犬 寝室 クレート 6

Copyright © 2016 K.K Colorzoo All rights reserved. [2] How Long Can One Leave a New Puppy Alone? ケージの内寸:幅39㎝×奥行57㎝×高さ35㎝ ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091003号)です。. ▼噛み癖でお困りの方には⇒「噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法」. 文/pigeon 室内で犬を飼うとき、寝る場所をどこにすべきか悩みますよね。今回は、室内犬におすすめの寝る場所と季節に合わせた寝床の基本の作り方、寝床に慣れさせるためのトレーニング方法についてご紹介します。室内で犬を飼っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!, 縄張り意識が強く、テリトリーを守るために警戒を怠らない犬は、気が休まらない広々とした空間で寝るのを好みません。そのため、コロコロと寝る場所を変えるよりも、一定の場所に寝床を作って寝られるようにしつけた方が良いでしょう。, ケージやクレートのような狭い場所で寝かせるのはかわいそう、と思う飼い主さんもいるかもしれませんが、本来、犬は狭くて暗い場所を好む動物です。ケージやクレートで寝る場所を限定することでそこを落ち着ける場所と認識し、快適な睡眠をとることができるようになるのです。 使った感じ:方向転換が可能で問題なし, ハードタイプ:プラスチック製のものが多く、汚れてもお手入れが楽で清潔です。丈夫な作りなため災害時や移動時にも安心。, ソフトタイプ:折り畳み式もあり、軽量で持ち運びに便利です。移動用にするには安全性に欠けるため、室内や外出先での使用に適しています。, キャスター付き:手持ちで運べない中~大型犬の移動に。キャスターが取り外し可能なタイプは、室内ではキャスターを取り外して使用すると安全に使えます。, 防災用:キャリーバッグに折り畳み式のソフトケージが付属されたタイプ。ケージ部分を広げることで愛犬専用のスペースを作ることができ、長時間使用のストレスを少しでも軽減させることが期待できます。また、軽量でリュックやショルダーとしても対応可能で、災害時は特に両手が空くので便利です。, クレートが愛犬の落ち着ける場所になると、いざという時や困ったときにも、とても心強い存在になりますね。あなたと愛犬のライフスタイルや目的に合った、最適なクレート選びの参考になれば幸いです。, 公益社団法人日本心理学会認定心理士。トレーニングスクール、ル・ブラン湘南代表。25年前から犬の気持ちを理解するため犬の行動や心理を独学し、保護施設でしつけなどのボランティア活動を開始。現在のパートナーは、3頭目の雑種の保護犬11歳の女の子。大学で教育学、認知心理学、社会心理学などを専門的に学び、人と犬の関係性や犬の心の成長の研究を行う。2013年にスクールを立ち上げ、飼い主と犬のパーソナリティを重視。思考に訴えかける行動矯正が多くの女性に支持されている。翌年ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。食事の重要性を再認識しフード選びのアドバイスも積極的に行う。里親制度の啓蒙や地域行政と連携した動物相談など、教育、行政、法律と多方面で犬と人の問題に向き合っている。ヒトと犬の関係学会員、愛玩動物飼養管理士、神奈川県動物愛護推進員。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 一般的には、犬のクレートは犬の輸送用のケージとして使われています。ペットキャリー、トラベルキャリー、などと呼ばれていることもあるように。, 確かに、犬を輸送するためのケージとしては、最も適しているのは確かです。したがって、犬を運ぶとき、自動車にしろ、電車にしろ、クレートに入れて犬を運ぶのが最も良い方法なのは間違いありません。, しかし、ペット・トライアングルで最も推奨するクレートの使い方は、室内の犬のハウスとして使うことです。室内では、サークルと使っている方が多いように思いますが、サークルは犬のハウスとしては適していません。, 犬は人間と暮らしている歴史が長い動物です。しかし、そうは言っても、今だ動物としての本能も残っています。野生の動物の巣となるのは、だいたい狭い穴倉のようなところが多いのではないでしょうか。