over クォーツァー ネタバレ 5

過激派のsougoが負けた途端見守るスタンスに切り替わるクォーツァーとかいう意外と話の分かる集団 50: 2020/08/26 17:42:21 >45 前作『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』では、野生のライダーファンとしての勘が働き、意地でも公開初日の初回を見に行ったことで、“例のネタバレ”を事前に知ること無く映画を楽しむことができた。, 今回もドライブウォッチが絡んでくるという情報をチラ見させられたことで、“未発表のレジェンドが出演するかも!?”という存在するかどうかもわからない人参をぶら下げられた気持ちになりながら、午前休を取得してまで公開初日の初回を見に行くくらい従順な信者として私の心は出来上がってしまっている。それくらい、前回の平ジェネFOREVERは最高だった。, 今回も期待を胸に映画館に足を運んだわけだが、映画公開前までに公開されている情報は概ね以下のような内容だ。毎度ながら、子供向け映画の尺に収まるのか?っていう感じ。, 結果的には竹内涼真さんの出演こそなかったが、私の信仰心を更に深める最高に楽しい映画だったので早速感想を書き記す。, 前半は、ソウゴがドライブウォッチを手に入れるまでの物語。言わばジオウのドライブ編だ。ソウゴ達が詩島剛、クリム・スタインベルトと出会い、仮面ライダードライブ消滅の未来を防ぐため戦国時代にタイムスリップ。そこで織田信長と共に行動するという、過去にもあったような無かったような実に平成ライダーの映画らしい内容だ。, ソウゴが合戦やお香の知識などで博識な部分を見せたのには「お前は本当に常磐ソウゴか?」と桜井侑斗ばりのツッコミを入れそうになったが、そういや歴史だけは得意なんだったっけか。, 一方後半は、ドライブウォッチをクリム達から受け継ぎ、真の意味で全てのウォッチを手に入れたソウゴの前に今回の黒幕がたちはだかる。それこそが歴史の管理者にして、鳴滝、昭和ライダーに続く、新たな平成ライダーけしからんおじさん“クォーツァー”だ。, 祝え!メタ視点を受け継ぎ、昭和と平成をしろしめす平成ライダーけしからんおじさん軍団。その名もクォーツォー。まさに生誕の瞬間である。, いや、クォーツァーの場合は、平成ライダーどころか平成という時代そのものが気に入らないようだ。平成を「綺麗でないもの」と言い放ち、巻き戻して一からやり直そうとしている。さらに平成ライダーの設定や世界観がバラバラなのが気に入らないらしく、ジオウにまとめようとしているらしい。, そういった影響が、カブト編で加賀美が言った「渋谷はいつあんなに復興したんだ?」というような世界の違和感につながっていたのではないだろうか。, そしてなんと、ウォズまでもが実はクォーツァーの一員であり、本当の我が魔王こと常磐SOUGO(ISSA)のために、ソウゴを‎逢魔降臨暦の通りに導く存在だっとということが明らかになる。, 前述の通り、ストーリー上は一見ぶつ切りに見える前半のドライブ編と後半のクォーツァー編だが、本作はその絡ませ方が非常にうまい。, 前半で出会った信長は、あまりに後世に語り継がれているイメージと異なっていた。それをソウゴ自身がオーマジオウに重ねて『語り継がれているイメージと実際の人物像には大きな乖離がある』ということをゲイツ達に語りかける。, さらに、皆を引っ張っていかなければならない立場にある信長に対し『立場に関わらずやりたいようにやればいい』と語りかけた。, 過去にソウゴとオーマジオウの人物像の違いに悩まされたゲイツは「俺がそうだったように、お前も一緒に過ごしてソウゴという人間の魅力に惹かれているんじゃないのか?」とウォズに拳を交えながら問いかけた。, ウォズもそれを自覚しており、クォーツァーとして導く役目、自分の立場を放棄し、常磐ソウゴの仲間として、平成ライダーの一員として生きることを決断した。