unity mac スペック 11

主に将棋とゲーム制作に挑戦して得た情報を、このブログを通して読者様と共有・提供できたらとと思ってます。 unityを使うにあたってpcを買いたいんだけど、どれだけのpcのスペックが必要かわからない!そんな疑問に答えていきたいと思います。必要なcpuとgpuとメモリについて、またosは何にすればいいのか、hdd,ssdは何g必要なのか解説しています。 background: linear-gradient(transparent 80%, #ff7f50 80%); このブログを楽しんでいただけたら幸いです♪, OSとはオペレーションシステム(Operation System)の略で、ディスプレイに何かを表示させたり、データを保存したりなど、, OS X 10.11 がリリースされた2015年9月30日以降のApple PCであれば、とりあえず大丈夫みたいです!, GPU(Graphics processing unit)は図形を作成したり、3D図形を高速, Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cのコネクタあると、eGPUと呼ばれる外付けGPUが使用できる, Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cのコネクタがあれば、物足りないときには外付けGPUで補えるということですね!, Radeon Pro 560XかRadeon Pro Vega 20が使われていて、かつThunderbolt 3に対応したUSB Type-Cのコネクタが保険として備わっていると良し!, さて、追加のプラットフォーム開発要件としてUnityが要求しているのがmacOS 10.12.6以降ということなので、, がリリースされた2017年7月19日以降のApple PCであれば、OKみたいです!, Xcode(エックスコード)とは、ソフトウェアを開発するためのアップルの統合開発環境のこと. .marker-orange { 無料でゲーム・アプリ開発の行える3Dゲームエンジン、Unityの動作環境について解説します。, 記事前半で、Unity公式のドキュメントを元にUnityを動かすための必須スペックを解説していますが、本当に動作に必須なスペックしか記載されておらず実際にUnityを操作する際の目安になりません。, そのため、筆者自身の経験を元にUnity制作におすすめの個人的推奨スペックについても紹介していきます。, PCの動作環境のキーワードについて簡単な解説も書いたので、PCについて知識が少ない方はPC周りの知識も学びながら読んでいただけるかと思います。, Unity公式には動作に最低限必要なスペックしか記載されていなかったため、個人的におすすめのPCスペックについても紹介しておきます。, 以下の表は、Unity公式ページ(https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/system-requirements.html#other)から引用した、Unity Editor2019.4 LTSの動作環境です。, この表は、Unity2019.4 LTSの動作環境です。これからUnityを始める方は2019.4以前のバージョンを使うメリットがあまりないので割愛させていただきます。, OSは最新バージョンにアップデートしておけば問題ありません。Windowsの方はWindows7が2020年1月にサポートが終了しているのでWindows10へアップグレードすることをおすすめします。, X64 architecture with SSE2 instruction set support, よくわからなかったので調べてみると、SSE2は2001年に発売されたCPUに初めて搭載された拡張命令セットのことだそう。, CPUはPC内のあらゆる処理を行うエリアです。つまり、CPUの性能が良いほどUnity内でのプログラム処理や、実行速度が速くなります。, これまたよくわからないので調べてみると、DX10(DirectX 10)は、2006年にリリースされたAPIの集合とのこと。, 低価格帯のPCに搭載されているGPUの例として、UHDグラフィックス620でも問題なく動作します。実機動作確認しました。, Unity内でオブジェクトが動いている映像を計算処理してモニターに映し出すことがGPUの役割です。, Unityで制作を行う側の場合、GPUさほど重要ではありません。極端なことを言うと、低価格GPUユーザーが高価格GPUユーザー向けのコンテンツを作ることも可能です。, 以上がUnity公式ドキュメント 動作環境のページの情報を元に解説したUnityの必須スペックです。, これだけではさすがに現実味がないと思うので、Unityを日ごろから触っている1ユーザーとして私がおすすめの推奨スペックを紹介していきます。, CPUの性能はPC自体の性能に直結するため、Unityを使う上でも一番コストを費やすべきポイントです。