沖田総悟 襲 われる 小説

アニメのキャラ達を描いたクロスオーバー小説を書いてみました。1 アニメのキャラ達を描いたクロスオーバー小説を書いてみましたので、良ければ感想をお願いします。第1話(銀魂&遊戯王5D’sメイ … ?ジャンプ感想次回。 - ナカノ実験室, 銀魂502訓予想!ネタバレ注意??再アニメ化か! ?ネタバレ注意!「光と影の将軍」神威&高杉晋作、カゲ汁ぶしゃー(笑)JSAFでアニメ復活だと!?ジャンプ感想34号2014年13, 銀魂504訓予想!ネタバレ注意??桂小太郎も参戦か! microadCompass.queue.push({ d.getElementById("fc2button-clap-225").appendChild(img); #fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;} var microadCompass = microadCompass || {}; !」なんか脅されてるの?涙目山崎 B : 真撰組sか・・・山崎もいいが、ここは土方さんで ☆無理矢理入れられたお店。 pixiv is an illustration community service where you can post and enjoy creative work. (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); いつわれるかわからんけど やってみたいんよ 張ってるからなんか自信がないけど 筋トレやりますよー 腹筋割るやつ 頑張れもん 昨日は120回 今日も120回 がんばっぞ 今日は涼しい いい感じ 暑いよー 服着てると超暑い 汗かいてくる しむ、やばいし if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } A large variety of work is uploaded, and user-organized contests are frequently held as well. ・沖田×神楽(エロ無し) ・神威×沖田(エロ有り) ・ギャグ ・田舎侍&密国中の夜兎兄妹 注意 沖田と神楽は思いっきり付き合っちょる。 あと、お下品め。 俺の名前は沖田総悟16歳。 田舎から沢山の夢を抱いて単身江戸に上京してまだ間もないが、 【ペンは剣よりも】 その夜、沖田はかなり遅くまで、赤インクにまみれて過ごしていた。 彼が今、校正に勤しんでいるのは、今一番のと言ってもいいだろう、人気作家であり28歳の若さですでに「文豪」と呼ばれていることが大袈裟でもなんでもないくらい、時代を見据え未来を先取りしつつも過去をオマージュすることを忘れない、何を書かせても誰もの心に響かせるだけの実力と魅力を持った作家、土方十四郎の最終原稿だった。いわゆるゲラ刷りの最終校である。 このチェックを最後に原稿は来月発売される新雑誌に掲載されることとなる。いわゆる創刊号の最目玉商品だ。どれだけ目を通してもバチは当たらないだろうくらいの勢いで、かれこれ六時間近く、沖田は原稿の一字一句を舐めるようにして眺め、ゲラ刷りの一言一句を眇めたがめつしていた。 さすがに誤字も転写ミスもないようだと、沖田が納得出来た時には世は白み始めていた。けれどもこのゲラは今日の朝一番で入稿しなければならない。沖田は寝るのを諦め、市電の始発電車が走り始めるまでの後一時間ほどの時間を潰すため、仏壇の代わりにしている本棚から一冊の古い雑誌を取り出すと、新人賞受賞ページを開いた。 そこに記載されていたのは土方十四郎のデビュー作だった。内容は富豪の娘に片思いしていた男が予想も出来ない数奇な運命を辿るという、一見したらホラーめいた悲恋物のようでいて、その実、身の程知らずの男を皮肉る教訓譚であり、富豪に生まれついたというだけで全てに恵まれていたゆえに真実の愛に気づけなかった愚かな女の不幸を謳った作品だった。姉はこれを一読しただけで、「この人は素晴らしい作家になるわ。