zoom webex 違い 31

最近、Web会議システムのZoom(ズーム)をよく使っている、名前は聞いたことがある、という方は多いと思います。, そのZoomの創業者である社長はシスコシステムズという会社出身なのですが、そのシスコシステムの所有するWeb会議システムがWebexです。, 本日は、ZoomとWebex、何が違うの?という部分について書いていきたいと思います。, Webexとは、Cisco Webex(シスコウェベックス)というアメリカの会社のWeb会議システムです。, シスコシステムズという会社は有名ですし、日本法人もある大企業なので聞いたことがある方が多いかもしれません。, もともとWebexは単独の会社でしたが、2007年にシスコシステムズに買収されていまに至ります。ちなみにZoomの創業は2011年です。, ちなみに読み方はウェベックスですが、ウェブイーエックスと読む人もいて、別に間違いではなさそうです。, これはあくまで個人的な印象ですが、WebexはZoomよりも昔から使われているので、企業で広く使われている印象です。(あまりプライベートで使っているひとは見かけません), Webexの提供するサービスは、Zoomを使ったことがある方ならご存知の通り、Zoomにとても似ています。それはもともとZoomの創業者が、シスコシステムズでWebexを担当していたという話を聞けば納得です。, ただ、WebexとZoomには細かな点で違いがいくつかありますので比較していきたいと思います。, それでは、WebexとZoomは具体的にはどういった部分が違うのでしょうか?項目ごとに見ていきたいと思います。, 継続して使用する場合に重要になるのが価格です。WebexとZoomにはどちらも無料プランが用意されており、多くの方は無料プランでも十分に使える内容になっています。, Webexのほうがお手頃な価格から始められることが分かります。無料プランでは機能が不十分だからとりあえず有料プランを試したい、という場合も1500円程度なら気軽に試しやすいです。, また、あまり知られていないのが最低契約数です。Zoomの場合、ビジネスプランだと最低10台、企業プランだと最低100台のホストの契約が必要になります。つまり月額が10倍もしくは100倍になります。, Webexの場合は、この最低契約数がBusinessプランでのみ5台と設定されているだけですので、大規模チームで使いたい場合にはWebexのほうが費用を抑えることができそうです。, ある程度大人数で会議を開催したり、セミナーを開いたりする場合に重要なのが参加可能人数です。, さらに、Webexには参加人数を追加する機能はなさそうですが、Zoomでは有料のプロプラン以上で追加料金を支払えば1,000人まで参加可能人数を増やすことができます。, 無料プランでは、WebexとZoomそれぞれでミーティングの制限時間がある場合があります。, Webexの無料プランでは、1回のミーティングは50分までとされています。回数の制限はありません。, Zoomの無料プランの場合は、1対1のミーティングは時間が無制限ですが、3人以上のグループミーティングの場合は40分の時間制限があります。回数の制限はありません。, 有料プランの場合はWebexもZoomも、制限時間はありません。制限時間を気にせず使いたい場合は有料プランがおすすめです。, WebexもZoomも、ミーティングの録画に対応しています。どちらも無料プランではローカル録画 (ホストのパソコンに保存)のみです。, 有料プランの場合はクラウド録画が使えますが、WebexとZoomそれぞれでその保存容量に違いがあります。, 小規模チーム向けプランの場合は、5GBの容量が使えるWebexの方が使いやすそうですね。ただ、Zoomの企業プランはクラウド容量無制限のため、容量を気にせず保存していきたい方には向いています。, Webexを使うメリットとしては、有料プランを比較的安価な価格から使い始めることができること、小規模チーム向けプランのクラウド保存容量が大きいことが挙げられます。, もしいま他のWeb会議システムを使われている場合、システム障害などで使えなくなるためのリスクヘッジとしてWebexを使えるようになっておくのはおすすめです。, Zoomのように操作が簡単で、ミーティングを始めやすいので抵抗なく始めることができると思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. WebEXとTeamsがそれぞれ1点で最高得点であるのに対してZoomは5点となり、このカテゴリで他2サービスに差を開けられることとなった。 