黒人 映画 ゲットアウト

監督:ジョーダン・ピール 出演:ダニエル・カルーヤ(クリス・ワシントン)、アリソン・ウィリアムズ(ローズ・アーミテージ)、ブラッドリー・ウィットフォード(ディーン・アーミテージ)、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(ジェレミー・アーミテージ)、スティーヴン・ルート(ジム・ハドソン)、キャサリン・キーナー(ミッシー・アーミテージ)、ほか, ここからは映画「ゲット・アウト」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, ある住宅街、黒人青年アンドレは夜道を歩いていたところを誘拐されてしまいます。数か月、黒人のクリス・ワシントンは若手の写真家。白人で大学生の恋人ローズ・アーミテージは、ローズの両親のもとへ挨拶に行くことを提案します。白人の両親が黒人である自分を歓迎してくれるか不安なクリス、しかしローズは、両親は人種差別なんてしないで歓迎してくれると言うので、ローズの実家、アーミテージ家へと向かいます。その道中でシカと衝突、白人警官から聴取されるクリス。運転していたのはローズだったが、警官のクリスに対する態度にローズは憤ります。アーミテージ家に着いたクリスはローズの両親から歓迎されます。ローズの母ミッシーは催眠療法を行う精神科医、ローズの父ディーンは神経外科医で、オバマ大統領支持者だと言ってクリスを安心させます。そして黒人のお手伝いさんジョージーナや、黒人の庭師ウォルターもいますが、なぜかよそよそしい態度で不自然な印象を受けます。クリスは禁煙できるよう催眠療法を勧められますが、その場は断ります。ローズの弟ジェレミーも交えてディナーをした晩、よく眠れないクリスは煙草を吸うため外に出てみると異様な光景を目にします。ジョージーナは窓に写る姿をじっと見つめている、ウォルターはなぜか陸上選手のように全力疾走するという、不可解な行動をとります。クリスはこれに恐怖を感じて家の中に戻りますが、そこでクリスはミッシーの催眠術をかけられてしまいます。深い眠りに落ちたクリス、翌朝目覚めたクリスは、悪夢を見たのだと思う。ミッシーはクリスに禁煙できるようにしたと言う。, 翌日、アーミテージ家でパーティが開催されます。招待客が集まり、みんなクリスに親しげに話し掛けてきます。招待客のほとんどが白人であり、自分に対する態度に気持ち悪さを感じたクリスは気が滅入ってしまう。盲目の画商であるジム・ハドソンも招待客の白人の1人で、ジムはクリスの目を羨ましく思っていた。そして黒人の招待客であるローガン・キングは、年上の妻である白人女性と参加していた。クリスはローガンに対してもジョージーナやウォルターのような不自然さを感じていた。クリスは運輸保安局で働く友人ロッドに催眠術などの不可解な体験を相談します。ジョージーナには携帯電話の充電を切られたりもします。ロッドは、白人はクリスをセックスの相手として利用するだけだ、と警告します。そして、ローガンの写真を撮って送るように言います。そこで、クリスがローガンの写真を撮ると、ローガンは逆上し「Get out 出て行け!」と叫び、クリスに襲いかかってきました。ローガンはミッシーの部屋に連れていかれ、催眠術によって落ち着きを取り戻します。不可解な出来事が続き何かがおかしいと感じたクリスはローズと共にパーティから離脱し、もう帰ろうと話します。その頃パーティでは、なぜかクリスの写真を使い、謎のオークションが行われています。そして盲目の画商であるジムが落札するのだった。クリスはローガンの写真をロッドに送ります。するとロッドはローガンを知り合いのアンドレという行方不明の男では?と疑います。クリスが帰り支度をしていると、ローズがローガンを含む多くの黒人男性や、ジョージーナと一緒に写った写真なども見つけ、ローズの行動について疑いを持ちます。クリスは急いで逃げ出そうとしますが、アーミテージ家族に阻止されます。ローズは車の鍵を渡さず、ジェレミーには襲い掛かられ、そしてミッシーにより催眠術にかけられクリスは眠りに落ちます。, 催眠から目覚めたクリスは椅子に縛り付けられていた。そして分かったこと、それは、パーティは黒人を標的にした秘密の組織の会合だった。