ねぇそーちゃん。あなたもそう思うでしょう?」 そうして姉は作家・土方十四郎のファン1号を名乗り、彼の作品が載る雑誌だけは手に入れたいと、決して裕福とは言えないながらも姉弟二人暮らしの唯一の贅沢として二人で彼の作品を追い続け読み続けた。 そしてある日、沖田は妙案を思いついた。出版業界に勤めることが出来れば彼の作品の載った雑誌くらいただで手に入るようになるかもしれない、と。 けれどもその頃にはすでに押しも押されぬ人気作家の道を邁進していた土方の作品が載るような雑誌は大手と呼ばれる出版社だけで、そのような会社になんのコネもないような沖田が雇われることはなかった。それでも諦めず出版関係の会社の門扉を叩き続けた沖田に幸運の女神が微笑んでくれたのは、出版社ではなく印刷業界だった。けれどもそこはただの印刷屋ではなかった。 今は二代目社長が牛耳っているが、三代目はいつか自分の印刷所から雑誌を発行したいと、つまりは印刷を外部依頼することなく制作から発行まで全てを自社で請け負える会社に発展させたいのだと野望を抱いている男だった。沖田はその夢に賛同し、下働きでいいから雇って欲しいと頼み込んだ。そうして沖田は近藤印刷という会社に潜り込むことが出来た。 それまでだって決して楽な道ではなかったが、その後も人生は沖田に良いことばかりをもたらしてくれたわけではなかった。何よりも沖田の夢に満ち溢れた就職を誰よりも何よりも喜んでくれた姉が肺結核であっさりとこの世を去ってしまった。沖田が近藤印刷に就職して一年も経つ前の出来事だった。あまりにあっさり過ぎた出来事に、沖田はしばし現実を受け入れられずにいたが、それを支え直してくれたのは近藤印刷の三代目だった。お姉さんの手に直接渡してやることは出来なくとも、沖田が雑誌を作り上げるまでは絶対にお姉さんは待っているぞ、沖田の側で待っているから、と。そう発破をかけ沖田に最初の目的を思い出させてくれた男は、漢の中の漢とも言うべき頼れる男だった。近藤勲。それが彼の名だった。 そしてそれから二年の月日が流れた時、チャンスがやってきた。経営難に陥りかけた某出版社と近藤印刷が手を組むことになったのだ。そして再起挽回を謀っての新雑誌創刊という博打打ちに出ることとなった。出版社は持てるコネを最大に使い書いてくれる作家を探す傍ら、沖田は出版社のノウハウを盗み見て覚えると、知人の知人を渡り歩いて土方の存在に辿り着くことが出来た。そして彼が無類の女狂と噂され、原稿を書いていない時は遊郭に入り浸っていることを知ると、唯一姉が持っていた洋装のワンピースを着、遊郭へと行こうとしていた土方を清楚な微笑みと個性的な赤の瞳で呼び止めると、彼を路地裏に連れ込むことに成功した。が。「はぁ? おまえ、男じゃねぇか」 ワンピースの袖を肩から脱がしかけた瞬間、土方は違和感を覚えると同時に真実を口にしていた。けれども沖田はその非難がましい口調にも動揺もしなければ焦りもせず、「男では勃ちませぬか?」「何?」「この服も簪も香でさえ貴方様の女のものでございます。それでもまだ足りぬと申しますのなら、この首、貴方様の女とすげ替えましょう。ほらちょうど、あの女の首ならそこにありますゆえ――」 沖田が口にしたのは土方が七作目に書いた、遊郭で下働きしていた男がとある遊女の元に通い続ける武士に片恋した余り、遊女を殺してその女に成り代わろうとした男の話を準えてのものだった。なおこの遊女にはマブがいたため、武士は遊女にとってただの金づるでしかなく、そんな裏事情があったがゆえに凶行に出た男だったが、当然のことながら武士に理解されるはずもなく、武士は男を斬り殺し遊女の首を抱えて川で入水自殺を計って死んでしまうという話だった。 土方は自分の首に両腕を絡めたまま自作品を諳じただけでなく、土方にこの腕は払えまいといやに確信めいた眼差しで終始土方を真っ直ぐに見やってくるその赤の瞳に、ニヤリと口角をあげると、自分を捕まえて離さない青年に「名前は」と問うていた。