システム提供会社のサーバーや、途中のネットワークでハッキングされてしまっては、元も子もありません。セキュリティ面での対策がしっかりとなされているかどうかも、選ぶ際の大切なポイントです。, 企業によっては、朝礼や100人規模の大規模な会議などに、ビデオ会議システムを利用する場合があります。今回比較する3つのアプリは、10人程度の部署ごとの会議で問題なく利用できます。 上にあるwebexの価格と比較すると、価格単体ではwebexが若干安いくらいで大きな違いはありません。 しかし、会議参加人数やクラウド保存可能数を見るとzoomの方が機能が多くお得であると言えます。 Webexを導入する場合は、無料版でも十分使えると思います。 ただ、WebEXは初めての方の初期設定が難しい部分があるようです。ITスキルが低い方が参加する場合は、WebEXではスムーズに参加できるように配慮しましょう。, この記事では、ビデオ会議システムはどれを使えばいいのかといった疑問のために、Zoom、WebEX、Microsoft Teamsを比較しました。どれも無料プランもあり、導入のしやすさなどもそれほど大きな違いはありません。余裕があれば、実際に無料で試してみて、最も使いやすそうなものを選ぶことをおすすめします。. Zoomをパソコンにダウンロードしたら偽アプリだった、という被害が多発しています。Zoomを... Zoomは、アプリをダウンロード・インストールすることで利用できます。この記事では、Wind... 無料版のZoomでは、3人以上のミーティング時間が40分に制限されています。有料版にせずに、... 皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。, Zoom・Cisco WebEX・Teamsの違い!ビデオ会議アプリの機能を比較!, Zoom・Cisco WebEX・Teamsのそれぞれの特徴とメリット・デメリット, セキュリティ面での対策がしっかりとなされているかどうかも、選ぶ際の大切なポイントです。. Zoomの判断ポイントは下記のとおりです。 2020年4月の時点では、TeamsやWebExよりも操作画面が洗練っされている印象があります。 つまりITリテラシーが高くない人でも簡単に使い始めることができま … しかし、通信環境さえある程度整っていれば、映像や音声が途中で途切れることがあまりなく、安定したビデオ通話が可能です。 また、参加者は招待用リンクをワンクリックするだけで、アカウントを作成しなくても会議に参加できるため、とても便利で使いやすいと評判です。, Zoomのデメリットは、セキュリティ面で心配な面がある点と、無料利用では時間制限がある点です。 Zoom Meetings、Cisco Webex Meetingsをユーザー評価やレビュー内容で比較。使いやすさや、管理のしやすさ、サポート品質などの違いも、ユーザー評価を基に比較できます。また、価格やスクリーンショット、動画、資料も横並びで確認可能です。ITreviewは1万件を超えるレビューを基に、製品ごとの顧 … コストやシステム担当者にとって、最も導入しやすいものを選択すればいいでしょう。しかし、ITスキルが低いスタッフがいる場合は、そのスタッフでも使いやすいものを選ばなければいけません。, 仕事でWeb会議を行う場合は、会社の機密情報が流出することを絶対に避けなければなりません。ビデオ会議システムの多くは、そのシステムを提供している企業のサーバーに必ず接続されます。 Zoomは、使いやすさを第一に考えて設計されているますが、ここ最近急激に利用者が増えたことで、セキュリティ面での穴がクローズアップされています。アカウントの乗っ取りや、スパム画像がいきなり投稿される等のスパム行為が横行しています。ただし、Zoom側でも対策を強化しているため、今後は少なくなっていくでしょう。 最も評価が低いのはZoomです。Zoomの場合は、2020年に入ってから急激に利用者が増えたために、利用者側の問題も指摘されています。アカウントをSNSで公開する、個人IDが売買されるといったこともありました。 この点では、評価が高いのはZoomです。セキュリティ面が強化されたことで、低速でのビデオ通話は難しくなってしまったようです。しかし、他のアプリと比較すると、安定したビデオ通話が行えます。通話品質を求めるのなら、Zoomをおすすめします。, 会議に一度に参加できる人数を比較すると、ZoomとWebEX、Teamsでは次のような違いがあります。