crystal sai no kawara 歌詞 6

Crystal z Sai no Kawara 歌詞 Educating the general public and targeted audiences about the impacts of stormwater and specific behaviors they can implement to protect water quality is … 2人が“シャバ”にいない間に結成された舐達麻は、その後も大麻取締法で逮捕・服役するメンバーが続出するも、仮釈放や出所の合間に音楽活動を続けてきた。そのリリックには、イリーガルな生活…, 記念すべきオリンピックイヤーのはずが、前代未聞の状況に立たされている2020年も、もう半分が終わろうとしています。 「これぞエヴァ」というより、「まあエヴァだし、、」というのが正しい。>>三島由紀夫 「天皇の人間宣言は天皇を神として信じ死んでいった者への裏切りである」←論破できる?>>プリキュアの映画を鑑賞中にガキが騒いだから叱りつけたら警察来た真昼間から映画館で いい大人が1人でプリキュアを見てる時点でアウトなんだよなぁ僻みとか趣味がないとか言い出すやつ本当に気持ち悪い お前がそれしか知らないだけ…そもそも螺子がいらない社会だったんだろ それで火縄銃にだけ使ってたら他に使おう…>>59みたいなのは安全地帯では偉そうなことを言うが自分がその状況に置かれたら漏らすタイプ日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)シンジ君が強制終了された後にカヲル君がサード起こしたんだろ、ミサトは事実知らんのかきっかけ作ったシンジ許すまじなだけだろ難解な事やめます、主人公がヒーローで悪をぶちのめしますじゃ反発出るやろ現在の皇室の祖先である明治天皇と昭憲皇太后が明治神宮に神として祀られてるし神の子…観ながら「そりゃあ、ホ○に走るわwww」って何度も思いました(コナミ感)>>59みたいな大人が周りにいる中でシンジくんは、よくやってるよ>>中学生以上でポケモン()やってる奴はちょっと考え直した方がいいよ別にアメ公が勇敢なわけじゃなくて、海外だとシンジを現実の中学生と比較することなく、「物語の主人公」としてだけ見てるから不満が多いんだろ。現実のアメリカ人は軍人でもすぐPTSDになるチキンハートが多い。だから陸上戦なんてまともにできず、空爆ばっかでビンラディンの捕獲もあのザマ>>日本人は自力で「ネジ」を発明できなかったらしい. 6月11日、かれこれ15年くらいの付き合いになる、とても尊敬している友人から、「曲を作ったからよかったらMVも一緒に見てみて」と、久しぶりに連絡をもらった。それが下の曲だ。まずは何も考えず、一度MVを見て欲しい。, 彼は、僕にとって音楽の先生のような人で、出会ったばかりの頃は、とにかくいろんな音楽を教えてもらった。一緒に海外のインディー音楽をコピーして演奏したこともあった。何より僕は彼のユーモアが大好きで、当時は彼を笑わせたくて、あの手この手を尽くした。そんな彼は、数年前までとあるクルー(というのかバンドというのか)に属して音楽活動をしていたが、いまは医学を志し、東京を離れて地方の大学で学んでいた。, 前置きが長くなったが、連絡をもらった僕は、早速Youtubeのリンクをクリックし、MVを見た。まず耳に飛び込んできたのは、聴き心地の良いLo-fi Hiphop感のあるトラック。Lo-fi Hiphopといえば、数ヶ月前にhypebeastで以下のポストを読んだばかりだったし、この記事の中でも言及されているChilledCowをはじめ、その他のトラックメーカーが作った曲はプレイリストにして、通勤や作業用のBGMとしてよく聞いていた。(多くは日本の名作アニメをサンプリングしてMVにしているため、楽曲自体が削除されることも多い), 上の記事のアンビバレントな態度からもわかるように、Lo-fi Hiphopはその耳触りの良さやノスタルジアで人気を博す一方で、昔のジャズをそのままサンプリングしてビートを乗せた安易なビートメーカーが多いのも確かで、揶揄の対象になったりしていることも知っていた。