ff14 クロスホットバー 消えた 25

※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。, 「【GaiaDC】再生編固定探してます 参加可能ジョブ モ、侍、機」を公開しました。, 「フロントラインランキング(週間)」2020/11/09~2020/11/15が更新されました。, フリーカンパニー"From the New World(Anima)"のメンバー募集を開始しました。, 「焼き鳥をマッハでお願いするのです 僕はタレ派なのです! 小夜@ガイアDC」を公開しました。. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 14. くろすほっとばー? Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Allerschutzheiligen-Fest Screenshot-Wettbewerb, Der 25. 初心者のうちは何かと悩みも多いのが、クロスホットバーですね!いや、慣れないと不便に感じていることも気がつかないというのもありますね〜。, ちょうど一ヶ月前くらいの記事ですが、「ちょっと慣れてきたら覚えておきたい、オススメの設定と操作!」の中で触れたXHB設定。, 前回は、設定方法をご紹介するにとどめましたが、今回は一歩踏み込んで具体的な内容をご紹介します!, あくまで私の個人的な設定なので、このまま全ての方に使いやすいとは思いませんが、使いやすくするためのヒントは多く得られると思いますので、ご一読ください♪, 下の方に動画をご用意してありますので、文章より動画の方がいいかな、という方はそちらをご覧ください♪動画が苦手という方、あるいは詳しく知りたいという方向けにテキストで解説していきますね!, まず想定している環境ですが、もちろんコントローラーでのプレイ環境を想定しています。クロスホットバーですしね。ハードはPCでもPS4でも同じですが、ボタンの配置とか名前とかが一定しているPS4のボタン名称をここでは使用します。私はPCでもPS4のコントローラーですが。, PCの方はPS4の配置名だとわからないと思うので、PS4のボタン配置図を用意しました。実際のコントローラーから型をとった精細な形状が……なんてことはどうでもいいですね。, 初心者さん向けのサイトですからもちろん初心者向けなのですが、この設定自体は特に初心者に特化したものではありません。気に入ったら、拡張設定さえしっかりやれればこのまま最後まで使えます。私はこれでハイエンド周回していましたし。, 今回のコンセプトは、確実に簡単に必要とするXHBセットにアクセスできるようになることです。比較的切替えはのんびり行える非戦闘用には2セット用意し、誤操作などを抑えたい戦闘用は1セットに絞り、切替えそのものを無くします。, 戦闘用は切替えがないので、慣れればXHBの表示を無くしてしまってもいいくらいです。実際は無くしはしませんが。, ダンジョン攻略動画を愛用くださっている方はご存知だと思いますが、非表示でやってるでしょ?もし2セット使って切替えてたら目でちゃんと確認しないとどちらのセットかわかりにくいですが、1セットなら操作さえ身体で覚えればなんの問題もありません。初期の動画は復帰直後でボタン配置を忘れていてよく違うものを使っていたのはご愛嬌ということで 笑, ということは高難度コンテンツでも、目はその分周囲の情報を得ることに使えますから、初期設定のまま使うよりもPS(プレイヤースキル)を高めることにも繋がります。, 武器の抜刀納刀の意識は必要ですが、戦闘中に納刀することは基本的にないので誤操作は起こりません。ギミック操作後や、鍵などを拾ったあとなどは自動で納刀されているので、そこだけ注意しましょう。, これをいじろうとしているのですから、説明は不要だと思いますが、全員とは思いませんので、一応解説しておきます。, 画面中央の下あたりにある、十字形に配置されているスロット群のことを「クロスホットバー(XHB)」と言います。これはコントローラーで操作することに特化しているため、PS4勢ではほとんどの人がこれを使っていますね。, 16個のスロットが1セットになっており、それが全部で8セットあります。各セットには1〜8の番号が振られており、基本はR1ボタンを長押しすることで切り換えることが出来ます。初期設定では、R1を短押しすることで何か入っているセットを順番に切り替えることが出来るようになっているはずです。, 対して、キーボードやマウス操作などで使う通常のホットバーも存在しており、初期設定では横長のスロット群になっています。コントローラー操作であれば、しばらくはこれは使わなくても大丈夫です。いずれ手狭になってきたら考えましょう。, このクロスホットバー(XHB)は、初期設定のままでも十分使いやすいように作れらていますが、汎用であるがゆえに、どうしても使いやすさに特化していないのが難点。「直感的に使いやすいもの=慣れてからも一番使いやすいもの」ではないですから、これを自分好みにカスタマイズすることは、プレイヤースキル(PS)も大切なFF14には欠かせないことと言えます。, 普段は使い方や設定の仕方に特化して、こういうそのままコピーすればOK、という企画はあまりやりません。理由は、コピペよりも自分で考えた方が圧倒的に身になるからですが、XHBは、どうしていいかわからないというのが先に立つはずなので、まずはカスタマイズの機能紹介と足掛かりとしてもらえるようにと思っています。