archer a10 スタンド 4

旧ルータ(RV-230SE)と新ルータ(TP-Link Archer A10)の接続方法. NEC AtermWF1200HPは、アンテナが飛び出ていないスッキリしたデザインで、老舗メーカーNECの名作ルーターです。, しかし、木造2階建て一軒家の我が家は「場所によってはWi-Fi電波が届かない」など、Wi-Fi環境の悩みごともちらほら出てきました。, そこで選んだのが、ルーターのトップシェアメーカー、TP-Linkの「Archer A10」。, Archer A10は2.4GHzと5.0GHz、2種類のWi-Fi電波(2つの周波数帯)を持つデュアルバンドのルーターです。, 東京在住のサラリーマンで、品川のコワーキングスペース「Ray Terrace(レイテラス)」も運営しています。当ブログでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。 本体の電源を入れ、PCからArcher A10のWi-Fiネットワーク名(SSID)に接続します。, 「自動検出」ボタンをクリックし、インターネットの接続タイプを検出します。本記事では「PPPoE」を例に説明します。, 次世代規格「Wi-Fi6」とはなんぞや? メッシュとの違い・メリットデメリットを丁寧に解説, 【最強】メッシュWi-Fiルーターのおすすめはどれ? GoogleとBUFFALOとVELOP・Orbi・TP-Linkを徹底比較!, 【爆速】Wi-Fi6対応ルーターのおすすめはどれ? ASUS・バッファロー・NETGEAR・TP-Linkを徹底比較!, トライバンドWi-Fiルーター比較!BUFFALOかTP-LINK・ASUSどれがおすすめ?, 【TP-Link Archer A10レビュー】MU-MIMO対応の高速デュアルバンドWi-Fiルーター, 【TP-Link Archer C80レビュー】3×3 MIMO対応で最大1Gbps超えの高速デュアルバンドWi-Fiルーター, 【Linksys MR9000X AC3000レビュー】ゲーマーに特化したトライバンド対応メッシュルーター, 【Archer AX6000レビュー】最大2.5Gbps対応WANポート搭載のTP-Link初Wi-Fi6ルーター, 【TP-Link Archer C5400レビュー】トライバンドルーターのハイエンド機種【設定・評判】, 【定額制最安値】それがだいじWiFiの評判・口コミをレビュー!100GB保証プラン最強かも…?, 【意外な結果】ZEUS WiFiの口コミ・評判をレビュー!サービスの内容も神なのか…?, 5GHz 1733Mbps(11ac) + 2.4GHz 800Mbps (11n). All Rights Reserved. 高速ルーターTP-Link Archer A10(AC2600)を購入したのでレビュー。iPhoneなどでWi-Fi接続が途切れるので最大接続台数の多い機種に買い替えたら、爆速で快適になりました。 TP-LinkのArcher A10のwi-fi回線てよく繋がらなくなりませんか? うちでは月に数回、wi-fi接続が切れてしまいます。 トラブルの原因のArcher A10 ↓ こちらのTP-Link製Archer A10はAmazon choiceに選定されています。 Amazonのレビューは4.5と評価も高い商品なんです。 Copyright© 2014-2020 シンスペース. TP-Link、税別9,900円の無線LANルーター「Archer A10 Pro/A2600 Pro」 ... なお、2機種とも本体規格は同一で、「Archer A2600 Pro」には縦置きスタンドが付属する。 Wi-Fi6に対応した無線LANルーターでは最安レベルの「Archer AX10」を購入しレビュー。wifi環境が良くない私の自宅でインターネット速度が向上して改善するのか徹底的に検証しました。 © 2020 Makurin Net All rights reserved. 光回線の通信速度が遅くて従来のPPPoE接続ではなくIPv6 IPoE(V6プラス)を使ってる方も多いかと思いますが、我が家もPPPoE接続だと速度が遅すぎてV6プラスを使っています。, V6プラスは国内メーカーのWi-Fiルーターは対応している端末が多いですが、海外メーカーのWi-Fiルーターは非対応のものがほとんどなんですよね。選択肢がとても少ないのです。, そんな中で、TP-LinkのWi-Fiルーター・Archer A10 ProはV6プラス(IPv6 IPoE)の通信に対応しています。しかも、価格が9,980円とお安い。