, 会議を主催する方の導入のしやすさは、ZoomとWebEX、Teamsでは特に大きな差はありません。アカウントの作成や、システムの使い勝手という点での大きな差は特にないようです。, 会議に参加する方の使いやすさでも、特にZoomとWebEX、Teamsに大きな違いはありません。どれも会議への招待状を受け取れば、アカウントなしでも会議に参加できる、「ゲストとして参加」の機能を持っています。 ZoomとWebex Teamsはテレワーク時のオンライン会議ツールとして人気のWeb会議クラウドサービスです。この2つのWeb会議クラウドサービスのGUIや機能、操作手順、無償と有償の違いなどを徹底比較してみました。 テレワークの導入を進める中で、Web会議アプリはZoom、Cisco WebEX、Microsoft Teamsのどれがいいか迷っている方が、多くいるようです。この記事では、Zoom・Cisco WebEX・Microsoft Teamsをそれぞれ比較し、解説します。, 多くの企業でテレワークの導入が急がれる中、Web会議システム・ビデオ会議アプリは、どれを選ぶべきか悩む担当者も少なくありません。 GW真っ只中ではありますが、Teams、Webex(Webex Meeting無料版)を味見。 そう仕事です。研究です。 前提として、私はほぼZoomを使ってオンラインで研修を実施しています。よってZoomは使い慣れています。 なぜZoomだったかというと、最初にオンラインで実施したツールがZoomだったから、と … Cisco WebEXに全くリスクがないかといえば、そういうわけではありません。しかし、他の2つを比べると断然高い評価が出ています。2番目にセキュリティ評価が高いのは、Teamsです。 ビデオ通話だけではなく、チームごとに、案件を管理して、資料の整理や進捗状況の確認などが同時進行で行える点は、ZoomやWebEXにはないメリットでしょう。, ビデオ会議システムとしても便利なツールですが、様々な機能があるために、初心者には使いにくいといったデメリットがあります。直感的に操作しにくい部分があり、PCスキルが低い人がメンバーにいる場合は、使いこなすのが難しい可能性があります。, ビデオ会議システムを導入するにあたって、どれがいいのか、Zoom・WebEX・Teamsの違いをそれぞれ解説します。, 気になるセキュリティ面での評価は、CASBというクラウドセキュリティの診断ツールでの評価の結果を参考にします。CASBの診断結果の中で、この3つの中で評価が最も高いのがCisco WebEXです。 今後は、セキュリティ関連会社の買収などで、対策を強化していくようですが、セキュリティ面で不安な場合は、Zoomの利用は避けたほうが無難でしょう。, ビデオ会議では、ビデオ通話の品質や通信の安定性も重要なポイントです。画質が悪すぎて、相手の顔がよく見えなかったり、資料の字が見えなかったり、映像や音が頻繁に止まるようでは困ります。 現在、企業で導入されているWeb会議システムの主なものは、Zoom、Cisco WebEX、Microsoft Teamsです。この記事では、ビデオ会議システムを導入する際の選び方のポイントをお伝えした上で、この3つのアプリのそれぞれの特徴や、違いを詳しく解説します。 しかし、数十人規模の大規模な会議となると、最大利用可能人数に大きな違いが出てきます。最大何人までの利用を想定して導入するのかも考えた上で、システムを導入しましょう。, ZoomとWebEX、Microsoft Teamsの、それぞれの特徴とメリットとデメリットを解説します。, Zoomは、アメリカのZoomビデオコミュニケーションズが提供しているビデオ会議システムです。無料プランと有料プランがあり、無料プランでも十分に利用に耐えられるということで、仕事でも多くの方に活用されています。, Zoomのメリットは、画質や音質の良さと、会議への参加方法がとても簡単な点です。以前は通信量が少なくて済むとも言われていましたが、ここ最近セキュリティ面を強化したことで、通信量の節約のメリットはあまりなくなってきました。 ただ、WebexとZoomには細かな点で違いがいくつかありますので比較していきたいと思います。 Webex(ウェベックス)とZoom(ズーム)の違い それでは、WebexとZoomは具体的にはどういった部分が違うのでしょうか? 1 Zoom? Cisco WebEX?Teams?Web会議システムの選び方 ・ 使いやすさ ・ セキュリティ ・ ミーティングに参加できる人数 2 Zoom・Cisco WebEX・Teamsのそれぞれの特徴とメリット・デメリット ・ Zoomの特徴 ・ Cisco WebEXの特徴 ・ Teamsの特徴 3 Zoom・Cisco WebEX・Teamsを比較 ・ 価格の違い ・ セキュリティ面の比較 まずは、Web会議システムの選び方のポイントをお伝えします。