空蝉 の 枕詞 23

石原慎太郎さんが証言しています。 枕詞(まくらことば)とは、主として和歌に見られる修辞で、特定の語の前に置いて語調を整えたり、ある種の情緒を添える言葉のこと。序詞とともに万葉集の頃から用いられた技法である。, この和歌の冒頭におかれている「あしひきの」が枕詞と呼ばれるものである。枕詞はその多くがこのような五音節で、初めに置かれることが多い。そしてこの「あしひきの」という句は何のためにあるかといえば、その次の「やま」という言葉を導き出すためのものである。すなわちこの「あしひきの」という句があれば、その次はかならず「やま」という言葉が来る約束になっており、見た目には修飾語のような文の形となる。このように枕詞は特定の言葉と結びついた組み合せで成り立っているが、平安時代以降の場合は歌の意味には直接的に関係しないことが多いと一般には解釈されている。なお枕詞は和歌の初句だけではなく、次のように第三句にも置かれる。, 枕詞の中には、「飛ぶ鳥の あすか…」のように、飛鳥と書いて「あすか」と読むことの根拠とされているものもある。, 「あすか」は「明日香」とも表記されるので、「飛鳥」は枕詞によって表記と訓の関係が定まったものといわれる。, 枕詞とそれに結びつく言葉との関係を分類したものについてはいくつもの研究があるが、もっとも大別的な分類をおこなった境田四郎の説[1]によって示せば、, に分類できる。きわめて大雑把に示せば、音でかかるものと意味でかかるものの2種類が枕詞には認められることになる。一方「あしひきの」や「ぬばたまの」のように、諸説はあるものの由来のわからない枕詞も多い。これは『万葉集』の時代には既に固定化されていたもので、先例にならって使用され続けたものと考えられている。枕詞は明治時代までのものを収集した福井久蔵の調査[2]によれば、1100種近いものが存在する。, 枕詞は『万葉集』から現代短歌に至るまで、長きに渡って用いられている。「まくらことば」という語自体は『古今和歌集』の仮名序に見えるが、これは歌枕の意味で使われていると見られる[注釈 1]。平安時代末の人物顕昭の著書『古今集序注』には、藤原教長の説として「マクラ詞トハ常詞(つねのことば)也」と記されている。, 枕詞は古くは歌枕のひとつとされ(歌枕の項参照)、また「次詞」(藤原清輔『袋草紙』)、「枕言」(今川了俊『落書露見』)、「冠辞」(賀茂真淵『冠辞考』)などとも呼ばれた。枕詞という語が現在の意味で使用されるのは一条兼良『古今憧蒙抄』、清原宣賢『日本書紀抄』など、中世以降の資料に見えるものが早いとされる。, 和歌以外では『風土記』などに使用された例がある。『風土記』ではこれらの例を「諺」といっており、枕詞がことわざと同じように、習慣化した、決まり文句という扱いをうけていたことが想像される[4]。語義については、高崎正秀が後に引く折口信夫の師説を援用して「魂の宿る詞章」と説明するが[5]、既にふれたように、「枕詞」という用語自体が中世以降のものであることを考慮すれば、歌の一番初めに来るので、前書きの意味での「枕」に近いものと推測される[6]。, 枕詞の起源は明らかではないが、古くは序詞と一組のものと考えられていた。たとえば契沖が「序(詞)ト云モ枕詞ノ長キヲ云ヘリ」(『万葉代匠記』)と説明しているのが代表的な例である。折口信夫も序詞の短縮されたものが枕詞としている[7]。近年では中西進が、序詞と枕詞をいずれも「連合表現」と括って、あまり両者を区別するべきではないと説いている[8]。, しかし、枕詞は『風土記』などにもあるように、歌の修辞が原型でないと思われる節があるのに対して、序詞というのはもっぱら歌の技法である。