ローズが黒人を恋人にして騙し、弟は誘拐をし、ローズの母が催眠術にかけ、父がビンゴオークション落札者である白人の脳みそを黒人に移植する。それにより、白人は黒人の肉体を使い、永遠の精神、生命を得られるという手術を、アーミテージ家は祖父の代から続けていた。全てはクリスを騙すための陰謀だったのです。ローズの父はクリスに盲目の画商ジムの脳を移植しようとします。オークションでクリスを手に入れたジムは視力を取り戻すために、クリスの肉体を望んだのです。クリスは再び催眠にかけられそうになるが、催眠の合図となる音を聞かないようにしていたため、なんとか自力で脱出を図ろうとします。ローズの弟ジェレミー、父ディーン、母のミッシーも倒します。, 車で逃げようとするクリスに、ジョージーナとウォルターが襲いかかります。ジョージーナにはローズの祖母、ウォルターにはローズの祖父の脳(精神)がそれぞれ移植されていたのです。車中でクリスともみあいになったジョージーナは、木に衝突したことで死にます。ローズとウォルターもその場に追いつき、クリスはウォルターによってライフルで襲われそうになるが、カメラのフラッシュによって催眠を一時的に解かれたウォルターは、クリスではなくローズを撃ちます。祖父の意識にもどったウォルターは孫を撃った罪悪感で、自分にもライフルを向け命を絶つのでした。まだ生きていたローズはライフルをもってクリスを殺そうとします。しかしそれに抵抗しローズの首をしめるクリス、しかしローズを殺せません。そこへ警察がやってきますがクリスは置かれた状況に、自分が悪者にされそうになります。しかし警察と共に駆け付けたロッドによってクリスは救われるのでした。ローズは去っていくクリスを見つめていました。, 以上、映画『ゲットアウト』のネタバレあらすじと結末でした。 映画『ゲット・アウト』とは | 初耳の《サプライズ・スリラー》 あらすじ(ネタバレ無し) 『ゲット・アウト』のネタバレ感想 ; 映画『ゲット・アウト』から学ぶ。人種差別のお話 ; そもそも人種差別って何のことなのか; 自由の国アメリカでの黒人差別 『ゲット・アウト』(原題: Get Out)は、2017年のアメリカ合衆国のホラー映画。白人のガールフレンドの実家を訪れたアフリカ系アメリカ人の青年が体験する恐怖を描く。監督・脚本はジョーダン・ピール、主演はダニエル・カルーヤが務めた。 白人で進歩的な考え方を持っていると自負していた新聞社代表のドレイトンは、娘の結婚相手と会って驚いた。知的で穏やかな紳士だが、肌の色が黒かったのだ。ドレイトンは自分の中にも根付いていた差別意識に戸惑いながらも、心の底から娘を祝福できない。そう、現実の差別は本や新聞で読むものとはまったく違う。身近に起こって初めて自覚できる感情なのだ。, スタンリー・クレイマー監督『招かれざる客』(1967)はアメリカの人種問題を考えるうえで貴重な作品である。娘の結婚相手を演じたシドニー・ポワチエは1963年『野のユリ』で黒人として初めてアカデミー主演男優賞を受賞した。いわば、黒人俳優の先駆者的存在だ。ポワチエは紳士的な物腰で、インテリ層の役柄を得意とした。これまでアクション映画の暴漢や貧民しか役を与えられなかった黒人俳優のイメージを更新したのだ。, しかし、実際のところポワチエの全盛期だった50年代~60年代のアメリカ黒人たちは圧倒的に白人よりも裕福ではなかった。学費がないのでインテリな仕事に就ける黒人は少なかったし、犯罪率の多い地域に住んでいる黒人たちも多かった。21世紀、状況は多少改善されたとはいえ、いまだに人種差別はアメリカ国内で続いている。罪のない黒人が迫害され、ときには命すら奪われる事件は絶えない。, ポワチエは黒人のイメージを良くしたが、「真実」を伝えたわけではない。『ゲット・アウト』(2017)は『招かれざる客』を下敷きにしながら、主人公をよりリアルな黒人に設定した。『招かれざる客』と同じく黒人男性であるクリス(ダニエル・カーヤ)が白人の彼女の両親に挨拶する物語だが、クリスは決してインテリではない。カメラマンとして安定した仕事には就いているものの、ジョークは軽快だしファッションもカジュアル、黒人の友人同士とはきわどいジョークも飛ばす。