, まず、ビデオ会議システムを導入する際に考慮すべき点は、Web会議に参加する人のITスキルに見合った使いやすさです。参加者全員がPCやアプリの操作に慣れていて、初めてのアプリであっても、問題なくすすぐに使いこなせるのであれば、この点で選び方に悩む必要はありません。 「うちも導入進めているけど、ZoomとかSkypeとか色々とあって結局どこがどう違うの?」, ってお悩みの人も多いかと思いますので、技術用語を使わずにすごーく抽象的な概念でまとめました。, この原則にもとづくと長いものに巻かれたほうがいいです。つまりユーザが多いところのサービスを自分たちも使いましょう。, どれが1番フィットする?主要web会議システム6選【比較表付き】(Remote Work Labo), 【リモートワーク】Web会議ツールを比較してみた!(TRYM Laboratory), さて、機能比較などは上記引用のサイトに譲り、ここでは会社の特徴やサービスの設計思想など平易な言葉でをまとめていきたいと思います。, どのサービスも機能的には大差ないので、会社の特徴やサービス設計思想といった上位の概念から選ぶのがベスト, すごく世話を焼いてくれるけど、たまに昨日と言っていることが変わることがあるお母さん的なサービス, 頑固者で頼れる存在だけど腰が重い、でも2ヶ月に1回ぐらいはフットワーク軽くいろいろなところに連れてってくれるお父さん的なサービス, テキパキなんでもやってくれるけどたまにお茶目なポカミスもしてくれるやんちゃ息子的なサービス, 言わずとしれたWindows OSの会社。Word/Excel/PowerPoint といったOfficeツールの王者でもある。, エンジニア以外の方はあまり知らないかもしれないが、クラウドサービスも最近はかなり強く、またMicrosoft Researchという非常に先進的な技術開発をしているR&Dも保持している。, 実はMicrosoftはSkypeというWeb会議も持っています。Skypeは2000年前半ぐらいには流行っていたのでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。, ビジネス用途には、グループチャット機能などを統合したSkype for Businessというサービスを行っていましたが終了予定です。Teamsにビジネス向けは集約しようとしています。, よってMicrosoftのWeb会議=Teamsと考えてもらっても差し支えありません。(最近 SkypeでMeet Nowなども出しましたがここでは検討外とします), 特に、WordやExcelなどOfficeでの共同編集なども重視したければTeamsを選びましょう。, またMicrosoftはクラウドやR&Dといった技術蓄積も十分にあるのでセキュリティ面も心配ありません。, 共同編集はMicrosoftサービス内での連携になるので圧倒的に他社に比べて優れています。, 一方で、そういった既存ツールを組み合わせて一つのサービスに見せている側面もあるようなので、たまに一つのサービス内なのんいバラバラ感を感じることがあります。, CISCOは、インターネットの基盤を支えているネットワークスイッチの機器ベンダーとしての王者です。, また、タンバーグという専用機器でのビデオ会議装置を作っている会社を買収して長年事業をしています。, (WebExは専用機器ではなく、PC上でうごくソフトウェアで実現しているビデオ会議です←これをWeb会議と言います), ネットワーク機器のベンダーだけあって、セキュリティ面や接続性は非常に優れています。, 質実剛健といった印象があります。その分、少しお硬いイメージあり操作画面などが分かりづらいときもあります。, でもCiscoいったネットワークスイッチ機器を触ったことがある人から見ればWebEx Meetingsは非常にポップな作りで十分使いやすいです。, 急成長を遂げたベンチャー会社のサービスです。Web会議サービスがメインビジネスです。, 主催者以外はアカウント作成なしでWeb会議を開けたり、使いやすい操作画面、つながりやすさ、をウリに急速に市場をのばしてきました。, このコロナ禍で急成長を遂げたために、セキュリティ面の整備までおいつていおらず、現在ネガティブキャンペーンが他社によってはられている状況です。