だから、思慮深く、音楽に造詣の深い友人が、その手法を使って作曲していることが少し意外だった。, そんなことを思っている間にも曲は進んでいき、友人のまっすぐな声のラップがビートに乗り始めた。率直にライフストーリーを語る彼のリリックに、どんどん引き込まれる。1バース目では、クルーの解散、医学を志す決意、過去の自堕落な自分と決別し努力を重ね、徐々に実力と自信をつけていく様子が語られる。彼はとても心の優しい人だけれど、すごく照れ屋で、仲間や恋人への思いも、自分の意思を語ることも、少なくとも僕の前ではほとんどなかったから、飾りのない彼の語りを聞けただけで、なんだか嬉しくなった。, hookを挟んで2つ目のバースでは、努力を重ねても超えられない壁があったことが語られる。それが年齢というハンデ。どうも30代という年齢がネックになり、筆記試験を通ってもなかなか面接を通ることができない。だが結果的に、彼は彼女(のちに妻となる)と別居を決意し、地方大学の医学部を受験、見事に合格する。緊張感から一気に解き放たれた感のあるトラックも伴い、リスナーは、ひとまず安堵する。そして、世の中の不条理に、強い意志と努力で打ち勝った彼を祝福する。彼女とは離れ離れになってしまうけれど、医師としての彼とその彼女との明るい未来を想像して、きっと大丈夫、と応援する気持ちになる。, しかし、そこから曲の様子は急変する。実際に放送されたニュースの音声と、それに続いて中年男性たちのしどろもどろな声のサンプリング。「大学側の調査の結果、合格点に達していたことがわかりました。」「33歳という年齢は、私どもの大学に入る年齢では高いものと認識していた。」「不正ではない。」「私たちも一緒にそういうところを勉強させていただく。」ただならぬ言葉の数々に、リスナーは、まるで脳天にパンチをくらったような衝撃を受ける。ここまで読んでニュースを思い出した人も中にはいるかもしれないが、実のところ、彼ことcrystal-zは、少し前に話題になった以下のニュースの当事者なのだ。, これらの音声のサンプリングを聴くまで、リスナーは、不条理を自らの意志で乗り越えた、1人の人間の悲しくも、美しい成功の物語として、この曲を聴くだろう。しかし、女性アナウンサーの声が流れてきてから、彼が提訴という決断をしたことを知り、一気に現実に戻される。僕も、曲を聴き進める中で「そういう不条理なこと、世の中にあるよね。負けずに頑張って本当にすごいね。」と、差別を世の中に当然「あるもの」と無意識に受け入れた上で、彼を応援していたことに気づき、ハッとさせられた。いや、あってはならないのだ。, 彼は、この曲を単なる「境遇による理不尽な困難を乗り越えた自分の物語」として描こうとしているのではない。差別に関して、まず責めを負うべき、そして是正されるべきは差別をした側であり、差別された当事者が強い気持ちをもって乗り越えるべき、と考えるのはやはり間違いだ。この曲は、そんな差別は存在してはならないし、あったとしたら全力で抗議しなくてはならないという強いメッセージであり、皮肉とユーモアたっぷりの告発なのだ。彼はその差別に、真正面から立ち向かい、毅然と、しかしどこかとらえがたい飄々とした態度で「No」を突きつける。その点が、「俺はヒップホップで不遇を乗り越えてきた。」と、偏見や差別を、受けた側の気概や努力、そして音楽で乗り越えることをマスキュリンに歌うことが多い、日本版のギャングスタラップやコンシャスラップの自分語りと一線を画すポイントではないだろうか。この曲を聴いた後、ぼくはサッカー日本代表の鈴木武蔵選手に向けられた人種差別的発言とそれに対する鈴木選手の反応を思い出した。, 上の記事からの引用になるが、差別は、「したものは一瞬でそれを忘れ去ることができるが、されたものは長い時間をかけて、何らかの能力を発揮して乗り越えなければならない、“非対称な関係”ができあがってしまう。それがどんな行為をされたか、言葉をかけられたか、意図的だったか、そうでなかったかにかかわらず。この“非対称な関係性”と“克服をめぐる労力の大きさ”にこそ、差別が差別になり、その人の尊厳を奪う理由が詰まっている。」, まさに彼が「寿命と引き換えに」一心不乱に努力を続けてきたのに、年齢が他の受験生よりも高いという理由で、数年間の蓄積を無にされてしまう。