, CPU選びのポイントとしては、Intel Core i5-XXXXのXXXXの数値が大きいほど高性能になります。, 参考元のCPU性能比較ページにおいて、スコアが1000程度あればストレスなくUnityが動作できるかと思います。, ただし、Unityで3D オブジェクトを扱いたい場合は、Blender等3Dモデリングソフトも使う必要がでてきます。, GPUの性能が良いほど快適にモデリングが行えるためキャラクターやアイテムを自作したい場合はGeForce系のGPUがあった方が後々便利です。, メモリは16GB以上を推奨します。私は4GB、8GB、16GBと3つのメモリ量でUnityを使用してきました。, 実際にUnityでコンテンツを作る際は、Unity単体で開発することはなく、Unity以外にも3Dモデリングソフトやブラウザを開いていることが多いです。, この時メモリが不足しているとPCがフリーズしたりや重くなったりすることがあります。, 私は4GBメモリPCから8GBメモリPCに買い換えましたが、8GBメモリでもたまにフリーズしていました。, 16GBメモリに増設すると動作がとても安定したため、個人的には16GB以上のメモリ量を推奨します。, 参考までにUnity、Blender、ブラウザ(Chrome)を同時に起動している状態でのメモリ使用量は9GB程度です。16GBあれば使用率70%以下で安定して動作してくれます。, デスクトップPCの場合、メモリ増設は後からできるため8GB→16GBの増設もアリです。, SSDはHDDよりも動作が速くソフトやプロジェクトの起動が速くなりますが、HDDでも問題なしです。, ストレージはノートPC・デスクトップPC問わず後からいくらでも増設できるので、この点も覚えておいてください。, ストレージは年々安くなっており、2020年7月時点だと6000円程度で1TB外付けHDDが購入できます。(USB接続するだけでストレージが増設可能). 2019-11-15 MacBook Pro 16インチ (2019) を追記 ; 概要. 『まさたま』と申します。 macでunity開発の必要スペック cpuはi3以上、メモリは4Gで十分だと思います。 unityとmonoとxcodeとiosエミュレーターとブラウザを同時使用してもi5 2.8Gデュアルコアでcpu使用率は50パーセント以下で冷んやり。 Copyright © 2017 たなかゆう All rights reserved. client="ca-pub-3894776871438335" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/ Unityが動くか. }, Unityでゲーム制作に取り掛かろうとしたのですが、そもそもパソコンを買い替える必要がある気がしてきました。, CPU: Intel(R) Core(TM) i5 CPU M480 @ 2.67GHz, いつ壊れてもおかしくない状況なので、この機会にUnity専用のPCを購入しようと思います!, ただ、買う気になったのは良いのですが、Unityを動かすのにどのようなスペックが必要なのでしょうか??, その辺りの知識が不足しているので、とりあえずApple PCに絞って情報をまとめてみました。, まずはUnityのサイトで開発環境に必要なApple PCのスペックを調べてみました。, OS: MacOS 10.11以降 サーバ版のWindows、OS Xについてはテストされていません, iOS: MacOS 10.12.6以降とXcode 9.0以降を実行するMacコンピューター, 引用元:https://unity3d.com/jp/unity/system-requirements, OSとはオペレーションシステム(Operation System)の略で、ディスプレイに何かを表示させたり、データを保存したりなど、PCの基本的な動作を制御するソフトのことです。, Apple PCはMacOS、Microsoft PCはWindowsがOSとなります。, さて、Unityの開発環境スペックとしてMacOS “10.11以降”と書かれてますが、この数字はなんでしょうか?, ゲーム機のプレイステーションが、プレイステーション2→プレイステーション3→…のようになるのと同じです。, なぜかはわかりませんが、10.8まではネコ科の動物、10.9以降はカリフォルニア州の地名からコードネームが付けられているそうです。, さて、Unityで要求されているMacOSが10.11以降ということですが、OS X 10.11 がリリースされた2015年9月30日以降のApple PCであれば、とりあえず大丈夫みたいです!, CPUは人間が与えた命令を実行する装置で、中央演算処理装置とも言います。CPUは与えられた命令をメモリに記憶し、そこから1つずつ取り出して実行していきます。, いわゆるCPUはPCの頭脳で、PCの性能はCPUの性能に比例し、CPUの性能は動作速度に比例します。, 人間の性能が脳みその性能に比例するとしたら、脳みその性能は脳みその回転速度に比例する、みたいな感じです。