海底2万マイル ネタバレ 原作 4

『海底二万哩』(かいていにまんマイル、原題:20000 Leagues Under the Sea)は、1954年のアメリカ映画。ジュール・ヴェルヌのSF小説『海底二万里』をウォルト・ディズニーが映画化した作品。, 日本におけるBVHE版から発売されたソフトは『海底2万マイル』、ポニー版・バンダイ版から発売されたビデオは『海底20000マイル』のタイトルで発売されている。, さらに東京ディズニーシーには、この映画をモチーフとした同名のアトラクションがある。, 1868年、世界各地の海で船舶が謎の怪物に襲われ沈没する事件が相次いだ。船乗りたちは怪物を怖がり出港を拒み、港には出港できない船と乗客が溢れていた。出港できずに途方に暮れていた海洋学者アロナクス教授の元をアメリカ政府の役人ハワードが訪れ、怪物の正体を調査する軍艦への乗艦を依頼する。アロナクスは助手のコンセイユと共に調査艦に乗り込むが、3か月間の調査にも関わらず怪物は発見できず、元々怪物の存在に懐疑的だったファラガット艦長は調査の打ち切りを決定する。その夜、調査艦の近くを航行していた船が爆発を起こし、怪物が姿を現す。ファラガット艦長は攻撃を命令するが、怪物に体当たりされ調査艦は沈没し、アロナクスとコンセイユ、銛打ちの名手ネッドの三人は海に投げ出されてしまう。, 三人は海を漂流した後、怪物こと潜水艦ノーチラス号に辿り着き、艦を操るネモ艦長に捕えられてしまう。ネモ船長は海洋学者のアロナクスに興味を持ち歓待し、アロナクスも高度な技術を持ち、海底で自給自足の生活を送るネモを人類の未来に貢献する人物として興味を持つ。ネモはアロナクスをとある島に連れて行き、火薬の原料・硝酸塩を運び出すために強制労働を強いられている人々を見せ、「かつて、自分もこの島の奴隷だった」と告げ、硝酸塩を積載した運搬船を撃沈する。一方、ネッドは自由を求めノーチラス号からの脱出を目指し、アロナクスの身を案じるコンセイユも彼に同調する。二人はアロナクスの日誌から、ネモの根拠地がバルケニアという孤島であることを知り、バルケニア島の座標を書いたメモを入れた瓶を海に流す。, バルケニア島への航海の途中でノーチラス号は座礁してしまい、修理の間、ネッドとコンセイユは付近の島に上陸する。ネッドは援軍を呼ぶためコンセイユと別れるが、島の食人族に見付かりノーチラス号に逃げ戻り、追いかけてきた食人族はネモが仕掛けた電気ショックに驚き退散する。ネモはノーチラス号から逃亡しようとしたネッドを処刑することに決め監禁するが、その日の夜に軍艦と遭遇しノーチラス号が損傷し、さらにクラーケンに襲われる。ネモは船員たちを連れ海上でクラーケンと戦い、食べられそうになったところをネッドに助けられ、彼の処刑を取り止める。, バルケニア島に到着した際、アロナクスはネモにこれ以上人類と戦うのを止めるように説得し、ネモは自身が持つ技術をアロナクスに委ねようか迷っていることを伝える。しかし、ネッドが流した情報を聞きつけた軍隊が島に上陸したことを知ったネモは、技術が軍事利用され争いの火種となることを防ぐため、島を軍隊ごと爆破しようと試みる。ネモは島の居住区に爆破装置を仕掛けるが、ノーチラス号に戻る際に軍隊の銃撃を受けて瀕死の重傷を負い、ノーチラス号も自沈させようとする。船員たちはネモと共に死ぬ運命を受け入れるが、道連れを拒否したネッドはノーチラス号を浮上させ、アロナクスとコンセイユを連れて脱出する。ボートで脱出に成功した三人が振り向くと、バルケニア島は軍隊を巻き込んで大爆発を起こしており、ノーチラス号も時を同じくして海底に沈んでいった。, フランスの小説家ジュール・ヴェルヌの古典SFの名作『海底二万里』の映像化としては、1916年のユニバーサル・ピクチャーズの『海底六万哩』[3][4]などがあったが、本作は初のスコープ・サイズ、カラー作品で、当時はアニメーション製作を主体としていたウォルト・ディズニーが、実写版として製作した映画である。時代設定や大筋は原作に沿っているが、脚色も加えられ、特に結末は原作と異なったものになっている。, 監督のリチャード・フライシャーは1930年代から40年代にかけ、ディズニーにとって最大の競争相手だったアニメ作家マックス・フライシャー[5]の息子である。リチャード・フライシャー自身はドキュメンタリー・フィルムを中心に活動してきた人物で、1947年に "Design for Death" でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞していた。本作の後、ミクロ化した潜水艇が人体内部を航行するSF映画『ミクロの決死圏』や、大作『トラ・トラ・トラ!』などを手がけている。撮影のフランツ・プラナーは『ローマの休日』の撮影監督で、同作を含め6回アカデミー撮影賞にノミネートされることになる人物であった。また、音楽のポール・J・スミスは『ピノキオ』などの音楽を手がけ、同作でアカデミー作曲賞を受賞している。, 特撮は、特殊効果を『シンデレラ』などに参加した、ジョン・ヘンチとジョシュア・ミードーが担当。視覚効果を、『メリー・ポピンズ』でアカデミー視覚効果賞を受賞するピーター・エレンショー、『ロスト・ワールド』にも参加しアカデミー賞の技術効果賞などに3度ノミネートされたラルフ・ハメラスらが担当した。劇中に登場するノーチラス号のデザインは、ハーパー・ゴフによるもの[6]で、ディズニーランド・パリにあるディスカバリーランドのアトラクション、ノーチラス号のミステリーや、東京ディズニーシーのミステリアスアイランドに停泊しているノーチラス号は、その再現である。, 撮影は1954年の春に開始され、バハマとジャマイカのネグリルで行われた[7][8]。いくつかのロケ地は撮影が困難で、400人の技術スタッフが必要とされた。また、クラーケンのシーンは当初夕暮れ時の穏やかな海で撮影されたため、嵐の海でのシーンは新たに撮影し直され、クラーケンを操作するケーブルなどを隠すためにドラマ部分が追加された[9]。, ニューヨーク・タイムズのボズレー・クラウザーは「素晴らしく幻想的な作品で、シネマスコープによって色鮮やかに表現されているが、子供にとっては上映時間が長く感じられるだろう」と論評している[10]。また、キャストの好演も高く評価されており[11]、評論家のリチャード・シーカル(英語版)は自著の中で、ジェームズ・メイソンを「ネモ艦長として素晴らしいキャストだった」と述べている[12]。, 映画評論家のスティーブ・ビオドロスキーは、「制作上の問題や技術的な影響もなく、同時期のあらゆる作品よりも優れている。エピソードは作品のテンポを遅らせているが、長所が短所を上回っており、これまでに作られた中で最高のSF映画」と評価している[13]。Rotten Tomatoesでは89%の支持を得ており、「ディズニーが制作した最高の冒険映画である『海底二万哩』は、ジュール・ヴェルヌの古典作品を生き生きと描き出し、特にクラーケンの描写は特徴的だ」とレビューされている[14]。, 本作は二つのアカデミー賞を受賞し、一つにノミネートされている[15]。一方、ノーチラス号をデザインしたハーパー・ゴフは美術監督組合に加入していなかったため、アカデミー美術賞を受賞することが出来なかった[16]。, ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは2010年頃の公開を目指して本作のリメイクを進めており[17][18]、マックGが監督に起用される予定と報じられた。リメイクではノーチラス号を建造する物語が描かれるとも報じられていた[19]。これについて、マックGは「この作品はリチャード・フライシャーの作品よりも小説の精神に近いものとなる。同時にアロナクスが何を求めているのか、どのようにネモ艦長が生まれ、戦うようになったのかが描かれる」とコメントしていた。脚本はビル・マーシリー、ジャスティン・マークス、ランダル・ウォレスが起用された[20]。, マックGはネモ艦長役にウィル・スミスの起用を検討していたが、彼は出演を断ったという[21][22]。報道では第2候補としてサム・ワーシントンが挙げられているが、具体的な検討はされていないとされる。2009年11月にはマックGが降板したため、企画が中断されている[23]。, 2010年に監督をデヴィッド・フィンチャー、脚本をスコット・Z・バーンズが担当してリメイクが行われることが発表され、2012年末には撮影が開始されると推測された[24][25]。ネッド役にはブラッド・ピットが打診されたが、彼は2013年2月に打診を断っている[26][27]。, 2013年6月より撮影がオーストラリアで行われる予定だったが、2014年まで延期すると発表された[28]。2013年7月17日には、フィッシャーが『ゴーン・ガール』の制作に参加するため監督を降板した[29]。彼はチャニング・テイタムをネッド役に希望していたが、ディズニー側はクリス・ヘムズワースを希望していた[30][31]。また、リメイク制作のために用意された制作費は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の制作費として活用された[32]。