, 突然画面に向かって「皆さんを導けるのはここまでです。」と語りかけ、‎逢魔降臨暦をミスターサタンばりの怪力で破り捨てるシーンは爽快感とカタルシスに溢れ、私的には最も高まったシーンだった。, まったく性質の違う二つのお話を、二つのテーマでがっちり結びつけるうまさに感服し、3人の精神的結びつきに圧倒的尊さを感じた。, 平成を一からやり直そうとするクォーツァーは、平成生まれ絶対吸い込むホールでリセットを開始する。ソウゴも一度は吸い込まれそうになるも、仮面ライダージオウオーマフォームとして覚醒し、全平成ライダーと共に最後の戦いを挑む。, そこからは春映画っぽい大乱闘スマッシュブラザーズ状態になるわけだが、TVシリーズの平成ライダーをジオウに収束させようとしたクォーツァーに対する平成ライダーの答えが、スピンオフのブレン、舞台の残月カチドキアームズ、配信の仮面戦隊ゴライダー、TV企画のG、漫画版のクウガ、と更に多種多様なあらゆる平成ライダーを引っ張りだしてきて大乱闘するのマジ最高。, 更に仮面ノリダーこと木梨猛まで登場するとは…完全に想定外。気づけば昭和ライダー(ノリダーだけど)唯一のレジェンド出演やん!皮肉にも令和と平成の物語に昭和を生きた人間にしかわからないであろうネタをチョイスしてくるとは。「ぶっとばすぞぉ~!」のセリフが聞こえた瞬間、数人のおっさんの笑い声が映画館に響いたぜ。, 各ライダーのベルトをアップで映し出した構図での、流れるような最強フォームへの変身シーンはめちゃくちゃかっこよかったし、バールクスのバイオ化やJ(巨大)化は、やるよね~(笑)って楽しさがあった。, そして締めは平成ライダー20周年番組ロゴ入りオールライダーキックでの平成パネル作成。ISSAは小渕さんになったのだ。, 冬映画のような過去ライダーとのコラボに始まり、夏映画らしいクライマックス直前のシリアスさを見せ、春映画のようなIQ3のお祭りで終わる。これが平成ライダーの総括という意味か!, ソウゴはSOUGOの替え玉であり、ウォズによって生まれながらの王だと勘違いさせられていた、ということが明らかになった。生まれながらの王であるSOUGOのためにライドウォッチを集めさせられていたのだ。しかしそれを知ってもなお、世界を良くしたいという想いから再び立ち上がり、仮面ライダージオウオーマフォームとなる。, そして、仮面ライダーバールクスこと常磐SOUGOを打ち破った結果、最低最悪のオーマジオウが世界を支配する未来は消滅し、ゲイツとツクヨミが現代にタイムスリップしてくるとういう事実も無くなったことで、二人はその場から消えてしまった。, (その後のウォズを含めた復活については、今後のTVシリーズで何かオチはつくのかなと考えている。), 最低最悪のオーマジオウの未来が消滅したという現象から考えられるオーマジオウの正体には、二通りの可能性があると思っている。, 一つは、常磐SOUGO=オーマジオウであり、現代でオーマジオウを倒したので、当然未来のオーマジオウも消えた、というわけだ。TVシリーズで、ウォズがオーマジオウに仕えている描写もあったので、ウォズがSOUGOに仕えていたという今回明らかになった事実を考えてもしっくりくる。, もう一つは、ソウゴがオーマジオウではなく、オーマフォームとして覚醒したことで、オーマジオウになる未来が回避された、というパターンだ。オーマジオウは、今回の映画内でもジオウのことを「若き日の私」と呼んでいるので、これはこれでしっくりくる部分もある。, つまりゲイツとツクヨミの未来の『オーマジオウ=常磐SOUGO』なのか『オーマジオウ=常磐ソウゴ』なのか、この辺りがはっきりしなかった。