なぜでしょう?, それは、他の動物から見えないしっかりと囲われたところであり、他の動物が入ってこられないような狭い入口とスペースだからです。そこが動物にとって、唯一の安心して休める場所となっています。, 犬も室内で休む時は机の下や部屋の隅などが多いのではないでしょうか。もちろん、中には部屋の真ん中でどうどうと寝ている犬も少なからずいるでしょうけどね。, 家の中に穴倉を作ることはできませんが、それに近い空間として犬に与えられるのがクレートなのです。, しっかりとしたプラスティックで囲われて、入り口もしっかりと閉められます。プラスティックに通気用の穴はあいていますが周りから中は見にくくなっています。つまり、クレートは穴倉に最も近い犬のためのハウスになるのです。, 犬にクレートをハウスとして与えてあげれば、犬は安心して休める場所を確保できることになります。, 室内でよく使われるサークルタイプのケージは、柵で囲われているとはいえ、とても密閉されたスペースではありません。外から中はスケスケに見られてしまいます。, そして、クレートは犬の輸送にも最も適したケージです。したがって、どこかに犬を連れて行くとき、また犬と一緒にお出かけ、旅行などに行くときも、いつも家で入っているハウスとして使っているクレートをそのまま輸送の時も使うことが出来ます。, ということは、お出かけの時も、いつもの犬が慣れた安心できるスペースをそのまま、犬と一緒に運ぶことが出来るのです。, よく犬の飼い主さんが勘違いされていることで、クレートのようなケージに犬を入れるのは、犬が可哀想、そんなところに犬を閉じ込めたくない、と思っていることです。, クレートがハウスに適している理由でも書いたように、クレートは犬が最も安心して休めることができるスペースなのです。, サークルのようなケージをハウスにしているは、常に周りの動き、人の出入りや家の周りの物音などに耳と目をアンテナのようにして警戒しなければいけません。特にハウスもなく、室内を自由にしている犬の場合はなおさらです。, それは犬が自由に動けるスペースがその犬の縄張りとして認識されてしまうため、その縄張りを本能的に守ろうという意識が犬にあるからです。つまり、室内でいつも自由にしている犬は常にその犬の縄張りとなる室内=家に近づく気配に常に敏感になっています。だから、外で人の気配がすれば吠えて、チャイムが鳴ると猛烈に吠えたりする犬もいるのです。, でも、クレートをハウスとして使って入れば、その中で休んでいる限り、犬はそんなアンテナを立てる必要もなく、ゆっくりと安心して休めます。, ただし、普段室内で自由にしている犬をある日突然クレートに入れると、犬は落ち着きなく吠えることもあるでしょう。そうすると、犬の飼い主さんには犬をクレートに閉じ込めた、というイメージがついてしまうかもしれません。, でもそれは、クレートが嫌で吠えるのではなく、普段守っていた室内のスペースを守れなくなったので、それに対しての行動です。, したがって、そのような場合は少し時間をかけながら、クレートが安心して休める場所だと犬が認識できるまで飼い主さんが我慢強く犬がクレートに慣れるのを待つ必要があります。, が、これが結構大変で、多くの飼い主さんはやっぱりクレートに犬を閉じ込めるのは可哀想、となってしまうようです。, でも、常に犬にストレスをかける室内で自由にさせる飼い方と、犬が安心して休める空間を持てるクレートをハウスにする飼い方と、どちらが犬のためになるのでしょうか。僕は犬が安心して休める場所を作ってあげることだと思います。, だから、出来れば子犬の時から、クレートを犬のハウスとして使って、あえてクレートトレーニングなんて必要ないようにクレートがハウスであることが、その犬にとって当たり前、普通のこととなるような、犬の飼い方をしていくことが最も犬のためになると思います。. 6.クレートから少しずつ離れ、一定時間様子を見る. 2017年6月12日にトイプードルの「もちゃ」が 我が家にやってきました。 初めて犬を飼う我が家のドタバタをお伝えします。 使った感じ: クレートが大好きで眠い時などに入ってリラックス, 少し小さめを選びます。移動時の揺れを考えると、少しタイトな方が体が安定して安心です。またスペースを取らず重量も軽くなる利点もあります。犬の体はあんがい柔軟性に富んでいるので、回転できる余裕さえあれば少し丸まった状態でも快適に休むことができます。, 広さ:高さがかなり低い小さめサイズ ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。