slack bot スプレッドシート 5

}, 4.公開アプリケーションに設定します。 What is going on with this article? function postSlack(text){ 6.スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)のスクリプトエディタに戻り、「編集」から「現在のプロジェクトのトリガー」を選択します。 3.App Nameを入力しDevelopment Slack Workspaceにてチャンネルを選択して「Create App」を押下します。   スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)にストア(蓄積)し、GoogleDataPortalで可視化するといった実装を行うことを考えます。, 1.Slack apiからボットを作成し、Incoming Webhooksを設定する var recordsheet = SpreadsheetApp.openById(‘シートのID’).getSheetByName(‘testsheet1’); モダンな環境には憧れつつもExcelで進捗管理している現場は少なくありません。そんな現場では誰かに編集をロックされ犯人探しするという「業務」を度々見かけます。また、スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)の導入には漕ぎつけたがやっていることはExcelと変わらずというところも少なくありません。, スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)の良さは同時編集ができることはもちろんですが、APIを通じたGoogleサービスなどとの連携、過去のバージョンへ遡れることなど素晴らしい機能がたくさんあります。, 今回は、スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)を用いて日々の進捗報告を定時刻でSlack促し、Slackの報告内容を Webhook URLの「Copy」を押下し、以下の(コピーしたURL)の部分に貼り付けます。, //Slackに投稿する指定のテキストを投稿する関数 2.検索欄に「web」と入れると「Outgoing Webhook」が出てくるので選択します。 var recordrow = lastrow + 1; recordsheet.getRange(“C” + recordrow).setValue(data); 5.ページ下部のAdd New Webhook to WorkSpace ボタンを押下、「ワークスペースにアクセスする権限をリクエストしています」と出てきたら、投稿先を選択後、「許可する」ボタンを押下します。 var recordrow = lastrow + 1; function record (data) { //シート取得のスクリプト(シート名は実態に合わせ適時変更する) 下のスクリーンショットのようにセルB1にチャンネル名を入力しておき、スクリプトを動かすと、セルA3からずらずらっとメッセージなどの情報が出てきます。, APIにはチャンネル名ではなく、チャンネルIDを渡さなければならず、最初面食らいました。よってまずチャンネルIDとチャンネル名の一覧を取得し、そこからチャンネルIDを探してという流れになります。, また、返ってくるJSONデータも投稿内容によっていろいろな項目があってそのすべては把握できていません。なのでその辺は割りとテキトーなことになっていますし、その意味ではタイトルは「すべて」取得と書いていますが厳密にはすべてではありません。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. var date = new Date(); recordsheet.getRange(“B” + recordrow).setValue(“報告内容”);  詳細は省きますがトークンはリンク先から取得できたと思います。 “payload” : ‘{“text”:”‘ + text + ‘”}’ // Slackからの報告(投稿)を受け取る 2.スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)におけるGAS(Google Apps Script)の利用する 4.スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)のGASスクリプトを公開アプリケーションに設定する   function postSlack(text){ var lastrow = recordsheet.getLastRow(); 5.遷移した後のページの下の方に「インテグレーションの設定」があるので、チャンネルを選択して、先ほど控えたURLを下のテキストエリアに貼り付けます。入力が終わったらさらに下の方にある「設定を保存する」ボタンを押下します。 1.Googleドライブから左上の新規を押下して、Googleスプレッドシートを選択、セルを選択後、挿入からIMPORTXMLを選択します。 シートオブジェクトの取得するため、対象スクリプトのURLの/d/と/edit/の間をコピーしてopenByIdの引数に指定します。, スプレッドシートのURL Why not register and get more from Qiita? } “method” : “POST”, UrlFetchApp.fetch(url, options); var url = “(コピーしたURL)”; https://docs.google.com/spreadsheets/d/XXXXXXXXX-XX-XXXXXXXXXXXXXXXX-X-X-XX/edit#gid=0 }, 3.次に報告を受け取ってスプレッドシートに書き込む機能を追加します。 var options = { =IMPORTXML(“https://at-virtual.net/”,”//a/@href”), Loading…の後に一覧が出力されます。 “method” : “POST”, 8.設定できたら「保存」ボタンを押下します。設定通り反映されればここまでの設定は完了です。, 「4.スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)のデータを用いてGoogleDataPortalへの出力する」は後編に書いていきたいと思います。, 【メールセキュリティ】 インシデント調査で不審なメールを見抜くために必要なメールサーバ・クライアントの基礎知識, 【AWSセキュリティ】AWS認定セキュリティの資格をベースにAWSのセキュリティサービスを徹底研究する, 【CVE-2020-3556】VPNのCisco AnyConnect(Windows/Mac/Linux版)のゼロデイ脆弱性のリスクと対策, 【PoCあり】WebLogicの脆弱性はCVE-2020–14882は1リクエストで乗っ取られる?リスクと仕組み・対応策を解説, 【解決】SSLサーバ証明書の他社切り替えで待てども認証ファイルのアップロードから進まず困った時, 【解決】TXTレコードを追加したらDNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAINのエラーでサイトが見れなくなった|お名前.com+さくらサーバのような別契約の時のDNSレコードの注意点. 1.Slack apiからボットを作成し、Incoming Webhooksを設定する 2.スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)におけるGAS(Google Apps Script)の利用する 3.SlackApiからOutgoing Webhooksを設定して、botとコミュニケーションを取れるようにする 5.スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)のデータを用いてGoogleDataPortalへの出力する, 基礎的なところから書いていくので記事が長くなっています。知っている箇所は適時スキップしながらご参考頂ければと存じます。