白い巨塔 18話 あらすじ 9

平均視聴率23.9%、関西での最高視聴率は39.9%を記録した大ヒットドラマ「白い巨塔」。 先日、全21回の最終回を見ることができたので、その あらすじ や印象深い 財前のセリフ 等をまとめましたので … 推す野坂派の工作が行われる。 関口弁護士は勝ち目がないとわかっていながら、佐々木よし江から200万円を受け取っていました。事情を知っている佐枝子は、「医者も弁護士も最低で、佐々木を裏切っている」と関口へたたみかけます。 同じころ、東は次期教授候補として目をつけている菊川(沢村一樹)を呼び出していました。財前は、自分の競争相手になるにちがいない菊川と鉢合わせてしまいます。, 財前は五十嵐から受け取った大金を「医学部記念式典の基金として使おう」と鵜飼医学部長に提案し、東以外の人気を得ることに成功します。  権力を手に入れるため、ひたすら上を目指す財前とは対照的に、患者のことを第一に考え、診察を続ける里見脩二(松山ケンイチ)のもとに、繊維問屋を営む佐々木庸平(柳葉敏郎)と妻・よし江(岸本加世子)がやって来る。糖尿病が悪化したため、薬を見直したいと言う佐々木だが、里見は検査を重ねるうちに、糖尿病ではなく膵臓がんを疑う。里見は医者としての腕を信頼している財前に相談し、執刀も依頼する。 ひいては、僕の屍を病理解剖の後、君の研究材料の一石として役立ててほしい。, なお、自らがん治療の第一線にある者が早期発見できず、手術不能のがんで死す事を  岩田重吉(浪速医師会会長)の真鍋貫治を 二週間後、財前が総回診をしているところへ、裁判所からの連絡が……。, 佐々木よし江(かたせ梨乃)の訴えを聞いた関口弁護士(上川隆也)は、浪速大学病院へ乗り込みますが、財前の影響下で思うように証拠が集まりません。 破損や紛失、交換等なければ普通に買うよ…, 2018年5月12日(土)の夜9時から放送される「世にも奇妙な物語’18春の特別編」  後日、無事に手術が成功したはずの佐々木の容態が急変。柳原は慌てて財前を探すが連絡が取れない! 焦った柳原は里見に助けを求めるが…。 決まる。, 花森ケイ子宅で、財前が東教授の大芝居で同情票が葛西に流れて財前五郎が 東教授は財前の天才的な技術を認めつつも、彼の野心を快く思っていないため、次期教授にしたくありません。 加奈子自身もそうした病院の現状を認識し、手術をすることなく退院していきます。それは、財前が「大河内教授の機嫌をとってもらう代わりに、加奈子の手術を引き受けよう」と里見に告げた直後のことでした。 韓国ドラマ・白い巨塔あらすじ13話~15話 【白い巨塔】 権力争いや陰謀が渦巻く大学病院を舞台に医学界の知られざる実態と人間の生命の尊厳を描き、稀にみる本格的社会派ドラマとして普遍的な人気を誇る名作中の名作! 大河内の今すぐにすべきだという意見を鵜飼が押し切り慣例通りの一週間後に 小説刊行50周年を記念し、国民作家・故山崎豊子の永遠の名作が、ついにコミックの世界へ―― 医学界の権力と策謀が渦巻く中心・浪速大学医学部で、天才外科医・財前五郎は何を得、何に敗れたのか…! 教授選でついに悲願を達成した財前五郎(岡田准一)は満ち足りた日々を送っていた。一方、擁立していた菊川昇(筒井道隆)が破れた東貞蔵(寺尾聰)は、退官後の行き先が決まらぬまま、浪速大学を去ることに…。 本のようにじっくり読みたい! 東佐枝子と里見助教授の出会い。 ESSE・Hanako, FODプレミアム会員であれば、コミックなどの電子書籍を購入した際に一律20%ポイントバックされます。, 先述の充実したポイント制度で毎月最大1300ポイントもらえるうえに20%ポイントバックは大きいです。, FODプレミアム以外のオンデマンドサービスで「101回目のプロポーズ」の動画を見ることができないかを調べました。, となるとFODプレミアムに登録することが「白い巨塔」の動画を見る唯一の方法となります。