, 犬と一緒にいるとハッピーになりますよね。実は「犬がいると幸せ」と感じるのには、科学的根拠があるのです! そこには「オキシトシン」と呼ばれるホルモンの存在が深くかかわっていました。今回は、犬とオキシトシンの関連性やその効果を探ります。, 犬を飼っていると、さまざまな情報を耳にすることが多いでしょう。中には家族や同居犬との関係性について、噂とは異なることも。そこで今回は、気になる噂についてくわしく解説します。愛犬と心地よい関係を築くためのヒントにしてくださいね。, 愛犬が飼い主さんに「大好き」という気持ちを伝えているとき、その鳴き声から判断することができるようです。今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました!, 愛犬が自分のおしりを舐めるような素振りを見せることがないでしょうか? もしかしたらそれは、異変を感じているのかもしれません。この記事では、犬が自分のおしりを舐めてしまう理由について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。, 睡眠時に起こるさまざまな生理現象は、人と犬で共通している点も多くあるのはご存知ですか?今回は夢をはじめとした、睡眠にまつわる犬の生理現象について解説していきます。愛犬が眠っているとき何が起こっているのか、しっかり把握しておきましょう。, 愛犬のブラッシング中に発見した異変で、病気が発覚したエピソードをまとめてご紹介します。まさかの病気が発見されることも⁉ 病気の早期発見に役立つので、ぜひチェックしてみてくださいね!, 犬の老化スピードは人よりも早く、「うちのコはまだまだ若い!」と思っていても、じつは老化のサインが出始めていることもあります。今回はそんな「シニアの入り口」に見られやすい老化のサインについてご紹介します。, 過去に実際に起こった犬がらみのトラブルと、それに対して裁判所から下された判決について解説します。同じような事件が起こった場合の参考になります。今回ご紹介するのは、東京地方裁判所で平成14年11月11日に判決が出た事例。深夜早朝を問わず吠える愛犬にマンション内から苦情が殺到し、裁判になりました!, 「嫉妬」と聞くと人特有の感情かと思いきや、じつは犬も嫉妬することがあるようで…飼い主さんの何気ない行動が、愛犬の心をざわつかせている可能性も!? 犬のクレート、犬を飼っている方は知っている方も多いと思います。でも、あまり一般的に使われない言葉とも思うので、もしかしたらご存じない方もいらっしゃるのかな、と思いますがどうでしょう。, 実は僕も犬のクレートという言葉を知ったのは、犬の仕事を始めてからしばらくたってからでした。犬にかかわる仕事を始めてしばらくはクレートという言葉はほとんど聞いたことはありませんでした。その後、いろいろなブリーダーさんと話をする中で、稀にクレートという言葉を聞くことがありました。その時はわかったふりをして聞いておいて、後で調べてクレートがなんなんだか、知ったのです。, クレートとはバリケンのことだったんです、というと語弊があるので言い換えると、バリケンのようなプラスティック製のケージ、犬の輸送用のケージのことを一般的にクレートと言うのです。, 僕たちが犬の仕事を始めたのは2004年、そのころのブリーダーさんが使うプレスティックケージの定番はバリケンネル、通称バリケンと呼ばれるクレートでした。当初僕たちがお世話になったブリーダーさんのほとんどはクレートなんで言わずに、みんなバリケンとしか言ってなかったのです。, 今はクレートもいろいろなメーカーから種類も豊富にあるので、逆にバリケンと言ってもわからない方も多いかもしれませんね。, 以前に比べてクレートという言葉も頻繁に使われるようになってきたようなので、犬を飼っている方で、もしご存じない方がいらっしゃったら、覚えておいて下さい。, ペット・トライアングルのサイト内では、個人的にクレートという言葉がそれほど一般的ではないのかな、と思っていたので、クレートという言葉ではなく、扉付きのプラスティックケージという言い方をしています。このサイトでプラスティックケージという言葉が出てきたら、クレートのことだな、と思ってください。, ちなみに、amazonや楽天市場でクレートで検索するとどんなものが検索されるか下のリンクからご覧になってみてください。. ・エアコンの風が直接当たる場所…体温調整が上手くできず体調不良の原因に ・テレビやトイレの横…水音やテレビの音が響き、安眠できずストレスになる場合も 布がかかっている状態に犬が慣れたら、クレートから少しずつ離れます。