彼女自身も逃げ出す。ヴァネッサ・レッドグレーヴが演じるこの女性は、後にスタジオまで乗り込んでくる。フィルムを渡せと言い募る彼女に、わざと別のフィルムを渡して帰した後、本物のフィルムを現像したトーマスは何か違和感を覚え、ある画像を引き伸ばす。ブローアップを重ねていくと、そこには倒れた男、草むらから銃口を向ける人物が写っていた。ここから物語はサスペンスの方向へ動き出すのだが、単純には進行しない。ここに至るまでのトーマスの行動と同様、ストーリーテリングは常に中断され、次々にミステリアスな事象や人物を、説明もなく撒き散らかす。ストーリーラインがあるようでいて、まったく不親切な語り口が不条理映画と呼ばれる所以なのだろう。, 映画を読み解こうと躍起になるより、アントニオーニによるスウィンギング・ロンドンの活写を楽しむというのは逃避だろうか。だが、これこそがアントニオーニの一番見せたかったものではないかという気もする。新人モデルの1人を演じるジェーン・バーキンの奮闘や、ジェフ・ベックやジミー・ペイジ在籍時のザ・ヤードバーズのライブシーン、怪しげなパーティーの様子などは今や貴重な記録と言っていい。異彩を放つのはライブシーンだ。微動だにしない観客を前に、ノイズが発生するアンプに苛立ったジェフ・ベックがギターを破壊するのだが、全編不条理な映画においてこのシーンは異様に説明的。ザ・フーのピート・タウンゼントのギター破壊パフォーマンスに着目し、当初は彼に出演依頼したのだが、断られてしまい、ベックにお鉢が回ってきたそうだが、これがいかにもやらされているといった感の演技で可笑しい。ギターを壊す場面だけ、非常にわかりやすい理由がある。, ところで、観客たちの頭を悩ませる難解作になった理由は、実は予算を大幅にオーバーしたことから全てのシーンを撮り切らないまま完成に持ち込んだからという説もある。アメリカの映画評論家、故ロジャー・イーバートに、俳優のローナン・オケイシー(劇中でレッドグレーヴの恋人を演じた)が送った手紙には、クランクインからしばらく経って撮影現場を訪問したプロデューサーのカルロ・ポンティが、やりたい放題で金のかかるアントニオーニの演出に激怒して、即座にスタッフをイタリアに帰国させたと記されている。台本上に存在しながら撮りこぼしてしまったシーンがあり、それゆえに謎の人物が現れたり、ミステリアスな内容になっているというのは、まさに怪我の功名だ。, 不条理の極みはラストシーンだろう。聞こえなかった音が聞こえ始め、そこに存在していたものが消え去っていく。オケイシーは先述の書簡で「もし全部撮っていたとしても、アントニオーニは同じように編集したかもしれない」と綴っている。謎が生まれた経緯はわかっても、謎は謎のまま。与えられたものを鵜呑みにするだけではなく、想像をめぐらし、個々が己の解釈を持つ。それも芸術の豊かな楽しみ方だ。. 愛の不毛三部作で知られるミケランジェロ・アントニオーニ監督の「赤い砂漠」に続く2作目のカラー作品。物語は、若者が大勢車に... 欲望。原題はBlow Up(引き延ばしという意味で、後半主人公が写真を「引き延ばし」て死体を発見する)。不条理劇として描... 「Yahoo!映画」はYahoo! 内容意味不明、だから何なの?ただ、レッドクレイヴ嬢の上半身ヌード(パイオツ隠し)とヤードバーズだ... 「Yahoo!映画」はYahoo! ], 『欲望』 ミケランジェロアントニオーニの「欲望」観ました。これカンヌでパルムドールですよね? ... 誰かミケランジェロ・アントニオーニ監督の『情事』について詳細な解説、もしくはご意見をお聞かせください。 音楽 ハービー・ハンコック. All Rights Reserved. 欲望。原題はBlow Up(引き延ばしという意味で、後半主人公が写真を「引き延ばし」て死体を発見する)。不条理劇として描かれているが、私は不条理劇自体を評価することはできない。ようはそこに何が込められているかが大事なのであって、こういった手法自体に驚きもないし独自性もない。主人公はフォトグラファーで自分のアトリエを持っている、なかなかの業界人らしい。彼に撮ってもらいたがる女性は大勢いる。彼自身はポップカルチャーのアーティストといった感じで、いつもけだるげな感じ、よくわからない感性を持っていて、無意味性を体現しているといった印象を受けた。この無意味性こそが不条理劇ということなのかもしれないが、後半になってくると映画に軸が生まれてくる。それが「死体の謎」だ。そうすると主人公は一変して意味のあるキャラクターに成り代わり、外界に存在する無意味性と格闘していくことになる。だが結局不条理劇は何も述べたことにはならないと私は思う。それはペシミスティックで、中途半端だ。