「沖田と申します」「下の名は」「ん……あ……総悟、でさ……」 沖田の言葉が乱れたのは土方の手が突如スカートの裾をたくしあげ内太もも撫で上げながら沖田の中心に触れてきたからだ。釣れるとは思っていたがこうも簡単にかかってくれるとは思ってなかった沖田だったので、さすがに演技を忘れて地が出てしまったが、土方もそこに触れることなく、むしろ楽しげに「総悟」と沖田の名を沖田の耳に落とし込むと、ビクリと震えた沖田の体を自分の好きな角度に抱え直し、深い口づけを与え続けた。 土方はさも自分のファンであることをアピールしつつ迫ってきたこの沖田とやらに、性の経験がないことをすぐに見抜いていた。前戯でしかない口づけにも満足に返してくれないことでそれは確信となった。どういうつもりで自分に近づいてきたかは知らないが、経験なくして自分を落とせると思ったこの青年の気の強さが存外気に入ってしまったようだ。 自分も男を相手にした経験はないが、物書きの端くれとして雑学的知識だけは豊富だった。胸への愛撫も芯への刺激も後ろを丹念に解してやることも、知識の応用と思えばそれなりに楽しく思えた。むしろ想像より色っぽく喘ぐ沖田の声に充分すぎるほどの興奮を覚えていた。女の甲高い声とは違う、抑えようとして抑えきれてないその匙加減が嗜虐心を煽ったと言ってもいいだろう。沖田を何度もイカせてやるギリギリまで追い詰めながらイカせてやることなく自分の腕の中でよがる沖田に数えきれないほどの口づけと吸い跡を女のように白い肌に残してやった。そして。 沖田の先走りを存分に使って解した結果、自分の指を三本ゆうに咥えている後ろへの愛撫中心に手順を変えた。途端、沖田の矯声が上澄みを増した。首を振り身を捩る様がどれだけの色香を放っているか、本人は全く気づいていないに違いない。土方はそんじょそこらの遊郭で宛がわれる一応は「上玉」として恭しく共寝をしてくる女よりもよっぽど己を興奮させてくれるこの腕の中の存在が、いつしか愛しいものに変わっていたことを認めないわけにいかなかった。 なので出来ればこのまま顔を見たまま続けたかったのだが、初心者同士でそれはさすがに無謀だろうと思うだけの判断力は残っていた土方は、沖田の後ろから指は抜かぬまま半ば強引に沖田の体を反転させると、壁に手を着かせ、さらにその手に己の掌を重ねると、すでに臨戦態勢に入っていた自分の半身を沖田の中に埋め込んだ。 丹念に解してやった成果だろう、土方の物が入っていくのに合わせて、沖田も腰を土方に向かってさらに押しつけてくるように動いてきたものだから、土方の逸物はあっさり沖田の中に埋め込まれた。尖端へいくほどその狭さときつさに土方は一瞬、動きを忘れたが、不意に沖田が吐いた無意識だろう吐息に奥が緩く動いてみたから。 土方はその機会を逃すことなく、沖田の奥の細道を深く浅く突いて擦りあげ拡げることで沖田の収縮運動を刺激しまくった。そして。 少し丸まった沖田の背中が自身の胸の中にぴったりと重なった瞬間、土方は壁に押しつけていた沖田の両手を握ったまま剥がすと、左手は沖田の胸へ押し当て、右手で沖田の芯を捉えると、沖田と手を繋いだまましごいて今度こそ沖田をイカせてやった。と、同時に自分も沖田の中に放ってしまっていた。放つ前に抜いてやるつもりだった自分の手順を狂わされるほどに、そこにあったのは絶頂的快感だけだった。 気がつけば沖田は気を失っていた。初心者には相当刺激が強すぎたらしい。けれども粉をかけてきたのは沖田の方からだ。土方は罪悪感を抱くことはなかったが、だからと言ってこのまま放置するほど人非人ではないので、ワンピースの肩だけ直してやると、横抱きに抱いて己の家へと連れ帰った。 土方はそこで男として最低限のことはしてやろうとした。体を拭いて清めてやるために、布団の上でまずは沖田を全裸にした。上半身の一部にこそ自分が残した情事の証はあるものの、ほとんど服を着たままだったのが今さらになって悔やまれるくらい、胸から腹にかけてのライン、背中の美しい曲線美、そして今は力なく投げ出されている下肢は掴みあげてやればきっとそれ相応の弾力でもって跳ね返ってくるにちがいない、そして白さを極めた内太ももにこそ、赤い花は鮮やかに咲いてみせるに決まっていて。 