, 2020年4月の時点では、TeamsやWebExよりも操作画面が洗練っされている印象があります。つまりITリテラシーが高くない人でも簡単に使い始めることができます。, 一方で、セキュリティの懸念は風評も含めて大きくなってしまっていますので、利用時にお相手の企業が嫌がる可能性があります。, 最後の補足としてLINEやFacebook Messengerは?という疑問にもお答えしておこうと思います。, 先方の会社の人たちと会議をしたいときにLINE IDを交換しなければならないと考えると、抵抗を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?, さて、なぜ個人用途はアカウント作成が必要かについても簡単に説明しておこうと思います。, 一方、ビジネス用途は基本法人から利用料金をもらうので、ゲスト参加者を定義できるのです。, (Apear.inなど同様の思想のものはありましたので、プロモーションもうまかったとも思いますが), 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Web会議Teams/WebEx/Zoom 違いを技術用語なしで簡単解説。やんちゃ息子なのは誰? への, COVACUREの色鉛筆36色画材セット の1本1本に色の名前をつけたら大変だった, 新型コロナ症状の重症度を判断できるパルスオキシメーターが家庭に普及。使い方は?子供用はあるの?, Web会議Teams/WebEx/Zoom 違いを技術用語なしで簡単解説。やんちゃ息子なのは誰?. Zoomの無料版で3人以上の会議を行う場合は、40分の時間制限があります。仕事で利用する場合は、無料版では時間制限がある点を、デメリットと感じる方も少なくありません。, Cisco WebEXも、世界的に利用者が多いビデオ会議システムです。OSやデバイスを選ばずに、Web上から簡単にアクセスできる、使い勝手の良さが評価されています。, Cisco WebEXを使うメリットとは、場所を選ばず、PCでもスマホでもインターネットに接続できる環境があれば、すぐにWeb会議を開催できる点です。Cisco WebEXを導入したことで、場所を選ばずに会議を開けるようになった方は、便利さを感じています。, Cisco WebEXのデメリットは、映像や音声が途切れやすい点です。自分や相手の通信環境が少しでも不安定になると、すぐに映像や音声が切れてしまい、Web会議に支障が生じます。また、初めて使う人には導入の仕方が分かりにくい点も、デメリットとして挙げられています。, Microsoft Teamsは、ビデオ会議システムというよりも、ChatworkやSlackと比較されるビジネスチャットツールです。Microsoft Teamsというビジネスチャットのプラットフォームの中の一つの機能として、ビデオ通話機能を利用できます。, Microsoft Teamsのメリットは、Office 365を利用しているのであれば、追加料金なしですぐに導入できる点です。Office 365の中に、Teamsも含まれています。  Zoomでは、プレゼンをしている参加者や、セミナー講師の画面に画面を固定できます。この記事では、Zoomでビデオの画面を固定する方法を、ホストがスポットライトで固定する方法と... Zoomを使ったオンライン授業を行う学校が、増えています。生徒がZoomでのオンライン授業を受ける場合は、どのようなことを事前に確認すればいいのでしょうか。この記事では、オン... ここ最近、就活の面接がZoomを使ったWeb面接で行われることが多くなりました。就活生がWeb面接を受けるときには、いくつか注意しなくてはいけない点があります。この記事ではZ... Zoomミーティングは誰でも簡単に主催者になれますが、ホストになるためにはアカウントの作成が必要です。この記事では、Zoomミーティングを主催者として開催するときの、ホストの... Web会議システムとして人気が高いZoomには、便利な機能がたくさんあります。この記事では、Zoomで特に注目するべき13個の機能の使い方や設定方法等について詳しく解説します... Zoomでは有料版を利用していれば、投票機能を利用できます。Zoomの投票機能を使えば、参加者からアンケートを取ることが簡単にできるようになります。この記事では、Zoomで投... Zoomミーティングは、未来の時間にスケジュールをして、予定を立てることができます。主催者にとっては、スケジュールしたZoomミーティングは、あらかじめ参加用URLを参加者へ... ZoomでのWeb会議にはアカウントの登録なしでも参加できます。