V6プラスに対応し最大1733Mbpsで通信できるので普通の使い方においては十分すぎる性能となっています。, ということで、TP-LinkさんがArcher A10 Proを提供してくれたので、Archer A10 Proのサイズ、使い勝手、通信速度などをレビューしていきたいと思います。V6プラス対応のWi-Fiルーターを探している方は参考にしてみてください。, 「Pro」とはいえ、1万円以下で買うことができるWi-Fiルーターなので上位モデルで対応しているトライバンドやWi-Fi 6といった見た目の派手さはないですが、デュアルバンドのWi-Fi 5でも十分すぎる高速通信ができます。, 5LDKの2階建の一軒家でも家全体の中央部分にルーターを設置できる環境であれば1台で運用も可能ですし、通信速度を計測すると国内メーカーのWi-Fi 6対応ルーターと遜色ないどころかそれ以上の速度が出ていました。, Wi-Fi 6は数多くの端末を使う時に恩恵を受けることができるので、一般家庭においてはArcher A10 Proが1台あれば快適な通信環境を手に入れることができると思います。, Archer A10 Proは従来のPPPoE接続だけでなくIPv6 IPoE(V6プラス・DS-Lite・IPv6ブリッジ)の接続にも対応したWi-Fiルーターとなっています。, IPv6 IPoE(V6プラス)は日本独自の規格なので海外メーカーのWi-Fiルーターは対応してない端末が多いですが、Archer A10 Proは対応しているのがいいですね。, Wi-Fiルーターの設定は設定画面からプロバイダの接続IDとパスワードを入力して接続するPPPoE方式が一般的ですが、この方式だとフレッツNGN網のPOI/ 網終端と呼ばれるところを通過する影響により環境によっては通信速度が遅くなることがあります。, そこで、プロバイダでV6プラスなどのIPv6 IPoE方式によるサービスに切り替えることで、網終端を通過せずにインターネット接続できて劇的に通信速度を向上することができます。(PPPoE方式でも速度が速い環境の場合は効果はありません。), 我が家のインターネット環境は従来のPPPoE方式だと速度が全然出なかったので、IPv6 IPoE(V6プラス)を使っています。, 今まで、海外メーカーのWi-Fiルーターを使う場合は間にV6プラスに対応したWXR-5950AX12など挟む必要がありましたが、Archer A10 Proであれば1台でV6プラスによる通信ができるようになります。, Archer A10 Proは5GHz(1733MHz)+ 2.4GHz(800MHz)のデュアルバンドWi-Fiに対応しています。11acまでの対応なので11axのWi-Fi 6は使うことができません。, また、4×4 MU-MIMOにも対応しているので複数デバイスとの同時通信が可能で、使える帯域に各デバイスに振り分けをすることによってみんな(最大48台の端末)が同時に遅延なくインターネットを楽しめます。, また、Archer A10 Proは3本の外部アンテナと1本の内蔵アンテナを搭載し、端末のある場所へ最適な電波を送信できるビームフォーミングに対応しより遠くまで強度の高い電波を飛ばすこともできます。, Archer A10 Proは最大3階建ての戸建て、4LDKのマンションで使うことができます。, 我が家は2階建ての5LDKですが、Wi-Fiルーターを家の中央に配置できるようになっているので、Archer A10 Proの1台で使える通信環境を作ることができます。(さすがにベランダとかルーターから離れているところは届きにくい。), なお、TP-Link Deco X20を組み合わせることでWi-Fi 6のメッシュ環境を構築することも可能となります。, WPA3は2018年にWi-Fi Allianceによって導入されたセキュリティ規格となっていて、従来のWPA/WPA2よりも強固なセキュリティの元でインターネットを楽しむことが可能です。, 最新のiOS 14・iPad OS 14ではWPA/WPA2で接続している場合、Wi-Fiの項目に「安全性の低いセキュリティ」と表示する仕様となっています。, 「安全性の低いセキュリティ」って言われると気になってしまいますが、Archer A10 ProならWPA3に設定することができる(初期設定はWPA/WPA2になってる。)ので、安心の環境を構築することが可能となっています。, TP-LinkのWi-Fiルーターにはいくつかのラインナップがあり、Archer A10シリーズには「Pro」と「無印」のモデルがあります。