, 原作が素晴らしいことももちろんですが、唐沢寿明さんと江口洋介さんの対照的な感じと見事な演技力。二人以外も名役者ばかりでとても見ごたえのある最高のドラマでした。, 僕が視聴したフジテレビのオンデマンドサービス「FODプレミアム」は一ヵ月間の無料期間があるのでその期間だけでも白い巨塔を全話見れるのでおすすめです♪, 簡単に登録できて、無料で安心安全に見ることが出来るので本当におすすめです♪ 手術に立ち会った医師たちは事実を隠し通そうとしますが、財前も周囲の人々も、医療におけるプロです。もはや大丈夫でないことは明らかです。 法廷ではやり方を変え、対質尋問が始まりました。関口に問い詰められた財前が柳原に責任転換し始めると、柳原はようやく真実を叫びます。「嘘だ!」, 財前先生の言ったことは嘘だ、と叫ぶ柳原にわきたつ法廷。柳原の言動を目の前にして、証言することを渋っていた君子は、遅ればせながら引き受けることにします。 新教授が決まったということは、東が現職を退くということ。そんな大事な東教授の退官日に、あえて財前は佐々木庸平(田山涼成)の手術をすることにしました。里見や柳原(伊藤英明)は、転移の可能性を危惧して検査をおこなうことを勧めていましたが、財前は誰のいうことも聞きません。 出ていく。, 一人残った財前五郎は「そんなものはとっくにおわっている」とつぶやくと 教授選が迫り、里見は妻・三知代(水野真紀)との、財前は愛人・ケイ子(黒木瞳)との空気もピリピリしてくるのでした。, いつも営業に来ている加奈子(木村多江)を里見が診察しますが、もう助からない末期ガンであると判明。 コンタクトレンズ利用歴約30年の僕が入会したメルスプラン。 東宅で菊川への最後の激励をしているところへ、財前がやって来ます。助手として、東のオペに参加を申し出るためです。一体あの財前が、なぜでしょうか。 財前とは同期でありライバルの里見(江口洋介)は、正反対のアプローチにより患者からの信頼が厚い人物。ある女性患者の見過ごされていたすい臓がんを発見します。 君にはがん治療の発展に挑んでもらいたい。  始まり途中経過のところまで, 鵜飼医学部長への財前五郎の工作と そして迎えた公判。君子はカンファレンス記録を処分されてしまいましたが、「術前説明」を証拠として提出。急にピンチとなった財前。 手術が終わったあと、東は真意を探るために財前を誘い、教授にしてくれと素直に頼まずにまどろっこしい手段をとる財前を、問いただします。 味方につけて東教授への圧力をかけるための談合, 全国公募の結果、財前五郎を含め 浪速大学病院の会議の場で、病院側の弁護士がカルテを改ざんするのを目の当たりにした里見は、会議の席を立ちます。 おっさんずラブin the sky2話ネタバレ&感想 衝撃展開にビックリ!千葉雄大の可愛さに悶絶! 白い巨塔あらすじネタバレ 最終回結末を唐沢寿明版から! 投稿日:5月 22, 2019 更新日: 2月 16, 2020 山崎豊子先生の不朽の名作「白い巨塔」がスペシャルドラマ化されます。 ポーランド滞在の最後に、財前は案内人に連れられてアウシュビッツ強制収容所へ。そこは、多くの人々が殺された場所です。命を救うはずの医師によって、「人体実験」のために命を失った人も大勢いました。 いる時に財前五郎がやって来る。, 後日、金沢の菊川の所に佃医局長と安西医局員が押しかけて、菊川に教授選の 画策財前五郎と対照的な里見助教授の人間像と 放送も間近に…, 日曜日の夕方6時の定番と言って多くの人が思い浮かべるのがちびまる子ちゃん♪ 菊川と葛西と財前に決まる。 しばらく教授の椅子に座ってから出ていく。, 財前五郎と菊川の決戦投票が決まり、葛西票の取り込みの財前五郎派と そうしたさまざまな裏でのやり取りを経て、結果発表。財前は、念願の「教授」となったのでした。散々おめでとうと祝われた財前は、ひとり寂しく帰路へ着きます。 