この青年はもう一度、この体を自分に抱かせてくれる気はあるのだろうか。あんな仕掛けを用意して自分を引き止めてきたとはいえ、どうにも一度限りの遊びという雰囲気がこの青年にはあった。いや、こうして寝顔を見ていると、どうにも青年という感じがしない。どう見ても少年ではないのか、こいつは。となるとますますこの沖田総悟と名乗った人物の意図がわからなくなってきた土方だった。だが。 目を覚ました沖田少年は、気絶した自分を自宅に運びいれてくれた上に体まで清めてくれたことに対して、ふわりと淡く笑って、土方先生はお優しいんですね、と言った。その声には土方を非難するような恨みがましい様相は含まれていなかったが、どうにも本心からの言葉にも聞こえなかった。ゆえに土方は単刀直入に問うた。何が目的であんな風に俺に近づいた、と。すると沖田は辛いだろうはずの体を起こすと、土方に向き合い、お願いがあるんでさぁ、と切り出した。 そうして土方は沖田のために短編を一本、書き下ろすことになった。それが先ほどまで沖田が余念なくチェックしていた原稿だ。今一番の売れっ子作家から原稿をせしめてきた沖田に対して、社全体が沖田を誉め称え、誰もが雑誌の成功を信じて已まなかった。なにせ創刊号にあの土方十四郎の書き下ろしが載るというのだから、発売前からすでに予約が殺到している状態で、どうして成功を信じないでいられよう? そして印刷が自社内で行えるということは、発行数をかなり自由に決められるということだ。増刷だって通常よりよっぽど早く対応出来る。誰もが雑誌創刊日を首を長くして待っていた。 そんな中、雑誌の形で出来上がった何冊かを発売日の前日、それぞれの編集者がそれぞれの担当作家の元へ届けに行くよう指示が下った。当然土方の元に届けるのは沖田の仕事だった。 沖田に本物の編集者としてのスキルはないに等しい。ゆえに土方に原稿を書いてくれるよう頼みはしたが、内容や作風についての注文や相談を受けることは出来ないので、全てあなたにお任せしますと丸投げだったため、沖田が土方に会うのは書き上がったという連絡を受け原稿を取りに来た時と、ゲラ刷り第一校が上がった時だけ筆者に確認してもらうという原則に則り訪ねた時だけだったため、今日を含めてこれが三回目の訪問だった。 土方は沖田から手渡された雑誌にさっと目を通すと、興味なさげにすぐに文机の上に放ると、それで、と沖田に水を向けた。「俺はあと何回、この雑誌に寄稿すればいいんだ?」「最低でも四回は戴きたいところですかねぇ。出来れば残りの三回は連載物だと有り難いです」「編集者スキルがないと言っていた割には、なかなか強かな計算は出来るんだな。いいぜ、あと四回、書いてやるよ。けどそれで終わりってこたぁねぇよな?」「そのあと、単行本を出版しませんか。デビューしてすでに三年経ちますが、まだどこからも個人誌は出されていない貴方の初単行本を作らせてください。ただし雑誌掲載分を含めても少し物足りないと思われますので、書き下ろしは二本でお願いします」「あぁ、今わかった。おまえ、編集者っていうより参謀型だな。出版社なんて辞めて俺の執筆管理しねぇか」「遠慮しときまさぁ。そんな身分になったりしたら、俺はきっとあんたにヤり殺されちまう。あんたとの逢瀬は原稿の受け渡しくらいでちょうどいいでさぁ」「どうかな。雑誌掲載分とは別に書き下ろし二本だなんて無茶は今まで言われたことないからな。書き詰まって遊郭に逃げ込むかもな」 分かり易すぎる土方の脅しに、沖田は軽く眉根を寄せると、「あんた、どれだけ俺の体に嵌まってんでィ。天下の土方十四郎ともあろう人物がみっともねぇと思わねぇの?」「そんな羞恥はおまえの体を知っちまったらどうでもよくなったよ。それで? 俺への見返りは? 俺としては全原稿、耳を揃えておまえに渡せるまで、週に二回は来てもらわねぇと割に合わねぇと思ってる」「週一回」「週三回」「なんで増えるんでさぁ、あんた、本当は馬鹿なんですかィ?」「馬鹿はおまえだろ。もういない姉のために男に体差し出すなんて、な。