, 2016年2月にジェームズ・マンゴールドが監督に起用され、『Captain Nemo』のタイトルで制作されることが発表された[33]。, 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)129頁, "Box Office Information for '20,000 Leagues Under the Sea'. 皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。今回は映画『海底二万哩』(1954年)をご紹介します。現在ソフト化されているのは読みやすく『海底2万マイル』となっているようですね。『十五少年漂流記』などで有名なジュール・ヴェル [code_balloon position=”right” name=”オカ メイコ” text=”一度は見るべき映画よ” img=”https://namakemonoblog.net/wp-content/uploads/2019/02/e9fd86c92aeeaa5a40384590adaaf6c4.png”], [code_related url=”https://namakemonoblog.net/vod-free-trial-marome”], ネコとナマケモノが好きな引きこもり体質です。 224 journal 224porcelainのいろんな顔をお届けしたいと思います。 2020/11/7 【モノヲトがオンラインストアにて販売開始します】 皆さんこんにちは。 224porc […] Shop; 2020/10/25 器と音 佐賀県鳥栖市出身のサウンドデザイナー日山豪と22 […] Porcelain; 2020/10/12 【インスタグラムプレゼントキャン … レイアウトやデザインが崩れて見づらい部分があるかと思いますがご了承願います。, [code_balloon position=”left” name=”ナマケネコ” text=”ノーチラス号のデザインがいいね” img=”https://namakemonoblog.net/wp-content/uploads/2019/02/07ea76debb1b8ab29ddab623e5b295da.png”]皆さんこんにちは。ナマケネコ(@neko_namake)です。, 『十五少年漂流記』などで有名なジュール・ヴェルヌの小説が原作で、ディズニーシーのテーマポートである「ミステリアスアイランド」にある同名のアトラクションのモチーフになった作品です。, そもそも「ミステリアスアイランド」の世界観はジュール・ヴェルヌの作品に基づいて作られています。, この映画を見てからディズニーシーの「ミステリアスアイランド」に行くとより一層楽しめると思います。, ちなみに「ミステリアスアイランド」にあるもう一つのアトラクションである「センター・オブ・ジ・アース」も、ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』をモチーフとしているんですよ。, 原作は『八十日間世界一周』や『十五少年漂流記』で有名なSFの父と呼ばれるジュール・ヴェルヌの小説です。, ネモ船長については1874年に出版された『神秘の島』で正体が明らかにされています。, 小説の『海底二万里』と『神秘の島』は『ふしぎの海のナディア』の原案にもなっています。, アトランティスや人工衛星や宇宙船が出るなどだいぶSF感が増していますが、いい具合に調理されていると思います。, ガイナックス、庵野秀明、貞本義行と来たらピンと来る人も多いでしょうが、『新世紀エヴァンゲリオン』のスタッフが関わっている作品です。, 当初はこの「ナディア」の世界線上に「エヴァンゲリオン」を位置づけていたみたいですが、権利の関係などで変わったようです。, ちょっとしたSF要素や海中の移動や生活などの冒険要素、さらには冒険物には付き物と言える怪獣バトルもあり、海洋冒険映画の基礎が詰まっている作品だと思います。, もっと言うならジュール・ヴェルヌ作品が持つ世界観のイメージを決定づけた映画と言えるのではないでしょうか。, このネモ船長にスポットを当てた『Captain Nemo』というリメイクが作られると何度か発表されていたのですが、まだ作られていないような。, 宇宙服に似た潜水服や潜水艦内部の謎のごちゃごちゃ感などちょっとしたSF要素もいい味を出しています。