, Archer A10 ProはArcher A10の上位モデルとで通信性能については全く同じですが、Archer A10 Proの方はTP-Link Home Careに対応するなどセキュリティが高くすることができます。, また、USBポートを搭載しているので外付けストレージをネットワークストレージにすることができるので幅広い使い方ができるようになっています。, Archer A10 Proは本体のほかに電源アダプタLANケーブル、説明書、SSID名と初期パスワードが記載されたカードが付属しています。, Archer A10 Proの筐体デザインは光沢のあるパネルと熱排熱を考慮したメッシュスタイルを採用していて価格の割にシンプルで高級感のあるものとなっています。, 筐体サイズは216 × 164 × 36.8 mmと一般的なWi-Fiルーターと同等の大きさとなっています。, ここでは平置きスタイルとなっていますが、Archer A10 Proの別売の縦置きスタンドを使うことで縦置きにすることもできるので、省スペースにWi-Fiルーターを設置することも可能となっています。, リビングなどに人の目に付くところに設置するなら縦置きした方がスマートかもしれないですね。また、筐体の裏側にくぼみがあるのでビスを壁に取り付けることで壁掛けスタイルで使うことも可能となっています。, 3つの外部アンテナ、筐体の中に内蔵アンテナを搭載し合計4つのアンテナを使うことで安定した高速通信ができるようになっています。外部アンテナは可動式となっているので、設置場所に合わせて調整することができます。, 大きさ控えめのWi-Fiルーターなのでリビングにそのまま置いても大丈夫ですし、どこにでも設置できる使いやすいサイズなのかなと感じます。, ルーター本体の背面側に「電源ポート」・「電源ボタン」・「WANポート(青)」・「LANポート(黄)× 4」を搭載しています。, 電源アダプタは付属のものを使いましょう。モデムからのLANケーブルは青色の「internet」のポートに接続することでWi-Fiルーターとして使うことができます。, 筐体の左側に、「Wi-FiのON/OFFボタン」・「リセットボタン」・「WPSボタン」を搭載しています。そして、Archer A10になかった「USB 3.0ポート」をArcher A10 Proは搭載しています。, USBポートに外付けハードディスクを接続することで同じネットワーク上に接続している端末からアクセスできるようになり、写真や動画、ファイルなどをワイヤレスでシェアが可能です。外出先からでも安全なVPN経由でストレージにアクセスできるので、簡易NASとして使うことができます。。, また、Archer A10 ProはWPSに対応しているので対応端末であれば設定なしで無線通信ができます。, 例えば、Wi-Fi対応のプリンターを接続する場合は通常は無線ルーターのSSIDや パスワードの設定が必要となりますが、WPSがあればワンプッシュで無線設定をすることもできます。, Archer A10 ProはWi-Fi 5(802.11ac/a/b/g/n)なので、Wi-Fi 6対応ルーターと比べるとスペックを数値上で比較すると微妙かなぁ…と感じてしまいますが、実際の通信速度はWi-Fi 6のルーターに見劣りしない性能となっています。, 参考までにELECOMのV6プラス・Wi-Fi 6対応のWRC-X3000GSの通信速度と比較してみましたが、まさかのWi-Fi 5のルーターであるTP-LinkのArcher A10 Proの方が圧倒的に速くて最大で500Mbpsの通信速度となってました。, 二階の子ども部屋は5GHzの帯域が届かずに2.4GHz帯域となってしまい通信速度は遅めですが十分使える速度となっています。設置場所をもう少し家の中央に設置できれば1台で家中をWi-Fiで十分満たすことができるでしょう。, もし、戸建てで家の中央に設置できない場合はArcher A10 Proを2台設置して片側をブリッジモードにして使うことで家中をWi-Fiの電波で満たすことができると思います。, 2台購入したとしても費用は2万円以内に収まってしまうって…安すぎですよね。なのに、通信速度はかなり速いのでコストパフォーマンスは最高といっていいかもしれません。, モデムとArcher A10 Proがしっかりと接続できてるか確認をして電源を入れます。, スマホの「設定」アプリの「Wi-Fi」の設定に「TP-Link_〇〇〇〇」か「TP-Link_〇〇〇〇_5G」という項目が表示されているはずなので、こちらをタップしてください。