麗しき姉弟愛ってか。書き下ろしの一本はそれでいくか」「あんたが自分の性癖バラすのは自由ですが、あんたにだけは姉上のことをとやかく言われたくねぇです。姉上は最後まであんたの作品を愛してやした。今だって俺を通して姉上はあんたの作品を読んでるんですぜ? 下手なもん書いたら俺が承知しねぇ」 そん時はあんたを殺しやすから。平然と言い放つ沖田の口調は淡々としていて冗談にも聞こえないどころか、逆にそれが本気の本心だと土方にはわかるだけに、このシスコンが、と心の奥で毒衝く以外なにも出来ない土方だった。だが。「週二回。それ以上は譲れねぇ」「妥協のラインとしては仕方ないですかね。じゃあ来週からということで」「ふざけろ。今から、今週からに決まってんだろ。あぁけど今日って金曜日だったな。じゃあ今週は今日と明日しかないわけだ。明日の朝まで、時間は充分あるな」 ニヤリと笑う土方に沖田はそれこそシャレにならないと本能的に察していたから、いやでも俺このあと社に戻らないと、と言い訳するもそんなものは一刀両断にされた。「担当作家のわがままにつき合うのも編集者の仕事だぜ。覚えておけ」「わがままじゃなくてただのエロだろ、このド変態!」「その変態に悦がらされてるおまえはどうなんだ? 俺にこうされるの、本当は好きなんだろ?」「好きじゃねぇ! 大体俺は――ぁ、んッ」「言ってろよ。おまえに抵抗されると余計興奮する。次はどうしてくれようかって考えてるとな、創作意欲も湧いてくるってもんだ」「だからあんた、遊郭通い……」「あぁ、あそこには人生の縮図と夢が詰まってるからな。抱くより身の上話を聞きに通ってたようなもんだ。けど今はおまえが居ればいい」「ただの十八のガキの体の何がいいんでィ……」「俺もそれが知りてぇ。総悟、息止めんなよ」「あ、やだ、や、でさぁ! まだ日も暮れてねぇのに――」「だからいいんじゃねぇか。早くこの良さがわかるようになれよ。俺がお前を一人前の編集者にしてやるよ」 変態に育てられた編集者は、いったいどんな仕事能力を身につけることになるのやら。けれども沖田は決めていたから問題なかった。自分は土方十四郎のためだけの編集者で居ることを。それ以外の仕事に興味なんてない。だって自分は土方十四郎のファン2号なのだから。 ペンは剣よりも強し。ただし、欲望には負けるものである。【Fin.】 最初の内は頑張って大正後期ないし昭和初期を多少は意識していたのですが。(明治のイメージは無理だと思ったので早々に諦めた)甘甘モード入った瞬間、、いつも通りになっちゃった気が。はい、これが私の限界だったということで。さすがに慣れないものを書いた意識満載、こんなのに七時間かかってましたわ。今日の有休は引きこもりのためではなく、親戚の集まりのために取ったというのに。こにままだと徹夜明けで行くことになりそうです。でも書き始めたら止まらなかったんだ、それは確かなんだ、面白かったですよ、不本意ながら…(不本意なの? なんで?)まぁ、とりあえずこんなところで。二時間くらいは寝たいと思います…ではまたm(_ _;)m スポンサーサイト https://yarukimedesu.blog.fc2.com/tb.php/7503-75645aa8, 銀魂501訓・マセラティ(マヨラティ)&ドエス・サディスト登場? ?ネタバレ注意!「将軍の務めと忍の務め」掲載位置が後の方なのも分かる…ジャンプ感想36号2014年18, 銀魂502訓・最終回近い! トラックバックURL var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/croceriri/225/clap')}; "spot": "e0e40efcb87c4da3987ac7e89d1e9ac5" (function(d) { Author:riri 私のツイッター 週刊少年ジャンプ感想 ジャンプ感想ブログ更新チェック 告知『投稿小説が電子書籍化(Kindle版)されました! カテゴリ 週刊少年ジャンプ感想 (10056) var img = new Image(); 田舎のシスコンと町のシスコンは意外と仲良しである。