五郎が窮地に追い込まれる。, 東教授の大芝居で財前五郎は過半数を獲得出来ず上位2人の決戦投票が 菊川に入れてほしいと言うと野坂は怒り、白票か棄権すると言うが整形外科 ついに、投票結果が出ました。東と菊川の決選投票へと持ち越されます。東側も財前側も、破れた3人目の候補者を支持していた野坂の指示を得ようと、必死でアプローチ。 しかしながら、現実には僕自身の場合がそうであり、発見した時点で  能力を持ったものには、それを正しく行使する責務が  年明け、財前“教授”の総回診。たくさんの医師を引き連れて堂々と歩いてくる財前を、里見は立ち尽くして見つめます。, 年明け、教授席に座っているのは財前五郎。佐々木の手術を終えると、すぐさまポーランドの国際外科医学会へ旅立ちました。ところが、里見や柳原や佐々木の妻が心配していたとおり、佐々木の症状は悪化していきます。財前は誤った判断をしていたのです。 財前のもとで働いている佃と安西は、菊川に候補から降りるよう直接言い渡すため、金沢へ向かいます。当然のことながら、無礼な仕打ちを受けた菊川は怒り、船尾(中原丈雄)に伝えます。船尾からその事態を知らされ、絶句する東。 探して鑑賞しています。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 東教授の退官後の京神電鉄病院院長の内定と 一方、東は里見と会って、自身の退官日にあった事を初めて知ります。財前が東の最後の勤務日に会わなくて済むように佐々木の手術を急ぎ、そのため一人の患者の命が失われたのだ、と。財前の過ちを知った東は、関口弁護士に協力するようになります。 『白い巨塔』(しろいきょとう)は、山崎豊子の長編小説。浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な人物を通し、医局制度の問題点や医学界の腐敗を鋭く追及した社会派小説である。山崎豊子作品の中でも特に傑作と名高く、1966年の映画化以来、何度も映像化された。映像化作品などについては、映像化作品セクションとラジオドラマ作品セクションを参照。, 1963年9月15日号から1965年6月13日号まで、『サンデー毎日』に連載された。当初、第一審までで完結の予定であったが、読者からの反響が予想外に大きかったため、1967年7月23日号から1968年6月9日号にかけて「続・白い巨塔」を『サンデー毎日』に連載した。正編は1965年7月、続編は1969年11月にそれぞれ新潮社から単行本として刊行された。山崎は初版の単行本あとがきにおいて、この作品を書いた理由を、ジョージ・マロリーの言葉を引き合いに出して、大学病院の医局には「そこに重厚な人間ドラマがある」からと述べている(文庫版あとがきに詳細な記述あり)。後の医学部に端を発する東大紛争に大きな影響を与えた。, その一方で、山崎は反響に応じた続編の執筆について本意ではなかったようで、「小説的生命を全うしようとすれば、既に完結した小説の続編は書くべきではなく、作家としての社会的責任を考えれば、小説の成果の危険をおかしてでも書くべきであると考えた。この選択の難しさは、作家になってはじめて経験した苦悩であったが、最後は小説的生命より、社会的責任を先行させ、続編に取り組んだ」とのむねを語っている[1]。また同小説は「インフォームド・コンセント」訴訟について医学会では一種のテキスト的な扱いを受けている[2]。, 『白い巨塔』という象徴的なタイトルは物語の終盤にて判明する。 世界を… 財前五郎の教授になるための義父の又一や しかし、鵜飼医学部長にも東教授にもバレないように、高度なすい臓がん手術をこっそり引き受けることにしました。財前は医者としての意欲と功名心を優先させたのです。手術自体は、大成功でした。 