この曲は、そのことの悲惨さや、人生にもたらす重大な影響を、ニュース番組よりも明らかにリアルに、そして血の通った温かさを持って、ぼくたちに投げかける。, 確かに「彼」は不条理を乗り越えることができた。でもそれはたまたま彼が強い心を持っていて、それを支えてくれる存在があって、諦めずに努力を続けられる環境があったからだ。でも、そうじゃなかった人も過去にはいたのでは?大学に拒絶され、そのまま医学の道を諦めた人もいたのでは?そんなことを思わずにはいられない。彼は、今後そのような理由で機会を奪われる人がいないよう、音楽以外の手段でも、正面から権威に立ち向かう。, そして、ちゃんと触れてこなかったが、どこか既視感のあるMVは、前述のChilledcowの24時間配信用MV(耳をすませばのワンシーンを切り取りループさせたもの)のサンプリングであることにあとで気づく。そしてよく見るとこの窓辺からの景色は、、まさにあの大学がある、東京のあの場所なのだ。さらに、あとからツイッターを見て知ったことだが、この曲のメインに使われているトラックは、Pharoah Sandersの楽曲、Japanのカバーなのだ。, ここまで知って、さらにゾッとした。まさにこの曲は、名ばかりの多様性が叫ばれ、その内実、むしろ他者への寛容性がますます失われ、分断が進む今の「日本」を描いた作品に違いない。うがった見方かもしれないが、このPharoahのJapanという楽曲をメインにサンプリングしたいがために、そして窓辺からのあの景色を描きたいがために、彼は、あえてLo-fi hiphopというフォーマットを拝借して、ChilledcowのMVのサンプリングをし、朝から晩まで勉強に明け暮れた自分の姿と前述のMVの中の少女を重ねたのかもしれない。そんなことを考えながら、これは大変な曲だと、あらためて鳥肌が立つ。, そしてSai no Kawara(再/賽の河原)という楽曲名も、この曲にあまりにもハマる。この曲について、他にも語りたい、でも語れない箇所はたくさんある。とにかく何度も繰り返し聴き、観ることで毎回違った発見ができる曲なのだ。また、MVの中の机周りは、彼を個人的に知る人、そして同世代の音楽好きの人は思わずそれそれ!と言いたくなるアイテムにあふれている。きっと音楽的な重要性についてはヒップホップ畑の人がいずれ詳しく語るだろうし、それをきっかけにどんどん活発に議論も行われることだろう。, ぼくは、とても尊敬している友人が、こんなすごい曲を2020年にボムったことが、とにかく嬉しくてならない。そういえば、十数年前、なにかのゲームをしていた時に、彼がふざけ半分に「言葉の力を信じている」と言っていたのを思い出した。まさに彼の言葉が、社会を動かそうとしていると思うと、なんだかとても感慨深い。年齢、人種、性別、生まれ、その他あらゆるタイプのカテゴリーによるレッテルづけ、そして差別がこの世界から無くなりますように(そのためにできることはなんだろう?)。そしてなにより、とにかく彼と彼の家族が、この戦いに一刻も早く決着をつけ、平穏で幸せな生活を築いていってほしいなと心から思う。, 改めて文化の力を信じることができたし、社会にエンゲージした芸術がどうあるべきかという姿を見た気がして、ぼくも力をもらいました。crystal-zさん、本当にありがとう。応援しています。, 最後に、英国カルチュラルスタディーズを牽引し、長年、反人種差別のための言説を世に送り出し続けてきたStuart Hallの言葉をここに引用して、このポストを閉じようと思う。Stuart Hallがオックスフォードに行ってから、約70年。。, What I realised the moment I got to Oxford was that someone like me could not really be part of it. エヴァの有能な登場人物で打線組んだwww . ANAクラウンプラザホテル クラブフロア ブログ, jeff@mrwpca.com ニュージーランド 硬貨 両替, ジャニーズwest 出演ドラマ 一覧, エディット ピアフ 愛の讃歌 映画, ここ最近SNS上で物凄い勢いでシェアされている「sai no kawara」というラップの動画。