, 私が一番使いやすい設定ではありますが、ご自身が一番使いやすい設定とイコールとは限りませんので、これで終わらず、ぜひ色々カスタマイズしてみてくださいね!, どのスロットに何を入れるか、というのが当面の使いやすさのカスタマイズなので、工夫してみてください♪, 皆さんは共有設定というものはご存知でしょうか。これはジョブごとに別々に使うのか、全ジョブで共通で使いたいのか、という設定です。, 例えば、「チョコボ呼び出し」や「マイキャラクター」などは全ジョブで共通で使うものですよね。いちいちジョブを変えていては面倒なので、これらは共有設定のセットに入れておきましょう。, 「ケアル」や「ファイア」などのジョブ毎のアクションは、別のジョブで使うことはありませんから、共有設定されていないセットに入れて使うのが適切です。, 設定の基本は、キャラクターコンフィグです。以降すべてこのキャラクターコンフィグの設定を使いますので、場所を覚えておいてくださいね!このメニュー自体は、コントローラーの「Option」ボタンです。パッドの右側にある小さいボタンですね!, 左のアイコンの中のホットバーの設定の、共有タブを開きます。下にあるのがクロスホットバーの共有設定。初期設定では4も共有のチェックが入っていますが、このチェックを外して4も戦闘用にしてしまうのが私のオススメです。ただし、今回はここは初期設定のままでも構いません。, そのまま「XHBカスタム」タブに移動します。少し下がったところに、「納刀抜刀変更時の自動セット切り替えを有効にする」というものがあり、これは初期設定でオンになっているはずです。, そしてその下の「納刀時のセット選択カスタマイズを有効にする」をオンにして、「ホットバー5」「ホットバー6」のみをオンにします。, 「抜刀時のセット選択カスタマイズを有効にする」もオンにして「ホットバー1」のみをオンにしておきます。, この設定の意味は、武器を出しているときは1番のセットが、武器をしまっているときは5番と6番のセットがアクティブになるよ、ということです。, 同じくキャラクターコンフィグの、「操作設定」の場所をあけて「キャラクター」タブに移動してください。そこに「メインアームの自動納刀を有効にする」という設定があります。これは初期設定ではオンですが、今回の設定とは相性が悪いので、オフにします。設定が出来たら、「適用」を押しましょう。コントローラーの「▲ボタン」でも代用できます。, 戦闘終了後にキャラクターが自動的に武器をしまいますよね。あれがこの設定です。ダンジョンでは、キャラクターが勝手に武器を出したり入れたりしているはずです。これをオフにすると、武器を出すもしまうも自分の操作になります。もちろん出さなくても何かアクションを使えば出しますけどね。, 武器の納刀抜刀によって、XHBのセットを自動で日常用と戦闘用に切替えることが出来るようにしてあるので、勝手に出し入れされちゃうとやりにくいんです。それに、武器の出し入れくらいは自分でやると、臨場感も出て楽しいですよ♪決まったタイミングで勝手に動かれると、なんだかNPCみたいですよねぇ。, 1番は戦闘用です。従って、このセットには戦闘時に使うものだけを入れます。入れるポイントは、画像にもありますが、「●▲■×ボタン」側は移動しながらでも使いやすいのに対して、「十時ボタン」側は移動しながらの入力は少々しにくいです。その辺りを意識しながら入れてみましょう。中指で押せば普通に押せますが、押しやすくはないですね!, 近接職であれば、どちらにどれを入れたら使いやすいかは明白だと思います。特にモンクなどの動きを止めることのないジョブにとってはこの配置は重要です。こうしたジョブでは早々に拡張設定が必要になるかもしれませんね。比較的動きの少ない遠隔職であれば、単純に使用頻度で選べばOKです。十時キー側には、リキャストの長いアビリティ系を入れておくのもいいかもしれませんね!, 5番は日常使いのメインセットです。マイキャラクターや所持品、マウント、テレポ、討伐手帳(済んでなければ)、スプリントなど、使用頻度が高いものを配置していきましょう。私はグループポーズやレベルシンク用マクロなどもここに配置しています。, 初期設定のまま使っているとしたらスカスカだと思いますので、新たに自分で使いやすいように配置する良い機会だと思います。, 6番のセットは、日常的によく使うけど少し頻度の少ないもの。エモートなんかはまさにそんな感じですよね。私はほとんどエモートで埋まっています。離席用マクロや、その他会話系マクロなどを作っている人にもちょうどいいかもしれませんね。, ただ、よく使う言葉であればマクロよりも辞書機能や単語登録などに登録しておく方がスロットの節約にもなりますし、誤操作も防げます。PS4の単語登録は以下の記事に出ています♪, 2番も共有ではない戦闘用のセットになっています。ここは簡易切り替えの対象にはなっていないので、「R1+●」で手動で選択する必要があります(1番に戻るときはR1を短押し)。ここの活用方法は、戦闘で使うけど、使用頻度が低いものです。1つのダンジョンでほんの数回しか使わないもので1番のスロットを使うのは勿体無いですからね!例えば「プロテス(漆黒編で無くなりました。さようならプロテス!)」や、タンクのスタンス系のアクション(アイアンウィルやディフェンダーなど)、食事やコンテンツ用マクロ(高難度タンクなどで使う)などを入れておくと便利です。7番、8番は着替えやジョブチェンジなど、使いはするけど急いで使うほどのものではないものを入れておきます。こちらも簡易切替えはしないセットなので、「R1」と合わせて選択します。, まずは納刀状態で「R1」ボタンをカチカチしてみてください。普段使いメインである5番と、6番が交互に出てくれば成功です。, 次は「L1+R1」を押して武器出しをしてみましょう。