迷宮グルメ 異郷の 駅前 食堂 年越し 8時間スペシャル 12

◇ハンガリー・ミシュコルツ駅 ヒロシが出演する「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 年越し5時間スペシャル」(bs朝日)が本日12月31日(火)に放送される。 All Rights Reserved. ◇ミャンマー ・ダニンゴン駅 迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 韓国とフィリピン 2つの異郷を放浪の旅, ◇韓国・チョンゴク駅 ◎韓国・チョンゴク駅の駅前で元教師だというお年寄りに韓国語を教えてもらうことに。なぜか踊り出すおじいさんにヒロシさんも困惑… ■2019年1月1日(火)午前6:00~ ⇒詳細はこちら ■2019年1月1日(火)午前5:00~ クロアチア最安 「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」(毎週火曜夜11:00-11:54、bs朝日)で放送した15の地域をずらりと並べた「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 年越し8時間スペシャル」(夜11:00-6:55、bs朝日)が、12月31日(月)に放送されることが決定した。 ■2019年1月1日(火)夜0:00~ ◇クロアチア・ヴァラジュディン駅 村上信五「紅白司会落ちました」 ⇒詳細はこちら 「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」(毎週火曜夜11:00-11:54、BS朝日)で放送した15の地域をずらりと並べた「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 年越し8時間スペシャル」(夜11:00-6:55、BS朝日)が、12月31日(月)に放送されることが決定した。, 同番組は、ヒロシが世界の鉄道で旅をし、名前も知らない駅で途中下車。右も左も言葉も分からない土地で、ジェスチャーと勘だけを頼りに「地元の人に愛される駅前食堂」を探し出す、「ゆるめの“行き当たりばったり感”」が人気の番組だ。, 今回は、これまでに放送した15の地域以外にも、新年を迎える夜0時から新作の韓国編を放送。, 韓国・チョンゴク駅で婦人が一人で切り盛りする店に足を運び、韓国のおふくろの味を堪能する。また、駅前では元教師だというお年寄りに韓国語を教えてもらう事に。ヒロシは無事、韓国語をマスターする事ができるのか。(ザテレビジョン), Mr.マリック「マジシャンは一体どうなってしまうのだろう」最先端の4Kカメラが“超魔術”の秘密を丸裸に, 日本一のテレビ誌がお届けするエンタメ、芸能最新ニュース! 人気タレント・アイドルの最新エンタメ情報や、ドラマ・バラエティー・アニメなどの新番組速報、記者が集めた独占情報が満載! 芸能人データベース「スタ☆スケ」で最新出演情報もチェック!. 初の無観客ライブ 土屋アンナ涙 俳優キム・ジフン、海外ドラマの”違法ダウンロード”で謝罪 「著作権について理解不足…申し訳ない」, 俳優キム・ジフン、著作権侵害?バラエティ番組で映った自宅シーンで違法ダウンロードした海外ドラマを視聴か, ファンミやコンサートで活用! 応援用のうちわやボードに役立つフレーズ/韓国語ジャーナル2020②, <WKコラム>「TWICE」、「クイズの上のアイドル」で先輩ニックン(2PM)とクイズ対決!サナは韓国語を絶賛され、モモはダンスで魅せる!, 「PENTAGON」、デビュー4年で初めて音楽番組で1位に「楽ではなかった道…支えてくれたファンに感謝」, 「やべぇ…」ヒロシが凍り付くほどのアクシデント発生…無事”ぼっちサイト”を完成させる事ができるのか<ヒロシのぼっちキャンプ Season2>.   迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 マレーシアとオランダ 2つの異郷を放浪の旅 ⇒詳細はこちら new!   Copyright (c) 2020 KADOKAWA. new! ⇒詳細はこちら ⇒詳細はこちら ■2019年1月1日(火)深夜2:00~ ⇒詳細はこちら - 木村大作氏、渡哲也さんを悼む「男から見ても、あんなにうつくしい顔をしていた俳優はいない」, 「ゆるめの“行き当たりばったり感”」でヒロシと年越し! 迷宮グルメ8時間SPの放送決定. 博物館・美術館・ギャラリー, この建物は以前にも見たことがある。クロアチア国立劇場。翌日、ここでバレエを見ました。後で旅行記にします。, クロアチア国立劇場の向かいに美術工芸博物館。そんな美しい建物を見ながら歩いていました。