, この5分間の動画にはいくつもの暗号化されたメッセージと、ラップするcrystal-zさんの実体験を元にした非常に残酷な現実に苦悩するリリックが印象的な1曲となってます。, 動画を見終わった方で2018年から2019年に報道され世間を騒がせた「あの事件」の記憶が微かにでも残っている方がいれば、おそらく動画を見終わる頃にはゾッとする感覚を覚えるのではないでしょうか。あまりに衝撃の結末だったことが分かると思います。, この動画と音源は、ただの流行りのlo-fiに乗せたヒップホップの作品ではなく、医学部入試で性別や年齢差別により試験を不正に不合格にされた被害者の男性が順天堂大学を提訴するまでのリアルを綴ったラップなんです。, そしてこの曲と映像を作ったcrystal-zさんこそが、その不正を受けた男性本人だったのです。, このニュース、当時見た時は「浪人生や女性受験者に対してあまりに悲惨すぎる」と心苦しく見ていた記憶があります。浪人生や女性受験生のこれまでの努力の背景を想像すると非常にもどかしい気持ちになったのを覚えてます。, 流行りのCilledCowを思わせる映像と、lo-fi特有であるエレクトリックピアノの心地良いメロディのイントロで始まるこの曲。主人公は先述したcrystal-zという、東京でMCとして活動していた男性で、32歳でヒップホップの道を離れ「医学の道」を目指すという内容です。, ラップグループとして徐々に音楽活動に手応えを感じながらも、他のメンバーには家族ができ、それぞれが仕事・家族・音楽の両立が難しくなっていく中、当時シェアハウスをしていた部屋も解約し、メンバーはそれぞれ別の道を歩むようになりグループは解散。, crystal-zさん本人も先の現実を見つめ、医学の勉強をして大学受験を目指すことを決意します。, 32歳で改めて勉強に打ち込み「医学の道」を目指す決意をするというエピソードにすでに感動を覚え応援したくなる気持ちが湧きます。筆者は今年30歳になりますが、正直自分もこの歳になって改めてもう一度建築関係や電気系の勉強をしたいと思うことがあります。なので今の自分と重ねてしまうところがあり、より感情移入しやすいです。30歳を過ぎるとこういう感覚ってみんな出てくるものなんでしょうかね・・・。, 決意後はバイトでしていた塾の講師も辞めて、いよいよ本格的に勉強に打ち込み始めます。, 着実に成績を伸ばす日々とその背景にある努力と彼女の支え。「知識蓄えた 寿命と引き換えに」ここ個人的にパンチラインですね。, 1バース目は模試の成績も問題なし。未来に希望を抱き着実にステップアップしている描写があり、とても聴いてて気持ちの良い内容になってます。しかし問題は2バース目から。, 2年連続で東京の大学は全て「不合格通知」ここから異変に気付き始めますが、どうしても夢を諦めきれないcrystal-zさんは地方の大学を受験することを選び、それと引き換えに彼女とは離れて住む決断をします。映画を観ているような展開ですよね・・。, 地方の大学に無事合格し、ようやく自分にも春が訪れたことを喜び、家族、彼女、友人たちに感謝を伝え、地方の進学に旅立つのでした。ここでフックが再び歌われ、そのままアウトロへ。, 既に話した通りこの曲はただのヒップホップの曲ではなく、受験の合否を不正に操作した大学側を提訴したcrystal-zさんの苦悩のメッセージを込めた曲であり、それが最後に思いも寄らない形でこの動画は幕を閉じます。, 4:15頃から窓台に立てかけられたスマホらしきものから映像が映し出され、女性キャスターの声がサンプリングされております。, この報道のサンプリングが流れた後、アニメーション映像が突然消え、次の瞬間、スマホでなにやらカバンの中から大学側とcrystal-zさん本人と思われる人たちの会話を録音した映像に切り替わります。, 大学側の言い逃れできない状況を映し出してます。全く何を言いたいのか分かりません。申し訳ないと言いつつもこぞって「これは不正ではない」という始末。こんな不正が過去10年以上も続けられていたなんて信じられません。, 現在、西日本の大学医学部に進学したcrystal-zさん。