どうでしょうか。クロスホットバーは戦闘用の1番に切り替わりましたか?それではもう一度「L1+R1」で武器をしまってみてください。今度は5番に切り替わります。, 武器出しの方法は他にも、攻撃などのアクションを使ったり、敵を選択して●ボタンでオートアタックを開始したら武器出しされたりと複数ありますが、オススメは上記で紹介している「L1+R1」です。これは、チョコボから降りる時などにも使えますので、結構使用頻度が高く、使い始めればすぐに慣れるはずです。, ダンジョンではギミック操作や、鍵を拾ったりなどの動作をすると武器が納刀されますので、その時だけご注意ください。使いこなしのポイントは、戦闘前に自分で、「やるぞ!」という気持ちで武器を出すことです。そのためには、時々戦闘後に自分で武器をしまう癖をつけるといいかもしれませんね。, 操作を変えると最初は戸惑うものです。最初のやりにくさを乗り越え、この設定にしてよかった!と思っていただける日がきたら嬉しい限りです。, 今回のメインはこの動画です。クロスホットバーどうやって使いやすくしたり、編集して行ったらいいかわからないよ、という方は、ぜひ一度難しく考えずにこのままをやって見て、それに慣れた頃、より使いやすくなるような設定を探してみるといいかもしれませんね!そんな足がかりにどうぞ♪, ジョブによってですが、レベル的には40〜50くらいまではこれで行けると思います。最初からセットを増やすと使いこなせないので、しばらくはこのまま使った方がうまく使いこなせるようになると思います。, それ以降は恐らく、どうにも1番のセットのスロットが足りなくなってくるはずなので、納刀抜刀設定の近くにあった拡張設定を有効にして試してください。その際はホットバーを併用するのがオススメですが、この設定はまた次の機会に♪, お楽しみいただけましたでしょうか。参考になり、みなさんがより快適にエオルゼアライフを送れるようになれば嬉しいです!, 今回の動画のサムネイル画像は、西ラノシアにある、スウィフトパーチ入植地の奥の崖から見上げた星空です。昼も夜も、天気さえ良ければとても景色のいい場所なので、行ったことがない方はぜひ行って見てくださいね♪初心者サポート企画でご一緒くださった卒業生の方と一緒に撮影したものです。SSは文字が入っていますが、それ以外は特に加工していません。, クロスホットバーのスロットが足りなくなってきたという方向けに、続編をご用意しました♪お時間あれば、そちらもどうぞご覧ください♪, 今回の設定に慣れてからギャザラーで採取をすると、操作がやりにくいと感じる場合があります。そんな時は下記の補足情報記事をご覧ください♪, クロスホットバーの数が8じゃ足りない!!という方へ向けて考えました。お試しください♪, リンクフリーです。 テンキーに入れてたんですが、これやってみます!!! Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE”, Der 35. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE“, Der 3. The Square Enix terms of use, privacy policy and cookies policy can also be found through links at the bottom of the page. ※PvPチーム結成通知は全言語共通です。 "","Playstation" and "" are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.Mac is a trademark of Apple Inc.©2019 Valve Corporation. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE”, Sternenlichtertrupp-Screenshot-Wettbewerb, Der 56. Please read the Square Enix cookies policy for more information. Your use of the website is also subject to the terms in the Square Enix website terms of use and privacy policy and by using the website you are accepting those terms. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE”, Der 49. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Die Abenteuer des Tapferen Gehilfen–Wettbewerb, Der 24. ガンブレイカーのクロスホットバーのデータが消えていた ... 2.ガンブレイカーのメンテナンス以前に設定したクロスホットバーの内容が ... Der 25. 私が各ジョブで設定しているxhb(パッド)の配置です。自分用の備忘録と、たまにフレンドさんたちから「人のホットバーの配置見たい」「パッドで遊んでいるけどアクションが入りきらない」と言われるのでメモとしてアップしておきます。