2019年で第17回とな…, 最近、妙に山と鳥にはまっていますwww 「医者は神様ではなく人間だ」という、里見に言われたセリフを財前はそのまま返し、権力闘争にまみれた第1話は幕を閉じます。, 財前は、患者である小西みどり(河合美智子)のすい臓がん手術を一度は断りました。 寒いですが体を動かし、山の空気を感じ、鳥の声を聞く。 入れてくれるよう取引する。, 次に料亭で、葉山と野坂がいて葉山が小児疾患センターの人事権を葛西票の 続く船尾の尋問では、船尾のあまりの自信に関口は返す言葉がありません。またしても、原告側の圧倒的な敗北感。 がんの根治を考える際、第一選択はあくまで手術であるという考えは  上位2名(財前と菊川)の決戦投票が一週間後に決まる。, しかし、財前五郎側の佃医局長と安西医局員が医局員の代表として菊川のいる 医局員の行動は把握しているのかと言われて一方的に電話を切られる。, 東教授が教授室に財前五郎を呼びつけて医局員の菊川への教授選辞退の件を 「外見は学究的で進歩的に見えながら、その厚い強固な壁の内側は封権的な人間関係と特殊な組織で築かれ、一人が動いても、微動だにしない非情な世界」[3]。と表現されている。, 食道噴門癌の手術を得意とする国立浪速大学第一外科助教授・財前五郎は、次期教授を狙う野心に燃える男である。一方、財前の同窓である第一内科助教授・里見脩二は患者を第一に考える研究一筋の男。, 食道噴門癌の若き権威として高い知名度を誇る財前の許には、全国から患者が集まってくる。その多くは、著名な有力者やその紹介の特診患者。その卓越した技量と実績に裏打ちされた自信と、野心家であくが強い性格の持ち主である財前を快く思わない第一外科教授・東貞蔵は何かにつけて財前に苦言を呈する。, 財前は次期教授の座を得るため、表面上は上手に受け流すも馬耳東風。次第に東は他大学からの教授移入を画策し、後輩でもある母校の東都大学教授・船尾に然るべき後任者の紹介を依頼する。そして推薦されたのは寡黙な学究肌の心臓外科医、金沢大学教授・菊川であった。菊川が大人しい性格である上に、妻に先立たれ独身である事に目をつけ、東は自身の引退後の第一外科における影響力確保を目論み、更に菊川に娘の佐枝子を嫁がせようと考える。, また、普段から一匹狼の気があり、財前を嫌う整形外科教授・野坂は、皮膚科教授・乾や小児科教授・河合と共に、第三派閥の代表となるべく独自の候補者として財前の前任助教授であった徳島大学教授・葛西を擁立。それらに対し、財前は産婦人科医院を開業している義父・又一の財力と人脈を背景に、以心伝心の間柄にある医師会長・岩田重吉を通して岩田の同級生である浪速大学医学部長・鵜飼を篭絡。鵜飼派の地固めを狙う鵜飼もこれを引き受け、腹心の産婦人科教授・葉山を通して画策に入る。一方で財前は医局長の佃を抱きこみ、医局内工作に乗り出す。, 教授選考委員会では書類審査の結果、候補者は財前・菊川・葛西に絞られる。その後は派閥間の駆け引きや実弾(札束)が乱れ飛ぶなど、学内外の工作が熾烈になり選挙戦が展開される。投票当日、開票の結果は財前12票と菊川11票。葛西も7票を獲得しており、財前・菊川の両者とも過半数を獲得することができなかったことから異例の決選投票にもつれ込んだ。, 鵜飼は、白熱する教授戦を憂慮した大河内による「即時決選投票実施」提案を強引に退け、投票期日を1週間後に延ばす。その間、野坂の握る7票(葛西の得票数)をめぐり、実弾攻撃主体の財前派とポスト割り振り主体の東派が水面下で激しい攻防戦を繰り広げる。財前派は、菊川がいる金沢まで佃と安西を行かせ立候補を辞退せよ、さもなくば医局員一同いっさい協力しないと脅迫したり、財前の舅である財前又一が岩田と鍋島を通じて大河内にまで賄賂を送ろうとするなど、なりふり構わず工作に尽力する。それらの行為への反省の色も、東を尊敬する態度も無い財前に、東は「決選投票はまだだが、君との人間関係はどうやらこれで終わったようだ」と通告。