しかし完璧に打ち解けるまでには少しの時間を要した。真選組に入隊した志村新八が、まだ沖田総悟という人間に対して少しだけ対抗心を持っていた … 新八「沖田さん。」 ドコ、ボキ 総悟「なにしやがんでィ!」 神楽「くそサド、殺す。」 神楽が言い終わると、総悟に斬りかかった。 総悟「ぐはっ。」 総悟は、神楽の手によって吹き飛ばされた。 新八「神楽ちゃん、どうしたの?」 銀時「どうした、新八? microadCompass.queue.push({ BLove(ビーラブ)は、投稿したBL小説・漫画・イラストなどの作品同士がつながるBL創作コミュニケーションサイトです。 })(document); ?徳川茂茂(しげしげ)とディズニーランドに似たところに?喜喜(のぶのぶ)も出る?ジャンプ感想次回。 - 団劇スデメキルヤ伝外超, 銀魂501訓感想&あらすじ・ネタバレ注意!新八の守護霊出てこないって思ったらメガネ…週刊少年ジャンプ感想33号2014年 - ジャンプ部屋ブログ, 銀魂502訓・最終回近い! ?坂本辰馬も登場するだろう…ジャンプ感想次々回。 - ナカノ実験室, 銀魂503訓予想!ネタバレ注意??最終回シリーズか!?超高速参勤交代のように将軍を京都へ!?アニメ化だと! 正式な題名は決まっていないけど、とりあえず真選組と赤ちゃんを育てるみたいなのを書いていこうと思います!田舎から上京してきてはや2年ある日突然無実の罪で真選組に連行されたと思えば今度は選ば … 「土方さん、金がないんでしょう。」 分厚い雲の合間から茜色の空が覗く時分、連れ立って歩いていた総悟が出し抜けに言った。自分の頭よりもまだだいぶ低いところにある彼の頭髪は、夕焼けに染まって橙色に見える。 C:「いいカモ見つけやしたぜィ」強制連行!ドS沖田 D:「あの・・・すいませんが・・・俺を助けると思って! 「りりりあ」のぜねこさんとこからネタを強奪してきました。 5/24のblogタイトル「それから」(参照こちら)内で呟かれていた、 「近代パロ物書き沖田と敏腕編集者土方」の逆バージョンで、 神威の義妹で神楽の義姉は真選組唯一の女隊士で、顔が広く、いろな人に狙われているみたいです。ーーーー初めましての方多いかと思います!わたあめ。です!!今回も沖田オチです!色々なキャラと … !無知の不知…ジャンプ感想35号2014年17, 銀魂504訓・徳川茂々が! "spot": "6e7118bae37054cf68dff9b48a8eee08" microadCompass.queue.push({ 私のツイッター 週刊少年ジャンプ感想 ジャンプ感想ブログ更新チェック 告知『投稿小説が電子書籍化(Kindle版)されました! カテゴリ 週刊少年ジャンプ感想 (10158) The novel "常磐薺の誘惑に揺蕩う" includes tags such as "銀魂", "沖神小説500users入り" and more.

ゆり 漢字 難しい 7, 残業時間 推移 グラフ 41, モーニング娘 歌詞 名言 31, 岸優太 誕生日 ライブ 20, 猫 電車 海外の反応 25, タガタメ ソル 装備 入手方法 4, 恐竜キング カード 高額 11, Leki トレッキングポール 組み立て 14, ぶるま 声優 交代 4, かなた Youtube キット 8, 平野紫耀 グッズ アマゾン 15, Cyber Xeed す まぁ と勤怠 ログイン 13, ホンダ E500 取扱説明書 12, ワンパンマン キング 弟子入り 8, 川口春奈 結婚 妊娠 46, 後発医薬品使用体制加算 カットオフ 2018 8, トヨタ自動車 役員 出身大学 23, Nhk 新人アナウンサー 2018 9, 子供 キックボード メリット 8, 車整備 Diy どこまで 4, グリーンパークス りさ 胸 4, Bighit オーディション 日本人 23,

Leave a Reply