少し離れたら戻って隙間からフードを落とすことを繰り返し、離れる距離と時間を少しずつ長くしていきます。 分離不安のひどいわんちゃんにとって、クレートがあることは大きな安心感に繋がります。クレートトレーニングの正しいやり方・方法で躾けてくれる飼い主さんはとてもありがたい存在です。, でも、やはり始めはすんなりとクレートに入ってくれません。今回は、わたしが実際に行ったクレートトレーニングのやり方・方法をシェアします。, クレートとは、上の写真の左側のもののことです。一般に、室内で犬を飼う時によく使われる柵で囲われているゲージ(写真右)ではなく、ボックス型で扉がついているもののことです。, クレートトレーニングとは、飼い主の指示を聞いて、そのクレートの中にすんなり入ってくれるようしつけることを指します。, クレートに入れることは、一見すると「狭くてかわいそう」と思いがちですが、本来、犬は穴ぐらなどの狭くて暗いところを寝ぐらにしていたので、クレートは、唯一安心できる自分の居場所になります。, そう考えると、むしろクレートを用意せず、クレートトレーニングを行わないことが、かわいそうなことです。, 安心できる居場所を用意してもらえず、24時間365日ずっと緊張状態に置かれているのは、犬にとってとてもストレスになります。, クレートトレーニングに慣れない間は、マルも、クレートの中できゅんきゅん鳴いたり吠えたりしていました。ついつい「かわいそう」と思ってしまっていましたが、「安心できる居場所を用意してあげているんだ。」と自分に何度も言い聞かせていました。, 試行錯誤をしたり、ドッグトレーナーの方に教えてもらいながら、わたしが実際に行ったクレートトレーニングのやり方・方法をシェアします。, 車で出かける時など、シートベルトをかける所も付いており使い勝手が良いのでおすすめです。, クレートを買ってきたら、ペットのお気に入りのスペースに置いて、慣れさせておきます。普段よく使っているクッションやおもちゃを中に入れてしまってもいいです。, 「お気に入りのクッションを入れていたら、自然と入って寝ていた」というわんちゃんも中にはいるようですが、繊細で臆病なマルは中々クレートに入ってくれませんでした。, マルはおやつの時の、「おすわり・ふせ・まて」をすでに覚えていたので、これを応用することにしました。, 「おやつはクレートで食べるもの」と思わせるように、クレートトレーニングをしている時期はそれ以外でおやつを与えることを極力控えておきます。, 分離不安は、「飼い主にもう二度と会えないんじゃないか」「自分を守ってくれる存在がいなくなった」という気持ちが原因です。, トラウマにならないように、始めは扉をカチャと閉めないでおきます。わんちゃんが手で押せば開けられるぐらいの半開きにしておきます。, そして、わんちゃんが出てきたら、「ハウスしたの?えらいねぇ〜!」と「ハウス」を強調しながら褒めます。「ハウス=褒めてもらえること」と覚え始めます。, これも一朝一夕にはいきませんので、ゆっくり時間をかけながら、扉を閉める時間を長くしていきます。, 散歩から帰ってきた後など、少し疲れていそうなタイミングを見計らって、長めに扉を閉めておくこともできます。, ここまでしていると、もうすでに「おやつはクレートの中でもらえるもの」という意識が身についています。, さらに、この意識を強めたいので、おやつを見せながら、「ハウス」の号令をかけるレッスンに移ります。すると、ハウスに入ってくれるようになります。, 「ハウス」の号令でクレートに入るようになっていると思うので、ご飯の前には必ず指示を出します。, マルは、一度クレートに入っても、ご飯の準備が気になり、よく出てきてしまっていました。, その時は、ご飯の準備の手を止め、もう一度「ハウス」の指示を出します。クレートに入ったら、「まて」の指示を出して、ご飯が来るまでの間、クレートの中でいさせるようにします。, 家の周りの散歩ではなく、できれば、車に乗せて近くの公園にお散歩に行くようにします。, 「ハウス」の指示を出し、クレートにわんちゃんが入れば、クレートにタオルやブランケットをかぶせます。, マルが寝付くまでの数時間は特に、タオルの近くに頭を寄せて飼い主の息遣いを聞かせておきました。, これまでは、極力ゆっくりゆっくり段階を踏んできたのですが、添い寝が始まってからは、1週間以内で寝室を分けるようにします。