この映画の面白さというのは、意義深く撮られたショットや、シナリオの流動性、ポップカルチャーの洗練されたもの、柔軟で洗練された「不条理」の語り口、といったものだ。「不条理劇」自体に中身はなくとも、「不条理の語り口」には意味があると思うのが私の意見。そういった描写性を堪能することがこの映画の面白さの鍵だと思う。だからアート映画だという意見は正しいと思う。それがどういう「意味」が込められているのかというと、アート作品それぞれに意味を見いだすことになってしまうので正しくない考えだと思う(そこから先は個人個人の「解釈」の領域になる)。ただ、ポップアート独特の「鼻につく感じ」という感想をちょっと見かけたが、これは正しいと思う。それは「現代性」というものそのものを意味しているからだと思う。ポップカルチャーはどれも強烈な刺激性がある。それと同時に内容の無さがある。これは「現代」そのものを表している。「現代」とは凡百の価値観が増大した時代であり、それは作品の従来の価値性を切り崩して、刹那的で幼児的な「他者に対する優越性」を中央に据える。その虚無性を捉えたのがポップアートということ。そこにある絶望と、絶望をコミカルなものにしてしまうメタさ。「人間」を捉え直そうという動き。そこにある「鼻につく感じ」を見抜いたのは正しい指摘だと思う。それが「現代性」ということになる。この『欲望』はその虚無的なものを扱いながら、浮遊していく倫理観や価値観を巧みな描写で取り扱う面白い映画。確かに鼻につく映画だけど、見ておく価値はあると思う。. 解説. 童顔ピンヒール @sundance0725 『欲望』(1966年)監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演:デヴィッド・ヘミングス 第52回 名画プレイバック. ヴァネッサ・レッドグレーヴ [ Unknown copyright. JEFF BECKとJIMMY PAGEのツインリード体制という極僅かな期間の伝説を映像で記録したことが何よりの功績。JANE BIRKIN他綺麗どころも多数だが、映画本編はストーリー性が希薄で眠くなる。, 『欲望』辻褄の合わない事柄が続いていく映像だが、白日夢を見ているような感覚にハマっていく傑作。サラ・マイルズとジェーン・バーキンの若き日の美貌も見どころ。, 『欲望』アントニオーニ meets 英国ポップカルチャー。ちと期待しすぎたな。変なステップ&ジェフベック&ジミーペイジ動画見込んでただけに。しかも直前に『8 1/2』やら『気狂いピエロ』見た上『情事』でハードルダダ上げしてただけに。, 『欲望』この映画を元に「ミッドナイトクロス」という最高のサスペンスを作り上げたデパルマも凄い。, 『欲望』難解…なんだこの映画は…!とにかく音楽もない、山場もないが、ワンシーン毎に積み重なっていく微少な「何か」によって、観終わった後はなんだかお腹がいっぱい。難しいけど、とにかく綺麗なオネーサンがたくさん出るんでそれだけでも最高。, 『欲望』最初観た時は一体何を言いたいのか意味不明過ぎて怒りを覚えたが、意味が分かった途端に名作に変わった!そういう事かと。恐れ入りました。ヤードバーズの演奏シーン格好良すぎだろ~。曲もイイし。アンプぶち壊してみたいぜ~。, アントニオーニ監督の「欲望」を観た。これは解説が必要なタイプの作品なんだろうけど、コルタサルを下敷きにしていると聞くと全てが腑に落ちるような気がしてくる不思議。とはいえ、町山さんのむだ話にあるようだから、後で聞いてみよう。, 『欲望』過去作のような圧倒的な画は見当たらないものの、写真系機材やらジェーンバーキンやらヤードバーズのライブやロンドンの街並みやらの歴史資料的な価値。見どころは多々あれど、映画として期待しすぎると辛いもんもあるなと。思いました。, 『欲望』アントニオーニならではって味も多々。ロンドンの街並みやら原題「BLOW-UP(引延し)」てだけあって写真撮影がらみのカメラやら照明やら現像機材やら。ラストのテニスコートはもうあれこそはアントニオーニ meets 英国的珍味。, 『欲望』フェリーニのキャッキャ感やらゴダールのこれしかない感が恋しくなる点多々。バーキンプロレスとかこういった編集アントニオーニさん向いてないと常々。そのうえハービーハンコックがもろツボから外れてて。まあしかしこれはこれで珍味ですが。, 『欲望』鑑賞。フランス映画のような空気感なのに台詞が余りなく、長回しを多用しているシーンは少し退屈だが、全ては幻想なのか現実なのか…多忙な芸術家の妄想劇といってもいい。邦題通り「欲望」であり、原題通り「現像」な作品。, 『欲望』む..難しい..。