rfid 在庫管理 自作 23

Copyright (C) I'LL,inc. All rights reserved. © 2015- R.GENE,Inc. 受発注業務をWeb化することで、人的ミス・業務負荷を削減!得意先囲い込みツール・販促ツールとしてもご活用いただけます。シンプルな設計・構成にプラスして貴社業務に合った柔軟なカスタマイズも可能。スマホ・タブレットにも標準対応!, 導入事例一覧さまざまな業種・業界での ・工程Cの手入力作業の時間が2時間から0時間に。 10:00~12:00/13:00~17:30(土日祝日を除く), RFIDシステム活用で棚卸業務効率化│ファッション業界向け販売・在庫・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」 そこで同社は、新たに物流管理システム「id tracking plus」を独自開発することで、難題をのりこえた。rfidタグを貼付することで、すべてのモノの「位置」「数量」「滞留時間」を可視化し、仕掛品の削減と在庫最適化を実現するソリューションだ。 icタグを活用することで、原材料の残量管理と資材の在庫管理も自動化された。 作業負担の軽減 作業者は、icタグを読込むだけで、調合ミスを防ぐことができた。 作業ログが自動的に収集記録され、作業負 … rfidを活用することによって棚卸業務効率化を実現。 従来のバーコードとは異なり、一度に広範囲を読み取ることができたり複数タグ情報を一括で読み取れるなど、rfidを導入することによって棚卸、在庫、移動の管理を大幅に効率化することができます。 ・梱包の配送ミスが年2回から年0回に。, 個体の工程管理を実現するため、まずは工程開始前にRIFDタグの発行と加工前の仕掛品に取り付けを実施します。, タグ情報には「シリアル番号」や「製品コード」、「製造日付」などお客様が必要とする管理情報を書き込んでRFIDタグを発行。発行したタグを仕掛品に貼り付けます。, RFIDタグを取り付けることで、各工程に設置した「ゲート」や「マット」、「リーダー」、「専用ハンディターミナル」などのRFIDタグを読み込む機器で個体情報の識別管理が可能となります。, RFIDを読み込む「マットタイプのアンテナ」を設備機器の地面部分に設置し工程の加工後にRFIDを読み込む。, または一次工程が完了し二次工程のエリアへ仕掛品を移動する時に工程間に設置した「ゲートタイプのアンテナ」を通過することで、RFIDタグを取り付けた仕掛品の個体情報を認識し工程の進捗管理を実現します。, 仕掛品を複数ラインで再加工する場合は、各ライン情報と仕掛品の個体情報を紐付ける運用もあります。, ただし各ラインの敷地面積の関係や工程で純水の取り扱いがあり配線工事が難しい環境では、場所を取らない「RFID専用ハンディターミナル」で各ラインと個体情報を紐付け管理。, また設備機器で加工した仕掛品が自動で流れてくる場合は、設備機器の出口付近に「RFIDリーダー」を治具で取り付け仕掛品の個体情報を読み取るなど、設備機器の環境に合わせて読み取り機を設置することが可能です。, 「専用ハンディターミナル」は、ゲートなどの設備に比べて手軽に持ち運びができる点と場所を取らない点がポイント。お客様の物量や運用状況によりますが、現場環境に合わせてハンディを選択すると機動力のある工程管理が可能となります。, 完成した製品は梱包作業を終えて完成品倉庫へ入庫しますが、梱包作業場のベルトコンベアーにRFID読み取り機を設置し、自動的に梱包数を読み取り管理。, QRコードの場合はスキャナーと製品に貼ったQRコードの位置や向きを調整する煩わしさがありますが、RFIDは電波があたる範囲が読み取り対象となるため、位置や向きの調整など煩わしい作業を省略し少ない工数で梱包作業の数量管理が可能となります。, また梱包製品は製品倉庫の入庫口に設置した「ゲートアンテナ」を通過することで、完成品の入庫数量を一括してまとめて読み。工程情報と入庫情報としてシステムに保存します。, 製品倉庫に入庫された製品は「ハンディターミナル」で棚卸しを行い、QRコードスキャンでの棚卸しに比べて、500時間から12時間と大幅な時間短縮とコスト削減が可能となりました。, 如何でしたか?   仕掛品の工程完了や工程間の移動を把握   完成品の梱包と倉庫入庫もRFIDで手間いらず, 弊社お客様のシステム要望の対象範囲は、「製造開始」から製造検品後の「製品倉庫の入庫」まで。製造中の仕掛品と完成した製品の個体管理の実現でした。, 製造中の仕掛品にRFIDを取り付け、各工程の通過時にRFIDを読み込むための各種設備機器をご提案。, まず現場環境を確認し設備機器を使いRFIDの読み取り等の実地テストで現場検証。