, これはドッグトレーナーの方に教えてもらったのですが、添い寝に慣れてしまうと、飼い主が添い寝していないことに対して、また分離不安がでるようになるからです。, 寝室を分ける始めの内は、マルを夜早めにクレートに入れて、クレートの置いてあるリビングでしばらく夫婦で過ごしていました。, 気配を感じられるので、しばらくするとマルが寝始めます。寝息を確認してから、静かに、そろ〜りと寝室に移っていました。, これを何度か繰り返していくと、「クレートの中で半日飼い主さんと離れていても、また朝になれば再会できる」とわんちゃんが理解できるようになります。, ここまでくると、ほぼクレートトレーニングは終了に近いです。日常のいろいろな場面でクレートに入れます。, 例えば、「料理中」「入浴中」「お留守番中」「お昼寝中」などです。日中は30分程度でもいいので、クレートに入れます。, 寝る時も、必ず寝室は分けて、わんちゃんはクレートで寝させるように習慣づけます。マルと一緒にベッドで寝るのが憧れだったのですが、マルのためにもずっとクレートで寝させています。, 日常いろいろな場面でクレートに入れることを、わんちゃんの生涯中ずっと続けていきます, ドッグトレーナーさん曰く、「犬の行動を律してあげること」「遊ぶ時、寝る時、クレートに入る時、散歩の時とメリハリのある生活をさせてあげること」がとても大切なんだそうです。, いつも飼い主が主導権を取り、わんちゃんが信頼できるリーダーになることが大切だそうです。, こちらの記事で分離不安のわんちゃんにクレートトレーニングを行う時のポイントをもう少し詳しくまとめています。, また、吠えグセもかなりの程度解消されました。良質な睡眠を取れないことで、マルの神経がかなり尖っていたんじゃないかと思います。, STEP5までは順調なのですが ヒコーキ耳になるとき、犬はどんな気持ち?いぬのきもち投稿写真ギャラリー――ヒコーキ耳になるとき、犬はどんな気持ちでいるのでしょうか?獣医師: 犬は耳を使って感情を, 『いぬのきもち』は、飼い主さんの“知りたい”“伝えたい”にこたえる犬のこと総合雑誌です。. クレートはなんだか窮屈でかわいそう…と感じる方は多いかもしれません。けれども、いつでも広々とした空間にいるのが犬にとってベストな状態とは、必ずしも言い切れないようです。 平原で暮らしていた犬の祖先は、静かで薄暗く体が収まるくらいの穴を掘り、そこで眠ったり子育をしたりしていました。ですから、巣穴のような作りのクレートは安全な場所と本能的に認識し、慣れると好んで入るようになります。クレートは … [1] Am I a Bad Pet Owner if I Leave My Dog Alone for 10 Hours a Day? 床から頭までの体さ:38㎝ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 選ぶとなるとけっこう迷うかもしれません。基本的に、プラスティック製で扉がしっかりと閉まるものであって、あんまり華奢でなければなんでも良いのですが、一つだけ重要なポイントがあります。それは、クレートの大きさです。, クレートを犬のハウスに使う理由は、クレートが最も穴倉に近いケージだからです。つまりしっかりと囲われていて狭くて暗いというのがポイントなのです。, ではどのくらいの大きさが良いのか?クレートの長さ、幅、高さについて、次のようなポイントがあります。, そして、大きさに関して最も大切なのが、上記のクレートの長さ、幅、そして高さの条件をクリアした上で、最も小さいサイズのもの、ということです。, つまり犬のサイズに対して、大きすぎないクレート、というのが重要なポイントなのです。, 動き回れるくらいの大きさになってしまうとクレートが安心して休める場所ではなく、犬の縄張りになってしまいます。, クレートを安心して休める場所であることを犬に認識させるためにも、大きすぎない、ということがポイントとなるのです。, クレートを選ぶときは、クレートの大きさが犬の大きさに対して大きすぎないものを選ぶように注意してください。, ただし、子犬の場合は別です。理想的には、子犬も大きさに合わせた方が良いのですが、日々成長する子犬の大きさに都度クレートの大きさを合わせるのは難しいでしょう。, 従って、子犬の場合は、成犬になった時の大きさを想定して少し大きめのクレートを選んでも良いでしょう。子犬も生後6か月くらいになるとサイズ的には成犬の大きさに近くなってきます。