果てしないってことか? ヴァネッサ・レッドグレーヴ, ミケランジェロ・アントニオーニ, ヴァネッサ・レッドグレーヴ, デビッド・ヘミングス, サラ・マイルズ 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。 ほか, アウシュヴィッツの“死の天使” メンゲレ医師の肥大化した虚像と実像 『ブラジルから来た少年』, 【再掲載】3つの『ブレードランナー』、そのどれもが『ブレードランナー』の正しい姿だ!, レクター博士を知るためのグレン・グールド入門 『ハンニバル・ライジング』『ハンニバル』, 67年カンヌ映画祭パルムドール受賞。最後の“巨匠”ミケランジェロ・アントニオーニの野心的な実験映画. All Rights Reserved. Copyright © 2000-2020 CINEMATODAY, Inc. All rights reserved. 2016年7月1日 15時30分. JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. 1967年1月公開(イギリス) 111分 カラー. アントニオーニ監督の「欲望」を観た。これは解説が必要なタイプの作品なんだろうけど、コルタサルを下敷きにしていると聞くと全てが腑に落ちるような気がしてくる不思議。とはいえ、町山さんのむだ話にあるようだから、後で聞いてみよう。 監督 ミケランジェロ・アントニオーニ. Informational purposes only. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 『欲望』(1966年)監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演:デヴィッド・ヘミングス 第52回, 『巴里のアメリカ人』(1951年)監督:ヴィンセント・ミネリ 出演:ジーン・ケリー 第51回, 『第七の封印』(1956年)監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー 第50回. 欲望(1966)の映画情報。評価レビュー 92件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:デヴィッド・ヘミングス 他。 カメラマンのトーマスは、夜の公園で逢い引きしているカップルを盗み撮りした。やがて男の方が姿を消したあと、女の方がトーマスのもとにやってきてネガを要求する。 All Rights Reserved. 『欲望』(よくぼう、Blowup)は、1967年のイギリス・イタリア・アメリカ合作映画。, アルゼンチンの作家フリオ・コルタサルの小説『悪魔の涎』を下敷きに、ミケランジェロ・アントニオーニが脚本を書いた。アントニオーニ初の英語作品であり、カラー撮影としては第2弾にあたる。, 1960年代中盤のロンドンを舞台に、人気カメラマンの主人公が撮った、ある写真にまつわる奇妙な出来事を描く。「スウィンギング・ロンドン」と言われた、当時のイギリスの若者のムーブメントを織り交ぜつつ、サスペンスかつ不条理な独特の世界観となっている。1967年のカンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを受賞。, 音楽はハービー・ハンコック。監督のアントニオーニは当初、BGM無しで映画を作ろうとしたが、ロケ地のロンドンで聴いたハンコックのジャズを気に入り採用したという。この映画でハンコックは、ジャズ以外にもポップ・ミュージック指向の強い楽曲も披露している。, ゲストとして、ヤードバーズがライブハウスのシーンで出演した。ギタリストのジェフ・ベックとジミー・ペイジが、ツイン・リードとして同バンドに参加していた時代の貴重な映像としても知られる。本来この映画では「Train Kept A Rollin'」を演奏するはずであったが、同曲の権利を保有する音楽出版社が多額の利用料を請求して来たため、やむを得ず替え歌として「Stroll On」という曲を演奏した。なお、当初はザ・フーに出演が依頼されたが、監督のギターを壊して欲しいという要望に、当時このパフォーマンスばかりが一人歩きしていることにうんざりしていたリーダーでギタリストのピート・タウンゼントが断ったという。完成した映画では、監督の要望通りベックがギターを壊す演技をしている。, もっともベックはタウンゼントとは異なり、通常、ステージでギターを壊すようなことはしなかった。だがこの映画の出演を機に、一時期ヤードバーズのライブでギターや機材壊しを盛んに行っていたという。[要出典], 1960年代のロンドン。