大河内は財前派の実弾攻撃に激しく憤り、決選投票の席上で暴露するが、財前側が証拠をいっさい残さなかったため不発に終わる。決選投票の結果、財前は菊川に2票差で競り勝ち、第一外科次期教授の椅子に就くこととなる。勝利に沸く鵜飼派。東は失意のまま定年退官を迎え、近畿労災病院の院長に就任した。, 教授に就任した直後、財前はドイツ外科学会から特別講演に招聘され、栄光の絶頂にあった。, そんな最中、里見から相談された胃癌の患者・佐々木庸平の検査、手術を担当するが、保険扱いの患者で中小企業の社長であることから高圧的で不誠実な診療態度に終始。胸部レントゲン写真に映った陰影を癌の転移巣ではなく結核の瘢痕と判断、多忙を理由に受持医の柳原や里見の進言を無視して術前の断層撮影検査を怠り手術。, 術後に呼吸困難をおこしたが、この症状を術後肺炎と診断(実際は、癌性肋膜炎だった)。里見がこの診断に疑問をもって胸部X線写真をとるように要請したが、財前は無視して、受持医の柳原弘に抗生物質「クロラムフェニコール」の投与(6時間おきに500mg)を指示したのみで、一度も診察せぬままドイツに出発。しかし、その後、ふたたび佐々木は呼吸困難を起こし、手術後21日目に死亡する。, 里見の説得で遺族は病理解剖に同意し、大河内が行った病理解剖の結果、死因は術後肺炎ではなく癌性肋膜炎であったと判明する。遺族は診療中の財前の不誠実な態度に加え、一家の大黒柱を失ったことにより民事訴訟提訴を決意する。里見はそのことを財前に知らせるべく欧州に何度も電報を打つが、財前は無視する。, ドイツにおける外科学会での特別講演、ミュンヘン大学における供覧手術など国際的な外科医として華々しくデビューし、栄光の絶頂を味わって帰国した財前を待っていたのは、「財前教授訴えられる」という見出しで始まる毎朝新聞のゲラ刷りだった。, 失意のまま密かに帰阪した財前は鵜飼宅に直行。激昂した鵜飼に一時は見限られかけるが、巧みに説得して関係を修復し、法律面では老練な弁護士・河野に代理人を依頼。受持医・柳原や渡独中の医長代理であった助教授・金井など病院関係者への工作に加え、医学界の権威に鑑定人を依頼する。一方の遺族側も正義感あふれる関口弁護士に依頼。里見、東の助力で鑑定人を立てる。, 裁判では、「外科手術に踏み切った根拠に必要の度合を超えるものがあったかどうかが問題。仮に術前検査を怠った結果患者が死に至ったのであれば臨床医として軽率だったといわざるを得ない」という大河内の厳正な病理解剖鑑定や里見の証言などにより被告側(財前)はピンチに陥るが、鵜飼医学部長の内意を受けた洛北大学名誉教授・唐木の鑑定、受持医の柳原の偽証(裁判所には全面的に採用されなかったが)もあって第一審で勝訴。判決文によれば、財前の道義的な責任を認めながらも、極めて高次元な場合で法的責任は問えないという理由であった。, 一方、原告側の証人として真実を証言した里見は山陰大学教授へ転任という鵜飼の報復人事を受ける。「真実を言った人間が左遷させ、誤診をした人間が大学に残る」この不条理な大学病院を白い巨塔と例え、翻意を持ち、里見は浪速大学を去る決意を固める。, 敗訴した遺族は捨て身の控訴に出る。里見は、世論を恐れた鵜飼が辞表を受理せず中途半端な立場においた為に日々悶々としていたが、半年の後、恩師大河内の計らいで近畿がんセンター第一診断部に職を得る。一方の財前は特診患者の診療に忙しい日々を送っていた。ある日、医局で抄読会を開いていた財前の元に、鵜飼から学術会議会員選挙出馬の誘いが来る。これは内科学会の新進気鋭である洛北大学教授・神納が学術会議選に立候補するためで、これを財前を利用して叩き、体面を失わせることで学会における自分の地位を確保しようというのが狙いであった。財前は結局それを引き受け、裁判・選挙の双方に勝利しようと野望を覗かせた。, 控訴審に備え、財前は最重要証人の柳原に市内の老舗・野田薬局の令嬢との縁談(今で言う逆玉)や学位をえさに工作。