妻との別居を余儀なくされ、受験料や別居に伴って発生した費用のほか、社会的名誉や自尊心を傷つけられたとして、順天堂大学側に慰謝料(数千万円の賠償)を求める訴訟を東京地裁に起こすと報道されております。, 実はここで紹介仕切れてないイースターエッグ効果が曲中や映像の中にたくさん散りばめられていると言われております。, 「イースターエッグ」とは、コンピューターにおいてソフトウェアに隠されたメッセージを表す言葉で、すなわちこの映像や曲中にはこの事件の内容や作者であるcrystal-zさんの苦悩のストーリーに出てくる暗号が隠されているそうです。, こういった不条理な現実を音楽に乗せて訴えられるのは、ある意味ヒップホップならではという感じがして物凄く胸に響きます。, 平等と思っていた大学の試験で判明した「年齢差別」「女性差別」という衝撃のニュースから2年。時間が経つにつれすっかり頭からこの話が無くなっていた方も多いと思います。この屈辱が一刻も早くcrystal-zさんの胸から晴れる日が来ることを筆者は願ってます。, 平等に与えられた1日24時間という時間。 仕事、食事、睡眠、趣味、家族、友人、恋人と過ごす時間など公私ともに忙しい中、残った貴重なお時間をブログの閲覧に使って頂きありがとうございます。, ここは筆者の人生経験上、これを発信する事で誰かの役に立つかもしれない。と思った情報をひたすら発信していくブログです。という自己満ブログです。笑, 主に「ブラックカルチャー(特にヒップホップ)」をメインにする特化型ではありますが、ブラックカルチャー以外にも世界中の文化について筆者は魅力を感じており日々インプットを続けておりますので、面白いと思った話は都度記事に起こしていきます。よければ暇つぶしにでも読んでみてください。, インターネットが普及したことで教えてもらわなくても自分から好きな情報を好きなタイミングで好きなだけ取りに行くことができる時代なわけですから。今の時代これを使わない手はありませんよね。, 仕事の関係で、更新頻度はそんなに多くはないと思いますが一生懸命書かせて頂きます。今後とも宜しくお願い致します。, sai no kawara(再の河原)/「あの事件」の被害者が5分間に込めた苦悩のメッセージ, 「33歳という年齢は、新しくここに入られる年齢の中では高い年齢であるということは認識しておりました。」「大変申し訳ないと思ってます。」「年齢の問題で不合格になりましたということで…」「33歳という年齢…」「真面目でいらっしゃるから、色んなことを真剣に考えると…」「不正ではないと思う」「不正ではないと思う」「これは不正ではない」「気持ちはよくわかります」「せっかくね、受けていただいて…」「真面目でいらっしゃるから…」「色々申し訳ないとしか言いようがないんです」「医学教育には本当に真摯に対応して…」「成績外の差別要素…」「私たちも一緒にそういうところを勉強させていただいたほうがいいと…」.

大丸 お歳暮 早期割引, メルカリ 受け取り評価 引き延ばし, 朝ドラ ひどい ランキング, コマンドプロンプト Grep 置換, センター国語 2015 追試, 美術 レポート 絵, メジャー 投手 ランキング 歴代, Obd2 診断機 自作, タガタメ ザハル 闇の王, マフラー イギリス ジョンストンズ, プロスピa 球種 ランク, Windows10 容量不足 アップデート, 海外 医学部 医科大学ランキング 世界一の 医学部 は ここだ, 社会人 奨学金 専門学校, 1000円カット 床屋 違い, 駿台模試 中3 過去問, 二次関数 最大値 代入, ロエベ コインケース パズル, スマホ 液晶 黒い影, Acアダプター 中古 秋葉原, Vba Zip圧縮 パスワード, Steam ゲーム アンインストール, 大型犬 ゲート 室内, ワード ファイルのパス 表示, レジ袋 ゴミ 分別, 黒い砂漠 馬具 強制突破, 駿台模試 過去問 高2, ウイルスバスター パソコン 更新, Redhill モバイルバッテリー 充電できない, 給与明細 作成 スマホ, フィモーラ Dvd エンコードモード, マフラー イギリス ジョンストンズ,

Leave a Reply