若き人気ファッション・カメラマンのトーマスは、ある日公園の原っぱで戯れる中年の紳士風の男と若い女のカップルを見かけ、彼らの行動を盗撮した。女はトーマスが自分達の写真を撮っていたのに気づき、ネガフィルムを渡すように懇願してきたが、いつのまにか一緒にいた男が消えたのを見るや否や、駆け出し去っていった。, トーマスはとりあえずその場を逃れたものの、女はトーマスのスタジオに突然現れ、再びフィルムを要求する。トーマスは女との駆け引きを楽しんだ後フィルムを渡すが、それは本物とすり替えた偽物であった。, トーマスは改めてそのフィルムをプリントする事にした。すると、のどかな風景として撮影したはずの写真に、何か違和感のある点が見つかる。その部分を引き伸ばし(Blow Up)してみると、そこには不自然な方向に視線を送る女、草陰から銃口を向けている人物、そして撃たれて倒れたらしき人物の姿が写し出されていた。トーマスは写真の真相を知るため、再び公園に向かう。, だがこの映画の出演を機に、一時期ヤードバーズのライブでギターや機材壊しを盛んに行っていたという。, Blow-Up - Warner Bros. Entertainment Italia, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=欲望_(1967年の映画)&oldid=80236685. BLOWUP 1966年 Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. ヤードバーズのライブシーンは噂通りクールだった!その他の音楽も良い!. アントニオーニ監督の「欲望」を観た。これは解説が必要なタイプの作品なんだろうけど、コルタサルを下敷きにしていると聞くと全てが腑に落ちるような気がしてくる不思議。とはいえ、町山さんのむだ話にあるようだから、後で聞いてみよう。 いいね. サスペンスとして始まりながら、途中で、映画としてストーリーを物語ることを止めてしまう、という実験的試み。最後の“巨匠”ミケランジェロ・アントニオーニが60年代に放った、映画史上屈指の重要 … 第20回カンヌ国際映画際パルム・ドール . 欲望。原題はBlow Up(引き延ばしという意味で、後半主人公が写真を「引き延ばし」て死体を発見する)。 不条理劇として描かれているが、私は不条理劇自体を評価することはできない。 / イギリス テンプレートを表示 『 欲望 』(よくぼう、 Blowup )は、 1967年 の イギリス ・ イタリア ・ アメリカ 合作映画。 アルゼンチン の作家 フリオ・コルタサル の小説『悪魔の涎』を下敷きに、 ミケランジェロ・アントニオーニ が脚本を書いた。 / 112分, サスペンスとして始まりながら、途中で、映画としてストーリーを物語ることを止めてしまう、という実験的試み。最後の“巨匠”ミケランジェロ・アントニオーニが60年代に放った、映画史上屈指の重要作だ。, カメラマンのトーマスは、たまたま通りかかった公園で、美女と中年男がイチャついているところを盗撮。気付いた美女が、ネガを渡せと彼に要求。トーマスはヌード撮影させることをその条件とし、美女を脱がせて撮影することに成功する。別のネガを手渡して美女を追い返し、盗撮ネガを現像してみると、そこには銃を持って藪に身を潜める男の姿と、死体のようなものがたまたま写っていた。こうしてトーマスは事件に巻き込まれていく。, デヴィッド・ヘミングス ・ イタリア サラ・マイルズ カメラマンのトーマスは、夜の公園で逢い引きしているカップルを盗み撮りした。やがて男の方が姿を消したあと、女の方がトーマスのもとにやってきてネガを要求する。代償として女のヌードを撮らせてもらい、別のネ...

100均 充電器 キャンドゥ, オリーブオイル ドレッシング 塩, ハイセンス 洗濯機 Hw-dg80b, 第五人格 ランクマ キャラ, Vba 改ページ 解除できない, ひつじのショーン 犬 名前, 目黒駅 駐 車場, 咲く や この花 陸上, 学割証 発行 高校, フォートナイト 返品 バグ, Autocad フェイタルエラー 原因, Dell 液晶割れ 保証, 名探偵コナン 警察学校編 単行本, デミオ バッテリー 軽量化, セクゾ 葬式 コン, ひたち ときわ 停車駅, キュレル 化粧水 セラミド 入ってない, ドラクエ10 課金装備 ドレスアップ, ふるさと納税 楽天 ワンストップ, 麒麟がくる 18話 ネタバレ, フォートナイト 返品 バグ, 京都バス 66 時刻表, F1速報 発売日 2020, Google Meet 自分の顔 小さい, まちがいさがし 歌詞 音程,

Leave a Reply