この記事ではアカウント登録せずにサインインなしでZoomのWeb会議に参加する方法や手順、アカウントなしではで... ビデオ通話やビデオ会議ができるシステムとして、Googleの通話アプリのハングアウトを利用する方が増えています。Googleハングアウトの使い方はどうしたらいいのでしょうか。... ビデオ通話システムとして利用できるGoogleハングアウトには、画面共有機能があります。Googleハングアウトを使ってPCからビデオ通話をするときに、画面共有機能はとても便... Zoomはタブレットやスマホでも利用できます。タブレットやスマホでのZoomの使い方はどうしたらいいのでしょうか。この記事では、タブレット版Zoomでできることや、スマホやタ... Zoomでオン来ミーティングを行うときには、複数のカメラを切り替えたい場合があります。この記事では、Zoomで複数のカメラを切り替えて会議に参加する方法と、スポットライト機能... テレワークでのオンラインのWeb会議システムでは、ZoomとSkypeを比較するとどちらがいいのでしょうか。この記事では、オンラインミーティングで利用する場合のZoomとSk... テレワークでZoomを利用する方が増加していますが、Zoomのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、ビデオ会議で使えるZoomの機能や、Sk... ホストを1人でこなすのが大変な時には、Zoomでは有料プランを利用しているのなら、会議への参加者の中から共同ホストを選べます。この記事では、Zoomで共同ホストに与えられる機... Zoomは待機室という便利な機能があります。Zoomの待機室はどのように活用すればいいのでしょうか。この記事では、Zoomの待機室の使い方や、ミーティングへの参加者を待機室に... Zoomでよく起こる音声のトラブルの一つがハウリングです。Zoomでハウリングが起きてしまった場合には、マイクの設定などどのような対策を取ればいいのでしょうか。この記事では、... Zoomの画面には、ギャラリービューとスピーカービューがあります。Zoomの画面のギャラリービューとスピーカービューの違いとは、どのような点にあるのでしょうか。この記事では、... Zoomミーティングの様子は、YouTube Liveでライブ配信できます。YouTube Liveでライブ配信するためには、どのように設定すればいいでしょうか。この記事で... Zoom会議の様子を録画し、YouTubeにアップロード・公開できます。Zoomで行ったセミナーなどをYouTubeで公開している方が、増加しています。この記事では、Zoom... Zoom・Cisco WebEX・Teamsの違い!ビデオ会議アプリの機能を比較!のページです。アプリやWebの疑問に答えるメディアapplicaは、iPhoneやアンドロイドのスマートフォンアプリに加えて、WindowsやMacでのサービスの使い方や最新情報を紹介します。. 結論:気軽に使うならZoomかWebex ※この部分はWebexが無料で24時間使えた当時書かれたものです。 無料の範囲で気軽に使えて、充分な機能があるのはZoomかWebexのようです。 ただZoomは長時間のミーティングを開催したければ有料プラン必須です。

Windows10 ファイル履歴 復元, コールマン ツーリングドーム タープ, シチズン エコドライブ 止まった, 地デジ 映らない E202, Zoom ブレイクアウト 画面共有できない, Javascript 文字列 結合 速度, 中学生 男子 プレゼント 2000円, もへじ パンケーキミックス レシピ, バイク キャブレター オーバーホール 専門店, アイビスペイント Twitter アイコン, Showroom シリアルコード どこ, 中国語 リーディング サイト, イルキャンティ テイクアウト 所沢, Googleスプレッドシート 共有 Gmail以外, 蜘蛛の糸 読書感想文 知恵袋, 妖怪ウォッチ2 レアコイン 99枚, ドラクエ10 Ff14 比較, 麒麟がくる 18話 ネタバレ, ミックスベジタブル ベーコン 炊き込みご飯, 愛のメッセージ 英語 一言, Mother 映画 元ネタ, 相 米 慎二 中井 貴一 鶴瓶 やっ さん, 布 名刺入れ 作り方, Android 音量調整 アプリ, Windows10 Edge 検索エンジン 変更できない, マルジェラ 芸能人 男, 息子 彼女 いた ことない, ポーラ アペックス 化粧品 口コミ,

Leave a Reply