, 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』で一度総括した平成ライダーを、ジオウのラストの展開に絡ませながら、平成ライダーオタク向けに濃~い部分をもう一度絞りきって全て抽出した。そんな映画だったと思う。圧倒的に楽しかった。, 平ジェネFOREVERが多くの人に向けて開かれたお祭りだったなら、本作は身内ノリのちょっとした悪ふざけなら許される後夜祭といったところだろうか。, 特撮ヒーロー好きギタリスト。特撮ソングカバーバンド『海賊版戦隊セイクリッドヘキサゴン』のレッドです。特撮作品を中心とした考察・感想やロケ地の聖地巡礼記事を書いています。. 30代サラリーマン男子兼ハイパーマルチブロガー。 このサイトは多趣味なバビが、マンガ、アニメ、ゲームなどのエンタメから資産運用まで、気になったものや好きなものを節操なしに紹介しているブログです。詳しいプロフィール, 公開初日の朝からジオウ夏映画を観てきました。劇場内は大きいお友達ばかりです。平成ライダー最後となった仮面ライダージオウ。その真の最終回となった「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」の事前情報とネタバレ感想を書いています。 なんと、令和最初のライダーになる「仮面ライダーゼロワン」や、驚きのライダーたちも登場します。前作「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」のシリアスな展開とは逆に、今回はほぼ9割ギャグ路線。これはこれで「平成」というひとつの時代の終わりを感じさせる、仮面ライダージオウらしい映画だったと思います。, 残されたドライブライドウォッチの謎。その鍵は戦国時代に隠されていた。魔王・織田信長と出会い、歴史上の戦いに身を投じるソウゴたち。そこにであらわれたのは歴史の管理者を名乗る“クォーツァー”、仲間だったはずのウォズも、その一員として立ちはだかった。やがて明かされる、ソウゴたちのこれまでの戦いに隠された衝撃の事実。常磐ソウゴ=仮面ライダージオウ、その存在に隠された大いなる陰謀とは?時空を超えた冒険のはてに、ついに誕生する王は最善か?最悪か? ついに「仮面ライダージオウ」真の最終回へ――。, ソウゴがオーマジオウライドウォッチで変身するジオウの最終形態。平成ライダー19人の最終形態を召喚できる。, クォーツァーのリーダー/常盤SOUGO(ISSA)が変身。名前は「BLACK RX」のアナグラム「BARLCKX」に由来。BLACK RX、ロボライダー、バイオライダーのライドウォッチを持っている。, カゲン(パパイヤ鈴木)が変身。名前は「シン(SIN)」「ZO」「J」のアナグラム「ZONJIS」に由来。シン、ZO、Jのライドウォッチを持っている。, ジョウゲン(斉藤秀翼)が変身。名前は、「AMAZONS」のアナグラム「ZAMONAS」に由来。, 前半は完全に「ドライブ編」というべき内容。冒頭から仮面ライダーゼロワンが登場!ウォズの「祝え!」で集まったエキストラが歓喜します。1,000人のエキストラ募集で2,000人集まったらしく、その日用事がなければ本当は私も行きたかった(´;ω;`)ウゥゥソファーで寝そべっていたソウゴが飛び起きます。ツクヨミ「どうしたの?ソウゴ」ソウゴ「ジオウが終わって、新しいライダーが始まる夢見た。」めちゃくちゃメタなセリフが冒頭から飛び出してました。で、テレビで、織田・徳川連合軍と武田軍が戦った長篠合戦図屏風の絵柄書き換わったというニュースが。なんと、ゲイツとタイムマジーンの絵が加わってるwwwしかも、横に「芸津殿」って書いてあるwwwwwその後、ドライブの歴史を守ってほしいというクリム・スタインベルトの要請で彼の研究所後を訪ねてマッハと合流。, 襲ってきた ザモナスをジオウ、ゲイツ、マッハの3人で撃退しますが、ザモナスは クリムの先祖を殺害するために過去に向かいます。