, やはりアドベンチャー映画の醍醐味は特撮だなと思わされてしまうこの時代の映画はオススメです。, ディズニーが好きな方はもちろんですが、色々なところでオマージュされている作品なので押さえておくべき映画ですよ。 ", "Exclusive: David Fincher Confirms That Work Continues On '20,000 Leagues Under The Sea'. Tweets by neko_namake, 1868年、世界各地の海で船が怪物に襲われて沈没するという事件が相次いだ。海洋学者のアロナクス教授とその助手であるコンセイユは、アメリカ政府からの依頼で調査艦に搭乗することになる。3カ月の調査の間怪物は現れず、調査の打ち切りが決定する。しかしその晩ついに怪物が現れ、怪物の体当たりにより調査艦は沈没してしまう。アロナクス教授と助手であるコンセイユとモリ打ちの名人であるネッドの3人は海中に投げ出され、漂流の末巨大な潜水艦にたどり着く。そこで怪物の正体は潜水艦だと分かるが、潜水艦の艦長であるネモに3人は捕らえられてしまう。潜水艦の名はノーチラス、考えられないほどの高度な科学力を有していた。, 皆さんこんにちは。ナマケネコです。今回は映画『アフリカの女王』をネタバレなしでご紹介します。無料で見られる動画サイトもご紹介します。ドイツ軍に一泡吹かせるべく「アフリカの女王」で川を下るアドベンチャー映画です。ハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘプバーンのロマンスも見所です。. 『海底二万里』(かいていにまんり、 仏: Vingt mille lieues sous les mers )は、ジュール・ヴェルヌが1870年に発表した古典的なSF冒険小説である。 2x4(ツーバイフォー)材は、ガーデニングはもちろん、棚作りなど、diyで大活躍の材料です。購入機会も多いと思いますが、ホームセンタでは質の低いものも売られています。ちゃんとした材料を選ぶコツと、そもそも2x4とはなんぞやというところをまとめました。 ", "Spotlight: 20,000 Leagues Under the Sea. ", "Brad Pitt 'turns down David Fincher's '20,000 Leagues Under the Sea'. ", "Academy Awards: 20,000 Leagues Under the Sea. 怪獣が跋扈する地底世界を舞台にしたアドベンチャーです。 ", "Exclusive: Andrew Kevin Walker Rewriting ‘Dragon Tattoo’ Sequel; David Fincher's ‘20,000 Leagues’ Is Dead. ", "'20,000 Leagues Under The Sea: Special Edition'. 『海底二万里』(かいていにまんり、仏:Vingt mille lieues sous les mers)は、ジュール・ヴェルヌが1870年に発表した古典的なSF冒険小説である。日本語訳の題としては、他に『海底二万海里』、『海底二万哩』、『海底二万リュー』、『海底二万リーグ』、『海底二万マイル』など。オリジナル版の挿絵は序盤がエドゥアール・リュー、中・終盤がアルフォンス・ド・ヌヴィル[1]。, この物語は、ネモ船長という謎の人物により、極秘裏に建造された新鋭潜水艦、ノーチラス号(オウムガイの意)の冒険譚である。, 船舶が巨大な角のようなもので喫水線下に大穴をあけられるという怪事件が続発していた。原因が、イッカクのような巨大なクジラではないかという仮説を唱えたフランスの海洋生物学者アロナックス博士、忠実な助手のコンセイユ、銛打ちの名人ネッド・ランドの3人は、調査のために出向いたアメリカ合衆国の軍艦、「エイブラハム・リンカーン号」に乗船するが、逆に軍艦をその怪物に攻撃され、甲板から海に投げ出されてしまう。, 彼らは、幸運にも艦首に衝角を備えたその怪物こと潜水艦ノーチラス号と、ネモ船長と自称する男に救助され、彼らと潜水艦の旅にでることになる。かくてアロナックス博士たちは、紅海の本物のサンゴ礁やビーゴ湾の海戦の残骸や、沈んだアトランティス大陸の遺跡などを目撃することになる。, しかし、ネモ船長には謎めいた一面があり、アロナックス博士は不審に思う。ネモ船長は、どうやらどこかの国でひどい迫害を受け、その復讐のために部下たちと共にノーチラス号で海中に潜んでいるらしかった。