, 下の図で示すように、クロック周波数は1秒間に1クロックが何回繰り返されるかを示します。, もう少し説明すると、PC内部のマザーボード上にはクロックジェネレータという装置があって、それが一定の周期を持つ電気信号(クロック周波数)を発信しています。, クロックジェネレータが発信するクロック周波数を“ベースクロック”とか“外部クロック”と言います。, これをCPU内部にある逓倍(ていばい)回路で数倍から数十倍に上げることで高速に動作するようになります。, ここに書かれた2.67GHzというのが内部クロックで、このCPUの性能ということになります。, さぁだいぶCPUについて説明しましたが、ここでUnityの開発環境スペックで求められているCPUの性能に話を戻しましょう。, CPUには“SSE2命令セットをサポート”としか書かれておらず、クロック周波数については一切触れられてません。, SSEは命令セット(Streaming SIMD Extensions)のことで、画面上に画像を高速に表示する技術だそうです。, SSE2の“2”という数字ですが、SSEに何度か機能が追加されるたびに数字が上がっていくそうで、いまはSSE4まであるみたいです。, SSE2の細かい機能については説明を省きますが、Intel製のCPUではPentium 4(ペンティアム4)からSSE2が実装されているそうです。, ちなみにPentium 4がPentium Ⅲの後継として登場したのが2000年。, つまり、最近の新型PCを購入すば、“SSE2命令セットをサポート”していると思われます!, GPU(Graphics processing unit)は図形を作成したり、3D図形を高速に描写する装置です。, ディスプレイに表示される画像は多数のピクセルという点で表されますが、GPUはCPUから送られてきた情報を基に、それぞれのピクセルをどの色で表示するかを決められるそうです。, では、Unityで求められている“DX10(シェーダーモデル4.0)の性能を持つグラフィックスカード”は一体なんなのでしょうか?, DXとはDirectX(ダイレクトエックス)のことで、ゲームなどで使われるプログラムです。, そこにはUnityを扱う上でのグラフィックについて、“Unity Editor”という項目が設けられており、ど・ストライクなことが書かれてました♪, 引用元:https://www.apple.com/jp/macbook-pro/, MacBook Proに使われているGPU、Radeon Pro Vega 20を使うとRadeon Pro 560Xを使ったときに比べて60%高速化されるようです。, 少なくともRadeon Pro 560XかRadeon Pro Vega 20が使われているApple PCなら、Unityは動くということです!, どうやら、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cのコネクタあると、eGPUと呼ばれる外付けGPUが使用できるみたいです。, eGPUを使用することで、Unity使用時の動作が数倍~十数倍まで高速化すると書かれてました。, つまり、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cのコネクタがあれば、物足りないときには外付けGPUで補えるということですね!, GPUについてまとめると、Apple PCにおいてはRadeon Pro 560XかRadeon Pro Vega 20が使われていて、かつThunderbolt 3に対応したUSB Type-Cのコネクタが保険として備わっていると良し!ってことになりそうです。, まずはiOS(アイオーエス)についてですが、これはiPhoneやiPadに搭載されたOSのことです。, OSについては上述しましたが、ここで求められている“MacOS 10.12.6以降”とはなんでしょうか?, OSの説明では“macOS 10.12”と一括りにしましたが、macOS 10.12は更に以下のようにバージョンアップしていたのです。, さて、追加のプラットフォーム開発要件としてUnityが要求しているのがmacOS 10.12.6以降ということなので、macOS 10.12.6がリリースされた2017年7月19日以降のApple PCであれば、OKみたいです!, さぁ、いよいよ最後の要件、“Xcode 9.0以降を実行するMacコンピューター”についてです。, Xcode(エックスコード)とは、ソフトウェアを開発するためのアップルの統合開発環境のことだそうです。, 正直よくわかりませんが、iPhoneやiPad用のアプリケーション開発に特化したものらしいです。, とりあえず、ここで重要なのはXcodeがなければiPhone用アプリが作れないということです!, 私はiPhone用にアプリを作成したいので、Xcodeの要件はぜったいに無視できないです!, Xcode 9.0以降ということですが、この9.0という数字は言わずもがな、バージョン名のことです。