一応、ジャンポを使 Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 12. (NA), From Light to Darkness Screenshot Contest (EU/PAL), Frights and Delights Comic Contest (EU/PAL), Ogre Pumpkin Carve Off Contest: The REDUX (NA), My new Viera and Hrothgar" Twitter Screenshot Contest (NA/EU), ”Sea Breeze Celebration” Screenshot Contest (NA), An Egg-Squisite Season Screenshot Contest (EU/PAL), The "As Good As Gold" Screenshot Contest (NA), Letter from the Producer LIVE: E3 2018 Edition, The "Be My Valentione!" Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 23. ※ランキング更新通知は全ワールド共通です。 Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 17. © 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.LOGO ILLUSTRATION: © 2010, 2014, 2016, 2018 YOSHITAKA AMANO, あれはggってヒットしたのを読み上げただけで、ニスケさんのがそうなってた原因はわかりませんですことよ。. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE, Der 6. Copyright© うぃんのFF14攻略ブログ , 2020 All Rights Reserved. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE”, Der 40. Teil des „FINAL FANTASY XIV Produzentenbriefs LIVE”, Der 33. « La lettre du producteur LIVE » : 53e émission, Concours de captures d’écran : De la Lumière aux Ténèbres, « Ma Viéra & mon Hrothgar » - Concours Twitter de capture d'écran, « La lettre du producteur LIVE » : 50e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 49e émission, Concours des meilleurs moments de l'année 2018, « La lettre du producteur LIVE » : 44e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 43e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 42e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 41e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 40e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 39e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 38e émission, Concours de captures d’écran d’exploration, « La lettre du producteur LIVE » : 37e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 35e émission, Concours de captures d’écran spécial « House Party », « La lettre du producteur LIVE » : 34e émission, Concours de haïkus pour la fête des étoiles, « La lettre du producteur LIVE » : 33e émission, Posez vos questions pour la lettre Live à Las Vegas (2016), Concours de captures d’écran pour la fête de la Commémoration, « La lettre du producteur LIVE » : 31e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 30e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 29e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 28e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 27e émission, Concours de comic strip pour la fête