屏風の件から1575年に飛ぶソウゴ、ゲイツ、ウォズ、ツクヨミ。ウォズ以外の3人はなじむために着物を着るんですが、制服のときみたいに、ゲイツは、またジャージの首のところのやつだけしてました。で、ウォズに何で着替えないのかと問いかけるソウゴ。ウォズ「私までコスプレすると、観ている人が混乱するからね。」今作はメタ要素のギャグが豊富。信長が好きになった女がクリムの先祖で、その子を送り届けるためにゲイツが信長の影武者をやらされる、という話。信長が蘭奢待(らんじゃたい)という国宝級の香木でたき火しようとしたのは凄かったけど、取り上げられて替わりにウォズのマフラーに火点けてたのは笑った。信長を護衛するソウゴとウォズの前には、ゾンジスが登場。パパイヤ鈴木が出た瞬間、劇場内は失笑が漏れてましたw, 何のかんので過去改変を阻止して、現代に戻ってクリムとマッハからドライブのライドウォッチを受け取るソウゴ。, おお!ついにオーマフォームか?と思ったら、すべてのウォッチをウォズが持ち去ってしまいます。ウォズと王の誕生を祝う群衆。ウォズにうながされて玉座に向かうと、そこにはウォズと同じ服を着た男たち(DA PUMP)と、玉座に偉そうに座っている、思ったより老けているISSAが!, なんと、実はソウゴは王の替え玉として仕立て上げられた偽の王で、クォーツァーと名乗る集団のリーダーこそが、真の常盤SOUGO(クレジットもこう表記されてた)だったのです!クォーツァーは時の管理者たちで、設定も世界観もバラバラの平成ライダーシリーズをジオウに収れんさせてキレイにするのが目的だったらしい。自虐ネタwwwウォズもクウォーツァーの仲間で、計画のシナリオこそがウォズの持つ「逢魔降臨暦」だったと。ウォズVSゲイツのシーンは熱かったですね。, 最初はソウゴに否定的だったゲイツが、ウォズの胸倉つかんで「アイツに惹かれた」って言ったとことか胸アツでした。実はウォズも当然そう思ってるわけですよ。 「ぶっとばすぞぉっ!」 クウォーツァーにとらえられたソウゴは、そう叫ぶ牢獄の隣の人物に諭されます。なんと!ここで仮面ノリダーの木梨猛が登場!!!!, 凄い!懐かしすぎる!!!「俺は選ばれなかった」的なこと言っててめっちゃ笑うwwwww変身して戦ってほしかったけど、残念ながらそれはありませんでした。しかし、意外と大事な場面で出てきたのでかなり驚かされましたね。ある意味前回の佐藤健以上でした。平成という時代をやり直すために、空にあいた時空の穴に平成に生まれた人やモノを吸い込んでいくんですが、おじさんおばさんが残って若い子が吸い込まれていくのが、私も残るのかと思うとなんかもやっとします。東京タワーは残ってスカイツリーが吸い込まれてました。, 結局、王様になりたいと思いこまされていたと思われたソウゴですが、さらに昔の記憶で、自ら王になることを望んでいたことを思い出します。ついにここでオーマフォームの完成です。やっぱり「祝え!」ってやるウォズ。「逢魔降臨暦」を割いて捨てるのは、象徴的でした。ISSAの変身の仕方が、RXと同じなのは地味に感動。タイミングとか力の入れ具合とかかなりオリジナルに近くて良かった。デザインは違うけど「リボルケイン」て言って出してるし。敵のモブ、テレビシリーズ15話で登場したカッシーン軍団と平成ライダーたちが戦います。声は違いますが、全員出演。驚いたのは、ネタから生まれた仮面ライダーブレン、舞台上演された仮面ライダー斬月カチドキアームズ、マンガ版仮面ライダークウガ、さらにはなんと、テレビの特番で特別制作された稲垣吾郎が変身する仮面ライダーGまで登場!!1人1人登場するたびに場内が騒然としてました。もう何でもありじゃんかwwwwwノリダーも待ってたんですけどね…。最後はバールクスがバイオライダーのライドウォッチで液体化して、さらに仮面ライダーJのウォッチで巨大化。