, Xcode 9.0は2017年9月19日にリリースされているので、この日以降に発売されたApple PCであれば、大丈夫ってことになります♪, GPU: Radeon Pro 560XかRadeon Pro Vega 20が使われており、Thunderbolt 3に対応したUSB Type-Cのコネクタが保険として備わっていること, 2019年現在において、新型Apple PCを購入しておけばとりあえず大丈夫そうですね♪, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. iphoneアプリの開発や勉強に最低限必要なMacのスペックは? 2018年1月16日 2020年2月4日 iphone(ipad)アプリの開発や勉強をはじめてみたいという人にとって一番のハードルは、 Macを購入しなければならない ということでしょう。 Unityを快適に動かすために必要なPCのスペックは?Unityの動作に必要なPCスペックについて詳しく解説します。公式ドキュメントの解説から個人的推奨スペックも紹介しています。これからUnityを始める方の助力となれば幸いです。 Unityの必要動作環境. Windows PCかmacをお持ちであれば、Unityが動く可能性があります。 メインメモリー:4GB以上 HDD or SSDストレージの空き領域:10GB以上 Windows7以降の64-bit OS、あるいは最新のmacOS; とりあえず、上記を満たしていたらUnityが動く可能性が高いです。 Unityを実際にPCで動作させるために必要な動作スペックを紹介します。 最低動作スペック. Swiftはコンパイルが遅いので、Macによって結構開発効率が変わってくる。 色んなMacのビルド時間を比較して、どのMacが開発に向いているか検討してみた。 ビルド時間の表示方法 数値的には、MacBook Airの13インチ(11インチと同じ処理性能)は確かにMac Proの2倍以上の時間がかかっています。 でも時間にすると14.7秒。 さて、Unityの開発環境スペックとしてMacOS “10.11以降”と書かれてますが、この数字はなんでしょうか? これはバージョン名です。 ゲーム機のプレイステーションが、プレイステーション2→プレイステーション3→…のようになるのと同じです。 はじめまして。 是非、楽しんでいってください。 このサイトの管理人がUnityで開発を行うときに使っているPCのスペックと使用感について語っています。あくまで個人的な感想です。Mac,Windows,Nasを使って開発しています。 Copyright © 2018-2020 Your 3D All Rights Reserved. https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/system-requirements.html#other, 3DCG髪の毛のつくり方まとめ【Blender・ZBrush】髪の毛のつくり方のまとめ【Blender・ZBrush】. ©Copyright2020 まさたまブログ.All Rights Reserved. WD ポータブルHDD 1TB USB3.0 ブラック WD Elements Portable 外付けハードディスク / 2年保証 WDBUZG0010B... このPCスペックを満たしているPCを少し調べてみると、6~9万円(2020年7月時点)で購入できそうです。, 以上、Unityに必要なスペックを満たすPCを探してきたのでちょこっと紹介します。, ユーザーとしては上記のスペックがあれば最低限利用できそうな結論にいたりましたが、大手PCメーカーがUnity推奨スペックとして出している製品は以下のようなスペックです。, 以上、Unityの動作環境の解説でした。これからUnityを始める方の助力となれば幸いです。, インテル(Intel)CPUの性能比較のページです。各CPUの性能をグラフで分かりやすく掲載!Core 2シリーズとCore iシリーズの比較や、今お使いのものと最新のものとの比較などにも役立ちます。最終更新2020年6月. ゲームエンジンUnityの準備についてご紹介します。Unityが使えるPCをお持ちであれば、インストールして遊んでみましょう。もしプログラミングに向いているなら、面白く感じると思います。, とりあえず、上記を満たしていたらUnityが動く可能性が高いです。インストールしてみてください!, 中古PCを購入する場合は、CPUとビデオカードの要件も確認してください。それぞれ、SSE2命令サポート、shader model 4.0(DX10対応)という条件があります。また、どうせ購入する場合は、後半の推奨環境もご覧ください。, Windows10での確認方法です。他のOSでも似たような操作でチェックできると思います。まずはメインメモリーの容量と、OSとプロセッサーのビット数を確認します。, 上記であれば、358GB残っているということです。ここが10GB以上なら大丈夫です。, メインメモリーが4GBあれば動きはするのですが、余裕はありません。