各工程に合った読み取り機器を工場内に設置しRFID工程管理システムを稼働することとなりました。, またお客様は個体管理を実現することで「工程作業の見える化」「完成品の在庫管理」「棚卸しの作業効率化」が大きな目的でしたが、実際の数値としては以下のような効果が見込まれました。, ・全体の棚卸し作業の250時間が6時間へ短縮。41倍を想定。 MoT・KDDI他3社、東京都「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を実施, NextDrive、スマートホーム エネルギー管理ソリューションのIoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+」を販売開始. 5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理・販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理・販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。, 販売・在庫・生産管理システム「アラジンオフィス」は、株式会社アイルが開発・販売・アフターサポートまでを全て一貫して行っております。. 全行程に対してRFIDを用いた工程管理の実例紹介でしたが、工程の途中からRFIDを取り付けて部分的に工程管理の時間削減を実現したい。, または完成後の製品にRFIDタグを取り付けて、梱包数量や製品入庫と棚卸しを中心に時間削減を始めたい等、お客様の管理用途に合わせてシステム導入が可能です。, 何処から工程管理の省人化や作業時間の効率化を始めていいかお悩みの現場責任者様、ケーウェイズまで一度お問い合わせください。RFIDを活用した現場カイゼンのプロがシステム提案いたします。. rfid活用. Business Transformation with digital-technologis.   加工品にRFIDタグ(ICタグ)の発行と取り付け ・全製造工程に導入したRFID設備の概要 ・工程Bの仕掛品の調査時間が10時間から0.2時間に。50倍を想定。 RFIDやICタグの自動認識ソリューションの入庫出庫や在庫管理システム開発事例を日本一多く解りやすくご紹介, 製造業の工程管理と在庫管理を手作業中心で運用しており、リアルタイムに各工程の見える化を始めたい。, またはQRコード等のバーコードで運用しているが更に作業効率を向上したい等の現場改善をお考えの現場担当者様に「RFIDを活用した工程管理システム」をご提案。, ご案内する導入例が自社工程管理や製造品と類似している場合は、ご紹介する仕組みをそのまま導入も可能ですし、合致しない場合は自社工程に適した部分のみシステム導入も可能です。, 実際にRFID工程管理システムを導入して、既存の作業時間を大幅に改善した運用事例をご紹介したいと思います。, ・作業時間を大幅に改善したRFID工程管理の仕組み   ハンディ&設備にRFID読み取り機を設置し読み取り ・工程Aの在庫確認の作業が15時間から5時間に。3倍を想定。 世界のものづくりを支える工作機械のグローバルリーダー、ヤマザキマザック(略称:MAZAK)。同社が現在、最も注力している分野の一つがスマートファクトリーだ。昨年11月には主力工場である美濃加茂(みのかも)製作所(岐阜県美濃加茂市)をスマートファクトリー化し、稼働を開始している。, 美濃加茂製作所のスマートファクトリー化には、大きなチャレンジがあった。それは、第一工場と第二工場の再編だ。, これまでは、それぞれの工場が部品加工から完成品の組立までを一貫して手がけていた。しかし今回、第一工場で組立、第二工場で部品加工を行う一体型の生産体制に再編した。以前のように一つの工場で一つの製品をつくる場合、特定の機種の需要が落ちると工場間で繁閑の差が生じてしまう。しかし、あらかじめ工場別で機能が分かれていれば、大がかりな機種移管を行わずに、需給の変動にフレキシブルに対応できる。, だが、物理的に離れた工場間で生産工程を統合することは、一筋縄ではいかない。特に大変なのがモノの流れ(物流)の管理だ。そこで同社は、新たに物流管理システム「ID TRACKING PLUS」を独自開発することで、難題をのりこえた。RFIDタグを貼付することで、すべてのモノの「位置」「数量」「滞留時間」を可視化し、仕掛品の削減と在庫最適化を実現するソリューションだ。, このほど、「ID TRACKING PLUS」の開発を手がけたヤマザキ マザック株式会社 iSMARTプロジェクト グループリーダー 石田修一氏、主任 藤木周平氏、長谷川雄基氏、植松慎平氏の四名に、同プロジェクトの背景や成果について話をうかがった(聞き手:IoTNEWS代表 小泉耕二)。