でも、まだそのくらいまでであれば頭は子犬なので、まだ本能的なものは強く出てこないので、少し大きめでも問題はないと思います。, ということで、愛犬に安心して休める場所を与えてあげるという意味からもぜひクレートを移動用だけではなく、普段の室内でのハウスとして使ってほしいと願います。犬のために。. Copyright ©Benesse Corporation All rights reserved. ・コードや配線が集まる場所…足などにコードが絡まりケガをする危険性大, 基本の寝床の作り方は上記の通りですが、気温や湿度などの室内環境は日々変化するため、季節に合った寝床を作ることも必要となってきます。, 気温も湿度も高い夏は、体温調整が上手くできずに熱中症になる恐れがあります。そのため、就寝中はもちろん、外出中もエアコンをつけて室温を涼しく保ってあげましょう。設定温度は24~26℃くらいがおすすめです。また、ペット用のクールマットを、愛犬のベッドや寝床全体などに敷いてあげるのも良いですよ。, 犬はもふもふとした被毛を持つ犬種が多いため、寝床の防寒対策は必要ないと思っている方も多いかもしれません。しかし、温暖な地域原産の犬種の被毛は寒さをしのげるつくりにはなっておらず、個体によっても寒さの耐性は異なります。そのためにもできるだけ暖かい環境作りが必要となります。 愛犬が安心して過ごせる場所として、ハウスを利用したいと考えている方もいると思います。なかでもクレートは外出時の移動にも使えるので便利ですよね。, 今回は、愛犬にぴったりなクレートの選び方について、ドッグメンタルトレーナーの白田祐子がご紹介します。, クレートはなんだか窮屈でかわいそう…と感じる方は多いかもしれません。けれども、いつでも広々とした空間にいるのが犬にとってベストな状態とは、必ずしも言い切れないようです。, 平原で暮らしていた犬の祖先は、静かで薄暗く体が収まるくらいの穴を掘り、そこで眠ったり子育をしたりしていました。ですから、巣穴のような作りのクレートは安全な場所と本能的に認識し、慣れると好んで入るようになります。クレートは犬にとっての落ち着ける寝床のような存在なのです。, 愛犬の落ち着ける場所としてのハウスには、いくつかの特徴がありますが、クレートは「持ち運びが楽にできる」という点が大きな違いです。, もし、少し長めのお留守番に使用するなど、家の中での利用が主な目的の場合は、サークルやケージのほうが使いやすいかもしれません。, 形を変えられるものもありレイアウトの自由度が高く便利なサークル。犬種によっては飛び出しや縁に手をかけるのが習慣化されて困った行動に繋がる可能性もあるので注意が必要。, ケージは、飛び出す心配がないので特に活動的な犬種に向き、寝る場所とトイレスペースが分けられている商品もある。屋根付きなので、落下物の危険を避けられる。, 次に、それぞれの愛犬に合ったサイズ選びのポイントとタイプ別クレートの特徴をご紹介します。, クレートの高さは体高のプラス5㎝程度、奥行きは伏せた長さと同程度が基準のサイズとなります。このサイズであれば、クレート内でも「お座り」「伏せ」「方向回転」が可能なため、動きが不自由になることはなく安心して過ごすことができます。, ぴったりのサイズのクレートが見つかるとよいですが、希望のサイズがないことも。困ったときはメインとなる使用目的を決めて選んでみることをおすすめします。, 少し大きめを選びます。マットを敷いたり毛布を使用することで広さを調整しましょう。少し大きめの方が、風通しがよく清潔で快適な空間を保ちやすく、病気や介護などで安静が必要な際にはフード皿をクレート内に置くこともできます。, 広さ:高さ以外は少し大きめサイズ 子犬を迎えるのは心踊ることですが、大きな責任を負うことでもあります。生後6ヶ月ほどまでの子犬には、多くのケアが必要です。, とはいえ飼い主にも生活があり、24時間つきっきりで子犬の面倒をみることは不可能です。後ろ髪を引かれつつ、仕事へ向かわなければならないことも多いでしょう。, 子犬であっても、1匹だけでのお留守番は可能です。悪いことでも危険なことでもありません。ただし、いくつかの注意や配慮が必要です。, 犬は非常に社会的な生き物です。仲間と一緒にいることが自然だという彼らにとっては、本当は1匹でいることは自然に反する状態です。しかし、人間の中で家庭犬として暮らすのならば、1匹でのお留守番に慣れてもらわなければなりません。, 子犬が仲間や家族がいなくても、静かに1匹の時間を過ごせるように育てるためには、早い段階でお留守番の練習をさせることが必要です。