以下、UnityとコードエディターのMono Develop、それからGoogle Chromeを開いた状態のメモリー使用量です。, OSが何をしているかによって変わりますが、すでに2GB以上使ってしまっています。2GBのPCではUnityは動きそうにありません。, 4GBだと空き容量は2GBもありませんので、Unityを使う時には同時に利用するアプリに気を付けてください。基本的には、使わないものは閉じておきましょう。, Webブラウザーは情報検索に必須ですが、メモリーを大量消費するアプリケーションの大本命です。現時点では、Windows10にもともとインストールされているEdgeか、Google Chromeがメモリー消費量が少な目でオススメです。タブが開いているほど容量を消費しますので、不要になったページは小まめに閉じた方がよいです。, 注意点は以上です。PCがお手元にあれば、Unityのインストールに進んでください!, Unityはmacが原点なのですが、エディター事情を考えると初心者の方はWindows10を選ぶのが無難です。WindowsならばUnityのインストール時にVisual Studio 2019 Communityを一緒にインストールでき、コード補完やUnityとの連携がすぐに使えます。, macの場合は同様の環境を構築するためにVisual Studio Codeをインストールしてから、手動でいくつか設定する必要があります。また、更新時に設定ファイルを手動で修正する必要があったり、`.meta`ファイルの解析ができないので一部のプロジェクトがエラー扱いになります。macでは、JetBrain社の有料のエディターであるRiderエディターがないとかなり大変です。, https://www.jetbrains.com/ja-jp/dotnet/promo/unity/, 新しくPCを購入する場合、特別な理由がないのであればWindows10をおススメします。, PCがない、あるいは、ある程度使えるようになってスペックが足りなくなってきたので新調したい、という場合のスペックの目安を2通りご紹介します。, あれこれ手を出さず、個人開発レベルのスマホやWeb向けのカジュアルゲームを開発することを想定したスペックです。, このぐらいであれば、かなり安めに抑えることができます。私がUnityRoomで公開しているゲームは、上記と同等のスペックのPCで開発しました(最初の頃はメインメモリー4GBでした)。, 3年程度は不自由なく使えて、いざという時にVRやAIにも手が出せる、という想定です。, OSはWindows10ならHomeで大丈夫です。私はHyper-Vが必要かなと思ってProにしてみましたが、実際に使ってみるとVirtualBoxの方が使いやすく、Proの恩恵は受けてません…。Unityを使う分にはProである必要はないと思います。, 参考までに、私が今実際に使っているスペックです。ほぼ、快適に使いたい場合のスペックです。, メインメモリーがあると、あれこれアプリを立ち上げ放題なのでとてもいいです。また、ストレージも多い方があれこれ実験のためのインストールができて便利です。, Unityはメモリー食いなので、快適に使うにはメインメモリーもストレージも余裕があった方が吉です。CPUやビデオカードはコダワリが出る部分だと思いますので、お好みでお選びください。, Unityに必要なPCの目安をご紹介しました。この辺は宗教戦争が勃発しそうな分野なので、飽くまで目安とお考え下さい。全然そんなんじゃ足りないだろ、という方もいらっしゃると思います。上限については予算と思想に合わせてお選びください。, 冒頭に挙げたスペック以下の場合、実用に耐えない可能性が高いです。その点をお気をつけください。, PCの準備ができたら、Unityをインストールしましょう。こちらの記事に続きます。. ゲーム開発を行なう最低限の動作スペックです。 OS:Windows7、8.1、10(64bit)またはmacOS 10.11+ CPU:Intel Core i3以上; メモリ:4GB以上

Rdr2 サラブレッド アラブ 6, やけど ダメージ 剣盾 34, 夜を歩く ソンビ 最終回 7, マスターカード チタン 改悪 9, 西武40000系 地下鉄 運用 10, かいじゅうのマーチ 楽譜 無料 24, 一歩 進んで 二歩下がる 歌詞 27, ムゲンダイナ 色違い 確率 24, ニホントカゲ 卵 孵化 20, マビノギ スキル おすすめ 11, レゴ ジュラシック ワールド スイッチ 二 人 プレイ 6, っ ポイ Bl 10, バルサン 喉 イガイガ 56, 黒バス 伊月 受け 6, 変ホ長調 M1 音声 8, ドラクエ10 キラーマシン 2 5, オープンハウス 大阪 求人 4, ドライブレコーダー前後カメラ Vantop 2k 16, Redmine カスタムフィールド グループ化 11, スタバ 袋 無料 11, イケメン王子 美女と野獣の最後の恋 イラスト 4, 君の名は 壁紙 4k 18, バイリンガール クローイー インスタ 33, バースデー タロット 皇帝 9,

Leave a Reply