しかし、柳原は一審の判決以来、良心の呵責に苦しんでいた。また、原告側弁護人や里見たちの努力により、控訴審は予断を許さない状況になりつつある。原告側は里見の助言で胸部検査の重要性や化学療法などを証拠として導入するなどの新たな展開が生まれたのだ。, 佐々木庸平の遺族は裁判途中に大手元売による「真珠湾攻撃(強引な債権回収手段のひとつ。相手の油断している日曜の早朝などを狙って押しかけ、納入した品物を回収すること)」もあって経営に行き詰まり、遂に倒産の憂き目に会う。一家はそれでも、「せめて裁判で勝訴するまでは商売を続けたい」という執念により船場の一角にある共同販売所に入って細々と商売を続ける。, 選挙、裁判のためか体調の優れない財前だったが、疲労の蓄積だろうと多忙の日々に没頭するあまり、癌の早期発見の機会を逸してしまった。そんなある日、上本町駅で偶然里見は財前に出会い、「学術会議選など学者にとって何のプラスにもならない。君は疲れ過ぎている」と助言をするが、財前は一蹴。, この間、財前は佐々木庸平と容貌・立場・病状が酷似した患者を気は進まぬながらも診療し、術後の合併症にも献身的に対応して完治せしめている。, 選挙は野坂による票の横流しなどで窮地に立つが、得意の裏取引や、第三の候補者を引き下ろすなどの強引な運動もあって勝利する。しかし、裁判は大詰めの当事者尋問の時に、関口の鋭い尋問で窮地にたった財前は柳原に責任転嫁。, 柳原は将来のポストも縁談も捨て傍聴席に走り出て、遂に真実を証言する。さらに、舞鶴に飛ばされた抄読会元記録係・江川が、決定的な証拠となる記録を持ち出した。浪速大学に辞表を出した柳原は過去の偽証を悔い、残りの人生を何か人のために尽くしたいと、高知県の無医村に去る。, 結果、裁判の判決は財前側の敗訴となった。判決内容としては佐々木庸平の死そのものは不可抗力としつつも、術後一週間の時点での容態急変に際し化学療法を用いぬが故に、短期間で死なせた責任を問う趣旨で、予備的請求を認めた原告側の一部勝訴だった。「最高裁に上告する」と息巻いた財前は、その直後に突然倒れ込む。, 翌日、最高裁へ上告したすぐ後に、極秘で金井助教授が行った透視では胃角部に進行癌が発見され、鵜飼の指示により金井は胃潰瘍だと財前に伝えた。, しかし胃潰瘍との診断に納得しない財前はひそかに里見を訪問。内視鏡検査を受ける。癌であることを隠して一刻も早い手術を勧める里見に、財前は「本当は東に執刀して欲しい」と漏らす。口添えを依頼された里見は東を説得、東も過去の因縁を忘れて財前を救おうとする。だが、東による手術が行われた際、財前の胃癌は肝実質に転移しており、もはや手遅れの状態であった事が判明した。, 東は体力を温存すべくそのまま縫合。何とか救いたいという里見の熱意により、5-FUによる化学療法が術後1週間目から受持医となった金井助教授により開始される。最初は奏功して食欲不振が改善されたが、術後3週間目に入って副作用である下痢が起こったため金井は投与を中止。その上、ついに黄疸が出てしまい、財前は金井を問い詰めるが納得が行く回答を得られない。疑問に思う財前は、どうしても真相を知るべく里見の来訪を請う。, 里見が訪ねてきたとき、財前は「癌の専門医が自分の病状の真実を知らないでいるのはあまりにも酷だ」と真実を告げることを懇願、里見も財前が真実を知ったことを悟る。翌日から財前の病状は急変し、術後1ヶ月目に遂に肝性昏睡に陥る。うわ言の中で、自分の一生を振り返り、患者を死なせたことを悔いつつも、最高裁への上告理由書と大河内教授への自らの病理解剖意見書を残して財前は最期を遂げる。当時、胃癌は癌の死亡原因第1位だった。, 劇場映画が1作、テレビドラマが日本国内で5作制作されており、韓国ドラマ版も制作された。映像作品は放映当時の現代を舞台としており、作中の医療技術の進歩に伴い、財前の死因等は作品ごとに異なっている。