, IoTNEWS 小泉耕二(以下、小泉): 「ID TRACKING PLUS」を開発した背景について教えてください。, ヤマザキマザック 石田修一氏(以下、石田): 弊社は2015年に「Mazak iSMART Factory」と銘打ち、スマートファクトリーの取り組みを米国工場にてスタートさせました。愛知県大口町にある本社工場は日本でのスマートファクトリー化の第1号として2017年から稼働しています。そこで構築したソリューションを他工場へ横展開しており、今回は美濃加茂製作所をスマートファクトリーとして刷新し、昨年11月に稼働を開始しました。, 石田: 美濃加茂製作所のスマートファクトリー化のポイントは、第一工場と第二工場の生産工程の再編で、これは本社工場にはない課題でした。美濃加茂製作所ではこれまで、それぞれが部品加工と完成品の組立を一貫して行っていました。第一工場では複合加工機などを、第二工場では中・小型のマシニングセンター(MC)や旋盤を生産していたのです。, しかし今回、二つの工場で一つの製品を一貫生産できるしくみに再編しました。通常ならこれはとても難しいことですが、美濃加茂製作所は第一工場と第二工場のあいだの距離が比較的近い(約1.5キロメートル)こともあり、再編にふみきったのです。, 小泉: 物理的に近いとはいえ、やはり別々の場所にあると、大変なことも多いのではないかと想像します。, 石田: おっしゃるとおりです。何よりも、加工と組立のラインが別々の工場にありますから、工場間でのモノの流れをきちんと把握できるしくみをつくる必要がありました。そこで開発したのが、物流管理システム「ID TRACKING PLUS」です。RFIDタグを活用して、すべての原材料や仕掛品(以下、「部材」とまとめて表記する) の位置や数量、滞留時間を可視化できるようにしたのです。, 石田: これは、美濃加茂製作所に限らない課題でした。大前提として、工作機械メーカーである弊社は多品種少量生産であり、1台の加工設備で数百種に及ぶ部品加工を行っています。多種多様な加工品が工場内を渡り歩きますので、短納期を実現するには、非常にこまかい工程管理が必要になるのです。, 設備機械における可視化は「Smooth Monitor(スムース モニター) AX」という弊社のツールを使ってすでに行っていました。しかし、物流の管理についてはまだまだ属人的な方法に頼らざるをえない状況でした。そこで、美濃加茂製作所の再編をきっかけに、新たな物流管理のIoTソリューションを構築できれば、弊社の他工場のみならず、同じ課題をかかえるお客様に対しても、改善例のご提案になるのではないかと考えたのです。, 実際に、今回開発したシステムを使ってモノの流れを可視化することで、意外な場所での滞留や、現場任せであった部材の移動経路やタイミングなどが見えてきました。見えないものは改善することができません。ただ、これまではそうした実態が非常に見えづらかったのです。, 技術・科学系ライター。修士(応用化学)。石油メーカー勤務を経て、2017年よりライターとして活動。科学雑誌などにも寄稿している。, 会員に登録することで、会員限定のコンテンツや、資料のダウンロードが可能にあります。さらに、IoTNEWSから不定期でお役立ち情報をご登録のメールアドレスにお送りさせていただきます。※有料会員サービスは廃止いたしました。プレミアム会員の方は、現在は無料会員となっております。, 動画による基本や記事の解説を始めました。よかったらYoutubeのチャンネル登録もしてください。.

Bts ジョングク 好きな曲 29, ニコチンソルト 用 Vape 12, ヨガ Aya 昔 4, グレンラガン 5 話 動画 8, Sala 意味 イタリア語 22, 이야기하다 말하다 違い 30, シャニマス ブログ グレフェス 24, 宝石 英語 フランス語 44, 香水 Tiktok チョコプラ 10, アニステ 風 立ち ぬ 4, Apple Music プレイリスト 本名 7, ふくらはぎ 筋肉太り 男 12, キングダムカム ロスト イン トランス レーション 4, 神奈川県猟 友 会 会長 5, 卓球 ラバー 貼ってくれる 7, ヘブンズ フィール トゥルー 分岐 8, ウェイ シェン 意味 中国語 6, 蟹座 性格 A型 6, Hara 遺書 全文 8, オズワルド 名前 由来 21, アクア ウィング ウォーターサーバー 水が出ない 54, 吉本興業 ダウンタウン 権力 4, 東急ストア 社長 死亡 8,

Leave a Reply