この点に両者の差異があると考えられる[4]。枕詞の源流については、早くは真淵の『冠辞考』のように、和歌の調子をととのえるものと理解されていた。しかし加納諸平は土地を褒めたたえる詞章が枕詞の原型であろうと考察し(『枕詞考』)、この考えが以降の研究に大きな影響を与えている。とくに近代になって、折口が諺を由来に持ち、祝詞の言葉などと共通性を持つ、呪力を持った特別な言葉(らいふ・いんできす)であり、それが後世になって形骸化していき、だんだんと言語遊戯的なものとなっていったと説明しており、学会では広く支持されている[9]。これは、『風土記』の例が地名にかかって賛美する例がおおいこと、また記紀歌謡などにみえる古い枕詞が土地や神名、あるいは人名など、固有名詞にかかる場合が多く、これらを讃美する表現とみられるためである。これが万葉集になると、一般名詞や用言にかかる枕詞も沢山使われるようになり、範囲が増大する。, また柿本人麻呂の時代になると、「天離(あまざか)る 夷(ひな)」というような否定的な意味を持った枕詞(都から遠く離れた異郷の意)もあらわれ、「讃美表現」という元々の枠組みも失われていき、修飾する五音句というふうに移っていく。このような変遷をたどった要因として、漢籍の知識の増加など、いくつもの要因が考えられるが、最大のものは、歌が「歌われるもの」から「書くもの」へと動いていったということが考えられている[10]。つまり、声を出して歌を詠み、一回的に消えていく時代から、歌を書記して推敲していく時代を迎えたことによって、より複雑で、多様な枕詞が生み出されたと考える。これは『万葉集』に書かれた歌を多く残している人麻呂によって新作・改訂された枕詞がきわめて多い[11]ということによっても、裏付けられることであろう。, 基本的に枕詞の成立に関していえば、折口以来の説というのは折口説を部分修正を施していくものとなっている。沖縄歌謡などに枕詞の源流を求める古橋信孝の研究などはその代表的なものであるといえる[12]。ただし、一方には『万葉集』における枕詞の実態としては連想や語呂合わせによるものもかなり多いこと、くわえて折口の説明は(文字資料の残らない時代を問題としているためやむを得ないことでもあるが)証拠を得難いことなどを問題として、そもそも枕詞とは言語遊戯(連想や語呂合わせ)とする理解もある[13]。なお、『古今和歌集』以降では意味よりも形式をととのえること、語の転換の面白さに主眼が置かれるようになり、新しい枕詞の創作も漸次減少していく傾向にある。また『万葉集』では「降る」にかかっていた枕詞「いそのかみ」を同音の「古りにし」にかけたり、やはり「天」「夜」「雨」にかかっていた「久方の」を「光」にかけるなど、古い枕詞のかかりかたに工夫を加えるケースも多い。, 『万葉集』以来の言語遊戯の例としては、「足引きの」→「足を引きながら登る」→「山」、「梓弓」→「弓の弦を張る」→「春」などの例を挙げることができる。ただし、「あしひきの」は上代特殊仮名遣の問題から、もともとは「足を引く」の意味ではなく、これは人麻呂による新しい解釈と目される。また、上代文学の例では「ちばの」「とぶとり」「そらみつ」のように三音節・四音節の枕詞も数例認められる。このことから、枕詞が五音節化するのは和歌の定型化とかかわっていると考えられる。定型化の成立が何時頃であるのかは詳らかではないが、「そらみつ」を「そらにみつ(空に満つ)」と改めたのも人麻呂と推測され(『万葉集』巻第一・29番)、枕詞の創造・再解釈に関しては、この歌人によるところが多いことは事実である。