そう、『ゲット・アウト』は『招かれざる客』を現代的にアップデートした映画なのだ ── でも、それだけじゃないんだよな!, いくらなんでもネタバレ中のネタバレになるので終盤の展開を詳しくは書かない。しかし、クリスは彼女の実家、ローズ邸で非常に肩身の狭い思いをする。白人たちの集団にもなじめないが、もっとも違和感を抱いたのは数少ない黒人たちの様子だ。まるで19世紀の農場主のように、ローズ家には老いた黒人の使用人たちがいた。話しかけても上手く意思の疎通ができない。そして、来客の一人に若い黒人を見つけたクリスはようやく安心して仲良くなろうとする。ところが、彼はジャケットスタイルに身を包み、クリスの差し出した拳を普通に握手した。黒人同士なら、拳を付き合わせるのが挨拶なのに…。しかも、彼はジャズ・ミュージシャンだったと後で分かる。黒人音楽の代表的ジャンルに打ち込んでいた人間がまるで白人のように変わっていた。ローズ邸に集まった人々は親切だが、「黒人ならゴルフが上手いでしょ?」「夜のほうもすごいのよね」と偏見にあふれている。クリスは気が滅入ってしまう。どうして、同じ黒人のあいつらはこんな白人たちの中にいて平気なんだ?, クリスの疑問には意外なオチがあるのだが、ここでは『ゲット・アウト』がクリスの心象を通して描いている世情を説明したい。黒人差別が吹き荒れていた時代から、黒人の知識人や芸能人は「白人化」することで地位を築こうとした。シドニー・ポワチエが一部の黒人から嫌われていたのは彼の立ち振る舞いが白人そのものだったからである。現代でも「白人化」した黒人俳優は少なくない。ウィル・スミスは2016年のアカデミー賞を「黒人ノミネートがいない」という理由で欠席するなど、黒人の誇りをまったく捨てているわけではない。しかし、出演作品ではエリート役を好んで選んでいるし、ラッパー出身であるにもかかわらずスクリーンではスーツ姿ばかりだ。まあ、そもそもラッパー時代の楽曲もまったくストリート感覚がない「デトックスされた音楽」だったのだが。, しかし、ポワチエやスミスを「裏切り者」扱いするのはお門違いだろう。ハリウッドで生き残っていくためには、中枢のお偉い方と多くの観客に受け入れられるためのイメージ作りが重要だったという話だ。そして、アメリカでは黒人の文化に白人が憧れて吸収していくという逆転現象も起こっている。音楽界は典型だろう。エミネムのように黒人に囲まれて少年時代を過ごした白人ミュージシャンはともかく、黒人文化だったラップを白人受けのいいメタル風サウンドに乗せて歌う「メタル・ロック」は90年代に大流行した。ロックンロールもそもそも、ブルースなどの黒人音楽を白人が発展させたジャンルだ。普段は白人層から恐怖の対象である貧困層の黒人も、スポーツ選手になったら白人の観客から大喝采を浴びせられる。アメリカ白人は黒人への差別を終わらせない一方で、黒人の感性や肉体に憧れを向けているという矛盾した心理を働かせているのだ。, もちろん、全ての白人がこうした矛盾を抱えているわけではない。しかし、「自分に差別心はない」と考えている人にこそ、複雑な差別心は生まれているといえる。日本でもラップブームに乗って「黒人になりたい」と口にする少年少女が増えてきた。しかし、彼らの大半は黒人の「リズム感」や「身体能力」が欲しいだけであって、黒人のメンタリティーや社会的立場まで言及しているわけではない。人間を形成しているのは肉体だけでなく、それぞれの文化圏が積み上げてきた歴史だという発想が欠落しているのである。何もラップに興じる少年少女を批判したいわけではなく、同様の迂闊さはそれなりのステータスを獲得しているはずの人間にさえ見られるのだ。, 『ゲット・アウト』は容赦なく「差別などしていないよ」と主張したがる人々の欺瞞を暴く。我々はクリス側なのか、それともローズ側の人間なのか?その答えを考える時間こそがもっとも恐ろしい。, 京都在住、農業兼映画ライター。他、映画芸術誌、SPOTTED701誌などで執筆経験アリ。京都で映画のイベントに関わりつつ、執筆業と京野菜作りに勤しんでいます。, 『マイティ・ソー バトルロイヤル』ウォリアーズ・スリーをマーベル社長が語る ― シフの真相も. 今作『ゲット・アウト』のオープニングシーンは、ある住宅街の夜道で黒人男性が道に迷い困る様子からはじまります。 前時代的かつ一般的映画でいえば、イントロに登場する最初の人物は、映画の記号としてお約束である“若い女性”か、“間抜けな白人男性”と相場が決まっています。 