平成ライダーは全員ファイナルフォームに変身して、例によってみんなでライダーキックをぶちかまします。(ちなみに私の好きな電王は、てんこ盛りではなくライナーフォームのほうでした。)四角い盾でガードするバールクス。ライダーたちのキックの軌跡はそれぞれのライダーのタイトルロゴになってて、カッコいいというか何かふざけて見えます。盾をつきやぶって倒れるバールクス。なんと平成ライダーによって破られた四角い盾は、ちょうど「平成」の文字にくりぬかれていました。んなアホなwwwww最後、バールクスはこういう感じのポーズで倒れていきます。, ネタじゃなくて本当ですw最後のほうでバールクスのリボルケインでウォズは腹を刺されてしまい、オーマジオウの未来がなくなったことで未来が変わり、ゲイツとツクヨミも消えてしまいます。と、思ったらなぜかクジゴジ堂に帰ったら3人とも何故かいるっていうね。そのへん、テレビシリーズか冬の映画で補完されるのかな?まあ別にそこは曖昧でもいいですけど。, 平成ライダーの劇場版で次回作のライダーが出るときって、ピンチになったらちょっとだけ助けてくれるとか、必ず少しだけ新旧の絡みがあるんですが、今回は終わった後にゼロワンが登場しました。やっぱり平成と令和で時代が変わることを意識したんでしょう。ゾンジスが令和を作るのは俺だとか言ってるのをサクサクっと倒してました。フォームチェンジもしてましてけど、ゼロワンは、デザイン的にはかなりカッコいいですね。, 前作がかなりシリアスだった反動なのか、今作はほぼギャグに振り切ってました。話の中身というよりは、色んなサプライズが面白いので、これはこれでありかなと思います。ウォズの正体、オーマジオウとソウゴが違いすぎる謎なんかはたぶんテレビシリーズではやらないので、そのあたりを補完できただけでも良いのかなと。すでに前作とテレビで平成ライダー総まとめはできてたので、今作はホントにもう少しやり残してたものだけ詰め込んだ感じでした。ノリダーまで出してくるのは本当に凄いです。これだけギャグ路線でサプライズ盛りだくさんだと、 逆にもうやることがなくなって、これで平成ライダーは終わりなんだなという感じがしました。(本当は仮面ライダージョーカーをやってほしいけど。)といいつつ、今後もライダー何周年とかで過去ライダーはちょこちょこ出てくるとは思いますけど。何というか、平成が終わって令和になったのをようやく実感できた映画です。ありがとう!仮面ライダージオウ!ありがとう!平成ライダー!, 「アベンジャーズ」シリーズを観る順番【2020年10月】MCU全作品公開順・時系列順まとめ。公開予定作品も紹介, フォートナイトにおすすめマイク付きイヤホン10選【2020年最新】ゲーミングイヤホンでディスコのボイチャ、ゲーム通話に。あつ森にも。.

軽トラ 価格 中古, 文字 化け 変換 システム, 新大久保 定食 韓国, シュウウエムラ ブラシセット 口コミ, 調布 24 時間 営業 ラーメン, スト5 投げ 強すぎ, アイビス 素材 追加, 3万円 プレゼント 母, Rails Bootstrap ラジオボタン, Ios13 Nas 接続できない, マイクラ ビーコン 重い, 枝豆 ポタージュ ブレンダー, 高齢者 スマホ 普及率 2019, Macbook 12インチ メインマシン, スプレッドシート 0 表示しない 関数, 英検1級 講座 オンライン, Windows10 Microsoftアカウント 変更, イラスト本 作り方 正方形, 大阪 福岡 距離, Vba 塗りつぶしなし Rgb, サーフボード キャリア おすすめ, 冷製パスタ トマト缶 めんつゆ, Jr 学割 指定学校, 消火器 買取 リサイクル, 英会話 講師派遣 比較, 還付金 充当 仕訳,

Leave a Reply