『万葉集』では概ね五音節の枕詞が使われており、7世紀頃には固定化されていったものと推測される。, なお、韓国人系・朝鮮人系の人たちの中には、古代朝鮮語および漢字に起源を求めようとする論者も少数だが存在する[14][注釈 2]。, ただしこの「まくらことば」は「まろら、ことば」(我ら、言葉は…)の誤写ともいわれる, 『人麻呂の暗号』,『古事記の暗号』,『枕詞の暗号』(『枕詞千年の謎』 改題)(新潮社), 朝霧の中でぼんやりとしか見えないという意味から。「乱る」は乱れ散って晴れるという意も。, 本来、信濃の枕詞は「水薦苅」すなわち「みこもかる」であったが、近世に「薦」を「篶」の誤字とする説が有力となり「みすずかる」が広まった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=枕詞&oldid=77756333, 「朝露の 消(け)やすき命…」のような譬喩的関係(朝の露は消えやすい、その露のようにはかない命)のもの, 石走る・岩走る(いはばしる)→近江(あふみ)、垂水(たるみ)、滝、神奈備(かむなび), 味酒(うまさけ)→三輪、三室、鈴鹿、神奈備(かむなび)。「味酒の」、「味酒を」という派生形もある。, 大船の(おほぶねの/おほふねの)→頼み、たゆたふ、ゆくらゆくら、ゆた、津、渡り、香取, 唐衣・韓衣(からころも)→着る(きる)、裁つ(たつ)、はる、袖、裾、褄(つま)、紐(ひも), 細波の(さざなみの)→近江、大津、志賀、なみ、寄り(より)、夜 など。「さざなみや」とも。, 白妙の・白栲の(しろたへの)→衣(ころも)、袖、袂、紐、領巾(ひれ)、雪、雲、波、浜、木綿(ゆう)、藤(ふぢ)、富士, 射干玉の(ぬばたまの/むばたまの)→黒、髪、夜、夕べ、月、夢 など。「うばたまの」に同じ。, 春日(はるひ/はるび)→春日(かすが)。「はるひの/はるびの」、「はるひを/はるびを」とも。, 真澄鏡・真十鏡(まそかがみ)→見る、懸く、床(とこ)、磨ぐ(とぐ)、清し、照る、面影、蓋(ふた). 空蝉を忘れられない源氏は、彼女のつれないあしらいにも却って思いが募り、再び紀伊守邸へ忍んで行った。そこで継娘(軒端荻)と碁を打ち合う空蝉の姿を覗き見し、決して美女ではないもののたしなみ深い空蝉をやはり魅力的だと改めて心惹かれる。源氏の訪れを察した空蝉は、薄衣一枚を脱ぎ捨てて逃げ去り、心ならずも後に残された軒端荻と契った源氏はその薄衣を代わりに持ち帰った。源氏は女の抜け殻のような衣にことよせて空蝉へ歌を送り、空蝉も源氏の愛を受けられない己の境遇のつたなさを密かに嘆いた。, 控えめで慎み深く、小柄で容貌も美貌とはいえない地味な女性であったが、立ち居振る舞いが際立っており趣味も良かった。源氏の求愛に対しても、悩み迷いながらも最後まで品良く矜持を守り通し、始めは彼女を見下していた源氏を感心させている。, 彼女のモデルに関しては、境遇や身分が似ているため、作者(紫式部)自身がモデルではないかと言われている。, この人物は空蝉と呼ぶのが慣例であるが、テキスト本文では帚木と呼ばれる箇所がある。「かの帚木もいざなはれにけり」(関屋), 元々は上流貴族の娘(父は中納言兼衛門督)として生まれ育ち、宮仕えを希望したこともあったが、父の死で後ろ盾を失った。そのため心ならずも、伊予介(伊予国(現在の愛媛県)の国守の次官)を務める男の元に後妻として嫁ぐ。伊予介の前妻の娘(軒端荻)とはほとんど同年輩というかなりの年の差結婚で、伊予介は空蝉を非常に愛していたが、当の空蝉は受領の妻という下の身分に零落したことを恥じており、夫への愛も薄かった。