事実、ある日ノーチラス号は国籍不明の軍艦の攻撃を受け、逆にその衝角で軍艦を撃沈してしまう。そんな恐ろしい事件を機に、もともとネモ船長に不信感を抱いていたネッド・ランドはノーチラス号からの脱出をアロナックス博士らに提案し、ノーチラス号がスカンディナヴィア半島沖の「魔の大渦(メイルストローム)」に巻き込まれた隙に脱出に成功した。, 旅は読者を世界の大洋のよく知られたあちこちへと誘い、その場所のいくつかはヴェルヌ自身の実際の旅の記録やその中での思索から由来することが、今では研究者の文献調査から分かっているが、その他のものは完全に想像によって書かれている。, この本に登場する潜水艦ノーチラス号には60年以上も前にフランスで制作(製作者はアメリカ人)された同名の潜水艦が存在[2]し、ロバート・フルトンによって開発されたそちらのノーチラス号はナポレオンに売り込まれたもので動力は水中では人力、水上では帆を張っても移動できる水雷装備の軍艦で、外洋でも使用できるように錨も装備しており、フルトンはこれをナポレオンに売り込み、1801年にセーヌ川でテストを行ったが試作にとどまっている[3]。, ヴェルヌのノーチラス号のような電気動力潜水艦は本書の出版の20年後、1888年9月8日に、スペイン海軍に所属していた科学者イサアク・ペラルによって設計され、2,995,000ペセタの開発費がかけられて実現した。こちらは電気潜水艦で、ペラル魚雷潜水艦と命名された[4]。, この作品に登場するネモ船長は『神秘の島』(1874年)にも登場し、アナロックス教授について触れられている。『神秘の島』には『グラント船長の子供たち』(1868年)のエアトンが再登場する他、ラストで「グラント船長とネモ船長の物語にまたがって登場するすべての人たち」が主人公達の新たな住居に尋ねてくる場面もあり、『グラント船長の子供たち』、『海底二万里』、『神秘の島』を合わせて三部作とすることがある[5]。, ただし、『神秘の島』本編内で述べられている他2作内のエピソードの年代の記述は下記のように異なる。, ヴェルヌ本人も脚注で各作品の日付の違いについて触れ「やがてなぜ正確な日付が記されなかったか、おわかりいただけると思う。」「ここでも(中略)日付の食い違いが見られるが」と言っている[11]が、最後まで説明されずに終わっている。, 本作の原題は“Vingt Mille Lieues Sous Les Mers”(海底二万リュー)である。英語での題名もその直訳“Twenty Thousand Leagues Under the Sea”(海底二万リーグ)である。日本では、リューやリーグという単位になじみがないことから、当初は『海底六万哩(マイル)』と単位を換算して訳されたが、これと原題とが混同されて『海底二万マイル』という題名が広まった。『海底二万里』という訳題は、日本の里とリューがほぼ同じ距離であり、語感も似ているために採られたものである[12]。, 本作は過去何回か映画化されている。そのうちではディズニーによる『海底二万哩(マイル)』(1954年)が有名である。, 「ノーチラス」というのは本書前後を問わず軍艦・特に潜水艦によく使用される名前で、詳しくは「, 『超発明博覧会 幻想メカニックガイド』司史生・原聖 著、ビー・エヌ・エヌ エクシード・プレス、1999年、, 『ミステリアス・アイランド -神秘の島(下)』手塚伸一訳、集英社文庫〈ジュール・ヴェルヌ・コレクション〉、1996年、, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=海底二万里&oldid=79356893.

ふすま 落書き 消し方, ストリート Tシャツ レディース, マイナポイント Dカード 登録方法, すみっこぐらし 映画 つまらない, オキシクリーン 黄ばみ つけおき, サッカー 練習時間 プロ, アクオス センス3 保護フィルム サイズ, 七つの大罪 41 特装版 内容, フランス 祝日 2020, 外付けhdd 電源 切るタイミング, マイナスからプラス 増加率 エクセル, レヴォーグ 2014 カタログ, オリーブオイル ダイエット レシピ, Javascript ファイル保存ダイアログ Ie, メタセコイア 耳 作り方, カーポート 照明 電池式, 横浜 ベイスターズ の応援歌, アルミホイル 部屋 明るく, アップルウォッチ ナイキ 文字盤, ウイルスバスター パソコン 更新, 紙袋 リメイク ブックカバー, 片思い 周りにバレてる 女, Dell 液晶割れ 保証,

Leave a Reply