, イリツァ通りまでやって来ました。蚤の市が行われているブリタンスキー広場はもうすぐです。イリツァ通りにすごく共産主義的な柄の建物。, 目当てのブリタンスキー広場の蚤の市に到着しました。TVと一緒の風景。ここブリタンスキー広場の蚤の市は土・日のみ。他の日は野菜や果物の市場です。今までザグレブに3度来た事がありましたがこれまで全然この蚤の市のことを知らず、「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」ザグレブ編でヒロシさんが行っているのを見てこの蚤の市のことを知りました。, 実はホテルを出る前にトイレを済ませたはずなのに、寒かったせいかここまで歩いてる最中にトイレに行きたくなって困ってました。ブリタンスキ広場の手前にスーパーを見つけて入ってみたものの客が利用できるようなトイレは見当たらず、日曜9時頃では開いている店も見つからないまま到着してしまったのですがなんと蚤の市の広場にトイレがありました。ご丁寧に英語でFree of chargeとまで書いてありました。屋外にある割には綺麗なトイレでした。助かった。そしてこのスタンドでここから帰る時にトラムのチケットも買いました。, いざ!ザグレブの蚤の市にはどんなお宝があるかな?9時すぎだとまだ開店準備中の出展者も。, 無造作に転がってる西洋人形・・・。シャンデリア綺麗だけど、持って帰るの大変だし日本で使えるのかな?, 陶磁器も多く、マイセンもありました。でもマイセン、偽物も多そうだしな。そんなに目利きじゃないからな~。, 蚤の市が開かれている広場の一角にはカフェで日曜の朝をくつろぐ人も。でもこの時、1℃とか2℃とかぐらいだったと思う。寒いのに、外でコーヒーか。, ぐるぐる何周か見てまわって、私が気になったのはこのベルトのない腕時計まで売ってるこの店の、, シルバーの小さなケース。細かい細工がしてあって綺麗。これなら荷物にもならないし、名刺入れにしてもお洒落かも。でも意外とお値段しました。「シルバーだからね」と。, このユニフォームも気になったな~。他に、アンティークな白蝶貝のオペラグラスもありました。ウィーンよりは安かったけどそれでも買おうと思えるお値段では無く、結局ここでも買わずじまい。, ヒロシさんがランタンを買っていたお店のおじさん、いるかな~と探して見ましたがいませんでした。1時間強、蚤の市を楽しんでここを後にしました。その頃にはお客さんも増え、賑わっていました。ウィーンの蚤の市は家庭の不要品を持ってきているだけのような人も結構多かったですが、こちらはそんな感じの店はありませんでした。, 蚤の市の一角の、トイレと同じ小屋のスタンドでトラムのチケットを購入し、トラムに乗ろうとしましたが乗り場が無い。行きたい方向と逆方向の乗り場は蚤の市のすぐ前にありましたが私が行きたい方向の乗り場がわからず、イリツァ通りを東に歩いて行きました。イリツァ通りの素敵な建物, が、どうもほぼ1駅分歩いたよう。ブリタンスキ広場の西側ちょっといったところにあったようです。, またこちらのフロントで座ってチェックアウト。シティタックス8knの請求だけありました。キャリーケースを預けて、この後サモボルにクレムシュニテを食べに行きました。サモボル編はまた後日別の旅行記を投稿します。, サモボルから帰ってきたのは15:30。イェラチッチ広場の一角にZagreb360°という展望箇所にこれまで行ったことがなかったので行ってみました。ここは同日中なら何度でも再入場出来るので、明るい景色と夜景の両方を見ようと思ってました。本当なら先に宿の移動をしようかと考えていましたが暗くなるのが早いこの時期、とりあえず明るいうちに登らないと!入口は「ERSTE」と銀行の名前が書いてあったのでここは銀行で他に入口があるのかとさがしましたが、ここがzagreb360°の入口でした。, エレベーターで16階へ。ここ、確か「ザグレブアイ」という名前だったと思うんだけど、最近名称変わったのかな。, 今登っているのは写真一番左の建物です。ザグレブは他に高い建物が無いので16階で充分展望階です。, エレベーター内にも案内が掲示してありました。3歳まで無料、150cm未満のお子様30kn、大人60kn、家族150knvisa,master,americanezpress diners club JCB等各種クレジットカード可日本語のHPあります。https://www.zagreb360.hr/ja/, エレベーターを16階で降りた所で入場料の支払いました。展望階といっても、フロアのほとんどがガラス張りのカフェでその周りの通路に出られるようになっているという感じ。他にもお客さんがチラホラ。, まず最初に目に入るのはイエラチッチ広場と聖母被昇天大聖堂。