彼女の幼い弟の小君も共に引き取られていて、小君は後に源氏に仕えて源氏と空蝉の文使いなどもした(後に源氏が須磨に蟄居した時は、姉と共に常陸へ下っている)。, ある時義理の息子の紀伊守邸で、折しも方違中で彼女の噂を聞いていたことから興味本位に忍んできた源氏と情を通じてしまう。若く高貴で魅力的な源氏の求愛に心の底では空蝉も惹かれ悩みながらも、聡明な彼女は身分が釣り合わない立場であることを理解していた。一度は身を許したものの、その後はいくら源氏に掻き口説かれても誇り高く拒んで決して靡こうとはせず、その後夫に従って京を離れた。, 皮肉にも、驕慢な貴公子であった源氏にとって、空蝉の拒絶が彼女を忘れられない存在にした。その後「関屋」帖で二人は再会するが、間もなく夫を亡くした空蝉は継息子・紀伊守の懸想を避けるため出家、源氏は尼となった彼女を二条東院に迎えて住まわせた。, 藤壺中宮 • 葵の上 • 紫の上 • 明石の御方 • 花散里 • 女三宮 • 空蝉 • 軒端荻 • 夕顔 • 末摘花 • 源典侍 • 朧月夜 • 朝顔の姫君 • 六条御息所 • 筑紫の五節, 頭中将 • 左大臣 • 大宮 • 右大臣の四の君 • 柏木 • 紅梅 • 弘徽殿女御 • 雲居の雁 • 玉鬘 • 近江の君 • (宮の御方), 先帝 • 前坊 • 右大臣 • 兵部卿宮 • 式部卿宮の北の方 • 藤式部丞 • 藤原惟光 • 藤典侍 • 源良清 • 宣旨の娘 • 秋好中宮 • 王命婦 • 北山の尼君 • 明石入道 • 明石尼君 • 大夫監 • 髭黒 • 髭黒の北の方 • 真木柱 • 落葉の宮 • 一条御息所 • 小侍従 • 巣守三位, 薫 • 匂宮 • 宇治の大君 • 宇治の中君 • 浮舟 • 弁の尼 • 春宮・今上帝 • 女二宮 • 六の君 • 中将の君(浮舟の母) • 常陸介 • 左近の少将 • 横川の僧都 • 小野の妹尼, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=空蝉_(源氏物語)&oldid=76052092, 『源氏物語』に登場する女性の一人に対する通称。十代の頃の光源氏が知り合い、影響を受けた女性たちの一人である。名前の由来は、求愛に対して一枚の着物を残し逃げ去ったことを、源氏がセミの抜け殻によそえて送った.

レアード ロッテ 残留 9, 鬼滅の刃 しのぶ 死亡マンガ 8, プロスピ2019 清原 顔 24, カクタス 事務所 オーディション 14, 時の流れ 英語 ことわざ 5, 浴衣 仕立て 格安 ミシン 8, ドリカム ダンサー 武ちゃん 26, デニム生地 マスク 苦しい 25, 恋ステ 2020 夏 曲 4, マスク 洗い方 ファンデーション 22, ドラクエウォーク Ar 平坦な 20, 東のエデン ノブレスオブリージュ 意味 6, 無差別曲線 需要曲線 導出 4, ゲド戦記 アレン 受け 12, 奈良女子大学 推薦 評定 7, クワガタ ライトトラップ 車 20, カロリーメイト Cm 2020 15, Git リモートブランチ 作成 9, Googleサイト 社内ポータル サンプル 9, コルギ 顎 短く 11, あつ森 グラハム メガネ 4, ファントミラージュ Dvd ラベル 5, 月組 エリザベート 2009 5, 北の国から 動画 Youtube 12, ミミッキュ みがわり 調整 4, Apex 日本語 チャット 7, 人生逆転ゲーム 森下 ネタバレ 4, Full Hd 1080p ドライブレコーダー 取り付け 14, 安室奈美恵 父親 フィリピン 4, ドタキャン され た後連絡 12, サザエさん Bgm フリー 4,

Leave a Reply