, 付属のカードやArcher A10 Proの筐体の裏側にパスワードが記載されてるので、入力して接続をします。接続が完了したらアプリに戻って「ローカルアカウントの作成」をするためにパスワードを入力します。, Archer A10 Proの設定はスマホに専用アプリ・TP-Link Tetherをインストールすることで簡単に可能となっています。, TP-Link Tetherを起動してTP-Link IDを作成してログインをします。, サインアップからメールアドレスとパスワードを入力するとメールアドレスに確認のメールが行くので認証用のURLをタップして手続きを完了します。これで登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインすることができます。, 次のArcher A10 Proの接続をしていきます。基本的に流れに沿っていくことで接続設定をすることができます。, Archer A10 Proに接続がうまくいくとローカルアカウントの作成が求められるのでお好きなパスワードを入力しましょう。, これはArcher A10 Proの設定をするためのパスワードとなります。これで、Archer A10 Proの細かい設定できるようになります。, V6プラス(IPv6 IPoE)の接続設定はとても簡単です。上記のパスワードの作成を完了すると「接続タイプを選択してください。」と表示されるので、ここから「v6プラス(MAP-E)」を選択して適用するだけで設定完了です。, すでに設定を完了している状態で設定を変更したりする場合はアプリのトップ画面にある「ステータス」からこの画面に入ることができるようになっています。, V6プラス(IPv6 IPoE)の設定はプロバイダのユーザーIDやパスワードが必要ないので、とにかく設定が楽なのがいいですよね。, PPPoEで接続する場合は「接続タイプ」を「PPPoE」に設定してプロバイダから送付されてるユーザーIDとパスワードを入力して設定をします。, GMO光はV6プラスを開通するとPPPoEの接続ができなくなるので、ここでは試せていないですが、アプリから簡単に接続設定ができるようになっています。, Archer A10 Proは初期設定状態では暗号化のタイプがWPA/WPA2となっているため、最新のiOS 14・iPad OS 14では「安全性の低いセキュリティ」という表示が出てしまいます。, このままの状態でも普通にインターネットができますし、自宅で使う分に置いては特に問題はないとは思いますが、少し気になるので最新のWPA3に切り替える方法を紹介します。, Archer A10 Proはスマホやパソコンのブラウザから詳細な設定を変更することができます。アクセス方法はブラウザのURLを入力する欄に「192.168.0.1」または「http://tplinkwifi.net」を入れることで可能です。, 管理画面の「ワイヤレス設定」の中に「セキュリティ」の項目があるので、「WPA/WPA2 パーソナル」から「WPA2/WPA3 パーソナル」に変更をして「保存」をすることでWPA3に変更ができます。, Wi-Fiの設定画面からも「安全性の低いセキュリティ」という表示が消えてスッキリしましたね。, 気になる方は設定変更をしておきましょう。詳しくはTP-Linkの公式ページにも記載されています。, Archer A10 ProはVPNサーバー機能を使うことができるWi-Fiルーターです。, 外出先からArcher A10 Pro経由でサーバーにアクセスしたり、NASストレージからデータを見たり、監視カメラの映像を閲覧するなど高度な機能を使うことができます。, ただし、V6プラス(IPv6 IPoE)でインターネット接続している場合はVPNサーバー機能は使うことができないので注意してください。(つまり、我が家の場合は使えない。), Archer A10 Proは9,980円という低価格Wi-Fiルーターでありながらも外部アンテナを3本、内蔵アンテナを搭載しているため安定した高速通信ができるようになっています。, Archer A10 ProはV6プラス(IPv6 IPoE)に対応しているので、PPPoE接続では速度が出ない環境の方でも使うことができるのが最大のメリットといっていいでしょう。, 専用のアプリがシンプルでとても使いやすいので、誰でも簡単に設定できるのもいいところです。現在の状況もアプリ上から確認することができますし、どのデバイスが接続されているかも全て可視化することも可能です。, 通信もとても安定してるので特に不満なところがないのですが、強いていうならArcher A10 ProはWi-Fi 6に対応していないところでしょうか。