, 時間ができたときにExcelからの取り込み、移行の手段に関しても書くことを予定しています。, 本題に入る前にスプレッドシート(GoogleSpreadSheet)の凄さを体感してもらおうと思います。 record(data); UrlFetchApp.fetch(url, options); 2.以下のように始めの「””」の間にURL,次の「””」に「//a/@href」を指定します。, =IMPORTXML(“対象のURL”,”対象の要素”) 4.さらに「Outgoing Webhookインテグレーションの追加」ボタンを押下します。 // Slackからの報告(投稿)を受け取る recordsheet.getRange(“A” + recordrow).setValue(formatdate); var url = “https://hooks.slack.com/services/(連携先のslackのパス)”; Help us understand the problem. function doPost(e) { recordsheet.getRange(“A” + recordrow).setValue(formatdate); function doPost(e) { }. https://slack.com/api/channels.list?token=, https://slack.com/api/channels.history?token=, // 出てきそうな項目名を予め列挙しておく(この辺は必要に応じて加減すればよいでしょう), you can read useful information later efficiently. ことの経緯. こんにちは、GMOインサイトのR.Kと申します。 今回、初めてテックブログに投稿させていただきました。 早速本題に入っていきます。 先日、初めてGAS(Google App Script)を業務で触り、Slackと連携してみて、「あ、これはすごく便利なやつだ」と確信しました。 GASを使うと簡単な方法でBotを作成することができたので、健康維持のために始めた筋トレのモチベーションを保つために、 SlackとGoogleスプレッドシートを使った簡単なシステムを作ろうと思います。 “headers”: {“Content-type”: “application/json”}, var formatdate = Utilities.formatDate(date, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy/MM/dd HH:mm:ss’); 6.元の画面に戻ったらWebhook URLに1行追加され、URLが作成されます。「Copy」ボタンを押下するとURLがコピできるようになりました。ここまででSlack Appの準備は完了です。続いてスプレッドシートを準備して連携していきます。, 1.Googleドライブから左上の新規を押下して、Googleスプレッドシートを選択、セルを選択後、ツールからスクリプトエディタを選択します。 ↓  https://api.slack.com/web, 実際の運用ではチャンネル名とIDやユーザー名とIDなどは別シートに予めリスト化しておき、そこから拾うような感じになるでしょうか。また、応用すれば更新されたデータのみを毎日自動でチェックとかもできるでしょう。. Google SpreadsheetとSlackを連携させ 指定時刻にスプレッドシートの内容をSlackにリマインドするbotの制作. }. var formatdate = Utilities.formatDate(date, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy/MM/dd HH:mm:ss’); “payload” : ‘{“text”:”‘ + text + ‘”}’ }; recordsheet.getRange(“C” + recordrow).setValue(data); 2.ページが遷移したら下の方までスクロールし「Creating, managing, and building apps」にある「Create a Slack App」を押下します。 recordsheet.getRange(“B” + recordrow).setValue(“報告内容”); var lastrow = recordsheet.getLastRow(); 2.報告に対してレスポンスを返せるようにしたいので、報告を受け取り、Slackに返答する部分を作成します。 4.左サイドメニューのfeaturesからIncoming Webhooksを選択し、右上のトグルスイッチをONにします。 他にもスプレッドシート(GoogleSpreadSheet)強力な関数がたくさん用意されています。 var recordsheet = SpreadsheetApp.openById(‘XXXXXXXXX-XX-XXXXXXXXXXXXXXXX-X-X-XX’).getSheetByName(‘testsheet1’); postSlack(“ご報告ありがとうございます。\nお疲れ様でした。”); }; 5.アプリにアクセスできるユーザを選択し、「Deploy」を押下します。次の画面のURLを控えておきます。(anonimousはやめましょう), 1.ワークスペースのURLにアクセスしますslackapiとは別物です(https://at-virtualnet.slack.com/apps/manage) 3.SlackApiからOutgoing Webhooksを設定して、botとコミュニケーションを取れるようにする 3.「slackに追加」ボタンを押下します。 “headers”: {“Content-type”: “application/json”}, スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)の凄さを体感したところで、いよいよ本題に入ります。, 1.まずはhttps://api.slack.com/startにアクセス、「Start here」ボタンを押下します。 タイトルの一覧が欲しい場合は以下の通り指定します。, =IMPORTXML(“https://at-virtual.net/”,”//a/@title”), スプレッドシート(GoogleSpreadSheet)の凄さが体感できたと思います。 var date = new Date(); 7.右下の青いトリガーを追加ボタンを押下します。(通知に隠れていたりするので一度消してみましょう) 【GAS】Slackから特定のチャンネル内の投稿内容をすべて取得してスプレッドシートに取り込む GoogleAppsScript Slack More than 3 years have passed since last update. var options = { if (e.parameter.user_name === “slackbot”) return; function record (data) { if (e.parameter.user_name === “slackbot”) return; var data = e.parameter.text.split(” “);

ウッドデッキ 床板 塗装 8, ムサシ コジロウ 年齢 36, 楽天 キャンペーン いつ 9, フィギュアスケート 男子 歴代 6, 叛逆の物語 配信 無料 12, 高校サッカー 神奈川 強豪 6, R の法則 事件 4, 小学生 男子 告白 され たら 6, ジャニーズ 迎え舌 なんj 8, クリスプ ブレッド どこで売ってる 22, ホスト 狙い撃ち 曲 56, マイクラ 村 噴水 26, ムサシ コジロウ 年齢 36, 岡部麟 Showroom 事故 38, ドコモ スタンプ 佐藤健 5, また 会えるか タロット占い 4, Youtube そら アバンティーズ 16, ハイキュー 研磨 熱 4, 鳥取県 高校 総体 2020 8, ガリレオ 石神 その後 12, フランケン シュタイン の恋 9話 9, マイクラ ファントムの皮膜 コマンド 4, 日本光電 心電図モニター 見方 18,

Leave a Reply