ちょっと天気がイマイチなのが残念ですが、翌日はヴァラジュディン&トラコシチャン城に行こうと思っていたので明るいうちに帰ってこられるかあやしかったのでこの日しかありませんでした。, 聖母被昇天大聖堂の左(西)側、ドラツ市場。この時間はもうお店は撤収してぽっかりとスペースが出来ているように見えます。, 南側。左の木々が見えているところがズリンスキ広場。手前のガラス張りの近代的な建物はホテルドブロヴニク。私が前日宿泊したエスプラナーデホテルは正面奥にあります。, 最後にもう一度イェラチッチ広場を見て一旦ここを後にしました。先ほど入場料を払った受付のスタッフに後でもう一度来るというと手の甲にスタンプを押してくれました。ところで、ザグレブの宿の候補にイェラチッチ広場に面したアパートメントも検討していました。大晦日にこのZagreb360°の建物の屋上から花火が上がるので、このアパートメントなら部屋から花火が見られそう、というのが大きな理由でした。数日検討を重ね、いざ予約しようとしたら前日までの10倍ぐらいの値段に跳ね上がっていてやめたのですが、やめてて良かった。左から2番目のピンクのシートで覆われた建物です。こんなシートで覆われてたらせっかくイェラチッチ広場ビューの部屋でも何も見えません。, エスプラナーデホテルにキャリーケースをピックアップしに行き、この日から2泊するアパートメントのオーナーに今から行くと連絡を入れました。すぐに返信があり、ザグレブ中央駅からのトラムでのアクセスの詳細が書いてありましたが、そこに「今日は週末だからチケットは買わなくて大丈夫よ」と。どうもザグレブは土日祝日はトラム無料のようですが、そのことをあまり公にしていないような・・・。と言うのも、旅行前に調べていた時に「元旦はなぜかトラムが無料だった」と書いていた人がいたので気になってザグレブ観光協会や交通局のHPを確認しましたが、どこにも交通機関が無料になる日があるとは書いてありませんでした。この日の朝、チケットを買った売店のスタッフもそんなことは教えてくれなかったし。すでにこの日、その都度律儀にチケットを打刻して何度も乗っていました。30分チケット4kn(約\70)という格安なんでまあいいんだけど・・・。, 向かったこの日からの宿はほぼイリツァ通り。日本のガイドブックにも出てる有名なクロアチア郷土料理レストランがほぼ向かいにあります。ここはカウントダウンの花火から帰る際に大通りだけを通って帰ることが出来るところの方が安全だろうと思い、この立地で選びました。, エレベーターのない建物の3階、ということでしたがまあ日本で言うところの4階なので、その点はちょっとしんどかったかな。ホストより私の方が先に到着したので入口で少しだけ待ちましたがすぐに来られて鍵をもらい中に入りました。狭いけど清潔、綺麗です。, air b&bで予約していたので支払は済んでいますが、パスポートの提示のみ求められました。この辺は夜でも安全よ、ということや水道水も飲めるという説明もありました。部屋には冷蔵庫、湯沸かしポット、紅茶とチョコレートやクラッカーなどのちょっとしたウェルカムスナックも置いてありました。, ザグレブのクリスマス市の地図や日本語のガイドブックもくれました。ホストにもよりますが、普通のホテルよりもホステルや個人宿の方がこの辺は親切、丁寧に教えてくれることが多いです。引出の中にはフォーク、スプーン、ナイフ, このアパートメントは玄関はもう1物件と共同ですがそれぞれの部屋に専用のシャワー、トイレも付いています。, ホストが帰った後、「Wifiのパスワード聞くの忘れた!」と焦りましたが、玄関横のボードに書いてありました。ちなみに私はAir B&Bで予約していきましたがここはbooking.comにも掲載されていて、9.6という高評価を得ています。, 同じ建物の他の階にこんなホステルが入ってました。ほぼ韓国人専用かな?大韓航空は、2018年秋からザグレブに直行便を出すようになりました。プラハへの直行便あるし、いろいろな問題がTVで取りざたされている航空会社だけど就航地の選択はセンスが良いんじゃないかと。私にとってはうらやましいばかり。, 部屋で一服して、さあ晩ご飯と夜景観賞に出かけましょう!昨晩、満席で食べられなかったシュトルクリの店に行こうとイリツァ通りを歩き出したらサンタトラムとすれ違いました。, 一番後にサンタさんが乗車して手を振ってくれた。嬉しそうに写真を撮ってたのは私だけでした。こちらの人達はもう慣れっこ?これも普通のトラムのチケットで乗れるのかな?と思ったら, イェラチッチ広場にサンタトラムのチケットブースがありました。2018/12/1~2019/1/6 平日16:00~19:00、週末 10:00~14:00、16:00~19:00 25kn, まずは腹ごしらえを、とシュトルクリの店La Strukに行ってみましたが昨晩と同じく満席だと断られました。