1万円以下のルーターなので仕方ないですが対応してたら最強でした。, 理論値の速度は1733Mbps + 800Mbpsと上位機種と比べると控えめですが、実際は上位機種と遜色ないくらいの通信速度が出るので、9,980円という価格を考慮すると十分すぎる性能を持っているとみていいでしょう。, メールアドレスを入力しなくてもコメントは残せます。メールアドレスが公開されることはありません。. Archer A10 ProはVPNサーバー機能を使うことができるWi-Fiルーターです。 外出先からArcher A10 Pro経由でサーバーにアクセスしたり、NASストレージからデータを見たり、監視カメラの映像を閲覧するなど高度な機能を使うことができます。 まずは娘が使っている(爆速だという)TP-Link Archer A10がIPoEオプションに対応しているかどうかをIIJのサイトで調べてみるとOKだったのでこれをいつものようにamazonで購入(スタンドとセットで8,000円)。 A10はAmazonの限定の型番らしい。 >TP-Link「A10」と「AC2600」、「A2600」の違い >型番が複数あってややこしいのですが「A10」はamazon限定の型番のようです。なので「AC2600」と同等品です。「A2600」は横置きスタンドが付いています。機能的には3つとも同じものです。 家ではスマホくらいしかWi-Fiを使わないなら433+150Mbpsなどのルーターでも困らないが、PCで使うには物足りない。それなら1733+800Mbpsにしよう。 デュアルバンド&MU-MIMOに対応した高速無線LANルーター。5GHzで最大1733Mbps、2.4GHzで最大800Mbpsを実現。TP-Link Archer A10全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comならでは。製品レビューやクチコミもあります。 ティーピーリンクジャパンは、無線LANルーター「Archer A10 Pro」と「Archer A2600 Pro」を発表。8月27日より発売する。, いずれも、IEEE802.11a/b/g/n/acに対応したモデル。無線LANの最大通信速度は、5GHzで1733Mbps、2.4GHzで800Mbps。なお、2機種とも本体規格は同一で、「Archer A2600 Pro」には縦置きスタンドが付属する。, また、外部アンテナ×3、内部アンテナ×1を採用。有線ポートは、ギガビットWAN×1、ギガビットLAN×4を装備する。, セキュリティ面では、「TP-Link HomeCare」を内蔵するほか、セキュリティ規格「WPA3」に対応することで、高い安全性を実現。また、IPv6 ハードウェア・アクセラレーションを搭載しており、IPv6やDS-Lite実装時はさらなる高速化が可能だ。, このほか、本体サイズは216(幅)×164(高さ)×36.8(奥行)mm。重量は555g(ルーター本体のみ)。, ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi6に対応した無線LANルーター「ArcherAX20」を発…, ティーピーリンクジャパンは、無線LANルーター「ArcherA6」を発表。7月30日より発売…, ティーピーリンクジャパンは、Wi-Fi6に対応したメッシュWi-Fiシステム「DecoX20」2…, サンバレージャパンは、「TaoTronics」ブランドより、メッシュWi-Fiルーター「TT-ND…, バッファローは、Wi-Fi6対応無線LANルーターのスタンダードモデル「WSR-3200AX4S」…, NECプラットフォームズは、Wi-Fi5(IEEE802.11ac)に対応した無線LANルーターとして…, 【アップル発表まとめ】5Gスマホ「iPhone 12」登場やiPhone旧モデルの値下げなど, 【アップル発表まとめ】M1チップ搭載MacBook Air、MacBook Pro、Mac mini, 2020年10月1日たばこ値上げ。「IQOS」「Ploom TECH」「glo」増税後の価格は?, ※情報の取り扱いには充分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。※特段の記載がない限り、本体のみの税込価格を掲載しております。※掲載されている価格は記事掲載時のものとなります。税込価格に関しては、消費税の税率により変動することがあります。, FMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/C3 KC_WU2C3 Core i5・メモリ8GB・SSD 256GB搭載モデル, TP-Link、税別9,900円の無線LANルーター「Archer A10 Pro/A2600 Pro」. 「TP-LINK Archer A10(AC2600)」は2.4GHzと5.0GHz、2種類のWi-Fi電波を持つデュアルバンドの無線LAN(Wi-Fi)ルーターです。ビームフォーミング機能を備え、特定端末の通信速度を上げられるのにくわえ、MU-MIMO機能で同時接続でも速度が遅くなりにくいルーターですので【マクリンネット】では … プロフィール詳細, 中国のネットワーク機器メーカー、TP-LINKは無線LANルーターで世界シェアNo.1をほこります。, そんなTP-LinkのArcher A10は、最大通信速度(理論値)1733Mbpsを有する、高速タイプのデュアルバンドルーターです。, Archer A10は通常平置き設置ですが、設置スペースの問題で本体を立てたい場合、専用スタンド付きを購入しましょう。, サイドにはWi-Fiをオンオフできるボタンが付いており、有線のみでの使用が可能です。, LANポートを使わないときのために、ほこりを防ぐためのポートカバーがあるとなお良いと感じました。, Archer A10の接続設定はスマホアプリ「Tether」でも可能ですが、本記事ではWebブラウザからの設定方法を紹介します。, それからWebブラウザを起動し「http://tplinkwifi.net」もしくは「http://192.168.0.1」にアクセスします。, 新規の場合はアカウントの作成画面が出るので、パスワード設定を行います。タイムゾーンを選択して「次へ」をクリック。, お風呂場で測った旧機種NEC AtermWF1200HPでのWi-Fi速度は28Mbps。うーむ……。, これらの悩みを解決してくれそうなのが、Archer A10のビームフォーミング機能です。, つづいて2階の僕の部屋。仕事でも使っているので、できれば安定して接続できたほうがありがたいです。, それもあってか、利用中にネットが急に重たくなったり、つながりにくくなることが多くなってきました。, エアタイムフェアネス機能により、古いWi-Fi規格のものと最新規格の端末が混在した場合でも平等に通信を行い、通信パフォーマンス向上が期待できます。, 本記事は「【TP-Link Archer A10レビュー】MU-MIMO対応の高速デュアルバンドWi-Fiルーター」について書きました。, 唯一不満があるとすれば、本体の大きさとスタンドがないと立たないデザインでしょうか。, 【TP-Link Deco X20レビュー】Wi-Fi6対応の小型メッシュルーター!, 【TP-Link Archer C80レビュー】3x3 MIMO対応で最大1Gbps超えの高速デュアルバンドWi-Fiルーター, 【BUFFALO WXR-5950AX12レビュー】10Gbps対応WAN/LANポート搭載のWi-Fi 6対応ルーター, 【徹底比較】WiMAXのホームルーターは本当におすすめ!?口コミ・レビューやいかに…?, 東京在住のサラリーマンが、ガジェット8割・家電2割で、おすすめをレビューしマクリンのブログです。✈ 詳しいプロフィールはこちら, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 東京在住のサラリーマンが、ガジェット8割・家電2割で、さまざまな商品をレビューしマクリンのブログです。.

ドリカム 歌詞 Lat43, 三栄産業 広島 求人, ダイソー シフォンケーキ型 紙, 愛の不時着 第10話 あらすじ, 九谷焼 陶器市 オンライン, Simeji キーボード 音消す, プリンター おすすめ 家庭用, インデザイン テキストフレーム アウトライン, 温泉 イラスト 描き方, オックスフォード リーディング ツリー フォニックス, プロスピa デイリーミッション 一覧, ミッキー 三輪車 -トイザらス, アイリスオーヤマ 問い合わせ 返信, 2月 イベント 2020, ヤフオク 入札キャンセル 例文, 中国語 リーディング サイト, E52 エルグランド Cvt故障, 秋分の日 2020 イベント, 昼顔 映画 のりこ 罪, Gmail アプリ スレッド表示 解除できない, 第五人格 ランクマ キャラ, 広島 大阪 新幹線格安 日帰り, 業務スーパー ブロッコリー 栄養, 黒い砂漠 馬 放置 安全地帯, 2年目 昇給 1万, Windows Server 2008 共有フォルダ 一覧,

Leave a Reply