ラストに全てが明らかになった後に思い返してみると、それまでのいろいろなシーンでミスリードされていたことに気づき、その巧みな伏線に感心されられます。 映画『ゲット・アウト』 ホラー映画にも黒人差別を学べる作品が。ジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』は、黒人と白人の間に存在する差別が、カタチを変えて根深く存在することを克明に描いたとして評価が高い。 映画『ゲット・アウト』では、白人男性が「今の流行りは黒人だ」と主人公で黒人のクリスに言う場面があります。 黒人のほうが強く、美しい。 もちろん、この言葉には裏があるわけで。 そう、『ゲット・アウト』は『招かれざる客』を現代的にアップデートした映画なのだ ── でも、それだけじゃないんだよな! 白人化する黒人たちと黒人に憧れる白人たち. ゲット・アウトは人種差別をテーマにしており、黒人は差別されるみたいな台詞が序盤から導入されています。 運転していないクリスに身分証明書の提示をしたのはてっきり 人種差別を表すため だと思いま … 世界はさらに悪くなるかもしれない。黒人と白人、双方の感情が理解できるピールは、自由を求めるひとへエールを送る幕切れにしたかったのだろう。ホラー映画だけれど、それだけではない。『ゲット・アウト』は幾重もの味わいがある作品だ。 ホラーではありますが、エンターテイメント性も高く、そしてアメリカに根強く残る黒人差別についても、改めて考えさせられるとても良い映画でした。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. 『ゲット・アウト』は、主人公のアフリカ系アメリカ人の青年クリスが、恋人である白人女性の自宅に招かれ、そこでひどい目にあうという内容です。 2017年もっとも話題になったホラー映画。 ゲット・アウト 持つべきものは友達 公開前から大注目だった映画。 予告を見る限りでは「差別」をテーマとしたホラー映画のようでした。 しかし、その斜め上を行く素晴らしい作品だった。 get out=出て行け 同監督の最新作もチェック! 続いて、ゲットアウトの伏線について解説をします。, ハンサムなアフリカ系の青年と上流階級の白人の女性との恋愛模様を描き出していく1967年の名作「招かれざる客」のリメイク版かと勘違いしていたら、予想外のストーリー展開に驚かされました。永遠の若さと肉体を望んでしまう人間の心の弱さと、人種の壁を越えてお互いを理解し合うことの難しさについて考えさせられました。, 演技も物語の展開もよく出来ていて楽しめます。人種差別というとても痛みを伴うトピックをここまで面白く、そしてインパクトのある形で映画にできたのは素晴らしいと思います。ユーモアとホラーが両立している稀な映画。, 自分が思っていた展開とは全く違う方向に向かって行く物語に最後まで目が離せませんでした。

Ark インプラント 不安定 35, 不愉快 言い換え ビジネス 9, Sakura 藤原 さくら 歌詞 4, 覚醒武器 切れ味 紫 8, Planet Express オレゴン 7, エアガン 塗装 ミッチャクロン 29, スピリチュアル グッズ ボイス 9, Pubg グループ 抜け方 22, 力士 出身 高校 9, ドラゴンヘッド ドラゴンテイル 相性 5, ガンバ大阪ユース セレクション 2020 4, 鉋 研ぎ コンパウンド 8, 東京オリンピック ロゴ ダウンロード 7, ぐらんぶる Raw 54 49, ジュラシックワールドエボリューション ジュラ紀 攻略 4, 大牟田 土産 人気 6, はじめの一歩 青木 伊賀 10, 東京タラレバ娘 2020 坂口健太郎 7, ポケモンxy ディアルガ 入手方法 28, 俺のスカートどこいった 1話 Pandora 7, パナソニック 冷蔵庫 製氷皿 取れない 4, うたプリ カミュ スチル 9, 東横線 青ガエル 時刻表 24, Adsr 取り扱い店舗 千葉 5, 宅 建 業協会 賃貸借契約書 11, ヘムヘム 犬 猫 13, 春 花火大会 2020 4, 市川由衣 旦那 馴れ初め 27,

Leave a Reply