一瞬考えてじゃあ持ち帰りは出来るか聞こうとしたらもう既に店員さんは背中を向けて向こうに向かってたのでそれも聞けず...。そしてまた向かいにあったNokturnoに入ってみましたが行列・・・。店員さんに声を掛けようとしても目も合わせようとしない、といった状態はこれも前日同様。「ヨーロッパで1番のクリスマスマーケット」で街がキラキラ綺麗なのは良いんだけど、人が多すぎてどこもレストランがいっぱい。困りながら歩いていたらドラツ市場の角のクロアチアのソウルフード、チェバピの店「Plac」なら空席が有りました。, チェバピは翌日、ヴァラジュディンでヒロシさんが行った店で食べようと思っていたのですが、他に食べたい物も思いあたらないしもうここにするか。(ヒロシさんは食べた時しかめ面をするのでまずいのか?と思わせますが、たいてい「ウマイ」という感想です。いつもウマイものに巡り会えてすごい。ただ、私が番組を見ていてこれまで唯一「ウマい」と言わなかったのがヴァラジュディン編。それはそれで興味がありました。)12月下旬の営業時間はこんな感じ。やっぱりクリスマスや正月はお休み。, カジュアルな店内。テイクアウトのお客さんもおおかったです。美味しそうなパンやパイの数々。よく見ると地球の歩き方にもチェバピはクロアチアの料理として紹介されていましたが、過去3回もクロアチアに来ているのに「迷宮グルメ」を見るまで知りませんでした。, 飲み物はクロアチアのビール、カルロバチコの黒。チェバピはサイズに迷ったすえ、Sサイズを頼んだのに大きなお皿にめいっぱいの物が出てきました。これは本当にSサイズ??, サイズの違いは中身の肉の量で、バンズの大きさはどれも一緒なのかもしれません。食べてみるとかなり塩辛い味付けのお肉でした。付け合わせは生のタマネギ。さっぱりはするけど辛い。Sサイズでも最後の方は食事のペースが落ちるぐらい。お腹いっぱいになりました。, 皮付き、ナチュラルカットのほくほくしたポテトを期待して、サイドオーダーも付けたのに、残念ながら細長いタイプのポテトでした。マ○ドやん・・・。, これならイエラチッチ広場に面した店でピザやフィッシュ&チップスを売ってた店のヤツの方がよかったんじゃない?この店、結構流行ってました。, ビールとチェバピでお腹いっぱいになって、夜景を見にZagreb360°の再入場に行きました。イエラチッチ広場からZagreb360°。あそこに行きます。, この日はまだ12月30日ですが、もうカウントダウンパーティでも始まっているかのようにはしゃいで2階のテラスから大声で歌って踊ってる人がいました。, 受付は先ほどとおなじ女性。手の甲を見せようとしたら、顔を覚えていてくれてどうぞと、顔パスでした。あ~、やっぱり夜景の方が綺麗。, イエラチッチ広場にはステージも出来ていて、大晦日、私がのぞいた時はウィンナーワルツを演奏していました。, 写真中央に伸びているのがRadiceva通り、右側に派生しているのが前日食事をしたレストランもあるトカルチチェバ通り, イリツァ通り。右下の屋根にドームがある建物はデパートです。綺麗なステンドグラスがありました。そのうち旅行記に写真出します。, 暗くてわからないけどロトゥルシュチャク塔とケーブルカーがある方面。あの辺りのライトアップと, カタリニン広場が煌々と、楽しそうです。これは見に行ってみなければ!この辺りのクリスマスマーケットの様子は次の次の旅行記で。次はサモボルの旅行記を投稿します。, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。

衣類 匂い セスキ, ブルーレイ ダビング 消えた, 小学生 算数 つまずきポイント, エクセル セルの結合 文字を残す, 二 人目 出産 夫婦仲, マイクラ 渓谷 スライム, 間仕切り スライドドア 価格, ゴルフショット アップルウォッチ 使い方, Firefox Esr 通常版 違い, Excel アクセシビリティ 代替テキスト, ステーキガスト ランチ コスパ, すりこぎ 棒 離乳食 消毒, 社会人 英語 勉強 アプリ 無料, Mhw Mod Manager 解凍できない, ローソン 担々麺 成城石井, 大分駅 時刻表 上り, 犬夜叉 あやめ 原作, 冷製パスタ トマト缶 めんつゆ, 車高調 フロントのみ 販売, フォートナイト 問い合わせ 返信, モンハン4 チート やり方, フライパン 24cm 使い勝手, 八白土星 七赤金星 結婚, 数字 フォント レトロ コピペ, アップル ウォッチ アプリ 再インストール, クロノグラフ 40mm 以下, ホンダ ジョルノ 新車, Tough Boy 海外の反応, Iphone 写真 Jpeg 変換アプリ, Atok Passport プレミアム違い,

Leave a Reply