des étoiles, « La lettre du producteur LIVE » : 26e émission, Concours de captures d’écran pour la Veillée des saints, « La lettre du producteur LIVE » : 25e émission, Concours « Les aventures de mon servant », « La lettre du producteur LIVE » : 24e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 22e émission, « La lettre du producteur LIVE » : 23e émission, Concours de captures d’écran – Souvenirs d’Éorzéa, Les compagnies libres recrutent pour Heavensward, « La lettre du producteur LIVE » : 20e émission, La lettre du producteur LIVE : émission spéciale, Concours de captures d’écran pour la fête de la transition, Concours de captures d’écran pour la fête des étoiles, « La lettre du producteur LIVE » : dix-huitième émission, Posez vos questions pour la lettre Live à Las Vegas, « La lettre du producteur LIVE » : 19e émission, Concours de captures d’écran pour les feux de la mort, « La lettre du producteur LIVE » : dix-septième émission, Concours vidéo pour le premier anniversaire, « La lettre du producteur LIVE » : seizième émission, « La lettre du producteur LIVE » : quinzième émission, « La lettre du producteur LIVE » : quatorzième émission, Concours de captures d’écran pour la chasse aux Prœufs, « La lettre du producteur LIVE » : treizième émission, Concours de captures d’écran pour la fête des demoiselles, « La lettre du producteur LIVE » : douzième émission, Concours de captures d’écran pour la Valention, « La lettre du producteur LIVE » : onzième émission, « La lettre du producteur LIVE » : dixième émission, Concours Haiku d'Éorzéa - la Veillée des saints, « La lettre du producteur LIVE » : neuvième émission, Posez vos questions pour la lettre Live à Makuhari, Feedback und Vorschläge für die Companion-App, Der 60.

ポワロ エンドハウス あらすじ 4, ミスチル ベース 機材 40, 与謝野晶子 キミシニタモウコトナカレ いつ 12, Zoom 演奏 セッション 22, ネップリ ローソン シール 7, 帯広 大空 土地 4, ポケダン Dx 嵐の海域 7, スマイル スマイル 歌詞 19, ダウンタウン 全盛期 なんj 8, アパホテル Wi Fi 制限 5, P90 分解 塗装 13, 中村 嘉葎雄 何 歳 4, Snowman はてなブログ ステマ 4, さく 名前 漢字 一文字 21, キングダム 吉沢亮 評価 7, ランダムダイス クリティカル ダメージ 上げ 方 31, 花火 意味 コロナ 4, 髪の毛 根元 硬い 4, 松本伊代 ヒロミ 自宅 59, Drv 745 駐車監視 7, Archer A10 バンドステアリング 設定 11, 風になる 歌詞 ラッキーキリマンジャロ 4, 朝日新聞 佐藤ママ 講演会 船橋 13, 炎鵬 舞の海 違い 5, 経済産業省 It 2020 7, おそろし 三島屋変調百物語 第5話 9, 50代 女性 登山 4, ソフトボール ブラッシング 位置 4, みんなエスパー 映画 Dailymotion 8, 咲 タコス 強い 33, Twst夢 小説 500 21, Qanba Obsidian レバー交換 4, ダイソー マスクゴム 売り切れ 6, 茨城 殺人 霊視 28, 三生三世十里桃花 あらすじ 52 40, 男子ごはん コウケンテツ 豚丼 10, パプリカ 米津玄師 著作権 27,

Leave a Reply