初めはほんの数分から、彼らの視界から消えてみるところから始めましょう。犬が慣れたところで、徐々に時間を伸ばすようにします。, 子犬がどれほどの時間をひとりで過ごすことができるのかという質問には、はっきりとした決まった回答はありません。ここでは判断になる2つの時間、「排泄を我慢できる時間」と「クレートで過ごせる時間」の目安をご紹介します。, 外でトイレを済ませるようトレーニングしている犬の場合、排泄の時間が一つの目安になります。成犬は一般に、8〜10時間ごとに排尿する必要があります。一方子犬は、もっと頻繁にトイレ休憩が必要です。, 一般に子犬の排尿間隔は、[生後の経過月数×1時間]で計算できます。すなわち、3ヶ月齢の子犬は3時間ごとにトイレに連れていかなければなりません。ただし、3ヶ月に到達するまではこのルールは適用できません(もっと短い間隔です)。, 上の見積もりは、子犬のサイズ、健康状態、などにより異なります。ただ、どの子犬でも長時間トイレを我慢させることにより、尿路感染や結石などのリスクが高くなります。排尿を我慢することは犬にとっても不快なことですし、おしっこの失敗は犬にとっても悲しいことです。, 子犬の安全のためには、お留守番の時間を自由に過ごさせるのは良いアイディアではありません。子犬は舐めたり噛んだりすることで世界を学んでいきます。一方であなたの家の中には、コンセントやゴミ箱など、子犬の命を奪う可能性のある危険なものに溢れています。, 子犬のお留守番は、クレートやケージを使った方が安全・安心です。クレートは狭くて自由も効かず可哀想と思うかもしれませんが、犬は暗くて狭い穴倉のような場所を好みます。また自分だけのテリトリーになるので、彼らは安心してくつろげます。お留守番時に限らず、犬たちに安心できる特別な場所を作ってあげるために、一人でクレートで過ごす練習をしておきましょう。, クレートトレーニングは時間をかけて行いましょう。ある日突然クレートに放り込み、1匹で何時間も過ごさせるなど極端なことをするのは危険です。犬が最初はお菓子を使って短い時間だけ過ごしてもらい、徐々に10-15分と伸ばしていきましょう。, Rover.comによれば、子犬がクレートで過ごせる最大時間の目安は、以下のとおりです。, 年齢を重ねれば、クレートで1匹で過ごせる時間は長くなります。しかし、年がら年中お留守番では、犬も心が折れてしまいます。できるだけクレートでの一人留守番を減らし、運動や人との交流ができるよう、プロの活用などを検討も併せて検討しましょう。, 子犬が成長し、家での生活にも慣れてきたら、少しずつ子犬が留守番時でも自由に活動できる場所を増やしてあげましょう。家中を解放する必要はありません。キッチンや寝室など、入って欲しくない場所を除いて、子犬にとって安全な場所を解放してあげましょう。また、お留守番の時間を少しでも快適に楽しく過ごしてもらうため、以下のものを準備しましょう。, お留守番の前に、散歩や運動など体を動かす時間をとりましょう。エネルギーを発散させておけば、お留守番の時間はゆったり気長にお昼寝してくれることが期待できます。, ◼︎以下の資料を参考に執筆しました。

宮本 恒 靖 Fifa 10, マリルリ はらだいこ アクアジェット 遺伝 20, 日々是好日 映画 ロケ地 大学 43, 井上晴美 何 歳 5, ハリーポッター ナギニ 食べた 7, モーツァルト Dvd 感想 6, ネプリーグ 再放送 Snowman 23, 高橋一生 母 死 8, バタフライ Mp3 木村カエラ 5, ヒロアカ オーバーホール フィギュア 5, ネットラジオ 配信 個人 9, Sql Server パーティション パフォーマンス 8, Youtube コメント 翻訳 Firefox 6, ガリガリ 服が似合わない 男 19, 蒼穹のファフナー 漫画 打ち切り 26, 女王蜂 ドラム 下手 44, ご迷惑 でしょ うか 20, カルマ 英語 話せない 6, 福田組 評判 マンション 9, Present ミセス 歌詞 10, 森田剛 ブログ アメブロ 8, Chr 値引き 45万 46, 前田大然 高校 時代 6, くろ かげ Tv 5, ミュルエルの森 行け ない 6, 星ドラ 呪文 ダメージ計算 24, 森永 グリ 子 年齢 4, B'z Hinotori Zero 4, モンブラン ローラー ボールリフィル 710 5, 干渉波 禁忌 金属 8,

Leave a Reply