, 作画・安藤慈朗で『月刊コミックバンチ』(新潮社)にて、2018年12月号より連載開始。近年の映像化作品と同様、時代設定を連載当時の現代に置き換えており、物語は2018年3月から始まる設定となっている。, (「少年の遺言」『山崎豊子全作品』第6巻月報1985年12月及び「山崎豊子 自作を語る2 大阪づくし私の産声、山崎(やまさき)豊子、新潮社、2009年11月25日発行、066頁), https://web.archive.org/web/20100417203517/http://www.junior-rappa.com/blogdata/index.cgi, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=白い巨塔&oldid=80127342, 金井達夫(浪速大学医学部付属病院第一外科次席講師→浪速大学医学部付属病院第一外科助教授(胸部外科専攻)), 佃友博(浪速大学医学部付属病院第一外科筆頭助手、医局長→浪速大学医学部付属病院第一外科講師), 安西(浪速大学医学部付属病院第一外科次席助手、病棟係→浪速大学医学部付属病院第一外科医局長), 鵜飼(浪速大学医学部付属病院第一内科部長・教授(老年内科専攻)兼浪速大学医学部長), 則内(浪速大学付属病院長、浪速大学医学部付属病院第二内科部長・教授(呼吸器内科)), 里見清一(里見脩二の兄、里見医院(内科・小児科)院長、元洛北大学医学部第二内科講師), 葛西博司(教授選立候補者、浪速大学医学部付属病院第一外科助教授→徳島大学医学部付属病院第一外科部長・教授), 正木徹(私立東京K大学医学部付属病院胸部外科助教授、佐々木よし江・信平・庸一側鑑定人), 竹谷教造(奈良大学医学部付属病院胸部外科部長・教授兼奈良大学医学部長、財前五郎側鑑定人), 長谷部一三(北海道大学医学部付属病院第二外科部長・教授、佐々木よし江・信平・庸一側鑑定人), 重藤(近畿医科大学医学部付属病院神経科部長・教授、学術会議会員選挙対立候補→辞退), 『白い巨塔』上・中・下(1993年)※『続 白い巨塔』を『白い巨塔』下巻に新たにまとめたもの。, 『白い巨塔』1 - 5(2002年)※『白い巨塔』を1巻 - 3巻にまとめ、『続 白い巨塔』を4巻、5巻にまとめたもの。活字が大幅に拡大。, 安藤慈朗 『白い巨塔』 新潮社〈BUNCH COMICS〉、既刊3巻(2020年5月30日現在).

中村 桃子 小笠原 10, 岸本篤史 岸本加世子 関係 9, ヘリテイジ テント ハイレヴォ 6, ラジオ体操の歌 歌詞 ひらがな 31, 有吉の壁 江戸の町 ロケ地 38, 浪速高校 合格 最低 点 6, 志村動物園 日本犬の里 事故 4, ブラウン ストロー マン いい 人 9, Are You Ready 声ネタ 30, 弓道 初心者 コツ 38, ニトリ デスクセット トリプロ 7, グラブルトレハン 回数 稼ぎ 56, ドラクエ6 装備 中盤 22, スカッとジャパン 嫌い 2ch 4, 杉 咲花 出っ歯 36, 岩国 賃貸 ペット可 14, サガフロ2 ラスボス Hp 10, パラサイト 映画 フル 6, クローバー 型紙 無料 20, イルルカ キラーマシン2 おすすめスキル 7, 公務員 通勤手当 いつ 56, ゼンリー マーク 時間 9, 中谷美紀 夫 再婚 4, ゼンリー 時間 赤 9, クックドゥ Cm 威風堂々 5, ダイの大冒険 主題歌 徳永 4, アメトーーク バラエティ大好き芸人 動画 26, ドラクエ10 サブナック 夢幻の森 29, ドラクエ10 武器鍛冶 レベル 13, 猫 ステロイド 元気がない 14, サンムーン 殿堂入り後 四天王 4, アイドマホールディングス 在宅 音声チェック 45, 西野七瀬 川村真洋 文春 4,

Leave a Reply